現在、あらゆる分野で活躍する電子マネー(プリペイド型・ポストペイ式など)プリペイドカードについて、お得なQRコード決済やウェブマネーの種類や使い方についてご紹介致します

電子マネーの現金化によるQRコード決済や残高をお金に換える方法

【電子マネー現金化】デジタル通貨や小銭・券売機キャッシュレス決済機能

気になる項目をチェック

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • アーク
    詳細はコチラ

クレジットカード現金化と電子マネー現金化の違い

クレジットカード現金化の他にも現金を調達するためのアプローチは多数知られています。

代表例として電子マネーの現金化が挙げられますが、クレジットカード現金化とは何が違うのでしょうか。

電子マネーは直接現金にできないのが一般的なので、クレジットカード現金化と同じように商品を購入して売却する方法により現金にするアプローチが選ばれています。

ただ、電子マネー現金化の場合にはあらかじめ電子マネーを手に入れておかないと現金にはできません。

クレジットカード現金化の場合にはショッピング枠を使った信用取引をして、翌月以降の後払いができるのが特徴です。

既に電子マネーを持っているなら現金化するメリットはありますが、たった今持っていない電子マネーを入金して現金化してもお金が減るだけです。

クレジットカード現金化は今はお金がなくても来月はお金があるというときに現金を作れる点で優れているアプローチです。

初心者にも優しいクレカ現金化のサイトが見つかる
クレジットカード現金化

クレジットカード現金化はキャッシュレス決済ができないときに有用

クレジットカード現金化はキャッシュレス決済ができないときに有用

クレジットカード現金化は現金を手に入れる方法として魅力があるのは確かですが、支払いに困ったときに必ずしも利用すべきだとは言えません。

商品を購入して売却する方法でもクレジットカード現金化業者に申し込む方法でも、使用するショッピング枠よりも調達できる現金の金額は少なくなります。

そのため、キャッシュレス決済に対応していてクレジットカードで支払いができるなら、クレジットカード現金化をするよりもクレジットカード決済をする方がお得です。

キャッシュレス決済が利用できないときに有用な手法だと理解しておく必要があるでしょう。

また、商品を買いたいときにクレジットカード決済に対応していなくても、ギフト券などで支払えることもあります。

一般的にはギフト券はクレジットカードでは買えませんが、アマゾンギフト券のように種類によってはクレジットカードで買える場合もあります。

その方が金額的にはお得になるので、本当に現金でなければならないときにだけクレジットカード現金化をしましょう。

どんどん普及しているウェブマネーのカードとは!?

電子マネーはどんどん普及してきているチャージ式で使えるカード型のものになります。
どんな使い方があるのでしょうか?

自分に合った電子マネーを使いましょう!

財布を忘れても心配ない便利なプリペイド式

カードの中にお金をチャージして使う方法です。

スイカやイコカなどの電車で使えるものや提携しているショップでも使う事ができます。

現金を持ち歩きたくない場合でもチャージしておけば使えるので便利です。

また、財布を忘れてしまった時などもカードさえ持っていれば何かと使えるショップがあるので便利です。

プリペイド式ですので、自分でお金を入金する形になるので、使い過ぎてしまうという心配はありません。

保険適用・保証があるので安心なポストペイ式

電子マネー現金化財布を忘れても心配ない保険適用・保証がある

こちらはチャージしなくても使えるカードで後から支払いの請求がくる形です。

また、支払い時にはサインや暗証番号も必要ないため支払いがスムーズなので、朝の時間がない買い物でも便利です。

また、落とした場合は保険適用もあるので万が一落としてしまったとしても保証があるので安心ですよね?

支払う度にポイントやマイレージが貯まるものもあり、利用価値があります。

プリペイド式でもポストペイ式でも非常に便利な事は確かですので、自分の合っているカードを使うといいでしょう。

また必要に合わせて使い分けもできるので、両方持っている人も中にはいます。

使い分けできる電子マネーには様々な種類や価値があります。

通勤通学に便利な馴染みの交通系プリペイドカード

電車通学や通勤している人にはお馴染みで便利なカードです。

券売機でチャージできるタイプのカードなので、たくさん入金しておけば乗り降りもスムーズです。

また改札が混雑時している場合でもチャージしているだけで券売機に並ぶ事なく改札を通れるので時間短縮にもなります。

種類は地方で様々あり「Suica」「PASMO」「ICOCA」「PiTaPa」「TOICA」「Kitaca」「SUGOCA」などがあります。

買い物系プリペイドカードは便利!

加盟している店舗で使える便利なカードです。

カードを持っているだけで購入時に特典がある場合もあります。
種類は「Edy」「nanaco」「WAON」などです。

利己的な使い方ができる買い物系ポストペイカードの魅力

チャージ式ではなく、後払いするものです。

ポイントを貯める事ができたり、マイレージを貯められるカードもあるところが魅力でしょう。

使い方は色々ありますし、持つ人に合ったカードを選ぶ事が一番ですので、自分の生活に合ったカードを選びましょう。

また、何枚持っていても使い分けてサービスを得られるという方法もあるので、それも便利で利己的な使い方です。

電子マネーはクレジットカードを越えられない訳とは!?

電子マネーはクレジットカードを越えられない訳とは!?

電子マネーとクレジットカードの利用頻度と利用額の違いを考察します。

実際はそんなに利用頻度は高くない電子マネー

現在私は電子マネーもクレジットカードも両方利用しています。

しかし、利用頻度や利用金額においてはまだまだクレジットカードが圧倒的です。

具体的に言えばクレジットカードと電子マネーを比べてみれば、利用頻度は電子マネーが全体の20%くらいで、金額では全体の5%しかならないのが現実です。

されど、電子マネーはおサイフケータイなどの利用ができるので、気軽にチャージしたりできる面においてはクレジットカードよりも使いやすい面は多々あり、クレジットカードからチャージをすればポイントの還元率がクレジットカードよりも有利になることもあります。

電子マネーがさほど使われていない2つの理由

①クレジットカードに比べ活躍する場が圧倒的に少ない

電子マネーが使えるのはコンビニエンスストアーもしくは一部の大型店舗のみで、飲食店や地域スーパーマーケットには未だばらつきなどが目立ちます。

それに比べクレジットカードが使える場所は広範囲に渡り活用範囲があるので、利便性から考えてもクレジットカードの方が電子マネーよりも大きいことが言えるでしょう。

しかしながら最近では電子マネーを有効活用できる方向で考えている企業や店舗もあり、増えてきている印象はありますが、未だかつて電子マネーの普及率が乏しいのが難点かもしれません。

