ファクタリング優良会社おすすめランキング比較で売掛債権を現金化資金化する

 
【ファクタリング】優良会社おすすめ大手ランキング比較!売掛金を現金化

気になる項目をチェック

ファクタリング優良会社ファクタリングおすすめ大手ランキング業者リスト

  • 1位 QuQuMo (ククモ)
  • 2位 アクセルファクター
  • 3位 BIZパートナー
  • 4位 アクティブサポート
  • 5位 トップ・マネジメント
  • 6位 えんナビ
  • 7位 事業資金エージェント
  • 8位 日本中小企業金融サポート機構
  • 9位 クイックマネジメント
  • 10位 PayToday
  • 11位 ファクターズ
  • 12位 資金調達本舗
  • 13位 ビートレーディング
  • 14位 BestPay(ベストペイ)
  • 15位 うりかけ堂

  • QuQuMo ククモ


    詳細はコチラ

  • BIZパートナー


    詳細はコチラ

  • アクセルファクター


    詳細はコチラ

ファクタリングとはどのようなものですか?

ファクタリングをまったく知らない人はこの用語を聞いて一体何なのだろうと思うかもしれません。

事実、私もその一人でした。

ところが一度確認してみると何も難しいものはなく、とても簡単で資金繰りに困っている人や企業の大きな助けとなるものなのです。

さて、ファクタリングとはどういうものなのかというと簡単に言えば売掛金を買い取ってもらい現金化することです。

例えばA社がB社にある商品を販売し、その際に代金を受け取るのではなく売掛金として持つことがあります。

これは特に高額であればあるほど債権化されるものなのですが、売掛債権を持てば期日がくれば現金化することができます。

しかしA社がすぐにでも現金化したい場合、ファクタリング会社にその債権を買い取ってもらうわけです。

そうするとB社からの支払いを待たずして現金化ができ、特に資金繰りに困っているような場合に役立つと言えます。

ファクタリングの仕組み流れを確認する

ファクタリングの仕組みや流れなどの手順

ファクタリング 仕組み 流れ

ファクタリングは違法ではないですか?利用しても問題ないでしょうか?

最近では多くのファクタリング会社があり、実際にファクタリングを利用して資金確保をしているケースが多くあります。

ところで、そもそもファクタリングをしても問題ないのでしょうか。

中には違法だから手を出してはいけない、という人もいますが実際には決して違法ではありません。

資金調達の手段として認められており、明らかな合法なのです。

民法でも様々な規定がありますので、どうしても心配だという人は民法の解説を熟読してみると良いでしょう。

とは言え、悪質なファクタリング会社が存在するのもまた事実で、こうした会社でファクタリングをすると場合によっては違法になる可能性があります。

何も意識することなくファクタリングするのではなく、合法だけれどもこの会社は大丈夫かというスタンスで向き合っていくと良いでしょう。

ファクタリングの利用手順は難しいですか?

ファクタリングには2社間と3社間があります。

それぞれについて以下で詳しく説明しますが、仕組みとしては利用者が売掛債権をファクタリング会社に売却して、その代金を利用者に支払います。

売掛先から代金を支払ってもらったら、その回収したお金をファクタリング会社に利用者から振り込むというものです。

2社間でも3社間でも利用者とファクタリング会社、そして売掛先が関係してくるもので、仕組みとしては大きな違いはありません。

また、利用手順ですが2社間の場合は売掛先に請求書を最初に発行します。

それからファクタリング会社に対してファクタリングの申し込みをして、審査を受けましょう。

審査に通過できれば契約内容が提示され、それに合意すれば口座に代金が振り込まれます。

最後に売掛先から代金を回収して、それをファクタリング会社に送金して終了です。

3社間のケースですが、2社間との違いは売掛先に対してファクタリングすることの通知と承諾を得ることです。

これ以外は大きな違いはありません。

ファクタリングのメリットとデメリットはありますか?

ファクタリングのメリットですが、売掛先に通知や承諾をすることなく資金調達できることが挙げられます。

これは場合によっては時間がかかってしまうために、資金調達も時間を要することがあるのです。

そもそも通知と承諾を要しないのですから、最短即日で資金調達することも可能です。

また、信用情報に影響がないのもメリットと言えます。

ファクタリングは資金調達の手段ではあるものの、融資や借入とはわけが違います。

あくまでも売買契約に過ぎませんので、信用情報に全く影響しないのです。

こういったメリットがある一方で、デメリットも存在します。

まずは手数料がかかることです。

2社間と3社間で相場は違うものの、いずれにしても手数料が差し引かれて現金化することになるので資金繰りに非常に困っている企業には大きなダメージとなるでしょう。

また、資金調達は売掛金の範囲内でしかできないというデメリットもあります。

融資や借入とは違うので、金額の範囲内というのは当たり前かもしれません。

仮に売掛金以上にお金が必要というのであれば融資あるいはビジネスローンと併用してファクタリングを利用すると良いです。

ファクタリングの手数料が気になるのですが?

