プリペイドカードは便利な決済手段に!未成年だけでなく大人も利用する理由


プリペイドカードは決まった金額がチャージされた使い捨てのカードが一般的で、コンビニを経由して流通するのが一般的になっています。

プリペイドカードは便利な決済手段に!未成年だけでなく大人も利用する理由

家電量販店やドラッグストアで販売されることもありますが、利便性の面からコンビニで購入する人が多いのがポイントです。

ギフトに使いやすいプリペイドカードも存在し、ギフトカードとして利用される場合もあります。

使いたくなったら小額から購入できるため、無駄になりにくいのも魅力です。

未成年がスマホを持つことが珍しくなくなった一方で、クレジットカード現金化などカードが持てないためプリペイドカードが主な決済手段になるケースもあります。

年齢や事情によって使い方が異なり、それぞれによさを生かして活用していることが多いのです。

マネフレのクレジットカード現金化は多くのユーザーから良い評判をうけておりますマネフレは口コミでも人気のあるクレジットカード現金化比較サイトです

コンビニで取り扱われるプリペイドカードの種類は多い

コンビニで取り扱われるプリペイドカードの種類は多い

コンビニで取り扱われるプリペイドカードの種類は多く、amazonギフト券、googleplayカード、itunesカード、LINEプリペイドカード、GREEプリペイドカード、Amebaプリペイドカード、DMM.comプリペイドカード、ニンテンドープリペイドカード、QUOカードなど10種類を超えます。

基本的に使い捨てで、さまざまなアカウントに登録して商品やコンテンツの購入に使う形式が主流になりつつあります。

QUOカードは例外的にコンビニや書店で使えるカードで、現金感覚で支払いに利用することができます。

おつりが出ないのも特徴で、残額は次回の買い物に繰り越すことができます。

アプリに使えるプリペイドカードが多く、ゲームコンテンツの購入のためにコンビニでプリペイドカードを購入する人が多いも特徴となっています。

プリペイドカードは未成年の決済手段としても普及している

プリペイドカードは未成年の決済手段としても普及していて、スマホのコンテンツ購入などに使う人が多いのが特徴です。

プリペイドカードは未成年の決済手段としても普及している

未成年はクレジットカードを持つことが難しく、仮に持っても使いすぎる恐れが高くなります。

未成年がもてるデビットカードも普及しつつありますが、発行に手間がかかるものも多くなっています。

そのため、コンビニで購入するプリペイドカードが良く使われるのです。

例外的に、バンドルカードや各種チャージ式のプリペイドカードを利用する未成年もいます。

VISAやMasterといった国際ブランドと提携し、コンビニやネット銀行経由でチャージし、繰り返し利用できるプリペイドカードも誕生しています。

未成年でクレジットカードを作るには様々な条件があるので難しいのか?

コンビニでプリペイドカードを購入するメリット

クレジットカードを持っていてもコンビニでプリペイドカードを購入するメリットはあります。

コンビニでプリペイドカードを購入するメリット

代表的なのが電子マネーをチャージしてプリペイドカードを購入する方法です。

電子マネーを使って商品を購入すると独自のポイントがつくケースが多く、クレジットカードのポイントとあわせて二重の還元を受けることができます。

ちょっとした手間になりますがまとまった金額の課金をするのであれば視野に入ります。

また、コンビニ各社ではプリペイドカード購入キャンペーンを行う場合があります。

購入枚数や金額でさまざまなリターンが生じる場合があるのです。

抽選の回数を増やすために細かな金額で複数枚のカードを購入する人もいます。

キャンペーン情報チェックしていつも使わないコンビニに足を運んでみるのも方法です。

MASTER(マスター)カードプリペイドのコンビニ使い方からキャッシング紛失レートサービス

プレイステーションストアカードはゲーム以外のコンテンツでも使える!

プレイステーションストアカードは文字通り、プレイステーションストアで使用可能なプリペイドカードです。

プレイステーションストアでは新作ゲームソフト(ダウンロード版)やゲームの追加コンテンツの購入にカードに書かれているコードを入力すれば現金代わりに使えます。

それ以外にもプレイステーションネットワークで提供しているコンテンツも購入可能です。

例えば、動画や音楽の購入、新作ゲーム以外にも体験版や過去作のゲームの購入をする時にも使う事ができます。

カード自体も全国のコンビニや家電量販店を中心に販売されているので、簡単に購入できます。

プレイステーションストアカード現金化はネット型の現金化業者がおすすめ!

プレイステーションストアカードを現金化したい場合には金券ショップ等の実店舗型現金化業者よりもネット型の現金化業者のがおすすめです。

全ての実店舗型の現金化業者でも買取していない訳でもありませんが、来店不要で手続きできるメリットがあるのと専門業者も多いので手軽に現金化できると言う意味でもネット型のがおすすめです。

買取に関してですが、基本的にカードに書かれているコードを申し込みの際に入力、有効と確認が取れたら買取が成立して指定口座へ入金で現金を渡してくれます。

買取率に関しては業者によって基準が違いますが、相場としては70~80%程となっています。

振込手数料に関してはある業者と無い業者の半々な状態です。

前者の場合だと金額に関わらずあると言うよりも特定金額以下の場合に限り発生と言うケースも多いです。

但し、振込手数料以外は請求される事も無いので、減ると言っても数百円程度と比較的少額です。

補足情報としてチャージ済みのプレイステーションストアカードの買取に関しても解説しておきます。

既に自分のアカウントにチャージ済みで1円も手つかずの状態だとしてもチャージ済みのは買取対象外として扱われています。

なので、プレイステーションストアの現金化はチャージがまだの未使用の物が前提と覚えておきましょう。

iTunesカードはiTunes以外のコンテンツの買い物もできる!