②幾度と行うチャージの手間と面倒がかかる

もう一つは電子マネーはプリペイド式であることです。

何か買い物をする前に、あらかじめ電子マネーをチャージしておかないと利用することができないという面倒な点が挙げられます。

スキミングや紛失などによる安全性を重視していると言えばそれまででしょうが、その安全性の重視が利便性を損なっていることもまた確かです。

ふとした場面で電子マネーを使用する際に残金不足で恥ずかしい思いをした..というお客様の声もしばしば聴いたことがあります。

それにプリペイドのシステムでは、高額の支払いに電子マネーを利用することに幾度が抵抗があるという人もいらっしゃるようです。

電子マネーとクレジットカードは使い分けが必要

無駄な小銭や現金などを持ちたくないという便利なカードや電子マネーはやはり生活や用途に応じて、自己の使い分ける場面を事前に決めておくことが必要だと考えられます。

安心&安全のおすすめ現金化
アーク現金化はコチラ

デジタル通貨は財布要らず!小銭のジャラジャラもない役立つマネーとは

今の時代、何かの支払いに現金を使わないキャッシュレス化が進んでいます。

その代表的なものがデジタル通貨ですね。デジタル通貨の名前くらいは知っていても、詳細は知らないという人も多いことでしょう。

今後デジタル通貨を使いこなすためにも詳細を知っておきましょう。

キャッシュレス化に不可欠!デジタル通貨の特徴

今や何か物を買って会計したり、サービスを受けて支払いをする時に、現金を使わない方法がたくさんあります。

そんなキャッシュレス化が進んでいる中、支払い方法として役立ってくれるのがデジタル通貨ですね。

デジタル通貨は財布要らず!小銭のジャラジャラもない役立つマネー

デジタル通貨とはざっくりと言うと、お金の代わりとして使えるデジタルデータのことです。

通貨としての価値が認められていて、専用カードやスマートフォンのアプリにチャージすることで、支払い可能となります。

デジタル通貨は主に2種類!仮想通貨と電子マネーの違い

デジタル通貨として知られているのは、主に2種類です。

ビットコインなど仮想通貨と、Suicaなどの電子マネーですね。

この2つはとてもよく似ていますが、大きな違いがあります。

電子マネーはその国の通貨として認められているものを、デジタルにしたものです。

SuicaやWAON、nanacoなど、種類もどんどん増えています。

あらかじめ専用カードやスマホアプリにチャージして、支払いの際に利用するのが一般的ですね。

一方、仮想通貨は国の通貨としての価値が保証されていなくて、価値が流動的に変化しています。

政府や中央銀行が管理していなくて、独自の暗号化技術によって保全性が保たれていて、システムによって管理されています。

インターネット上にある世界中の取引所で取引可能で、価値は常に変動していますね。

損をすれば得をすることもありますし、円やドルなどの法定通貨に換えることも可能です。

有名なのはビットコインですが、リップルやイーサリアム、ネムなど、銘柄は2000以上もあります。

大きな意味で両方ともデジタル通貨ですが、一般的に普及しているのは電子マネーの方ですね。

チャージすれば現金と同等になる!デジタル通貨の使い方

仮想通貨もデジタル通貨の一種ですが、ここからは一般的に普及している電子マネーをメインに話を進めていきましょう。

電子マネーを使うには、専用のカードや使う方法か、スマホのアプリにチャージして使う方法の主に2種類あります。

クレジットカードに電子マネー機能が付いているものもありますし、バリエーションは豊富ですね。

カードで使うにしろアプリで使うにしろ、実際のお金を入金しないといけません。

入金することをチャージすると言いますね。

専用ATMでチャージできますし、オンライン上でネットバンクやクレジットカードからチャージすることもできます。

カードやスマホアプリにチャージしてしまえば、何か物を買った時などレジでかざすだけで会計が終わってしまいます。

使った分だけ差し引かれ、残高がどんどん減っていくという仕組みですね。

ある程度減ってくればまたチャージして、残高を増やすことで繰り返し利用可能です。

いちいちチャージするのが面倒だという人向けに、クレジットカードなどで自動的にチャージする方法もありますね。

実際のお店で使うこともできますし、ネットショッピングの支払いなどにも利用できます。

キャッシュレスで便利!デジタル通貨のメリット

デジタル通貨である電子マネーのメリットについて、紹介しましょう。

チャージさえしてあればお金と同等のものとして使用できますから、今話題のキャッシュレス化ができてとても便利です。

現金を持ち歩かなくてもすむようになりますから、財布の中もコンパクトになって現金の盗難などのリスもを減らせますね。

チャージしたりすることで、電子マネー独自のポイントが貯まってお得になります。

クレジットカードからのチャージなら、クレカのポイントも貯まりダブルでお得になりますね。

現金や小銭を出したりという手間が省けますし、混み合うレジでの会計がスムーズになります。

銀行などから現金を引き出す回数が減ってくれますから、ATM手数料などの節約ができてしまいます。

何にどれくらい支払ったかとか、いついくらチャージしたかなど、履歴がきちんと残ります。

家計簿をつけていない人でも、お金の動きを把握しやすくなりますね。

お札や小銭などの現金は、色んな人のところをめぐりめぐっています。

時には手垢などが付いていて、汚れている場合もありますね。

電子マネーならそんな心配がなくて清潔ですし、手や財布が汚れるのを防ぐことができます。

急にお金が必要な時に!デジタル通貨の現金化

いくらキャッシュレス化が進んでいるとはいえ、現金が急に必要になる場面もあります。

基本的にデジタル通貨の電子マネーは、先にチャージしておかないといけません。

つい多めにチャージしてしまって現金が足りないとか、電子マネーで現金化できないの?と思っている人もいることでしょう。

電子マネーの現金化はもちろんできます。

Suicaなどの交通系カードの場合なら、窓口に持って行って払い戻ししたいと言えばすぐに手続きしてくれて、現金を手にできます。

他の種類の電子マネーの場合は、専用の現金化業者を使う方法と、自分で現金化する方法がありますね。

専用業者に電子マネーを買い取ってもらって、現金を銀行口座に振り込んでもらえます。

自分で現金化するなら、ブランド品などの高価買取してもらえる品を電子マネーで購入しましょう。

その後、ブランド品買取店などに商品を売ってしまえば、現金を手にできます。

ただし、電子マネーは上限が決まっていて、2万円から5万円程度です。

少額だけお金が必要だという時の現金化に向いていますね。

【少額(1~10万)現金化ランキング】少ないお金の最低金額対応できる

【manaca マナカ】名古屋エリアの名鉄などを利用する方に便利でオトク

manaca (マナカ)は名古屋の交通機関で利用できるカードで、乗車券と電子マネーを一緒にしているのが特徴です。

名鉄を中心にさまざまな交通機関で利用が可能で、ICカード対応の全国の交通サービスに利用できます。

出張や旅行にも便利ですが、ポイントがつくのは名古屋圏中心になっています。

manaca (マナカ)は名古屋を中心とした交通機関で利用できるICカードを利用したサービスです。

manaca (マナカ)

乗車券と電子マネーの機能を一体化していて、名鉄や豊橋鉄道、名鉄バスなど、さまざまな交通サービスに利用できます。

JRとも連携しているため名古屋市周辺で生活する場合は非常に便利なほか、独自のポイントサービスでポイント還元も受けることができます。

注意したいのはJRなどの連携各社の利用料金に対してはポイントがつかないことです。

ポイントの対象になるのは名古屋圏の交通事業者各社で、ポイントがつく条件も交通事業者各社によって異なります。

ポイントが付与されるタイミングにも注意が必要で、毎月末日締めで翌月10日以降に付与されるのです。

【えびすやさん現金化】素早く借りれるの?明るいスタッフ高価買取

manaca(マナカ)は交通ICカードサービスの一つ

manacaは交通ICカードサービスの一つで、名古屋地域で利用できるものになります。

他の交通ICカードサービスと連携しているため、全国のICカードサービス対応の電車やバスで利用できます。

名古屋中心の電車やバスの乗換えが多い場合は発行しておくと便利です。

通勤や通学にも使いやすく、定期券の発行も可能です。

電子マネーとして利用することができるほか、小学生以下の子どもが利用できる小児用manaca、障害者などが利用できる割引用manacaがあります。

紛失時の再発行ができる記名式のmanaca、再発行ができないものの誰でも利用できるmanacaがあるなど、種類が豊富になっているのが特徴です。

旅行や出張にも便利なカードの一つです。

ポイントが貯まるのは名古屋地盤の交通サービスのみ

manacaを利用すると利用実績に応じてmanacaマイレージポイントが貯まります。

注意したいのはJRなどの連携各社で利用してもポイントが貯まらず、名古屋地盤のmanaca加盟の交通各社利用でのみ貯まる点です。

マナカのポイントが貯まるのは名古屋地盤の交通サービスのみ

貯まるポイントは交通会社各社で異なる点にも注意が必要で、全ての事業者のマイレージポイントを把握するのが若干難しくなっています。

余りポイントを気にせずに貯まっていたらよい程度に考える人や、通勤や通学で貯まるポイントをメインに、休日に出かけたら余分に貯まる程度に考える人も多いのです。

基本的に利用金額が大きいほどポイント還元が高くなるのが特徴で、利用回数が多いと更にポイントが加算されるケースもあります。

manaca マイレージポイントは付与に時間がかかるのが特徴

maanacaマイレージポイントは月間の利用金額や利用回数で貰えるポイントが変動します。

そのため、リアルタイムでポイントが付与されるわけではなく、月末締めで翌月10日以降に付与されるシステムになってます。

ポイントが貰えるまでに時間がかかるため、ポイント前提で利用計画を立てる場合は注意が必要です。

manacaマイレージポイントは10ポイント10円で利用が可能で、名古屋市交通局では2000円以上利用すると10%の還元が受けられるなど還元率が高く設定されています。

