現金化をはじめる前に仕組みにおける流れからやり方の手順を確認しながら準備期間を把握し、それに利用するうえで忘れてはいけないのが、各店舗で行っている還元率と換金率などの違い、またはショッピング枠と買い物の関係性について詳しく見ていく事に致しましょう。

クレジットカード現金化の仕組みや流れなど手順方法を学ぼう!

仕組み(還元率・換金率)や自分名義カード所要時間~準備期間のやり方手順方法の流れまで

気になる項目をチェック

クレジットカード現金化の仕組みを理解しておこう

クレジットカード現金化業者を利用するときには仕組みを理解しておくと役に立ちます。

クレジットカード現金化の仕組みとして一般的なのは商品買取方式とキャッシュバック方式です。

商品買取方式はクレジットカード現金化業者から商品をクレジットカードで購入し、その商品を業者に買い取ってもらうことで買取金額を支払ってもらう仕組みです。

業者は中古品の取り扱いができる古物商許可を取得していることが必要になります。

もし古物商許可番号が表示されていないなら悪徳業者だと考えられるでしょう。

一方、キャッシュバック方式の場合にはクレジットカード現金化業者から商品をクレジットカードで購入した際に特典としてキャッシュバックを受け取れます。

商品を購入した事実が必要になるので書品の送付を受けることが必要です。

もしキャッシュバック方式なのに商品を送ってくれないのであれば詐欺の可能性があるので注意しましょう。

クレジットカード現金化をするときの一般的な手順

クレジットカード現金化をするときには商品を購入して売却する方法と、業者を利用する方法があります。

商品の購入と売却によるアプローチでは、クレジットカードで商品を購入することから始めます。

そして、その商品をリサイクルショップなどで買い取ってもらうか、インターネットオークションなどに出品して落札してもらいます。

友人や親戚などに売っても構いません。

その代金として現金を受け取るのが商品の売買による方法です。

一方、業者を利用するときには手順が異なります。

インターネット上から申し込みをして使用したいショッピング枠の金額を伝えた後、本人確認や内容確認を受けます。

そして、業者が指定した商品をクレジットカードで購入すると手続きは終わりです。

商品を購入するだけで売る手続きをする必要がないのが業者を利用する方法の特徴です。

クレジットカード決済が確認されたら業者が銀行口座にお金を振り込んでくれます。

自分名義のクレジットカードを作る事から始めよう

クレジットカードは必須カード現金化という事ですので、クレジットカードは絶対に必要になります。
なので、自分名義のクレジットカードが無い場合は、即現金できません。
持っていない方は作る事から始めましょう。

カード会社へ出向いて作る方法

今では、ネット申し込みをして全ての審査が終わればカードが自宅へ送られてきます。
このようなネットから申し込みができるクレジットカード会社もあれば、店舗へ出向いて作る方法もあるのです。
学生の時は審査も軽めで、作りやすいので作っておくといいかもしれません。
カード会社によって審査は様々ですが、職場の在籍証明であったり、給料などを記入すれば通るものもあります。

クレジットカードが届けば即現金が可能!

審査は必要ナシ手元にクレジットカードが届いた時点で、即現金は可能です。
カードさえあれば申し込みは簡単なので、念の為まだクレジットカードを持っていないというのであれば作っておくと良いでしょう。
そして、何かあった場合にはカードから現金を貸してもらえる事ができるので便利だと思います。カードがあれば、あとは身分証明書を持っているだけで審査は必要ありません。
なので、即現金が必要な時は、使ってみましょう。

ショッピング枠内記載のやり方を知っておく

自分名義のクレジットカードを持っている事を確認しましょう。

次に、チェックしないといけないのは、そのショッピング枠というものです。
カード現金化という事は、その枠を把握しておく必要があるのです。
その枠内でしたらお金を借りる事ができるという仕組みになっているので、枠内を知っておきましょう。

クレジットカードのショッピング枠は、明細書に記載されています。
これは人それぞれで、30万位から100万単位の場合もあり、使っている年数やカード会社からの信頼で金額を上げる事ができるのです。

ショッピング枠を把握して買い物ができる期間

業者を使って買い物カードのショッピング枠を把握して、いくらまでの金額を使う事ができるのかが分かれば、業者を使って買い物をします。

買い物は様々ですが、その際に申し込みの手続き、身分証明書の提示、振り込んで欲しい自分の口座を入力していきます。

親切に流れの説明をしてくれるスタッフ

業者のサイトはとても親切に流れの説明をしてくれているので、非常に簡単といわれています。
何よりも短時間で済ませられる!という事を売りにしているので、難しいワケがないのです。

