電子ギフト券やプリペイドカード買取現金化は買取サイトで探すのがベスト!– 各種ギフト券買取ジャンル! –

電子ギフト券やプリペイドカード買取現金化は買取サイトで探すのがベスト!

電子ギフト券とはインターネット専用のギフト券です。

電子ギフト券は番号によって管理され、特定のサービスにその番号を打ち込むことで額面の金額をチャージすることができるようになっています。

カードの購入金額をそのまま電子マネーに置き換えるという点ではプリペイドカードの一種と言うこともできるでしょう。

電子ギフト券はその特性上、普通の物理的なプリペイドカードのように金券ショップに買取に出すことは難しくなっています。

しかしインターネット上にある電子ギフト券買取サイトなら、特別なシステムによって電子ギフト券の買取現金化が可能です。

ギフト券買取総合ランキングTOP3
  • ギフト券買取総合ランキングno.1

    サカナ倶楽部


    買取率93%
    振込15
    16種対応

    振込でも来店でも利用可能!

    詳細を見る

  • ギフト券買取総合ランキングno.2

    買取大和


    買取率92%
    振込30
    16種対応

    LINEお友達限定で買取率1.0%UP!

    詳細を見る

  • ギフト券買取総合ランキングno.3

    買取ラッキーセブン


    買取率97%
    振込15
    3種対応

    大口取引希望は特別レートアリ!

    詳細を見る

電子ギフト券プリペイドカード買取ジャンル一覧


ニンテンドーカードは高い買取率で現金化することも可能

ニンテンドープリペイドカードは主にニンテンドーSwitchのサービスで利用することができる電子ギフト券です。

ダウンロード版のゲームソフト購入ができるだけでなく、ニンテンドーオンラインの月額料金支払いに使うこともできます。

またカタログチケットをニンテンドープリペイドカードで購入することで、任天堂のゲームソフトを最新作を含めて1本5,000円で購入できるようにもなります。

ニンテンドープリペイドカードは買取サイトでも人気が高く、高い買取率で現金化することも可能になっています。

ウェブマネーは90年代から利用され購入機会も非常に多い

ウェブマネーは非常に長い歴史を持つ電子マネーです。

90年代から利用されているため古参のインターネットユーザーなら一度はお世話になっていると言ってもいいでしょう。

現在も電子ギフト券の形式で販売されており、購入機会も非常に多く用意されています。

ただしウェブマネーを買取現金化するに当たっては少し特殊なノウハウが必要となるため、ウェブマネーを取り扱う買取サイトは一部大手に限定されています。

ウェブマネーを購入する際は安易に現金に戻せないことを意識しておくようにしましょう。

ナナコギフトカードはnanacoポイント購入など買い物に便利

ナナコギフトカードはセブンイレブンやイトーヨーカドーで使うことのできるnanacoポイントを購入するための電子ギフト券です。

特に近隣にセブンイレブンやイトーヨーカドーがあって毎日のように利用している人にとっては日々の生活費をかなりお得に節約することができるようになるでしょう。

また新しく販売されるようになったプリペイド式のナナコカードは買取現金化は難しくなっていますが、旧来のギフト券形式のものなら買取サイトで現金化することが可能です。

楽天ポイントギフトカードはラクテン関連でをよく利用する人におすすめ

楽天ポイントギフトカードは通販大手の楽天で利用するための電子ギフト券です。

ただし楽天ポイントギフトカードはすでに販売を終了し現在は楽天ギフトカードが販売されています。

両者には「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」という対応する電子マネー形式の違いがあるため注意しましょう。

現金化はどちらも可能ですが楽天ギフトカードの方に対応している買取サイトはまだ一部に留まるため、当面は楽天ポイントギフトカードの現金化が主流となっています。

プレイステーションストアカードは新作ゲーム購入に欠かせない

プレイステーションストアカードはPlayStationのサービスで利用するカードです。

通常版の他に1,100円券が2枚セットになったものがギフトパックの名称で販売されていますが、基本的にはどの種類であっても電子ギフト券の一種と考えておいて大丈夫です。