iTunesカードはiTunes及びApp Storeで提供されているコンテンツの購入が可能になるプリペイドカードです。

動画や電子書籍、ゲーム等の有料コンテンツのお支払いの時にカードに書かれているコードを入力すれば額面分チャージされて、そのままお支払いができます。

iTunesカードは金額固定の物(1,500円、3,000円、5,000円、10,000円)と1,500~50,000円以内であれば自由に金額設定も可能なバリアブルタイプが販売されています。

特にバリアブル対応は1,500円以上からは1円単位で合わせられるので、欲しい金額に合わせての購入も簡単です。

iTunesカードの現金化も手順は簡単!コード入力だけでOK!

iTunesカードの現金化もネット型の現金化業者がおすすめです。

ネット型での買取だとお手持ちのiTunesカードに書かれているコードを入力して買取手続きとなるので、来店不要で買取もできます。
買取率も業者で違いはあれど相場的には70~90%程とプリペイドカードの中では比較的高価買取も期待ができます。

買取可能金額に関しても業者によって決められていますが、最低でも1,000~3,000円からと決めている業者も多いです。

中には買取率も大幅に下がる上に後述の手数料も発生する代わりに500円以上1,000円未満の少額現金化にも応じている業者も存在しています。

どの業者でも1,000円以下は買取していないと言う訳でも無いので、1,000円以下でも現金化はできなくありません。

また、一部の業者では特定の条件を満たした(指定した額面のiTunesカードを持ってきた等)iTunesカードには特別レートを提供して通常よりも高価買取としている場合もあります。

最後に手数料に関してですが、こちらも金額次第では発生する事もありますが振込手数料として数百円程度の少額です。

幾らから発生するのかも業者次第ですが、傾向としては1万円以下や業者が決めている最低申し込み金額以下の現金化の場合が多いです。

【itunes アイチューンズ】カードなら音楽配信のAppleIDで高額課金

Googleプレイでのお買い物もGoogleプレイカードがあれば簡単!

GoogleプレイカードはGoogleプレイで提供しているアプリ等のコンテンツのお買い物で使えるプリペイドカードです。

Googleプレイカードが手元にあればカードに書かれているコードを入力すれば自分のアカウントに残高としてチャージされ、チャージ分だけ現金代わりに使う事ができます。

販売されているGoogleプレイカードもiTunesカードと同様に金額固定の物(1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円) と100~50,000円以内で金額の自由設定が可能なバリアブルの二種類が用意されています。

Googleプレイカードの現金化もネット型現金化業者がおすすめ!

Googleプレイカードも他のプリペイドカードと同様にネット型の現金化業者に依頼した方がおすすめです。

GoogleプレイカードもAmazonギフト券やiTunesカードと同様に現金化に対応している業者も多いので、比較的現金化も行いやすいです。

買取方法に関してもGoogleプレイカードと他のプリペイドカードで手続きが大きく違う事も無く、書かれているコードを入力して業者に買取依頼をしてもらいます。

Googleプレイカードの買取相場もiTunesカードと大差は無く、平均で70~90%程とこちらもプリペイドカードの中では高価買取も期待ができるカードと言えます。

買取可能金額も最安で1,000円から買取できる所もありますが、最低金額が幾らからなのかは業者次第なので事前確認は必要です。

業者によっては1,000円以下の買取にも対応している場合もありますが、業者によってはやっていない場合もあるのでこちらも事前確認は必要です。

Googleプレイカードの現金化でも振込手数料が数百円程発生する事もあります。

しかし、必ず発生する訳でもなく、業者によっては金額問わず無料もしくは特定金額以上で無料だったりと無料の場合もあります。

とは言え、全ての業者が無料と言う訳ではないので、手数料も事前確認しておきましょう。

【googleplay グーグルプレイ】カードでゲーム~アプリまで手に入る

海外企業のプリペイドカードを中心にバリアブルカードが普及している

海外企業のプリペイドカードを中心にバリアブルカードが普及している

コンビニで取り扱いがあるプリペイドカードはコンビニごとに扱っている額面が異なります。

しかし、海外企業を中心にバリアブルカードを発行するケースが増え、選択肢が大幅に増えています。

バリアブルカードは1円単位で購入額を指定することが可能で、無駄なくポイントを使いきりたい人にうれしい仕組みになっています。

プリペイドカードでポイントなどをチャージしても有効期限が設定されているケースは珍しくなく、ポイント失効漏れを防ぐために使い切りたいという人多いからです。

バリアブルカードはamazon、google、Appleで用意されていて、1500円から50000円まで、1円単位で指定を行います。

金額はレジで伝え、会計をすれば指定額が使えるようになるのです。

バリアブルカードはどんなカードの事なのか?

ネットでプリペイドカードを購入する方法もある

プリペイドカードはコンビニや家電量販店以外でも購入が可能で、ネットを経由して注文をする人もいます。

ネットでプリペイドカードを購入する方法もある

ネットで注文をするメリットはギフト券として包装してもらえることや、カードの柄などの選択肢が多いことです。

コンビニに出かけること自体が手間という地域も存在するため、うまく活用するのも方法です。

プリペイドカードを専門的に扱うインターネットショッピングモールなども存在します。

価格は定価ですが独自ポイントがつくなど還元策も存在します。

送料などのバランスをチェックした上で、コンビニと比較して利用すると便利です。