プリペイドカードは便利な決済手段に!未成年だけでなく大人も利用する理由


プリペイドカードは決まった金額がチャージされた使い捨てのカードが一般的で、コンビニを経由して流通するのが一般的になっています。

プリペイドカードは便利な決済手段に!未成年だけでなく大人も利用する理由

家電量販店やドラッグストアで販売されることもありますが、利便性の面からコンビニで購入する人が多いのがポイントです。

ギフトに使いやすいプリペイドカードも存在し、ギフトカードとして利用される場合もあります。

使いたくなったら小額から購入できるため、無駄になりにくいのも魅力です。

未成年がスマホを持つことが珍しくなくなった一方で、クレジットカードが持てないためプリペイドカードが主な決済手段になるケースもあります。

年齢や事情によって使い方が異なり、それぞれによさを生かして活用していることが多いのです。

コンビニで取り扱われるプリペイドカードの種類は多い

コンビニで取り扱われるプリペイドカードの種類は多く、amazonギフト券、googleplayカード、itunesカード、LINEプリペイドカード、GREEプリペイドカード、Amebaプリペイドカード、DMM.comプリペイドカード、ニンテンドープリペイドカード、QUOカードなど10種類を超えます。

コンビニで取り扱われるプリペイドカードの種類は多い

基本的に使い捨てで、さまざまなアカウントに登録して商品やコンテンツの購入に使う形式が主流になりつつあります。

QUOカードは例外的にコンビニや書店で使えるカードで、現金感覚で支払いに利用することができます。

おつりが出ないのも特徴で、残額は次回の買い物に繰り越すことができます。

アプリに使えるプリペイドカードが多く、ゲームコンテンツの購入のためにコンビニでプリペイドカードを購入する人が多いも特徴となっています。

プリペイドカードは未成年の決済手段としても普及している

プリペイドカードは未成年の決済手段としても普及していて、スマホのコンテンツ購入などに使う人が多いのが特徴です。

プリペイドカードは未成年の決済手段としても普及している

未成年はクレジットカードを持つことが難しく、仮に持っても使いすぎる恐れが高くなります。

未成年がもてるデビットカードも普及しつつありますが、発行に手間がかかるものも多くなっています。

そのため、コンビニで購入するプリペイドカードが良く使われるのです。

例外的に、バンドルカードや各種チャージ式のプリペイドカードを利用する未成年もいます。

VISAやMasterといった国際ブランドと提携し、コンビニやネット銀行経由でチャージし、繰り返し利用できるプリペイドカードも誕生しています。

コンビニでプリペイドカードを購入するメリット

クレジットカードを持っていてもコンビニでプリペイドカードを購入するメリットはあります。

コンビニでプリペイドカードを購入するメリット

代表的なのが電子マネーをチャージしてプリペイドカードを購入する方法です。

電子マネーを使って商品を購入すると独自のポイントがつくケースが多く、クレジットカードのポイントとあわせて二重の還元を受けることができます。

ちょっとした手間になりますがまとまった金額の課金をするのであれば視野に入ります。

また、コンビニ各社ではプリペイドカード購入キャンペーンを行う場合があります。

購入枚数や金額でさまざまなリターンが生じる場合があるのです。

抽選の回数を増やすために細かな金額で複数枚のカードを購入する人もいます。

キャンペーン情報チェックしていつも使わないコンビニに足を運んでみるのも方法です。

海外企業のプリペイドカードを中心にバリアブルカードが普及している

コンビニで取り扱いがあるプリペイドカードはコンビニごとに扱っている額面が異なります。

海外企業のプリペイドカードを中心にバリアブルカードが普及している

しかし、海外企業を中心にバリアブルカードを発行するケースが増え、選択肢が大幅に増えています。

バリアブルカードは1円単位で購入額を指定することが可能で、無駄なくポイントを使いきりたい人にうれしい仕組みになっています。

プリペイドカードでポイントなどをチャージしても有効期限が設定されているケースは珍しくなく、ポイント失効漏れを防ぐために使い切りたいという人多いからです。

バリアブルカードはamazon、google、Appleで用意されていて、1500円から50000円まで、1円単位で指定を行います。

金額はレジで伝え、会計をすれば指定額が使えるようになるのです。

ネットでプリペイドカードを購入する方法もある

プリペイドカードはコンビニや家電量販店以外でも購入が可能で、ネットを経由して注文をする人もいます。

ネットでプリペイドカードを購入する方法もある

ネットで注文をするメリットはギフト券として包装してもらえることや、カードの柄などの選択肢が多いことです。

コンビニに出かけること自体が手間という地域も存在するため、うまく活用するのも方法です。

プリペイドカードを専門的に扱うインターネットショッピングモールなども存在します。

価格は定価ですが独自ポイントがつくなど還元策も存在します。

送料などのバランスをチェックした上で、コンビニと比較して利用すると便利です。