プレイステーションストアでは新作ゲームなどを購入することができますが、その際にプレイステーションストアカードを使うことで支払い手続きが容易になります。

ただ他の使い道はないので余ってしまった場合には買取現金化してしまっていいでしょう。

JCBプレモカードはネットショッピングで大いに役立つ

クレジットカード会社JCBが提供するプリペイドカードサービスがJCBプレモカードです。

基本的には通常のプリペイドカードとして利用しますが、JCBのクレジットカードシステムを一部共有しているため非常に多くの実店舗でクレカと非常に似た形で利用することができるようになっています。

もちろんJCB対応のネットショッピングでも使うことが可能です。

JCBが管理するサービスのため買取現金化のハードルはかなり高くなっていますが一部の買取サイトでは買取率90%近くで取り扱いがされています。

LINEプリペイドカードはライン関連サービス利用者に最適

LINEプリペイドカードはLINE内のスタンプ課金、LINEマンガやLINEミュージックといった様々な機能に総合的に利用可能なプリペイドカードです。

LINEプリペイドカードを使うと複数のサービスを一括管理できるようになるため、LINEのヘビーユーザーにとってはかなりメリットの大きいカードであると言えるでしょう。

LINEプリペイドカードは買取サイトでの取り扱いも比較的多く現金化はしやすいタイプの電子ギフト券となっています。

ただし買取率は70%〜80%となってしまう場合が多いようです。

ギフト券買取総合ランキングTOP3
  • ギフト券買取総合ランキングno.1

    サカナ倶楽部


    買取率93%
    振込15
    16種対応

    振込でも来店でも利用可能!

    詳細を見る

  • ギフト券買取総合ランキングno.2

    買取大和


    買取率92%
    振込30
    16種対応

    LINEお友達限定で買取率1.0%UP!

    詳細を見る

  • ギフト券買取総合ランキングno.3

    買取ラッキーセブン


    買取率97%
    振込15
    3種対応

    大口取引希望は特別レートアリ!

    詳細を見る

DMMプリペイドカードは動画やドラマ好きは必須!

DMMプリペイドカードはDMMブックスといったDMM内のサービスに使うDMMポイントをチャージするための電子ギフト券です。

また忘れてはいけないのがDMMの元々のビジネスだったアダルトコンテンツを受け継いだFANZAの存在です。

実はDMMポイントはFANZAでも使うことができるので、DMMプリペイドカードはアダルトコンテンツ購入をこっそり行いたい人にもうってつけの電子ギフト券と言えるでしょう。

買取に関しては最近になって取り扱う買取サイトが増加しており、買取価格も比較的安定しています。

ペイペイギフトカードはPayPayチャージなど用途は幅広い

ペイペイギフトカードはQRコード決済PayPayにチャージするお金を電子ギフト券形式で贈ることができるカードです。

特徴としてPayPayに直接チャージされる点が挙げられます。

PayPayにチャージされるということは実質的に現金とほぼ同じように扱うことができるため、ペイペイギフトカードの価値は他の電子ギフト券と比べてもかなり高いと考えることができるでしょう。

またその特徴から買取サイトでも存在感を増してきており、一部では90%以上の高い買取率で現金化が可能となっています。

モバコインカードはモバゲーユーザーは利用価値アリ

モバコインカードはモバゲーで利用するモバコインを購入することができる電子ギフト券です。

モバゲーは一時代を築いたゲームプラットフォームでしたが、最近は勢いを失い今では数少ない定番ゲームが稼働しているとだけの状況です。

そのためモバコインカードの取り扱いも一時期に比べて減っており、現金化の需要も少なくなってきているのが実情です。

まだモバコインカードの買取に対応している買取サイトを見つけたら余らせているモバコインカードは現金化してしまってもいいでしょう。

GREEプリペイドカードはグリーコインでゲームがまた利用できる

GREEプリペイドカードはゲームサイトGREEで使うことができる電子ギフト券です。

GREEプリペイドカードはアカウントにチャージするとGREE専用のコインに変わるため、他の場所で利用することはできません!

