PR

こども商品券(おもちゃ券)買取はキッズ用品全般を購入できる!金券も高換金率で現金化

こども商品券

こども商品券は「おもちゃ券」「トイカード」などとも呼ばれる、こども用のおもちゃや幼児服などと交換することができるタイプの商品券です。

おもちゃ券と呼ぶ場合はある程度の年齢に達したこども自身にお小遣い代わりに渡すこともありますが、基本的にこども商品券は小さな子供を持つ親に向けた商品券となっています。

利用範囲も児童向けのおもちゃに限らず、ベビー用品やおむつなど多岐にわたっています。

また商品券の一種として買い取りに出して現金化することも可能です。

こども商品券 3つの特徴

  1. 全国のデパートやスーパーなど利用可能な加盟店が非常に多い
  2. こどもと一緒に訪れる遊園地や水族館などでも使える
  3. 額面が小さい代わりに買取での換金率が高い
ギフト券買取総合ランキングTOP3
  • ギフト券買取総合ランキングno.1
    サカナ倶楽部
    買取率93%
    振込15
    16種対応

    振込でも来店でも利用可能!

    詳細を見る
  • ギフト券買取総合ランキングno.2
    買取大和
    買取率92%
    振込30
    16種対応

    LINEお友達限定で買取率1.0%UP!

    詳細を見る
  • ギフト券買取総合ランキングno.3
    買取ラッキーセブン
    買取率97%
    振込15
    3種対応

    大口取引希望は特別レートアリ!

    詳細を見る

こども商品券の具体的な使い方

こども商品券は全国のこども商品券加盟店で販売されています。

デパートやチェーン店では主にサービスカウンターや商品券販売所で取り扱いがされているので店員に尋ねてみましょう。

またおもちゃ屋ではおもちゃ売り場の一角で売られていることもあります。

こども商品券は基本的に「500円券」と「1,000円券」の2種類が販売され、オリジナルのグリーティングケースに収められて渡されます。

オリジナルデザインを施せるカードタイプも存在していますが、カードタイプは法人向けの商品券となっているため注意しましょう。

使い方自体は紙の商品券とカード式の商品券に違いはありません。

利用時は商品購入時に現金の代わりにそのまま差し出します。

複数のこども商品券を合算して支払うことは可能ですが、お釣りは出ないので気をつけてください。

こども商品券を利用するまでの流れとメリット

こども商品券は数ある商品券・ギフト券の中でも500円と1,000円という少額に特化している点が特徴となっています。

そのためこども自身に持たせるにしてもリスクが低く、また出産祝いや入学・進学祝いにプレゼントするにもそこまで気兼ねすることなく取り扱うことができます。

利用できる場所や購入可能な商品も非常に多いので、持っていて困ることはまずないでしょう。

特に「トイザらス」「アカチャンホンポ」では全商品をこども商品券で購入可能なため、子育てとは関係ない雑貨類を入手することもできるようになっています。

他にもタクシーでの移動や「肉の万世」で食事など、こども商品券はさまざまなシーンで利用できること自体が大きなメリットといえるでしょう。

ただし少額のこども商品券をまとめて支払いに利用する際は店員に怪訝な目で見られないかを多少は意識しておくことも重要になります。

こどもを連れてない状態だと余計に怪しまれることもあるので気をつけましょう。

こども商品券の購入時や利用時の注意点

こども商品券は加盟店で多様な使い方のできる商品券ではありますが、基本理念としてこども用品の購入に充てることが大前提となっているのは間違いありません。

またお釣りが出ないことから、千円札の代わりとして使うには無駄にしないための計算が必要になってくるでしょう。

加盟店ではないおもちゃ屋やこども服売り場では、利用できないことも当然意識しておくべきですが、つい忘れがちになるので事前にお店の対応をチェックする手間がかかるのも難点といえます。

他にもこども商品券には有効期限が設定されているため、古いこども商品券は使えない恐れがあります。

有効期限が切れていると買取現金化も不可能になってしまうので、使い道のないまま保管しているこども商品券は早めに現金化してしまうのがいいでしょう。

こども商品券についてのよくある質問

加盟店はどうやって調べることができますか?
こども商品券の加盟店は公式ホームページから検索することができます。 また加盟店の店頭にはステッカーが貼られているので、それを目印にしましょう。
購入できるお店と利用できるお店は同じですか?
こども商品券を購入できる店舗数よりも、利用のみ可能な店舗数の方が圧倒的に多くなっています。 たとえば遊園地・水族館・動物園などのレジャー施設やタクシーなどではこども商品券の販売は行われていません。
こども商品券は金券ショップで現金化できますか?
はい。こども商品券は金券ショップで買い取ってもらうことができます。 換金率は92~94%程度となることが多く、1,000円券なら920~940円ほどで現金化できます。
こども商品券はネットで売買することができますか?
ネットでの購入はこども商品券の公式サイト内から可能です。 ネット買取は対応する金券ショップを利用するようにしましょう。
カードタイプのこども商品券も現金化できますか?
基本的に可能ですが、法人販売されているカードタイプのこども商品券は一部の金券ショップでは取り扱い外となってしまう可能性もあります。

こども商品券に関する口コミ

「こども商品券はキャンペーンでよく配られている印象ありますね。3,000円ぶんくらい当たると相当嬉しい。けど基本的にはキッズ用品やベビー用品にしか使えないので、子どもが大きくなっちゃうと余らせたまま期限切れってこともある罠」

「ママ友同士のプレゼントにはこども商品券が重宝します。額面が500円の券ならお互いに遠慮することもありませんし、ちょっとお菓子を渡すくらいの感覚で贈ることができますよ」

「こども商品券は便利なんだけど用途があまりにも限定されているんで、結構使い切れないことがある。なので金券ショップに売っちゃった方が精神衛生上もラクだと思う。手数料も買いもので端数出すのと大差ないし」

「デパートまで行かないと買えないと思ってたのに、最近はネットでも買えるようになってるのね、こども商品券」

こども商品券と買取現金化についてのまとめ

こども商品券はおもちゃや幼児服だけでなく、遊園地などへの行楽やこどもを連れてのタクシー移動などにも使うことができる非常に便利な商品券です。

使いどころが決まっているのをデメリットと捉える向きもありますが、むしろ購入対象をしっかり絞り込めるからこそ無駄なく使うことができるメリットも大きいといえるでしょう。

とはいえ、こども商品券はその性質上こどもが大きく成長していくにつれて役目を終えていくものともなっています。

タイミングが合わないとお祝いにもらったこども商品券をそのまま使うことなく期限切れさせてしまうこともあるので、そうなる前に一度手持ちのこども商品券をチェックして期限切れが近いものは現金化してしまうといった対策を取るようにしておきましょう。

こども商品券はギフト券の中でも換金は比較的やりやすい部類に入るので、街中の金券ショップなどに持ち込めば簡単に90%以上の高換金率で現金にすることが可能となっています。

各種ギフト券買取ページリスト

こども商品券

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

フレコのアバター フレコ アシスタント

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次