カード枠内で欲しい商品を見つけましょう

現金化を運営している業者のサイトには様々な商品が載っています。
そして、欲しい商品を見つけましょう。
それがクレジットカードのショッピング枠内である事を確認した上で、商品を購入してください。

身分証明書を提示するだけで即現金ができる

サイトには非常に分かりやすく絵や画像なども添えて申込み方法が説明してあり、その流れに従っていくだけで申し込みができます。
クレジットカードを持っている時点で、もう審査済みという事になるので身分証明書を提示するだけで構いません。身分証明書は運転免許証でいいですが、それが無い場合は住民票と名前と住所が記載されている公共料金(携帯などの)請求書を合わせるだけでいいです。
この2点(クレジットカードと身分証明書)があるだけで即現金ができます。

現金が換金される口座を間違えずに記入する

申し込みの際に、現金が換金される口座を記入する必要があります。
その口座も自分名義のもので間違えないように入力しましょう。全ての手続きが終わればきちんと業者から入金を確認する事ができます。
今ではインターネットから残高照会などもできるので、そのようなアカウントを作っておくと便利でしょう。

クレジットカード現金化で今すぐ!現金が欲しい!
>>現金が今すぐ欲しいクレジットカード現金化初心者はコチラ

現金化が紹介されてるサイトを調べるコツや手順など

現金化するにあたって、まずは業者を選ばなければいけませんが、どのように選べばいいのでしょうか?

業者が紹介されてるサイトを調べてみましょう。
たくさんあり困ってしまうかもしれませんが、コツがあります。

目的に合わせた色々な業者選びの特典

自分に合っている業者選び業者には色々な特典などを持っているので、自分に合った業者を探す事ができます。
換金率を重視するのであれば、その率が98%とという業者を目当てに探してみましょう。また、女性に特典があったり、レディースデイというものを設けた業者もあるのでチェックしてみるのもいいかもしれませんね。
そして、自分名義のクレジットカードを複数利用したい!という場合でもそれが可能なクレジットカード現金化を選ぶ事ができます。
このように自分に合っている業者を探す事ができるという点でもインターネットは便利ですよね。

現金化で大きな安心感が得られる信頼

なかなかネットには慣れていない方も中には居るものです。
その場合は、店舗を構えている業者もあるので、訪ねられます。
それによって大きな安心感が得られるのであれば、その方法を取ってください。
何よりも信頼できる業者を選ぶ事が何より大切になってきます。

クレジットカード現金化の還元率は商品購入とセットになることが基本となる

クレジットカード現金化で換金率という表記がある場合は、商品の購入やサービスとの契約が前提になってきます。

還元率とは商品購入や契約によって生じるリターンの一部をサービス利用者に還元する割合のことで、商品の買い取りが前提となる換金率と大きな違いが出ることがあるのです。

還元率と表記されたクレジットカード現金化サービスを利用した場合、購入した商品や契約したサービスを自分で利用できるのが大きな特徴になります。

過去に流行したのが携帯電話の乗り換えによるキャッシュバックの受取です。携帯電話会社同士の競争が過剰になってしまった結果、乗換えを何度も繰り返すことでお金を増やせる可能性が生まれてしまいました。

クレジットカード現金化業者が代理店などの契約を結んでいれば、契約実数などによってリターンが生じます。そのリターンの一部をキャッシュバックし、更なる契約につなげる業者などが誕生したのです。

現在は業界による規制などが進んだ結果、携帯電話の乗換えを伴うクレジットカード現金化はほとんどなくなりました。しかし、様々なサービスの契約や商品購入によるリターンを還元する還元型の業者は存在するのです。

インパクト現金化はコチラ

契約したサービスや購入した商品の利用を続けられるのが特徴

還元率と書かれたクレジットカード現金化業者を利用する場合は、商品の購入やサービスの契約が前提になります。商品の受取の拒否やサービスの解約は違約金の発生などトラブルの原因となります。

事前に条件を確認する必要があるため、手続きが若干複雑で時間がかかるのが特徴です。

換金型のクレジットカード現金化よりも優れているのは、商品やサービスを自分で使い続けることができる点です。

換金型のクレジットカード現金化の場合は一部が手数料などで引かれてしまうため、受け取れる金額は利用したショッピング枠よりも少なくなります。

還元型のクレジットカード現金化の場合はもともとも購入予定の商品やサービスを利用した場合、一般的な購入ルートよりもプラスになることがあるのです。

ただし、業者によって還元に使うサービスや商品などが異なるため、実際に問い合わせないと自分に向いた方法か分からないケースもあります。自分に本当に必要なサービスとのマッチングが難しいため注意が必要です。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • エージェント
    詳細はコチラ