上述の通り、ファクタリングをすると手数料が差し引かれます。

2社間と3社間で違いがあるのですが、まずは2社間から確認していきましょう。

2社間の場合、平均して8%から18%前後だと言われています。

なぜこれだけの幅があるのかというと、利用する会社や売掛金の大きさによって左右されるからです。

2社間だと利用者とファクタリング会社しか契約では関係してこないため、未回収リスクが大きくなってしまいます。

そのためにこれだけ大きな数字の手数料が設定されているのです。

反対に3社間の手数料ですが、こちらは2社間に比べて低く設定されています。

平均して2%から9%前後なので、2社間よりもかなりお得に現金化できると言えます。

これは2社間に売掛先が契約に関係してくるため、未回収リスクが小さくなるからです。

手数料だけを見ると3社間の方がお得ではないか、と思うかもしれませんがその他の面でも違いがありますので手数料だけを見て利用するファクタリングを決めるのは避けた方が良いでしょう。

より詳細にファクタリングの契約を知りたいです

先ほど簡単に利用手順について触れましたが、ここではより詳細に見ていきましょう。

まずは利用するファクタリング会社に事前相談を行います。

問題なく買い取ってもらえるのかなどについて相談をして、いくつかのサービスを比較検討することも大切です。

買取可能と分かれば申し込みをします。

これまでは会社に直接足を運んで対面での審査が行われていましたが、最近ではオンライン上でできるところも増えてきましたので自社から利用することもできます。

審査のために書類を準備しなければならないのですが、主に身分証明書と印鑑証明書、決算内容確認書類や売掛金証明書類などです。
審査はこういった書類とヒアリングが行われ、審査結果が通知されてそれに納得できれば契約となります。

後は代金を入金してもらい、売掛先から回収してそれをファクタリング会社に入金して契約の履行となります。

ファクタリング会社の選び方も知りたいです

優良ファクタリング会社の選び方はいくつかあります。

まずは手数料の高さを見ることです。

上記で平均を紹介していますが、それを大幅に超えるようなところは悪質性が高いと言えます。

現金化までのスピードも確認しておきましょう。

即日現金化できるところもあるため、あまり時間がかかりすぎるというところは候補から除外しても良いです。

最後に審査で利用する書類にも注意が必要です。

求められる書類は会社によって異なりますが、あまりにも少なすぎる場合は悪徳業者の可能性が高いです。

むしろ求められる書類が多かった方が、どちらかというと優良と言えますので意識しておきましょう。

ファクタリングの2社間と3社間の違いを知りたいです

両者の違いは売掛先への通知と承諾があるかどうか、手数料の大きさや現金化までのスピードなどに見られます。

通知と承諾ですが2社間では不要で3社間では必要となります。

手数料は上記で紹介しているように、2社間の方が未回収リスクがどうしても高くなるため高めに設定されています。

現金化までのスピードも通知と承諾との関連性からも分かる通り、2社間の方が早いと言えます。

2社間ファクタリングの解説

2社間ファクタリングでは利用者とファクタリング会社のやり取りとなります。

最終的に売掛先から資金回収するとは言え、売掛先は基本的にファクタリングの事実を知らずに行われるため2社間と言われているのです。

すぐにでも資金調達を希望する場合は2社間を選ぶことになります。

通知と承諾が必要ないため、即日現金化の可能性が非常に高くなるからです。

売掛先への信頼を損ないたくない場合にもこちらを選ぶことになります。

3社間ファクタリングの解説

3社間ファクタリングは2社間に売掛先も加わります。

通知と承諾をすることになるため、ファクタリングの事実を知った上で利用者は動くことになります。

最初から売掛先から信用されていれば承諾を得ることもそこまで問題にはなりませんが、最近付き合いを持つようになったというケースの場合には簡単に承諾を得ることは難しいでしょう。

しかも承諾を得たとしてもそれに時間がかかればそれだけ現金化にも時間を要することになるので、すぐにでも資金調達を希望する場合は3社間は不向きとなります。

ファクタリングをする際に準備しておくことは何ですか?