そのためGREEのゲームプラットフォームとしての魅力が減衰してからはGREEプリペイドカードの存在感も薄れてきています。

そのためGREEプリペイドカードの買取現金化に対応しているサイトを探すのはかなり大変なので注意しましょう。

Vプリカカードはカードがなくてもお買い物ができる

Vプリカはクレカ最大手VISAが発行するプリペイドカードです。

そのためVISAに対応しているお店やネットショップであればほぼ確実に利用できるという大きなメリットを持っています。

クレジットカードを持てない人でもその利便性を享受することができるのは非常に助かります。

Vプリカはそのままでの買取現金化に対応したサイトが少ないので、クレカと同じように買い物ができる利点を活かして一度別の商品や電子ギフト券を購入してからさらに現金化するというテクニックを使うのもおすすめです。

TマネーギフトカードはTポイント生活ををしてる人はニーズがある

Tマネーギフトカードを使うとTポイントカードの機能であるTマネーにチャージができます。

Tマネーで買い物をするとTポイントが貯まりやすくなることから、常にTポイントを活かした生活をしている人には色々と使い道のある電子ギフト券とも言えるでしょう。

Tマネーギフトカードの買取はどの買取サイトでもあまり大々的には宣伝されていません。

しかし一部の買取サイトでは購入時のレシートなどがあれば買取現金化に応じてくれる場合があるので、個別に問い合わせをしてみるようにしましょう。

ビットキャッシュで電子書籍やオンラインゲームがもっと楽しめる

ビットキャッシュは最近勢いのある電子マネーで、電子ギフト券の形でも売られています。

以前のビットキャッシュの使い道はオンラインゲームへの課金でしたが、現在は電子書籍の購入など使える場面が拡大してきています。

そのため本格的に取り扱いを始める買取サイトも増えているため、現金化がしやすくなっている点も魅力的なポイントです。

たとえば大手買取サイトでは他の主要な電子ギフト券には及ばないものの買取率79%という十分な価格での現金化ができるようになっています。

C-CHECKの用途は少々難があるがマニア利用が多いかも

C-CHECKは主にオンラインゲーム向けのプリペイドカードです。

コンビニなどにそのまま物理カード形式で売られているわけではなく、マルチコピー機などの端末を利用して16桁のC-CHECK番号をシートに発行するという形で販売されています。

16桁の番号をやりとりするだけで売買が成立するため買取サイトとは相性が良いように思われますが、残念ながら現在はまだ対応するサイトはごく一部に留まっています。

現金化の際はその一部のサイトを頼るようにしましょう。

ユーネクストカードで自宅で映画鑑賞を見放題できる

ユーネクストカードは動画配信サービスU-NEXTに課金するためのプリペイドカードです。

特徴としてはU-NEXTの課金形式に合わせて550円という電子ギフト券としては非常に安価な額面からカードが揃えられている点になります。

つまりクレジットカードを持っていない人やとりあえずお試しでU-NEXTを使ってみたいという初心者をターゲットにした商品であるため、ギフトプレゼントにもよく使われています。

実際、正式にユーネクストカードの取り扱いを開始する買取サイトは順調に増加傾向にあります。

ネットフリックスカードで見たかったドラマを邪魔されずに鑑賞!

ネットフリックスカードはNetflix用プリペイドカードです。

クレジットカードを登録してしまうと解約が難しくなるため、Netflixの利用者の中には敢えて毎月ネットフリックスプリペイドカードを購入している人達もいます。

コンビニなどにもよく置かれるようになったため買取の回数も多くなってきており、買取率も比較的安定しています。

ただしコンビニ購入のプリペイドカードはそのままでは買取に出せないケースもあるので、買取サイトの注意事項をよく読んでから現金化を行うようにしましょう。

ネットキャッシュのサービスで意外な場所で利用できる

ネットキャッシュはNTTカードソリューションのプリペイドサービスです。

まだ知名度は高くありませんが意外な場所で使える機会も用意されています。

特にオンラインゲームを楽しんでいる人にとっては使い道が広がることでしょう!

あまり流通量が多くないのに加えてNTTが管理するプリペイド式のサービスであるため、買取現金化は難易度が高くなっています。

しかし同じようなプリペイドチャージ式の電子ギフト券買取に対応している買取サイトなら、ネットキャッシュ買取にも応じてくれる可能性があります。

ギフト券買取総合ランキングTOP3
  • ギフト券買取総合ランキングno.1

    サカナ倶楽部


    買取率93%
    振込15
    16種対応

    振込でも来店でも利用可能!