クレジットカード現金化の手段における換金率タイプの最重要ポイントについて

クレジットカード現金化用語の1つに換金率という言葉があります。換金率とは物を売った時にお金に換わる割合のことで、換金率が高ければ高いほど効率的にショッピング枠を現金にかえることができます。

クレジットカード現金化業者選びの最重要ポイントと考える人も多く、業者の違いが出やすい部分でもあるのです。

また、換金率と表示されている場合は現金化の手法が換金によって成り立っているということがわかります。

クレジットカードで購入したギフト券を業者が買い取る形式が一般的になっていて、換金率が80%を超える業者が多くなっています。

家電やブランド品をリサイクルショップなどに売却した場合、買取金額が購入価格の数割程度になることが多くなります。

非常に効率が良いことから主要なクレジットカード現金化の手段になっているのです。

ギフト券以外にも新幹線の回数券など、クレジットカードで購入できて簡単に換金ができるものも存在します。

しかし、オンラインで購入できるギフト券であればそのままオンライン現金化業者に買取を依頼することができるため、非常に便利な手段として定着しているのです。

換金率は業者によって違うため比較も大切になってくる

クレジットカード現金化業者はそれぞれに買取を行う商品が異なります。買取を行う商品によって換金率が変わるのもポイントで、業者ごとに差が出る理由にもなっています。

少しでも高い換金率で利用できる業者を探すことでお得に利用することができるのです。

店舗型の業者は新幹線の回数券などがメインで換金率が低くなる傾向があるなど、店舗型とネット系の業者による違いにも繋がっています。

同じ商品を買い取る業者でも、効率的な経営ができているかで換金率が変わってきます。また、業者間の競争も存在するため、交渉をすることで換金率を優遇してくれるケースもあります。

初回は90%を越える換金率を保障するなど、独自の工夫をする業者もいます。各種キャンペーンを開催する業者も多いため、じっくり比較したいポイントになっています。

また、換金率は取引金額が多いほど高くなりやすいという特徴があります。

お金が足りなくなった時にこまめに換金するよりもまとめて現金化した方がお得なケースもあるため、換金率に差が出るか業者に直接問い合わせてみるのもおすすめです。

クレジットカード現金化の手順から「どれぐらいの時間がかかるのか?」を考える

クレジットカードにはショッピング枠と呼ばれるお買い物に利用できる利用限度額を「ショッピング枠」と呼び、この枠を使って現金を得るという方法があります。

最近では様々な手段で現金化ができるようになっていますが、今回は品物を手に入れてから現金化までの手順から、どれぐらい時間がかかるか紹介します。

クレジットカードを使った現金化は意外と便利だったことがわかる

クレジットカードと言えば現金を使わずに支払いができる便利なカードであり、多額の現金を持ち歩くよりも安全なので、海外旅行や高価な物を購入する場合にも便利な存在です。

とはいえ無制限いくらでも使える魔法のカードではありませんので、使った分だけ後日クレジットカード会社から請求されてしまう仕組みであるため、使いすぎに注意する管理能力も求められます。

さらにクレジットカードにはショッピング枠と呼ばれるお買い物に使える利用限度額があり、この枠を超えてお買い物をすることはできませんので、使いすぎると肝心な時に支払いができない事もあります。

そして、クレジットカード現金化ではショッピング枠を利用する方法となっており、クレジットカードで換金性の高い物を購入して、買取サービスに持っていってお金にするという方法です。

ただし、この方法はクレジットカード会社が認めておりませんので、もしも発覚すればカードが利用停止になってしまうだけでなく、それまで利用した金額も一括請求されてしまいます。

今回はこのクレジットカード現金化の手順から「どれぐらいの時間、手間がかかるのか?」について、個人で行う場合、クレジットカード現金化業者で紹介していきます。

個人でクレジットカード現金化をする手順からかかる時間はどれぐらいか?