小児用のmanacaの場合は1000円以上の利用が必要ですが、うまく利用すればかなりのポイントが貰えます。

月間利用金額が2000円以下はポイントがたまらないことになりますが、頻繁に利用する場合は作っておいた方がお得なのです。

愛知県名古屋クレジットカード現金化は早急に1万円欲しいを現実にする

還元されたポイントはカードに移さないと失効する恐れがある

manacaマイレージポイントはポイントセンターで管理され、利用するほど貯まっていきます。

ポイントは付与されてから1年が期限になっていて、期限を過ぎると失効する仕組みになっています。

還元されたマナカポイントはカードに移さないと失効する恐れがある

貯まったポイントはmanacaカードに移す作業が必要で、作業を忘れるとポイントが消えてしまうのです。

一度ポイントを移すとポイント消失はおきなくなるため、ポイントが貯まり次第manacaに移す人もいます。

ポイントの移行はmanaca対応自動券売機やチャージ機、manaca取り扱い窓口で行えます。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

【SUGOCA スゴカ】福岡の筑肥線唐津線で愛される電子マネー

福岡県を中心にJR九州が発行しているSUGOCA(スゴカ)カードの電子マネー(プリペイド型)です

ICカード乗車券・電子マネーとしてJR九州が発行し、運営しているSUGOCAカードはどのようなカードでしょうか?

SUGOCAカードの電子マネー

福岡県を中心に2009年から開始したスゴカ

福岡県を中心としたエリアでサービスが始まりました。

また、同時に電子マネーとしても始まり、2010年には筑肥線唐津線にも導入されています。

スゴカの由来は、スマートアーバンゴーイングカードの略で「スゴイ」を意味する「すごかぁ!」とかけています。

SUGOCAの交通な都市部など利用範囲は?

交通利用と電子マネーの相互利用は、JR東日本のスイカ、西鉄のnimoca、福岡市交通局のはやかけんでできます。

他でも主要都市のICカードとでも相互で利用できるようになっているので非常に便利です。

SUGOCAの簡単チャージ方法

ICカードを作る際も少しだけフォームに記入するだけでカードを作る事ができます。

そして、チャージ方法は券売機でICカードを入れると、1000円単位で金額が指定できます。

その券売機に現金を入れるだけでチャージが完了と非常にスムーズに済ませる事ができるのです。

改札が混み合っている場合や、券売機も混み合い並ばないといけないという事態を回避できるため、出勤で急ぎの場合でも役立ちます。

一枚持っていると便利ですので、是非使ってみてはいかがでしょうか?

福岡県のクレジットカード現金化(博多 天神 北九州)即日優良店はお金がないときに急げ!

【Kitaca キタカ】所持すると北海道の大地を満喫できる

JR北海道が発行しているKitaca(キタカ)カードの電子マネー(プリペイド型)です

Kitacaで北海道ライフを有意義に楽しむ

JR北海道が発行している電子マネーのKitacaカードはICカード乗車券です。

Kitacaカードの電子マネー

人気のカードKitacaはみんなが持ちたい!

サービスは2008年の札幌地区で開始されました。

そして2009年から電子マネーと同時にJR東日本のスイカと相互利用できるようになり更に便利になったのです。

サービス開始からの1カ月でカードの在庫が無くなってしまうという程皆が持ちたい!と思うカードなのです。

【まごころチケット現金化】悪質・違法な店舗?親切安心な店舗即日買取

キタカの利用範囲など

札幌市内の地下鉄に導入されている電子マネーのSAPICAというものはあるのですが、この電子マネーとの併用はできないようです。

現在では、JR東日本のスイカ、首都私鉄などのパスモ、JR西日本のイコカ、JR東海のトイカ、JR九州のスゴカなどで相互利用が可能になります。

また、西鉄のnimocaや、福岡市交通局のはやかけん、名古屋市交通局と名鉄などのmanacaや関西私鉄、交通局のPiTaPaとも相互利用もできるのです。

日本国内で使える範囲が広いと、旅行した時でも同じカードでチャージしながらスムーズに改札が通れるのはいいですよね?

これからもどんどん利用者が増えると思います。

キタカはチャージも簡単!

券売機や、人が居る改札などで簡単に行えます。

またチャージが足らない場合は乗り越し精算機でも支払いができる為難しい作業はありません。

【換金くん】携帯電話料金やキャリア決済は保証人審査不要で手数料無料

【ICOCA イコカ】関西の人に愛される人情溢れる電子マネー

関西圏特有のICOCA(イコカ)カードの電子マネー(プリペイド式)について詳しく見ていく事にしましょう

ICOCAで関西を根強く生活する

今や関西圏に住んでいる人でICOCAカードを持っていない人を見つける事の方が難しいのでは?という程普及している電子マネーです。

ICOCAカードの電子マネー

いつでもどこでもタッチしてイコカ!!

水色のカモノハシをイメージキャラクターとしてCMでも人気があり、商品にもなっている程です。

「行こうか!?」と関西の人は言わずに「行こか?」というフレーズとカードを組み合わせた事からが由来になっています。

また、チャージも券売機や、ホームでもできる為とても便利なのです。

乗り降り時もイコカ定期券を使う

毎日同じ場所へ行く時には定期券としても購入する事ができます。

そして、その定期券にお金をチャージする事で、別の区間を乗り支払いはタッチで通る事ができるのです。

また、構内のショップや他の提携しているショップでも買い物できる電子マネーとしても活用できます。

【チケットジャック現金化】悪質な店舗?大阪で20年ベテラン店員の相談無料

クレジットカード機能付きイコカとは

チャージよりはクレジット機能にしてポイントを貯めたいという目的を持っている人はクレジット機能付きを選びます。

定期券を現金で支払うよりもクレジットで支払う方が色々とお得な場合も多いので利用価値があります。

現金派の人でもクレジット派の人でも選んで使えるイコカは関西だけでなく、全国的にも使えるようになりはじめているという点でも魅力がありますね。

大阪府梅田クレジットカード現金化超高換金業者で納得の振込を可能に

【ETCマイレージ】高速道路の渋滞も緩和される便利なカード

ETCマイレージで快適なドライブをしよう!

車をよく使っている人で高速道路を乗る人には今やETCカードは欠かせません。

どのような電子マネーなのでしょうか?

ETCカードの電子マネー

ETCマイレージの交通系プリペイド型

カードを持っていてチャージをする事で高速道路の料金所での支払いがスムーズにいきます。

わざわざ料金所に居る人にお金を渡しておつりをもらうという手間を省く事ができる事がポイントです。

また、カードをもっている人専用レーンがあるため、長く並ぶ必要は一切ありません。

非常にスムーズな事からもビジネスで高速道路を使う人にも、旅行で使う人にも欠かせないカードになりつつあります。

ETCマイレージのクレジット機能付きカード

また、自分の持っているクレジットカードにETCを追加で付けられる事ができます。

なので、支払いはクレジットの決済と一緒になるのでとても便利です。

また遠出した場合でもお金は高くなりますが、その分ポイントもしっかりつけられるのでお得という事になります。

クレジットカードのブランドは、VISA、マスター、アメリカンエキスプレス、JCBなどと好きなブランドから選べるます。

なので、ETC専用でブランドを選ぶ必要はなく、自分の持っているクレジットカードに付けるという形なので、簡単に申し込めます。

高速道路を利用しながらポイントを貯めて、マイルや商品券やその他商品と交換できるのでとてもお得という事なのです。

【PASMO パスモ】電車もバスも財布からお金を出さずに買い物できる電子マネー

交通系(電車やバスなど)に有効利用できるPASMO(パスモ)の電子マネーです

PASMOであちらこちらで自由なお買い物をしよう!