契約の前に準備しておくと物事がスムーズに運びます。

準備しておくものとしては必要書類です。

会社ごとに必要書類が異なるので、事前に確認しておくことも大切です。

また、当然のことですが自身あるいは自社がどちらのファクタリングをするべきなのか確認しておくことも忘れてはなりません。

それぞれで手数料や現金化までのスピードなどで違いがありますので、両者の違いは正確に把握しておきましょう。

フリーランス個人事業主向けのファクタリング会社選びのポイントは何ですか?

様々な場合にファクタリングを利用できますが、フリーランス個人事業主がファクタリング会社を選ぶ際にはいくつか意識することがあります。

例えばその会社がフリーランス個人事業主に対応しているかどうかです。

これは基本中の基本で、対応していないとせっかく魅力的な会社であっても利用することができません。

また、所有している売掛債権でも利用可能かどうかもチェックしておく必要があります。

法人よりも売掛債権額が小さくなる傾向にあると言われていますので、ファクタリング会社が対応できる取引額なのか見ておきましょう。

最後に手数料にも目を光らせなければなりません。

ファクタリング会社によっては手数料〇%から、という表記をしていますがそうではなくしっかりと上限を記載しているのかを把握しておくことが大切です。

中小企業向けのファクタリング会社を教えてください

中小企業向けにおすすめのファクタリング会社としては、ビートレーディングが挙げられます。

対応エリアが全国訪問可能となっており、3万円から7億円までの買取実績を持っています。

そのため、中小企業向けのファクタリング会社と言えるでしょう。

実績がかなり豊富なので、初めてファクタリングを希望する人に特におすすめです。

また、ベストファクターも人気の会社です。

業界屈指の手数料の安さと現金化までのスピードを誇り、審査通過率も90%以上となっています。

手数料は2%からなので、他社と比較をしてもかなりお得にファクタリングができるでしょう。

ファクタリングと銀行融資にはどのような違いがありますか?

両者の違いですが、審査の厳しさにあります。

ファクタリングは審査といっても融資や借入ではないためそこまで厳しくはありません。

しかし銀行融資はかなり審査が厳しく行われ、仮に審査に通過しても実行されるまでに3週間近くかかることがあるのです。

この点、即日現金化できるファクタリングとの違いと言えるでしょう。

また、手数料にも違いが見られます。

銀行融資は低金利で長期間の借り入れも可能ですが、ファクタリングは特に3社間の場合かなり手数料が割高になってしまいます。

ファクタリングとビジネスローンにはどのような違いがありますか?

両者の違いは例えば信用情報への影響に見られます。

ファクタリングは売掛債権の売買契約であるのに対して、ビジネスローンはローンであることから融資ということになります。

結果的にローンは負債として考えられることになり、ファクタリングはそれに該当しません。

また、返済方法にも違いがあります。

ファクタリングは売掛先から返済があるのに対して、ビジネスローンの場合は利用者からの返済となります。

この点は審査にも関係してきて、ファクタリングの審査は売掛先への信頼が、そしてビジネスローンでは利用者への信頼が重要視されるのです。

ファクタリングをする際に気をつけることは何ですか?

ファクタリングの際に気をつけることですが、買取型の場合は債権譲渡禁止の記載が契約書にないかどうか確認することです。

この記載があると譲渡禁止になりますので利用することができません。

また、不良債権でないか見ておくことも大切です。

不良債権はすでに支払い期日を過ぎているものなので、全く意味をなさず当然のことながら買取不可となります。

さらに手数料がどれくらいかにも注意しておきましょう。

ここでは平均を紹介していますが、会社によってはそれ以上あるいは以下で設定しているところもあります。

利用する会社を決めたら手数料がどれくらいかかるのか、しっかりと把握しておく必要があります。

両者を把握して納得のいくファクタリングをしましょう

悪質な会社さえ利用しなければ、ファクタリングは明らかな合法です。

しかし安易に会社を決めるのではなく、自身あるいは自社がどういう状況なのか、即日現金化しなければならないのかなどを考慮して会社の検討を行いましょう。

2社間と3社間ではそれぞれに特徴がありますので、一概にどちらがベストだとは言えません。

中々決められない場合には周囲の人にも相談をして、納得のいく形で資金調達をすることが何よりも重要なのです。

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、現金化する手法です。手数料の支払いが必要になるものの、支払日が来ていない請求書などを現金化することが可能になります。

