全国都道府県別エリアから現金化買取など利用したい地域を選んでみよう

全国都道府県地方のクレジットカード現金化業者まとめ

全国のクレジットカード現金化業者には店舗型と無店舗型が存在する

クレジットカード現金化には店舗型と無店舗型があります。

全国にあるクレジットカード現金化の店舗型と無店舗型を確認しよう

店舗型の現金化はその地域に実店舗を構え、利用者はその店舗へと直接足を運んで現金化を行います。

店舗業者の現金化方法は主に買取方式という手法が用いられ、利用可能な額の中から業者が指定した商品を購入し、それを改めて業者に買い取ってもらい、現金を手に入れる方法です。

無店舗型は関東・首都圏地方関西・近畿地方などの大都市部に拠点を据えていることが多く、公式サイトを運営しながら申込からの手続きの一連をすべてネット上で完結させるのが特徴です。
全国の業者には店舗型と無店舗型が存在する
特定の商品を購入し、その特典でキャッシュバックを行うという形で現金化を行うという手法を取っています。

最近ではこの無店舗型が利用者数を増やしているという傾向にあります。

店舗型と無店舗型、それぞれのメリットとデメリットにいて知っておこう

店舗型のメリットと言えば、お店のスタッフと直説顔を合わせて取引を行うことができる安心感に他なりません。

全国に存在するクレジットカード現金化のメリットデメリットを調査せよ!

購入する現物を見ることもできますし、わからない点や不安な点があればその場ですぐにスタッフに確認できる利点もあります。

一方店舗まで直接出向かなければいけないというデメリットもあり、煩わしさを感じる人がいるかもしれません。

手続きが完了すればほとんどの店舗で当日中に現金を渡してくれます。

無店舗型のメリットは手軽さです。とにかく今すぐに現金が必要という人には、ネット環境があればどこにいても申込ができるのは便利です。

24時間申込可能の業者も多いので深夜や休日でも申込ができます。
店舗型と無店舗型の良し悪し
換金率も店舗型に比べ、比較的高めに設定されているケースが多くみられます。

デメリットは業者の顔を見ることができないため、まれにいる悪徳業者を回避しなければいけないことです。

業者に関する情報はネット上の口コミなどで集めることができるので、利用する前に安全な業者を見極めることが大切です。

どこのクレジットカード現金化サイトが優良業者なの?
>>クレジットカード現金化の優良店舗の業者を選ぶならコチラ

悪徳な店舗業者に手を出すその前に!格差社会の不条理を埋め合わせる現金化システム

「努力すればいつかは報われる」のが実現していたのは昔の話。

全国にためにある悪徳な現金化業者を見極めてながら申込を行うようにする

今の日本は、先進国の中で最も格差社会がいちじるしい国であるといわれています。

経済の恩恵をこうむっているのは一部の富裕層ばかりで、それ以外のほとんどの人には生活しづらい状況。

真面目に一生懸命働いても給料はなかなか増えず、物価は高いし税金や年金も高い。

生活費がかさむばかりでなく、老後の生活の安定も保障されていません。

そんななかでも友人の結婚式、ローンの返済、毎日の人付き合いなどで、何かと出費があるものですよね。

もちろんギャンブルや無計画な浪費で生活を持ち崩す場合もありますが、そうでない人でも月末になるとお金がピンチになることは少なくありません。
悪徳な店舗業者には絶対手を出すな!
そんな時に、借金したことをだれにも知られずに、借入審査なく資金調達ができるのがクレジットカード現金化なのです。

また、ヤミ金や消費者金融や銀行融資で断られた場合、これまではブラックOKの悪徳な店舗業者に手を出して雪だるま式に借金がかさむというケースもあります。

クレジットカード現金化を利用すれば闇金を利用するリスクも必要なくなるというメリットもあります。

クレジットカード現金化業者は日本の各地に店舗を構えている!

クレジットカード現金化の業者は日本各地に店舗を構えています。

クレジットカード現金化の業者は日本各地に店舗を構える
日本各地に店舗を構える
店舗型のメリットは、担当者と顔を合わせながら現金化を勧められることです。

電話やネットでのやりとりに不安がある人が利用しやすいだけでなく、現金振込みまでのタイムラグがないという長所もあります。

ただし、人口が少ない地域では店舗自体が少ないケースもあるため注意も必要です。

店舗型クレジットカード現金化業者のメリットは?まずは地域別で検索

店舗型業者を利用するメリットは、対面形式でクレジットカードの現金化が可能なことです。

店舗型の業者を見つけるためには..

「都道府県名+現金化」

..などのキーワードで検索を行うのが一般的です。

マネフレでは都道府県別、エリア別で業者を検索できるため、下記の日本全国地図からチェックするのがオススメです。

都道府県によっては店舗数が少ないケースや、距離が離れているため利用の候補から外れるケースもあります。

まずは実際に利用できる、店舗型の業者があるかどうかチェックするのが基本になるのです。

直接クレジットカード現金化業者に行っても現金化できない?店舗型の注意点

店舗型の業者を利用する場合は、事前連絡が必須になっています。

事前連絡が必要なのは業者によって手法に差があるからです。

現金化はクレジットカードのショッピング枠で購入したものを、業者が買い取ることで成立します。

業者によって買取できる商品が異なるため、事前の確認が必須になっているのです。

また、まとまった金額になってくると業者によって現金を用意していないケースも出てきます。

その場で現金を受取をする場合は、利用金額の申請などが必要になる場合があるのです。

振込みを選択できる事も一般的ですが、振込みの場合はすぐに現金を受け取れるというメリットを失う事になります。

土日祝日や銀行が閉まっている時間でも、現金を受け取れるのがメリットになるため、特にこだわりがなければネット業者と比較した方が良い場合もあるのです。

💴全てのカードが使える現金化サイト→ナンバーワンクレジット

店舗型のデメリットも知っておくとプラスに!還金率はネットの方が高め

店舗型のクレジットカード現金化業者は条件が揃えばその場でお金を受け取る事ができます。

店舗型のデメリットも知っておくとプラスに!換金率はネットの方が高め

換金率はネット申込の方が高め!

事前連絡が必要になるものの、土日祝日や銀行の営業時間外も現金を受け取れるのが魅力です。

注意点は現金化に必要な品物は申し込み後に自分で用意しなければならない事です。

また、店舗数が限られる地域も多く、特に地方都市の場合は移動距離や移動時間の負担が生じます。

近くに店舗がない場合や品物の用意が大変な場合はネット業者を利用するのも方法です。

品物の購入から買取までネットで完結する事が一般的で、10分程度のスピード振込みに対応しているケースもあります。

24時間対応の金融機関に振込みを行う事で、土日祝日も対応してくれる業者も増えています。

また、店舗型に比べてネット業者の方が換金率が高い事が多く、手元にはいるお金が増えやすいのもポイントです。

店舗型の業者店舗の運営や人件費などの費用がかかるため全体的に換金率が低めになっているのです。

ネット業者の場合は店舗などの固定費を節約できるためその分換金率が高くなる傾向があります。

もちろん、ネットだけでなく実店舗も運営し、高い還元率を実現している業者もあります。

ただし、実際にアクセスできる場所に店舗がなければ、どれだけ優れていても利用はできなくなります。

自分の住んでいる地域や、生活リズムにあわせて業者を選ぶ事も大切なのです。

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • スペシャルクレジット


    詳細はコチラ

  • ラストチェンジ


    詳細はコチラ

  • 現金化堂


    詳細はコチラ

以上、【全国都道府県】急なピンチを乗り切る現金化地域エリア業者を徹底検証…でした。