ICカード乗車券として便利なPASMOですが、どのような電子マネーなのでしょうか?

PASMOの電子マネー

PASMOの電子マネー付きICカード

パスネットのパスと、もっと!を意味するMOREの頭文字を取って名付けられたようです。

電車もバスもあれも!これも!という欲張りで便利に使えるというポイントがあるのです。

名前の通り、パスモを一枚持っているだけで、どこでもスムーズに行く事ができる上にチャージもとても簡単です。

券売機に並ぶ手間も省けますし、提携しているショップでは買い物もできるので、財布からお金を出しておつりを入れるという手間が省けます。

パスモ対応クレジットカード

ANA To Me CARD JCBシラチカカードについて・・

ANAと東京メトロが提携しているクレジットカードになります。

買い物した分のポイントはもちろん貯める事が可能ですし、貯まったポイントをマイルへ移行する事もできます。

ANAもグループに入っているスターアエランスの航空券のマイレージにも使える点でも旅行好きにはたまらないクレジットカードでしょう。

【ANA エーエヌエー】マイレージシステムでボーナスポイントを貯めよう

TOP&ClubQ JMBカードについて・・

東急ポイントやJALのマイレージがそしてパスモが一枚になったクレジットカードです。

東急で買い物する事が多い人には便利で出張などでJALを多く使う人にも人気があります。

スペシャルクレジット現金化はコチラ

【Suica スイカ】関東圏の電車を悠々気楽に使える電子マネー

スイスイ使えるSuicaは関東圏に強い

JR東日本が発行、運営している電子マネー、Suicaは関東圏が持っている場合がほとんどです。

どのような電子マネーなのでしょうか?

Suicaの電子マネー

スイカのICカード乗車券

スーパーインテリジェントカードの略でスイカと名付けられました。

スイスイ行けるICカードという意味もこめているそうです。

その名前の通りに、電車に乗る時もチャージをしているだけで券売機で並ぶ手間を省け、改札の出入りがスムーズに行えます。

特に関東圏は電車利用客が多い為、券売機が非常に混雑してしまう駅も多いので、電子マネーは時間短縮としても活躍しているのです。

財布いらずのモバイルスイカも登場!

おサイフケータイを持っている場合でしたらモバイルスイカとしても利用ができます。

またリアルタイムで電子マネーの利用状況を確認できるという点でも優れたカードです。

またモバイルスイカ特急券というサービスも嬉しいですね。

スイカは利用範囲も拡大中!

JR東日本だけでしか使う事ができなかったスイカも、2007年からはJR西日本やJR東海、JR北海道、JR九州などの交通局とも相互で利用でき、さらに便利になっているのです。

地方へ旅行へ出掛けた時でも、自分が持っている電子マネーが使えるといいですよね。

1枚持っているだけでスイスイいける、スイカという事になります。

【nanaco ナナコ】セブンイレブン愛用者に推奨する電子マネー

セブンイレブン商品決済に便利なnanaco(ナナコ)カードの電子マネー(買い物系プリペイド型)を紹介します

nanacoのカードで毎日を快適に過ごす

便利な電子カードの種類は色々ありますが、nanacoカードはどういったカードなのでしょうか?

nanacoカードの電子マネー

ナナコはセブンイレブンの店頭で利用できる

各種の決済に利用ができる電子マネーになります。

非接触であるICのFelicaチップを内蔵しているカード型に加え、携帯でも使えるようになっています。

またカードでなくても携帯だけで使う事も可能です。

セブンイレブンの商品はほぼ全ての商品の決済に利用できるので便利です。

また、1つのカードにチャージできる上限金額は2万9千999円で、現金のみの支払いになります。

nanacoはクレジットカード対応

VISAやJCBのブランドでクレジットカードを作る事も可能です。

セブンカードと呼ばれますが、年会費は初年度は無料なので作りやすいでしょう。

またポイントプログラムで様々なボーナスポイントがもらえる事も魅力です。

現金でのチャージよりもクレジット機能をつけてポイントを貯めたいと考えている人にはぴったりなのではないでしょうか?

イトーヨーカドーでも便利なナナコカード

8がつく日はイトーヨーカドー店舗やネットスーパーで買い物をすれば5%割り引かれます。

また、カードを見せるだけで5%割り引かれ現金で支払う事も可能です。

このように様々な特典がついているクレジット機能がついているカードも使いやすいのではないでしょうか。

あらゆる場所で活躍するnanacoポイント

あなたの毎日の生活スタイルの中で、セブンイレブンやイトーヨーカドー、ヨークマートや西武、そごうのデパートを使う方は、是非持っておいたほうがいい電子マネーが「nanaco」です。

普段何気なく買い物をしていても、少々のポイントなら別にいいかな..と思うかもしれません。

nanacoモバイルで塵も積れば山となるとはこの事かも!?

意外と生活に使うお店でのポイントは貯まりやすいものです。

会員登録が面倒くさいな..という心配もありません。

普通のポイントカードと同じように、氏名、住所、職業、性別、電話番号を記入して、登録料300円と、初回のチャージを1,000円~お好きな金額分行えば、すぐに作れて思ったよりも時間がかかりませんでした。

それから、nanacoモバイルというアプリをダウンロードすれば、アプリから入会手続きができて、なんと300円の手数料も無料になるそうです。

チャージは1,000円から5万円分までできるそうです。

また、チャージの仕方は、現金でレジやカウンターからチャージする方法と、クレジットカードからチャージする方法があるようです。

対象商品で更にnanacoポイント倍増のチャンス!

どこのお店でポイントが貯まるかですが、セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマル、デニーズ、西武デパート、そごうデパート、アカチャンホンポです。

これらの店舗では、ボーナスポイントがもらえる対象商品を購入すると更にポイントがもらえます。

ガソリンスタンドでの給油では、ESSO、モービル、ゼネラルで1リットルにつき1ポイント貯まります。

ユニークなのは、セブン銀行での取引などでもポイントが貯まることと、ペットボトル自動回収機でリサイクルをするとポイントが貰えるというものです。

買い物をしてレジで小銭いらずで買い物できるのは、とても助かりますし、ポイントを貯蓄してまた使用できるのは嬉しいですね。

nanacoで貯めたポイントを失効しないようにする

但し、気をつけなければならないのは貯めたポイントを使うには、カウンターやレジでポイントをnanacoにチャージしてもらうという処理をしてもらわなければならないことです。

レシートを見て貯まったポイントは、まだチャージされていないので、ポイントのままなのです。

有効期間は長めですが、うっかり期限を過ぎてしまいポイントを失効してしまった!ということにならないように注意しましょう。

空いていて時間のある時などに、カウンターで自分のポイントをnanacoにチャージして、使える状態にしておきましょう。

いつもの買い物レシートで現金化ができる!捨てないで撮影するだけでお得

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • アーク
    詳細はコチラ

【PayPal ペイパル】決済代行サービスは加盟店の多さで利用範囲が広がる

PayPal(ペイパル)は電子マネー感覚で使える決済代行サービスです。

銀行口座やデビットカード、クレジットカードを連携させることでカード情報を渡すことなく決済ができるのが特徴です。

アカウントの作成とパスワードで決済の幅広がるため、広く普及しているのです。

PayPal(ペイパル)は電子マネーのように利用できる決済サービスで、多くの国と地域で導入されています。

PayPal(ペイパル)