    詳細を見る

  • ギフト券買取総合ランキングno.2

    買取大和


    買取率92%
    振込30
    16種対応

    LINEお友達限定で買取率1.0%UP!

    詳細を見る

  • ギフト券買取総合ランキングno.3

    買取ラッキーセブン


    買取率97%
    振込15
    3種対応

    大口取引希望は特別レートアリ!

    詳細を見る

WindowsストアプリペイドカードならWindowsストアやXBOX関連の買い物に役立つ

Windowsストアプリペイドカードとは正式にはウィンドウズストアカードと言います。

マイクロソフト関連のネットサイトで買い物をする際に利用することができるプリペイドカードで、WindowsストアだけでなくXBOX関連の買い物にも使えるのが特徴です。

Windowsストアカード及びそれとほぼ同じものであるXBOXプリペイドカードは買取に出して現金化することも可能ですが、他のゲーム系電子ギフト券と比べると取り扱っている買取サイトは国内ではかなり少数となるので気をつけましょう。

フーループリペイドカードでHulu独自の作品がとことん見れちゃうぞ!

フーループリペイドカードはHuluに課金するためのプリペイドカードです。

Huluは独自の地位を築いている動画配信サービスですが、それゆえに競合サービスと比べると「この作品のためだけに短期課金したい」といった需要が多くなっています。

そうした場合にフーループリペイドカードは重宝されており、電子ギフト券としてもプレゼントに適したものになっていると言えるでしょう。

フーループリペイドカードを買取に出す際は、基本的に他の競合カードも取り扱っている買取サイトを使うようにすると間違いがありません。

aupayプリペイドカードならauサービスを連携して普段の生活を生かそう

aupayプリペイドカードは通信大手のau発行のプリペイドカードです。

auが提携するようになったPontaポイントと連携しているのが最大の特徴で、aupayプリペイドカードで買い物をするだけでPontaポイントを貯める効率は格段に上がっていきます。

またauが提供している点で他のプリペイドサービスよりも信頼性は高いと言っていいでしょう。

しかしaupayプリペイドカードの買取を行なっているサイトはまだ少なく、現金化には少し苦労することになります。

dカードプリペイドカードを使ってdポイント貯蓄して欲しかった買い物をしよう!

