クレジットカードで現金化をはじめて行う方にとって理解できないところがあるかと思います。そんな初心者の方で今すぐお金が欲しい人へ現金化のシステムにもあるキャッシュバック方式と買取方式についてまとめてみました。

はじめてクレジットカードで現金化をする方へ(初心者ビギナーズ向け)

はじめて現金化をする方

はじめて現金化を利用する人たちへのやり方など

現金化を今まで利用した事が無いという人も多いかもしれませんが、どういうものか知っておきたいですよね?

現金化キャッシュバックの方式

はじめてキャッシュバック方式の現金化をするなら

商品をネットから購入し、それから「キャッシュバック」としてお金が振り込まれるような方式です。

例えば10万円今すぐ欲しい時はどうしたらいいでしょうか?
業者が運営しているサイトで、15万円の商品を買います。
買う時は、自分のクレジットカードのショッピング枠を使いましょう。
この申し込みの際に、現金を振り込んで欲しい口座の情報などを入力します。
手続きが完了すれば、業者からキャッシュバックとして10万円が即座に振り込まれるのです。
クレジットカード会社から請求が来れば、購入した金額を支払います。

現金化の買取方式 (買取屋の方式)

同じく10万円今すぐ欲しいという場合はどうしたらいいでしょうか?
業者が販売している商品をクレジットカードを使って15万円の商品を買います。
購入した後にその商品を10万円で、同じ業者が買い取ってくれるようになっているのです。
そして、クレジットカード会社から請求が来た場合には、購入した金額を支払います。

クレジットカード現金化させるにあたって安心できるサイトを選びたいですよね?
>>クレジットカード現金化の優良サイト選びはコチラ

どちらの方式でもすぐに現金が欲しいという場合に使えるものです。
はじめてだから難しいかもしれない、私にはできないかもと思っている人は多いのですが、非常に簡単なシステムなのです。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

【初心者向け講座】初めて現金化をするなら押さえておきたい!

初めてクレジットカード現金化を利用する人は、どうしても手続きに戸惑ってしまいがちです。現金化自体を不安に思う人も多いため、あるいていど手続きの手順などを覚えておくと不安が解消できます。

クレジットカード現金化は一般的に商品券などを購入して業者に買取してもらう形式になるため、トラブルを避けるためにも確認が必要です。

クレジットカード現金化を利用する場合はまず業者に連絡することから始まります。ネットの入力フォームに申し込みたい金額や名前、電話番号、折り返しの電話に出られる時間帯などを入力して送信します。

直接電話で申し込める業者も存在するのもポイントです。

折り返しの連絡が必要なのは、不正なカードの利用などを防ぐための本人確認があるためです。申し込むと早いと数分で折り返しの電話がかかってきます。24時間の受付ができるオンライン業者でも深夜や早朝の連絡は避けます。

指定できる場合は都合のいい時間帯を指定しておくのがおすすめです。

電話で本人確認が済んだ場合は業者から何を購入すればいいのか、どういった取引になるかの案内が行われます。受取に使う銀行口座の情報も必要になるため、手元にカードや通帳を用意しておくのがおすすめです。

案内通りに手続きが完了した後、お金が振込まれるのです。

クレジットカード現金化は身分証明証が必要になるのが一般的

クレジットカード現金化を利用する場合は、身分証明証の提示が必要になる場合があります。これはクレジットカードの不正利用を防ぐためです。

また、商品券の買取など古物の取り扱いを行うためには身分証の提示が必須になっているため、身分証の提示を求めない業者の方が怪しくなってしまうこともあるのです。

オンライン業者の場合は免許証や健康保険証などの身分証をスマホなどで撮影し、指定の場所に送る必要があります。セキュリティの向上のために身分証と顔が両方写った画像を求められるケースも増えています。

店舗型の業者を利用する場合も身分証を持っていく必要があります。

業者によってどれだけの情報が求められるかが変わってくるため、慌てないように用意しておく必要があります。

クレジットカード番号や暗証番号は聞かれないので安心できる

クレジットカード現金化は現金化をしたい人が自分で商品券などを購入し、業者に買取を依頼するのがポイントになります。クレジットカードは本人以外が利用した場合は不正利用になってしまい、カードの停止原因になります。