クレジットカードは非常に便利な一方で紛失の危険や、悪質な店舗の利用の場合は不正利用などの恐れもあります。

セキュリティ上クレジットカードが使いにくい場所でも使いやすくするためのサービスがPayPalで、安全性の高い決済を求める人に利用されるサービスなのです。

クレジットカードを持てない人でも使いやすいだけでなく、クレジット加入が難しい個人事業主や店舗でも導入のハードルが低いというメリットもあります。

国際的に普及しているため海外のサービスを利用する場合の決済にも使いやすく、クレジットカード以外の代用決済としても良く利用されます。

銀行口座との連動も可能になり利便性が高まったのも魅力です。

PayPalはアメリカ発祥の決済代行サービス

PayPalはアメリカ発祥の決済代行サービスで、PayPal社が運営を行っています。

アカウントを取得して口座を作り、さまざまな決済に利用できるのが特徴です。

PayPalはアメリカ発祥の決済代行サービス

手数料は支払い側ではなく受け取り側が負担する仕組みになっていて、気軽な決済手段として普及しています。

最大のメリットになっているのがクレジットカードを利用せずに決済が可能なことです。

クレジットカードには重要な情報が含まれていて、セキュリティ上のリスクになることがあります。

決済する店やサービスによっては不正に利用の原因になりえるため、カードを渡したり、情報を提示すること自体に抵抗を覚える人もいるのです。

PayPalを使えばクレジットカードがなくてもPayPalが決済を代行してくれるため、安全な支払いが出きるのです。

【クレジットカード暗証番号】インビテーション・セキュリティコードを覚える

クレジットカードが使いにくい人でも便利になっている

クレジットカード決済は便利な一方で、クレジットカードが利用できない人には支払いのハードルが上がります。

デビットカードなどで代用する人もいますが、やはり制限があるため使いづらい面もあります。

プリペイドカードなども独自に企業が発行するものが多く、全てのサービスで利用ができないのもポイントです。

クレジットカードを持っていても対応するブランドに加盟していなければ支払いはできません。

そのため、PayPalがクレジットカードを持っていない人の唯一の決済手段になることもあるのです。

特に国際企業は日本円での振込みなどを受付けしていないケースが多く、PayPalのアカウントがなければサービスの利用ができない場合があります。

PayPalは銀行口座との連動も可能になっているため、カードを持たずに電子決済をする手段としても使われています。

加入のハードルが低いのもペイパル普及が進んでいる理由

PayPalが普及している理由の一つが、加入のハードルが低いことです。

クレジットカードの支払いを受け付ける店や事業者は、クレジットカード加入のための厳しい基準を満たす必要があります。

加入のハードルが低いのもペイパル普及が進んでいる理由

クレジットカードの不正利用を防ぐための規約などがあり、契約自体が難しい場合もあるのです。

PayPalの場合は個人事業主を含む小規模な事業者でも加盟のハードルが低くなります。

インターネットを通じて取引をする人が珍しくなくなっているからこそ、PayPalを導入するだけでアプローチできる層が大幅に増える可能性があるのです。

手数料は受取側負担になるため決済費用がかかりますが、売上げが伸びれば補える可能性もでてきます。

国をまたいだ決済にも使いやすいため、実際に導入されるケースも多いのです。

PayPal経由でクレジットカード払いをした場合のポイントは?

PayPalは非常に便利なサービスですが、クレジットカード払いを選択した場合はどう処理されるか不安になる人もいるかもしれません。

特に気になりがちなのがPayPalを利用した際のポイント処理です。

PayPalで決済をしてもクレジットカードの利用ポイントはつく仕組みになっているため、安心して利用することができます。

カードの国際ブランドが対応していない場合や、カード情報を渡すのが不安な場合はPayPalを利用すればポイントを受け取りつつ支払いをすることができます。

利用の手数料もかからないため、状況に応じて支払い方法を変える人もいます。

普段はクレジットカードを優先してポイントを受け取り、大きな買い物をする場合などは銀行口座から支払うといった切り替えもできるのです。

【WAON ワオン】イオンの電子マネーだからミニストップやジャスコでも利用が可能!

WAON (ワオン)はイオングループが発行する電子マネーで、現金感覚で利用ができます。不足があれば決済できない仕組みになっているため使いすぎ防止にも役にたちます。カードで発行できるほかスマホアプリも存在し、さまざまな形で利用できるのが特徴です。

WAON (ワオン)はイオングループが発行する電子マネーです。

WAON (ワオン)

WAON用のカードにチャージして利用するほか、WAONがついたクレジットカードが発行可能で、イオン銀行と連動性が高くなっています。

利用でポイントが貯まるため、効率的にポイントを貯めたいのであればイオングループのサービスを使うのがおすすめです。

現金に近い感覚で利用できるため、WAONにチャージを行ってギフト券を購入するなど現金ではつかないポイント目当てに利用する人もいます。

WAON(ワオン)はイオングループで利用が可能でポイントも貯まる!

イオングループのサービス範囲は広く、利用できる店舗も多いため意外なところで利用できる場合もあるのです。

コンビニではミニストップで利用できるため、積極的に使ってみるのも方法です。

WAONはイオングループの電子マネーでカードは簡単に発行できる

WAONはイオングループの電子マネーで、カードは簡単に発行することができます。

イオンマックスバリュ、ミニストップなどの店舗で作ることができます。

WAONはイオングループの電子マネーでカードは簡単に発行できる

インターネットで申し込みができる他、クレジットカードにWAONがついたカードも発行できます。

クレジットカード機能がついていないものはチャージした金額でのみ決済ができるのがポイントです。

使いすぎを減らしたい場合はこまめに残高をチェックし、家計の管理にも役立てやすいのです。

利用でポイントが貯まるのも特徴で、貯まったポイントはショッピングにも利用できます。

イオン系列のスーパーの買い物にWAONを利用する人も多く、日常的な買い物でポイントを貯めつつ、小銭を支払う手間を省く人もいます。

日常使いがしやすいことが魅力の電子マネーでもあるのです。

スマホアプリでWAONを使うこともできる

WAONはカードを発行して使うだけでなく、スマホアプリをインストールして利用することもできます。

ただし、アプリはAndroidのみの提供になっていて、おサイフケータイ機能が無い場合は利用ができない点に注意が必要です。

スマホアプリでWAONを使うこともできる

スマホアプリを利用するメリットになっているのが、くれじっとカードを登録することでいつでもチャージが可能なことです。

クレジットカードでチャージしてWAONを使えば、クレジットの利用ポイントとWAONポイントの両方を貯めることができます。

財布が無くてもスマホ一つで買い物ができる手軽さも魅力です。

オートチャージ機能もついているため、チャージ残高が減った場合に自動でチャージすることもできます。

チャージ自体が面倒と感じる場合は利用が視野に入ります。

WAONはイオン銀行との連動性が高くなっている

WAONは同じイオン系列のイオン銀行との連動性が高くなっています。

スーパーなどにも置いてあるイオン銀行ATMでチャージをすることが可能で、銀行口座からチャージをすることができるのです。

イオン銀行に口座が無い場合やクレジットカードや現金でチャージをすることになるため、口座の有り無しで利便性が大きく異なります。

オートチャージもイオン銀行ATMから設定可能でモバイルアプリ以外でオートチャージを利用したい場合はATMからの設定が便利です。

イオン銀行ATM以外にも自宅でネット経由でチャージする方法もありますが、ICカードリーダライタが必要になります。

WAONはキャンペーンが多いのも特徴になっている

WAONは一定金額以上チャージした場合に追加のポイントが貰えるキャンペーンや、一定金額以上の利用を行った場合にボーナスが貰えるキャンペーンを頻繁に開催しています。

イオン銀行との連携キャンペーンやミニストップでのチャージキャンペーンなど種類が豊富で、うまく利用すればポイントの二重取り、三重取りが可能になっています。

日用品の購入に使いやすい電子マネーになっているため、キャンペーンなどにあわせて調整してチャージを行う人もいます。

WAONは200円で1ポイント、イオン系列のクレジットカードからのオートチャージを使うと200円ごとに1ポイント貯まるシステムになっていますが、キャンペーンの利用で更に還元率が上がることがあるのです。