まず、クレジットカード現金化自体は昔からあった方法であり、今でこそインターネットの発達でクレジットカード現金化業者もサイトを設立しておりますが、方法自体は別に新しい事ではありません。

クレジットカード現金化を個人で行う方法として、昔からあるのが換金性の高い物を購入して、買取サービスに持っていき、現金にするという方法が定番であり、今でもこの方法で現金化を行う方がいます。

なので手順としてはまずは換金性の高い物を購入することになりますが、一番よく利用されているのが金券であり、その理由としては「軽いので持ち運びやすい、買取をする金券ショップが駅等にある、還元率などからいくらで売れるのかがわかりやすい」というのが主な理由です。

確かに、クレジットカード現金化を個人で行うならば、売却までの手間や時間がかかりすぎてしまうと面倒なだけであり、物が重かったり大きかったりするのは運搬するのだけでも大変です。

とはいえ、個人で行う場合は最初から最後まで自分だけで行わなければならないので、購入から売却するサービスまで向かう時間、そして買取サービスでの所要時間から30分~1時間前後はかかるのではないでしょうか?

なお、個人が換金性の高い物を何度も買っていると、クレジットカード会社から「不正利用されているか?」という電話がかかってくることがありますが、一方で現金化を疑われている可能性もありますので、やりすぎたりすると誤魔化しきれません。

貴金属やブランド品を売る場合はどうなるか?

貴金属やブランド品を専用の買取サービスへ持っていくことで、確かにお金にすることは可能ですが、前提としてはこれらの品々の売買に関する知識も必要になってきます。

前提として貴金属とブランド品などは購入するだけでも何十万、場合によっては百万円を超えることもあるので、一般の方のクレジットカードではショッピング枠が足りないことがあります。

また、購入できたとしても売買では貴金属ならばただしい相場を知っておかなければならないこと、ブランド品なら査定で品質などを確認するのですが、こちらも買取業者によってブランド品の査定の得意・苦手が分かれます。

よって、得られる現金も多いかもしれませんが、クレジットカード現金化で貴金属やブランド品を扱う場合は知識や入念な準備も必要になってしまいます。

インパクト現金化はコチラ

クレジットカード現金化業者を利用する手順と時間について

クレジットカード現金化を行う業者も登場しており、最近ではインターネットからの申し込みからすぐに現金化ということもできるようになってきております。

クレジットカード現金化業者を利用する手順についてですが、クレジットカード現金化業者のサイトから申し込めば1時間以内に銀行口座に振り込まれる、というパターンもあります。

さらに家にいながらクレジットカード現金化ができてしまうので、個人で行う場合と比べれば購入や売却などで移動する際にかかる時間、そして体を動かすこともほとんどありません。

しかし、クレジットカード現金化業者を利用する場合、手順として最初に「どこのクレジットカード現金化業者を利用すべきか?」を決めなければなりませんので、まずはクレジットカード現金化業者探しからスタートとなってしまいます。

もちろん、そのクレジットカード現金化業者が信用できそうなのか?についても口コミや体験など、なるべく多くの情報を集めて判断しなければならないので、この点でまず時間がかかってしまうことが想定できます。

仮に信用できそうなクレジットカード現金化業者を見つけたとしても、今度は個人情報やメールアドレス、クレジットカード番号といった情報入力もあり、入力量次第ですが数分~数十分はかかるでしょう。

そして実際に振り込まれるまでですが、先ほど1時間以内と上記で触れているものの、実際には全てのクレジットカード現金化業者が早く入金できるとは言い切れません。

よって、クレジットカード現金化業者次第では振込みが翌日になるなど、余計に時間がかかることもありますので、この点についても事前のリサーチなどが重要となります。

安心&安全のおすすめ現金化
プライムウォレット現金化はコチラ

「ネットオークション」「スマートフォンのフリーマーケットアプリ」で物を売るパターンはどうか?

最近ではネットオークションやスマートフォンのフリーマーケットアプリなどでも購入した物を売ってお金にしている方がいます。

手順も単純であり、オークションサイトやフリーマーケットアプリに売りたいものを出品するだけで、後は相手を待つだけとなります。
(出品方法はサイトやアプリで確認しましょう)

これらの方法でも出した物品に買い手さえつけば、現金を得ることも可能であり、可能性として購入時と同じ利益を挙げる事もできる可能性は全く無いというわけではありません。

しかし、上記で触れたクレジットカード現金化と違って、オークションやアプリの使用方法や知識も必要となりますので、急にできることでは無いのが欠点です。

何よりも出品した物に買い手がいなければ利益も出ない、買い手が出た場合は郵送の手続きをするなどの作業が発生するので、物を売るのは決して楽ではありません。

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • エージェント
    詳細はコチラ

お金が2度と借りられない人に朗報!