企業ではメジャーな取引の一つになっているのです。

企業間取引は一般的に請求書などを利用します。

現金取引ではないため振込みまでに時間がかかるケースが多く、資金繰りが厳しい企業にとっては待つのが辛い状態になることもあります。

そういった企業が利用するのがファクタリングで、売掛金を売却することで現金に変えることが可能になっているのです。

ファクタリングが使われるケースは多い

売掛金を買い取ってもらい現金化する「ファクタリング」
ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、対価としてお金を受け取る取引です。

企業の売掛金は、数字が計上されていても実際にお金が振り込まれるのは後日と言うことが良くあります。

中小企業やスタートアップではその時間差が厳しく、資金管理行き詰る原因となりかねないのです。

ファクタリング会社はファクタリングを専門的に行っているケースが多く、売掛金を査定の上買い取ってくれます。

手数料が引かれるもののすぐに支払いが行われるため、現金や活動資金を確保したい企業にとってうれしい存在になっています。

経営が安定するまでは欠かせない存在なのです。

ファクタリングの利用には注意が必要な面もある

ファクタリングで資金管理がスムーズに!ただし売掛債権にも注意

ファクタリングの利用には注意が必要です。売掛金を売買するにも信用が重要になるため、審査や査定に時間がかかってしまうことがあるのです。

審査や査定の時間を省略するファクタリング会社もありますが、手数料が割高になります。

手間を省略する分、ある程度回収出来ないお金が発生する可能性があるためです。

また、常に売掛金を買い取ってもらう状態となると、手数料がかかり続けます。

企業の収益を圧迫する可能性があるのです。

その場しのぎではなく状況を改善するための工夫が必要で、便利な分お金がかかっていることを理解する必要があります。

融資とファクタリングを比較することも重要になる

ポイントになるのが、融資との比較です。銀行などから融資を受ければファクタリングをしなくても済む可能性があります。

しかし、銀行からの融資は条件が厳しく、年利で考えると高くつく場合もあります。

経営にとって何が一番良いか考えるのが重要で、より条件が良いものを選ぶ必要があるのです。

融資が受けられなくなってからファクタリングを頼る企業もありますが、経営的に追い込まれると売掛金の評価自体が下がっていく可能性もあります。

その月を乗り切って終わりではなく、どの程度状況が続くかを考えた上で何を選ぶか考えるのが基本なのです。

現金化できるスピードはファクタリング会社の売掛債権で異なる

手続きを簡略化すると手数料がかさむファクタリングを行って現金化できるスピードは、ファクタリング会社によって異なります。これはファクタリング会社との取引だけでなく、売掛債権をもつ企業と調整を行うかどうかで必要な時間が変ってくるからです。

手続きを簡略化すれば、それだけ手数料がかさみやすくなります。

ポイントになるのが、受け取れるお金を増やしたい場合は早めに行動することです。

交渉などにかける時間が長ければ手数料も節約できるからです。

駆け込みで申し込めばそれだけリスクが高くなることも踏まえ、計画的に利用するのがおすすめです。

売掛金や売掛債権の種類とそのデメリットを改善する現金化の手段について

売掛金や売掛債権は一言で言うと回収できていない代金のことです。

売掛金や売掛債権の種類とそのデメリットを改善する現金化の手段について

一般的にサービスや商品を提供したらすぐにお金を受け取るという流れがモノやサービスの取引ですが、企業同士の場合などはそのお金が高額になることが少なくないため、代金は後日という形で先に商品やサービスを受け取ることがあります。

この後日の代金が売掛金や売掛債権です。

一般的に1~2ヶ月以内に代金の決済が行われる債権を売掛金、売掛金を含めて受取手形(書類で交わした支払いの約束)未収金(売掛金を除く未収の代金)など代金は回収していないものを売掛債権と言います。

これらの話題を踏まえながらどんな業界にどのような売掛金や売掛債権があるのかを紹介していきます。

製造業におけるものはどのようなものか?

製造業は様々な原料を加工して製品を生産し、企業や個人向けに提供を行う産業のことで、第二次産業に分類される業界のことです。

この業界での売掛金や売掛債権にはどのようなものがあるのかを紹介します。

そもそも売掛金は乱暴な言い方をすれば飲食店の「ツケ」のようなものです。

そういったツケのようなものが全て売掛金や売掛債権と呼べます。

例えばある部品を生産してA社へ納入し、その代金が後日支払われるとなった場合それが売掛金になります。

ちなみにこの売掛金は時効があり、製造業の場合2年となっているため、きちんと回収する必要があるのです。

また製造業の場合国内にとどまらず海外の企業にも売掛金が発生することも珍しくないため、その関係は複雑になりがちで為替によるリスクも大きいという特徴があります。

非常に頻繁に製品の売買取引が行われ、それらに関するやり取りが多いため、受取手形でのやり取りも頻繁に行われるという傾向も強い業界です。

売掛金・買掛金とは?3分でわかる意味や仕訳・具体例で解説

建設業界におけるものはどのようなものか?