WAONポイントには期限があることに注意が必要

WAONを利用することでWAONポイントが貯まりますが、ポイントには有効期限があります。

ポイントの有効期限は2年で、2年後の月の月末を越えるとポイントが失効します。

ポイントを永遠に貯め続けることはできないため注意が必要です。

イオン銀行ATMで貯まったポイントを確認することができるため、貯まったポイントは早めに使うなど工夫をするのがおすすめになります。

【女性向け専用現金化ランキング】家事子育てで忙しい突然の出費に嬉しい

プライムウォレット現金化はコチラ

【PayPay ペイペイ】スマホ決済サービスはテレビでも手軽で便利と話題キャンペーンとは

PayPay (ペイペイ)はソフトバンクとヤフーの合弁会社がインドのPaytmと連携して提供する新しい決済サービスです。

電子マネーとして利用することが可能で、スマホで手軽に決済ができるのが魅力です。

クレジットカードの登録なども可能で新しい決済手段として注目されています。

電子決済サービスが浸透し、さまざまなところで使えるようになってきました。

さまざまな電子決済サービスが提供され多くの人が利用していますが、ペイペイもそのうちの1つです。

そして、ペイペイの現金化とは、ペイペイの口座にチャージされているお金を出金して現金化することをさします。

では、ペイペイの口座にチャージされたお金をどのように現金化していくのでしょうか。

今回は、ペイペイの現金化の方法から注意点まで詳しく紹介していきます。

ペイペイの残高を現金化できるのはペイペイマネーのみ

一口にペイペイと言っても、ペイペイで使えるお金にはいくつか種類があります。

セブン銀行のATMや銀行口座からチャージして使えるペイペイマネーや、クレジットカードなどからチャージできるペイペイマネーライト、特典やキャンペーンなどで取得できるペイペイボーナスとペイペイボーナスライトなどがあります。

その中でペイペイの口座から出金して現金化を行えるのは、ペイペイマネーのみとなっています。

ペイペイマネーは銀行口座からの入金やセブン銀行のATMからの入金だけではなく、ヤフオクなどの売上金からチャージしたものです。

銀行の口座やオークションサイトなどが絡むため本人確認は必要ですが、本人確認だけクリアすれば誰でも利用できます。

そして、ペイペイの口座内にあるペイペイマネーは、所定の手続きをすれば指定した口座に出金して現金化を行えます。

ペイペイの口座にはペイペイマネーがあるけど、現金が手元になくて必要な時などに活用してみましょう。

ペイペイマネーを現金化するのに必要なものと現金化の流れ

ペイペイマネーを出金して現金化する方法ですが、必要なものは銀行口座のみとなります。

日本国内にある銀行の口座であればどこでも大丈夫ですが、ジャパンネット銀行以外の口座だと100円の手数料がかかるので、ジャパンネット銀行の口座を持っていればいるのであれば、ジャパンネット銀行の口座を使うのがおすすめです。

そして、出金の方法ですが、まずはアプリにログインして残高を表示する画面にアクセスし、そこから出金を選択します。

そうすると、出金先の口座を選択する画面になるので、一覧から利用する銀行の口座を選択します。

もし、銀行口座の登録が済んでいなければ、銀行口座の情報を入力して登録を行います。

そして、出金する口座を選択すると出金金額を入力する画面になるため、そこから出金したい金額を入力して出金ボタンを押せば、出金の手続きが完了です。

手続きが完了すると振込予定日が表示されるので、その日付を確認しておくようにしましょう。

ペイペイマネーを出金して現金化をするときの注意点

ペイペイマネーを現金化するときの注意点1つ目は、出金するのに手数料がかかるということです。

先ほども触れましたが、ペイペイマネーを出金する際には100円の手数料がかかります。

そのため、出金の際に入力した金額から100円引かれて入金されます。

ただし、ジャパンネット銀行の口座を指定して出金する場合は手数料はかからず、入力した金額と同じ額が口座へ入金されます。

なので、ジャパンネット銀行の口座を持っているのであれば、出金の手続きの時にジャパンネット銀行の口座を指定するようにしましょう。

そして、2つ目の注意点が、出金までに時間がかかるということです。

ジャパンネット銀行への出金であれば即日の出金も可能ですが、それ以外の銀行だと最短でも翌営業日になってしまいます。

さらに、ゆうちょ銀行の口座への出金の場合、最短でも3営業日はかかってしまうため、土日を挟んでしまうと手続きから口座への入金まで1週間モかかることおあるため、注意が必要です。

ペイペイマネーライトを現金化する方法

ここまで本人確認を済ませれば誰でも利用できるペイペイマネーを出金して現金化する方法を紹介しましたが、ペイペイマネーライトに関しては出金を行えないため、正式な出金方法では現金化を行えません。

もし、ペイマネーライトを現金化したい場合、換金できる商品をペイペイマネーライトの残高で購入し、転売するしかありません。

手間はかかりますが、この方法を使えばペイペイマネーライトを現金化できます。

ただし、これは手間がかかるだけではなく、換金率がわからないというデメリットがあります。

さらに、換金率がわからないので、最悪の場合現金化をすることによって損失の方が大きくなることもあり、あまりおすすめできる方法ではありません。

【クレジットカード現金化本人確認不要】電話なし~身分証明書の提出

ペイペイの現金化を上手く活用しよう

今回は、ペイペイの口座にチャージされたお金の現金化について、詳しく方法や注意点などを紹介してきました。

本人確認をすれば誰でも利用できるペイペイマネーは、銀行口座さえ持っていればペイペイの口座から出金できるようになっています。

万が一、現金が必要だけど持っておらず、ペイペイの口座にペイペイマネーの残高に余裕があるのであれば、出金の手続きを行って現金化を行ってみましょう。

また、公式の方法ではありませんが、クレジットカードから入金したペイぺイマネーライトも換金率のいい商品を購入し、転売して換金すれば現金化を行えます。

ただし、これはあくまでも裏技であり公式にすすめている方法ではないので、行うときは自己責任で行うようにしましょう。

【裏ワザ】悪用?現金化使用は急速でお金を工面する突破口となるかも!

PayPay(ペイペイ)は実際使いやすい?一気に広まった理由とは

PayPay (ペイペイ)はソフトバンクとヤフー、インドのPaytmが連携して始めたサービスになります。

中国の主要な決済サービスの一つである「Alipay」とも連携していて、急速に普及が進みつつあります。

PayPay (ペイペイ)
お店に設置されたQRを利用するか、スマホに表示させたバーコードを読み取ってもらって決済を行うのが特徴で、支払いに使うお金は事前にPayPayをチャージしておくかクレジットカードを連携させておく必要があります。

サービス名であると同時に、電子マネーとしても利用可能なのです。

支払いはPayPay、Yahoo!マネー、クレジットカードの3種類から選択が可能で、自分が好きな支払い方法を選べるのが魅力です。

キャンペーンを利用してPayPayをためつつ普段はクレジットカードで支払いをするなど、非常に便利な仕組みになっているのです。

おサイフケータイなどの機能がいらないアプリ決済システム

PayPayの特徴になっているのが、おサイフケータイなどの電子マネー決済機能が不要だということです。

PayPayはアプリのインストールを行い、店舗でQRコードを読み取って金額を入力して決済をするか、バーコードを表示して店員に読み取ってもらうことで決済が完了します。

おサイフケータイなどの機能がいらないアプリ決済システム

格安スマホの普及でおサイフケータイ機能がないスマホは珍しくなくなっているのがポイントです。

また、おサイフケータイ機能があっても連動させるのが面倒だという人もいます。

アプリを使って簡単に利用が開始でき、しかも決済方法が多いのがPayPayの魅力です。

クレジットカードを持っていなくても銀行口座からチャージすることも可能で、カード利用でポイントをためたい場合や、電子マネー決済でキャンペーンを利用したい場合など、使い分けができるのです。

PayPay の支払い方法は3種類存在する

PayPayは対応店舗で飲み利用が可能で、支払い時はPayPayかYahoo!マネー、クレジット払いを選択できます。

PayPayはキャンペーンが豊富で、無料で貰える機会なども存在し、利用でポイントが貰えるなど還元策が多いのが魅力です。

Yahoo!マネーはコンビニでのチャージが可能な電子マネーで、アプリ経由で割り勘をするなど機能が豊富なのが特徴となっています。

また、Yahoo!系のサービスで利用するとボーナスポイントが貰えるケースもあります。

クレジットカードを登録すればクレジットカード払いも可能です。

クレジットカード利用の還元ポイントなどを受け取りたい場合はクレジットカード払いを選択するのも方法です。

その時々で還元が大きい支払い方法を選択することができるのです。

100億円相当のプレゼントキャンペーンが10日で終了したことでも話題に

PayPayを一躍有名にしたのが、100億円あげちゃうキャンペーンです。

内容はPayPayで支払った買い物額の20%をポイントバックし、更に40回に1回は10万円相当まで全額が戻ってくるというものでした。

さらにソフトバンクグループのスマホやインターネットサービスを利用している場合は抽選確率が上がる、5000円以上のチャージで1000円相当のPayPayがもらえる等非常に充実した内容だったのです。