dカードはNTTドコモが提供するクレジットカードですが、そのdカードのプリペイド版がdカードプリペイドカードとなります。

先に現金チャージをしておく必要がある以外は基本的にクレジットカードと同じ感覚で買い物をすることができる点が便利な特徴となっています。

ただしdカードプリペイドカードはそのまま買取現金化するのは現時点ではかなり難しいカードとなっています。

現金化する際には一旦dポイントの形にして商品購入してから売却するといった一手間をかける必要があるでしょう。

ペイパルなら海外で世界中で決済サービスを堪能できる

ペイパルは世界的に活用されているネット上の決済代行サービスです。

簡単に言うとペイパルの口座に一度現金をチャージしておいて、その口座を中継点にすることによって世界中の様々なサービスと安全な取引ができるようになるというものです。

ペイパルにチャージした残高を再び現金化する場合には、素直に残高を引き出すのが一番簡単です。

しかしその場合には手数料がかかってしまうため、少しでも損をしたくないならペイパル残高で転売に向いた商品を購入してから買取に出すといった方法を使うといいでしょう。

モバイルSuicaのICカードで交通面が楽に過ごせる

モバイルSuicaは交通系ICカードのモバイル版で、通常は物理カードのSuicaをスマホだけで使えるようにしたものとなります。

Suicaでのタッチ決済に対応した店舗での買い物もできるため、電車の乗り降りに限らず生活全般の利便性は非常に高くなると考えていいでしょう。

その一方でモバイルSuicaは買取に出して現金化するといったことが難しくなっています。

基本的には残高を処理することで現金を引き出すことになりますが、一度チャージしてしまうと簡単に現金には戻せないため注意しましょう。

ワオンカードでイオンショッピングしながらお得にポイント還元する

ワオンカードは全国のイオンで使うことができるプリペイドカードです。

イオンでの買い物を便利にしてくれるだけでなく、お得な還元を受けることもできます。

ただしワオンカードには一旦現金をチャージしてしまうと二度と現金に戻せない弱点があります。

現金払い戻しに対応しているプリペイドカードも多いため、その点を認識してからチャージを行わないとトラブルにも繋がります。

どうしてもワオンカードを現金化したい時はカードで買った商品を買取に出して現金を受け取るのが一番確実な方法になります。

クイックペイならクレジットカードが持てない人たちを救済する

クイックペイとはスマホを使ってのシームレスなタッチレス決済を実行するためのシステムです。

プリペイドカードを登録できるのも重要な点で、使い過ぎ防止やクレジットカードが持てない人達の救済策としても役に立っています。

しかしクイックペイはあくまでスマートフォン決済を補助するものなので、それをそのまま買取に出して現金化することはできません。

現金化したい場合は登録しているプリペイドカードなどを個別に買取現金化するようにしましょう。

ソフトバンクプリペイドカードでオートチャージを有効活用しよう

ソフトバンクプリペイドカードはソフトバンクカードのプリペイド版となっています。

ソフトバンクプリペイドカードは携帯料金と合算する「まとめて支払い」に対応することで本来事前チャージが必要なプリペイドカードをオートチャージで使うことができる特徴を持っています。

これによってソフトバンクプリペイドカードはクレジットカードに限りなく近い使い勝手を実現しています。

またソフトバンクプリペイドカードはそれ自体の買取はできない反面、キャリア決済現金化に近い使い方ができる可能性も秘めています。

パスモカードは電車やバス通勤通学に便利

パスモカードは代表的な交通系ICカードですが、買い物に利用することもできるためチャージ式のプリペイドカードのような利用法も一般的となっています。

パスモカードを現金化したい場合には、駅の窓口に申し出て現金払い戻し手続きをするのが基本となっています。

その一方で金券ショップや買取サイトではチャージ金額を正式に判断することができないため、パスモカードそのものを現金化するのは困難です。

そのため現金化は残高を一度何かに変えてから行いましょう。

クオカードはギフト券プレゼントなどによく使われている

クオカードは日本でもっとも有名なギフト券の一つです。

クオカード自体には電子ギフト券は用意されていませんが、最近生まれた「QUOカードPay」という電子決済サービスの方はネット上でやり取りをすることができるようになっています。

通常のクオカードを現金化する場合は街の金券ショップやネット上の買取サイトに申し込みをするだけで非常に簡単に現金化が可能です。

買取率も額面の95%程度になることも珍しくないため、現金化するには非常に有利なギフト券と言えるでしょう。

マネパカードでマルチカレンシーを使い自由にお買い物を楽しむ

マネパカードとはマルチカレンシーというシステムを使ったプリペイドカードです。

マルチカレンシーは複数の通貨を意味する言葉で、このマネパカードは現金をチャージする際に6種類の通貨に両替することができるようになっています。

つまり海外旅行の際に現地通貨でチャージしておくだけで現地で自由に買い物ができるようになるというわけです。

しかしマネパカードにチャージした場合、マネパカードそのものを買取に出して現金化することはほぼ不可能になるので地道に正規の手続きをして残高払い戻しをするようにしましょう。

Pontaカード利用でポイ活をもっと活用していきたい

Pontaカードは基本的にはポイントを貯めるためのカードとなっていますが、種類によってはプリペイド機能付きのものやクレジットカード機能付きのものも用意されています。

ただしプリペイドカードとしては特殊な扱いになるため、他のプリペイドカードの買取現金化に対応しているサイトであってもPontaカードの買取は断られる可能性があります。