そのため、手続きの一部は必ずクレジットカードの利用者本人が行う必要があるのです。

手続きの関係上、クレジットカードの番号や暗証番号などは聞かれないのがポイントです。クレジットカード現金化と不正な利用を結びつけてしまう人もいますが、実際にはカード情報を渡す必要はないのです。

振込みのための銀行口座の情報提示する必要はありますが、暗証番号なども不要です。ただし、クレジットカード現金化業者によって振り込み対応できる金融機関がかわります。

指定の金融以外に入金ができない場合や、振込みのための手数料が加算されるケースもあります。

振り込み対応できる金融機関がサイトに書かれているクレジットカード現金化業者も多いため、チェックしておくのがおすすめです。

リピーターは省略できる手続きが多いのもポイントになってくる

初心者は戸惑いがちなクレジットカード現金化の手続きですが、本人確認書類の確認は二度目以降省略できるケースが出てきます。これは業者側で身分証などのデータを保管するため、再確認する必要がなくなるためです。

古物取引の関係上身分証名証の情報は一定期間保管する必要があるため、違法な手続きではないのがポイントになります。

クレジットカード現金化の手続きは手続き慣れしている人は5分程度で済むケースもあります。最初は身分証明書の画像送信などで手間取ることがあるため、余裕を持って対応できる時間に連絡を希望するのがおすすめです。

また、即日の振込みを目指す場合は、金融機関の営業時間内に手続きをする必要があります。24時間振り込み対応の金融機関も増えているため、土日祝日の現金化を目指す場合は対応する銀行の口座を持っておくと便利です。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

クレジットカード現金化の手順から「どれぐらいの時間がかかるのか?」を考える

クレジットカードにはショッピング枠と呼ばれるお買い物に利用できる利用限度額を「ショッピング枠」と呼び、この枠を使って現金を得るという方法があります。

最近では様々な手段で現金化ができるようになっていますが、今回は品物を手に入れてから現金化までの手順から、どれぐらい時間がかかるか紹介します。

クレジットカードを使った現金化は意外と便利だったことがわかる

クレジットカードと言えば現金を使わずに支払いができる便利なカードであり、多額の現金を持ち歩くよりも安全なので、海外旅行や高価な物を購入する場合にも便利な存在です。

とはいえ無制限いくらでも使える魔法のカードではありませんので、使った分だけ後日クレジットカード会社から請求されてしまう仕組みであるため、使いすぎに注意する管理能力も求められます。

さらにクレジットカードにはショッピング枠と呼ばれるお買い物に使える利用限度額があり、この枠を超えてお買い物をすることはできませんので、使いすぎると肝心な時に支払いができない事もあります。

そして、クレジットカード現金化ではショッピング枠を利用する方法となっており、クレジットカードで換金性の高い物を購入して、買取サービスに持っていってお金にするという方法です。

ただし、この方法はクレジットカード会社が認めておりませんので、もしも発覚すればカードが利用停止になってしまうだけでなく、それまで利用した金額も一括請求されてしまいます。

今回はこのクレジットカード現金化の手順から「どれぐらいの時間、手間がかかるのか?」について、個人で行う場合、クレジットカード現金化業者で紹介していきます。

個人でクレジットカード現金化をする手順からかかる時間はどれぐらいか?

まず、クレジットカード現金化自体は昔からあった方法であり、今でこそインターネットの発達でクレジットカード現金化業者もサイトを設立しておりますが、方法自体は別に新しい事ではありません。

クレジットカード現金化を個人で行う方法として、昔からあるのが換金性の高い物を購入して、買取サービスに持っていき、現金にするという方法が定番であり、今でもこの方法で現金化を行う方がいます。

なので手順としてはまずは換金性の高い物を購入することになりますが、一番よく利用されているのが金券であり、その理由としては「軽いので持ち運びやすい、買取をする金券ショップが駅等にある、還元率などからいくらで売れるのかがわかりやすい」というのが主な理由です。

確かに、クレジットカード現金化を個人で行うならば、売却までの手間や時間がかかりすぎてしまうと面倒なだけであり、物が重かったり大きかったりするのは運搬するのだけでも大変です。

とはいえ、個人で行う場合は最初から最後まで自分だけで行わなければならないので、購入から売却するサービスまで向かう時間、そして買取サービスでの所要時間から30分~1時間前後はかかるのではないでしょうか?