ポイントバックの水準が高く、高額な家電などを購入しても全額戻ってくる可能性があるという大盤振る舞いから利用者が殺到し、100億円相当のプレゼントキャンペーンが10日で終了するという騒ぎになりました。

今後も大型キャンペーンに期待できるのも魅力になっています。

PayPayにクレジットカードを登録する際の注意点

PayPayにはクレジットカードを登録することが可能ですが、登録できるクレジットカードには制限があります。

PayPayにクレジットカードを登録する際の注意点

PayPayに登録できるのはVISAか、MasterCardのみになっているのです。

例外的にYahoo!JAPNカードはJCBブランドのカードを登録可能で、PayPayのチャージにも利用することができます。

PayPayのチャージは基本的に銀行振り込みで行い、クレジットカードでチャージできるのはYahoo!JAPNカードのみになります。

Yahoo!JAPNカードを使ったPayPayのチャージにはキャンペーンやポイント還元が適用されるケースがあるため、PayPay中心で買い物をするなら契約を検討するのもおすすめです。

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • アーク
    詳細はコチラ

【TOICA トイカカード】東海・名古屋地区で大人気の電子マネー

JR西日本のICOCA(イコカ)と相互利用で主要都市へのアクセスを頻繁に利用する人に適しているTOICA(トイカ)カードの電子マネーです

トイカカードは東海・名古屋地区で人気!

JR東海のIC乗車券、電子マネーのTOICAカードはどのようなカードでしょうか?

TOICAカードの電子マネー

東海ICカードとして役立つTOICA

この略で、トイカと名付けられました。

キャラクターはヒヨコです。

2006年に名古屋地区でICカードのサービスが始まりました。

また、2008年には静岡地区へと拡大されています。

JR東日本のスイカやJR西日本のイコカとの相互利用も可能になっているので主要都市には強いカードになります。

また東海道新幹線のEX-ICというサービスとも提携しているのでIC乗り継ぎも可能になっているのです。

新幹線の乗車サービスも使えるとなると、ビジネスや旅行でも非常に役立つので便利ですね。

トイカのチャージ方法について

切符販売機や窓口でできます。

また定期券などもICカードで作れる為、通学、通勤で毎日同じ区間を利用する人にも活躍しています。

また名古屋の中心のエリアは混みやすい為、ICカードを持っているとスムーズに改札を通る事ができるのも魅力の一つです。

券売機が混み合ってしまっている場合もあるのでそういう場合でも並ぶ手間が省け、急いでいる場合でも便利です。

改札がスムーズに行けるという事は電車にも乗り遅れる事がなかったり、一本早い電車に乗れるという事になります。

なので、待ち合わせや仕事に遅れてしまうという事態からも逃れられるのでいいですね。

【東海】クレジットカード現金化でお金がほしいサービスを教えます!

【BitCash ビットキャッシュ】効率的に自分のニーズに1番合った方法を選択する

ビットキャッシュは最近人気急上昇ですが、中には現金の方が使い勝手が良いと思っている人もいるはずです。

そんな方に向けて、ビットキャッシュを現金化する方法について具体的に解説しています。

もし手元にビットキャッシュを持っているなら、今回紹介した方法を利用して現金化するのも1つの方法です。

最近何かと便利でいろいろなところで話題になっているビットキャッシュですが、現金の方がやっぱり使い勝手が良いなと考えている人は少なくないようです。

【ビットキャッシュ】現金化してお得で楽しい生活をエンジョイしよう!

そもそもビットキャッシュを現金化することができるのでしょうか。

結論から言えば現金化は可能です。

上手に現金化することで、毎日の生活を豊かにしませんか?

ビットキャッシュ現金化・その①

ビットキャッシュを現金化する方法はたくさんあります。

それでは1つ目、ギフト券買取専門店に売却をして現金化するを説明していきましょう。

インターネットで検索すれば、ビットキャッシュ買取サイトと呼ばれる、ビットキャッシュを専門に買い取りを行っている業者がたくさんヒットします。

これらの業者はネット型の買取店の運用をしています。

正直なところ、これから紹介する様々な現金化の方法をチョイスするよりも、実はこのビットキャッシュを現金化業者を利用する方が高い還元率で買取をすることができます。

「ビットキャッシュ換金業者はあまり評判が良くないって聞いたことがあるけど」と思ったあなた、鋭いですね。

ちょっと前まではまるで詐欺業者のようなビットキャッシュ現金化業者がたくさんありました。

しかし2021年に業界大手の優良企業が参入し競争が激しくなったことで、優良なサービスを提供してくれるお店が増えたんです。

諸般の事情により、現在ではまた「ギフトグレース」と呼ばれる買取業者だけになってしまいましたが、一番優良な業者が残った印象です。

この業者を利用すれば、80%以上の換金率で現金化することができるんです。

ビットキャッシュ現金化その②

次にビットキャッシュを現金化する方法として紹介するのは、ニンテンドープリペイドに交換してその後買取サイトへ売却するやり方です。

ビットキャッシュを買取してくれる業者は少ないですが、ニンテンドープリペイドならたくさんの業者がこぞって買い取りをしてくれます。

任天堂と言えば、誰もが知っている超一流のゲーム会社ですから、買い取ったとしても買い手がたくさん見つかるというわけなんです。

ビットキャッシュの公式ホームページでは、任天堂のプリペイドカードをビットキャッシュで購入することができます。

一度ビットキャッシュをニンテンドープリペイドに変えて、そのプリペイドをギフト券買取業者に売却すればいっちょあがりです。

ニンテンドープリペイドを高値で買取してくれる業者は

・ソクフリ
・買取デラックス

これら2つの買取業者は他社を圧倒する換金率を実現しており、最大買取率はおよそ90%です。

大手買取サイトですので、騙される心配も一切ありません。

ただし、手間がかかる上に換金率が低くなってしまう可能性は十分に考えられます。

ビットキャッシュ現金化・その③

ビットコインキャッシュをニンテンドープリペイドに変える以外に、プレイステーションストアカードに換金する方法もあります。

この方法はニンテンドープリペイドを介して現金化する方法と全く一緒で、先ほど紹介したニンテンドープリペイドを購入するタイミングでプレイステーションストアカードを購入すれば良いのです。

このプレイステーションストアカードは、ソニーが発売しているプレイステーションのゲームソフトなどを購入することができるプリペイドカードです。

プレイステーションも任天堂の商品とと同じ位の人気がありますから、プレイステーションカードの人気も非常に高いと言うわけです。

プレイステーションストアカードを高値買取してくれる業者はニンテンドープリペイドと同じく
・ソフクリ
・買取デラックス
です。

これらの業者は24時間営業している年中無休の超有名業者ですから、いつでも現金化したいときに買取することができるんですね。

ソニー好きのあなたはぜひプレイステーションストアカードを購入し現金化してみてはいかがでしょうか。

ビットキャッシュ現金化・その④

最後にビットキャッシュを現金化する方法として、Yahoo!オークションや個人売買買取サイトを利用する方法もあります。

売り手と買い手が納得すれば、ほぼ100%に近い値段で買ってもらえる可能性があるという点で、これまで紹介した方法より優れています。

しかしこれらのサイトは、買い手が見つからなければずっと現金化することができません。

もし急いで現金化したいと言うなら、オークションや個人売買サイトはあまり向いていないかもしれません。

また業者が仲介してくれないため、個人間でのトラブルが発生してしまった際は自己責任となります。

・すぐに現金化しないと困る
・トラブルに巻き込まれるのは絶対に嫌だ
こんなふうに考えている方は、個人売買以外の現金化方法を採用した方が良いと言えるでしょう。

ビットキャッシュ現金化 まとめ

ビットキャッシュは非常に人気がありますが、現金の方が使い勝手が良いと考える人が多いのも事実です。

そこで現金化するために、
・買取サイトで買取をしてもらう
・ニンテンドープリペイドやプレイステーションストアカードをいちど購入し、これらを買取ショップで買取してもらう
・個人売買を行うと言う方法があります。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、どれが一番良いとは一概に言い切れないのが事実です。

ビットキャッシュを現金化する方法についてしっかりと理解し、自分のニーズに1番合った方法を選択するのがベストでしょう。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

【Edy エディ】カード入手方法から無料の残高照会アプリまでキャラクターやキーホルダーも豊富

コンビニやショップなどでよく利用されているEdy(エディ)の電子マネー(買い物系プリペイド型)のチャージ方法などについて詳しく見ていく事にしましょう

Edyで楽々おサイフケータイ!