現金化を考えている場合は無理にカード自体を売るよりもチャージした残高を現金に戻す方向で考えるのがおすすめです。

Amebaプリペイドカードは有効期限が短いので注意が必要

Amebaプリペイドカードはサイバーエージェントが提供するAmebaピグなどのサービス内で利用可能なAmebaコインを購入するためのプリペイドカードです。

Amebaプリペイドカードには6ヶ月というかなり短い有効期限が設定されているので、利用は購入直後にする必要があります。

もしも余らせてしまったAmebaプリペイドカードを現金化したいのであれば有効期限内であることが絶対条件となりますが、それでも有効期限の短さから買取に応じてくれる業者を見つけるのは至難の業となるでしょう。

ナイキカードで好みのスポーツ用品などを購入しよう

ナイキカードは正式にはNIKEギフトカードと呼び、NIKEの実店舗やオンラインストアで利用することができます。

ナイキカードには直営店やコンビニで販売されているカードタイプと、オンラインで注文後にメール形式で送られてくるデジタルタイプがあります。

またナイキカードは一部の買取サイトでの現金化も可能です。

かなりマイナーなカードなので買取サイト上で宣伝されていることは少ないですが、似たようなチャージ式のプリペイドカード買取に対応したサイトなら尋ねてみる価値はあるでしょう。

Uberギフトカードのサービスを思う存分活用することができる

UberギフトカードはUber系のサービスで使うことができるギフト券です。

日本ではUberというと食事配達サービスが思い浮かびますが、元々は配車サービスとして誕生しているためUber提携のタクシーに使うことも可能となっています。

もちろん食事配達にUberギフトカードを使うこともできるため、意外と使い勝手のいいギフト券と捉えることもできるでしょう。

Uberギフトカードの買取には一部のサイトがすでに対応済みとなっているため、今後は現金化も含めて使いやすくなることが期待されます。

バニラvisaギフトカードでデジタルギフト商品をプレゼントする

バニラvisaギフトカードはVISA eギフトというサービスの一部で、他人にVISAのコードを贈ることができるデジタルギフト商品となっています。

オンライン上のVISA加盟店で利用することができるので、実質的に現金を贈っているのと同じ効果を生み出すことができます。

その一方でコードを送り合うだけで済む安心感もバニラvisaギフトカードのメリットと言えるでしょう。

しかしバニラvisaギフトカードにチャージした残高を現金に戻すのはかなり難しいため、買取以外の現金化を目指した方が得策です。

バナコインプリペイドカードでバンダイナムコサービスを利用する

バナコインプリペイドカードとはバンダイナムコのサービスで利用可能なバナコインを購入するためのプリペイドカードです。

バナコインの利用場所は限定的ですが他のゲーム系プリペイドカードと比べて遜色ない取り扱いをされているため、目にする機会は豊富に用意されています。

しかし買取サイトによる現金化については他と比較すると確かに対応が少ない事実があります。

バナコインプリペイドカードを余らせてしまった時は買取に出すよりは別の現金化テクニックを試した方がいいでしょう。

DAZNプリペイドカードを使うとスポーツ観戦がより面白くなりそう!

DAZNプリペイドカードはDAZNが発行しているプリペイドカードです。

近年スポーツ中継の中心はDAZNへと移っていっているため、DAZNプリペイドカードの利用者数も拡大の一途を辿っています。

ただお目当ての試合が終わってしまうとDAZNプリペイドカードを使いきれないこともあるため、買取現金化の方法は覚えておいて損はないでしょう。

DAZNプリペイドカードは一部の買取サイトや売買仲介サイトでは取り扱いの拡大も進んでおり、買取率は大体80%程度で安定しています。

豊富なギフト券種による買取ジャンルによる現金化まとめ

電子ギフト券やプリペイドカードは一般的な金券ショップでは買取不可となるケースはほとんどであるため、現金化を諦めてそのまま放置してしまう人も少なくありません。

しかし現在はインターネット上にそうした電子ギフト券やプリペイドカードの買取を専門的に行う業者が登場しているため、一度は現金化を諦めたカードも再び価値を持つ可能性が高くなっています。

ただし買取サイトによって対応する電子ギフト券やプリペイドカードの種類はかなり異なるため、買取現金化を目指すにあたっては、まず自分が現金化したいカードの特徴をしっかり把握することが重要になるでしょう!

以上、【買取ジャンル】電子ギフト券やプリペイドカードをお金に換金する...でした。

12