なお、個人が換金性の高い物を何度も買っていると、クレジットカード会社から「不正利用されているか?」という電話がかかってくることがありますが、一方で現金化を疑われている可能性もありますので、やりすぎたりすると誤魔化しきれません。

貴金属やブランド品を売る場合はどうなるか?

貴金属やブランド品を専用の買取サービスへ持っていくことで、確かにお金にすることは可能ですが、前提としてはこれらの品々の売買に関する知識も必要になってきます。

前提として貴金属とブランド品などは購入するだけでも何十万、場合によっては百万円を超えることもあるので、一般の方のクレジットカードではショッピング枠が足りないことがあります。

また、購入できたとしても売買では貴金属ならばただしい相場を知っておかなければならないこと、ブランド品なら査定で品質などを確認するのですが、こちらも買取業者によってブランド品の査定の得意・苦手が分かれます。

よって、得られる現金も多いかもしれませんが、クレジットカード現金化で貴金属やブランド品を扱う場合は知識や入念な準備も必要になってしまいます。

クレジットカード現金化業者を利用する手順と時間について

クレジットカード現金化を行う業者も登場しており、最近ではインターネットからの申し込みからすぐに現金化ということもできるようになってきております。

クレジットカード現金化業者を利用する手順についてですが、クレジットカード現金化業者のサイトから申し込めば1時間以内に銀行口座に振り込まれる、というパターンもあります。

さらに家にいながらクレジットカード現金化ができてしまうので、個人で行う場合と比べれば購入や売却などで移動する際にかかる時間、そして体を動かすこともほとんどありません。

しかし、クレジットカード現金化業者を利用する場合、手順として最初に「どこのクレジットカード現金化業者を利用すべきか?」を決めなければなりませんので、まずはクレジットカード現金化業者探しからスタートとなってしまいます。

もちろん、そのクレジットカード現金化業者が信用できそうなのか?についても口コミや体験など、なるべく多くの情報を集めて判断しなければならないので、この点でまず時間がかかってしまうことが想定できます。

仮に信用できそうなクレジットカード現金化業者を見つけたとしても、今度は個人情報やメールアドレス、クレジットカード番号といった情報入力もあり、入力量次第ですが数分~数十分はかかるでしょう。

そして実際に振り込まれるまでですが、先ほど1時間以内と上記で触れているものの、実際には全てのクレジットカード現金化業者が早く入金できるとは言い切れません。

よって、クレジットカード現金化業者次第では振込みが翌日になるなど、余計に時間がかかることもありますので、この点についても事前のリサーチなどが重要となります。

「ネットオークション」「スマートフォンのフリーマーケットアプリ」で物を売るパターンはどうか?

最近ではネットオークションやスマートフォンのフリーマーケットアプリなどでも購入した物を売ってお金にしている方がいます。

手順も単純であり、オークションサイトやフリーマーケットアプリに売りたいものを出品するだけで、後は相手を待つだけとなります。
(出品方法はサイトやアプリで確認しましょう)

これらの方法でも出した物品に買い手さえつけば、現金を得ることも可能であり、可能性として購入時と同じ利益を挙げる事もできる可能性は全く無いというわけではありません。

しかし、上記で触れたクレジットカード現金化と違って、オークションやアプリの使用方法や知識も必要となりますので、急にできることでは無いのが欠点です。

何よりも出品した物に買い手がいなければ利益も出ない、買い手が出た場合は郵送の手続きをするなどの作業が発生するので、物を売るのは決して楽ではありません。

2021年クレカ現金化人気業者3選

お金が2度と借りられない人に朗報!