建設業界も売掛金や売掛債権が多い業界と言えます。

その理由として入金方法が特殊という点、立替工事費が多いという点の2点があります。

入金方法が特殊という点は、建物等が完成してから入金される完成工事未収入金や前受金で入金されるお金が未成工事受入金というように様々な形で入金されます。

そのため、売掛金や事前の入金が入るというケースが混在したうえ、数年にわたる工事も多いことから途中の入金や途中に入金が期待される売掛金なども存在するという状況で、直接の入金以外にも様々なタイミングで売掛金や売掛債権が発生し、その結果多くなるという傾向があります。

立替工事費が多い点は、全体の工事が完成してからの入金になるため、その過程で下請けの場合多くの売掛金を元請け会社へ発生させます。

さらに長期にわたる工事の場合は売掛金がどんどん発生し、回収できない状態が長く続くという傾向があります。

このような傾向から売掛金の時効が3年とやや長くなっていますが、その分回収がかなり先になるというデメリットもある業界なのです。




建退共の証紙を用いると現金化を行うことも可能になる(建設現場)
建退共の証紙を用いると現金化を行うことも可能になる

医療業界におけるものはどのようなものか

医療業界も実は売掛金が多い業界です。

その理由は健康保険が存在することによります。

健康保険によって9~7割の治療費が売掛金や売掛債権になります。

製造業や建設業に比べて月ごとの売り上げを更に保険組合ごとに分割させて請求を行うため1件ごとが少額になりがちな売掛金や売掛債権ですが、請求先は都道府県の支払基金や大企業の傘下の健康保険組合、さらに協会けんぽという半ば行政と一体化した組織になるため、他の業界よりも請求先の信用度は非常に高く、相手会社が倒産して売掛金が回収できないと言ったトラブルがほとんどないという特徴を持っています。

それでも売り上げの多くを健康保険の治療費請求という形で売掛金や売掛債権として処理している業界のため、売掛金や売掛債権の発生しやすい業界の一つと言えます。

また、他の特徴として請求後数か月後にはほぼ確実に規則正しい時期に入金されるということも挙げられ、入金日が一定しない形で入金されることも珍しくない他の業界にない面を持ってもいます。

売掛金や売掛債権と現金化の手段を用いた問題の解決

売掛金や売掛債権のデメリットはかなり先の時期に入金がされるということです。

すぐに入金されるのであれば円滑な資金運営が可能なのですが、そういったことは珍しく短くとも数か月長ければそれ以上の期間に先延ばしされます。

その間に資金繰りが悪化し倒産するというケースもあるため、売掛金や売掛債権との付き合いは非常に問題になります。

こういったものを解決する手段が、ファクタリングです。

ファクタリングは売掛金や売掛債権に対しファクタリングを手掛ける会社が手数料等を差し引いた金額で買取り、その売掛金や売掛債権を代行して回収してくれたり、それらが入金された時点で全額ファクタリング会社へ支払うと言ったシステムです。

これを利用すると多少目減りはしますが、数か月先の入金となる売掛債権や売掛金が数日から数週間で現金化できると言う大きなメリットがあります。

これを利用することで資金繰りを改善させることも可能なのです。

ファクタリングに関する よくある質問Q&A

どうやってファクタリングをするのですか?
専門のファクタリング業者に売掛債権を証明する請求書などを買い取ってもらう形となります。
ファクタリングに必要なものは何ですか?
買取に出す請求書の他に代表者の本人確認書類と事業経営状態を示す資料(出入金明細など)が必要です。
ファクタリングは借金とは違うものですか?
ファクタリングは売掛債権など所有する権利を売却することで現金を作るため、借金には相当しません。
ファクタリングの利用は公開されますか?
専門業者との間でのみ契約を行う2社間ファクタリングでは外部に情報が公開されることはありません。
ファクタリングは日本独自のサービスですか?
いいえ。ファクタリングは世界中で導入されている現金調達方法となっています。

ファクタリング優良会社サイト一覧

以上、【ファクタリング】優良会社おすすめランキング比較!売掛金を現金化…でした。