電子マネーEdyについてをまとめていきましょう。

Edyの電子マネー

Edy(エディ)のチャージ方法

タッチするだけで支払いができる簡単で便利な電子マネーです。

また加盟店舗数も約10万店以上もあるので様々なお店で使えます。

現金のチャージ・・・

コンビニや店頭にある入金マシーンを使ってチャージする事ができます。

上限は1回で2万5千円ですので、使い過ぎずにチャージができるのです。

方法は簡単ですし、分からない場合もサイトでは動画で紹介してくれているので分かりやすいです。

クレジットカードからチャージ・・・

パソコンを使ってインターネットに接続して利用する事もできます。

これをおサイフケータイと呼ばれており、ノートパソコンでも電子マネーのサインが付いているものもあります。

チャージが可能なクレジットカードを使う事になるのですが、最高で5万円までチャージができます。

金融機関からチャージする・・・

銀行口座や信用金庫口座からチャージができます。

提携している店舗へ直接問い合わせて方法を聞いてみましょう。

Edy(エディ)の利用限度額などはありますか?

一枚につきまたは携帯一台につき5万円となります。

オートチャージも可能で、お店によっては最大5枚まで複数同時に支払う事ができるので便利です。

【仮想通貨現金化】安全?ビットコイン購入から暗号通貨市場は拡大

【majica マジカ】ドンキ系列の電子マネーならランク制度でチャージ率が上がる!

majica (マジカ)はドン・キホーテの系列店で利用できる電子マネーです。

majica (マジカ)

ランク制度を導入していて、一般会員でもチャージをした際に1%のボーナスポイントがもらえます。

ランクが上がるごとにボーナスは上がっていき、最大5%までチャージ率が上がるのが特徴です。

ランクが高くなると有料駐車場が無料で使える、残高範囲内で希望商品を届けてくれるなど付加価値の高いサービスを利用できます。

また、1001円以上の買い物をした場合に1の位を切り捨てる円満快計サービスを利用できるため、最大9円までの支払いをカットすることができます。

ただし、チャージ率が上がるのは年間50万円以上の利用をした場合になります。

また、クレジットカードのチャージするは系列のカードのみになるため注意が必要です。

majica (マジカ)はドン・キホーテで使える電子マネー

majica (マジカ)はドン・キホーテで使える電子マネーで、カードは100円で販売されています。

年会費は無料でチャージをするとチャージ金額の1%が上積みされるシステムになっています。

majica (マジカ)はドン・キホーテで使える電子マネー

支払い時ではなくチャージをした際に特典がつくため、ポイントを先払いするような仕組みになっているのです。

majicaでの支払いをしない場合もでもカード提示で特典が受けられるケースがあるため、ドン・キホーテや系列店を利用する場合は積極的に利用するのがおすすめになります。

カードを保有することで一部商品を特別価格で購入できるなど特典が多いのも特徴です。

専用アプリからお得な情報を受け取ることもできるため、セットで利用するのがおすすめになります。

最大5%までのチャージボーナスがもらえるのが特徴

majicaはエントリーから1%のチャージボーナスがもらえますが、利用金額が高くなるとランクが上がり、チャージボーナスも増える仕組みになっています。

チャージボーナスは最大5%と非常に高く、電子マネーの還元率ではトップクラスに設定されているのが特徴です。

利用金額は年間合計額から計算されますが、ランクが上がった場合はすぐに特典を受けられるのも特徴です。

達成年の年末まで待ち、翌年以降ランクが上がるわけではないのです。

高額の買い物をすればすぐにランクアップをしていく可能性があり、年間買い物金額が多い場合は積極的に利用した方がメリットが大きいのです。

ランクは1年間継続し、買い物金額によって更にランクが変動する仕組みになっています。

チャージボーナスが2%以上になるのは50万円以上の利用から

非常に還元率が高いmajicaですが、チャージ時のボーナスが2%になるのは年間50万円以上利用した場合になれるシルバー会員になってからになります。

マジカはお得な特典が満載です!

ちょっとした日用品を購入するだけではランクが上がらない可能性が高く、割に合うかは考える必要があります。

通常会員でも1%の優遇がもらえるため、無理にランクアップを狙わない人も多いのです。

一方で、引越し時期などで家電の買い替えが必要なった場合などはランクアップのチャンスになります。

高額な買い物をする場合はランクアップを狙ってみるのも方法です。

majicaを提示すれば現金やクレジットカードの支払いでも合計買い物金額に加算される仕組みになっているため、 意外と楽に達成してしまうこともあるのです。

majicaにチャージできるクレジットカードは系列カードのみ

還元率が高い電子マネーであれば、クレジットカードでチャージを行いポイントの2重取りができないか考える人もいるはずです。

majicaの場合はmajica donpen card、CLUB DONPEN CARDを保有している場合にインターネットを経由してチャージすることができます。

アプリからチャージすることも可能で、実質1.5%の還元を受けることができます。

注意したいのはドン・キホーテの系列以外のクレジットカードはチャージの対象外になることです。

一部デビットカードからチャージをすることは可能ですが、一般的なクレジットカードからチャージができず、店舗で現金を利用したチャージをする必要があるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=TR5GJTlJV7E

【QUICPay クイックペイ】快適な生活を暮らすことができる電子マネー

QUICPay(クイックペイ)の電子マネーはモバイル決済推進協議会MOPPAが推奨している決済サービスです

QUICPayでポイントをじゃんじゃん貯めていこう!

ポストペイ方式を採用しているQUICPayは、2005年の4月からサービスが始まっています。
どのようなカードなのでしょうか?

QUICPayの電子マネー

クイックペイのMOPPA推奨サービス

電子マネーのクイックペイは、モバイル決済推進協議会MOPPAが推奨している決済サービスになります。

JCBとイオンクレジットカードで開発されました。

ポストペイ方式を採用しているので後払い式になります。

一体型カード、子カードまたはおサイフケータイを持つ必要があります。

NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルそしてウィルコムのPHSにも対応しているところが魅力です。

クイックペイおすすめ対応クレジットカード

ANA JCBカード・・

クレジットカードで支払う度にANAのマイレージを貯める事も可能です。

そして買い物したポイントをマイルへと移行もできる為、飛行機を使う事が多い人にはオススメできます。

JCB一般カード・・

日本を代表する国際ブランドで、使いやすいカードです。

Tokyo Matro To Me CARD PASMOカード・・

東京のメトロのパスモと一体型したクレジットカードです。

また、ブランドはJCBになります。

ポストペイ式の電子マネーですので、自分のライフスタイルに合ったカードを選び、ポイントなども貯めていけるといいと思います。

【uniko ユニコ】アピタとピアゴのファミマで使える万能な電子マネー

uniko(ユニコ)はアピタ・ピアゴで使える電子マネーで、MEGAドン・キホーテUNY、ファミリーマートでも利用することができます。

アピタ・ビアゴの支払いで割引を受けられることが多く、日常的に買い物をする人は非常に便利になっています。

uniko (ユニコ)は愛知を中心に展開するスーパーのアピタ・ピアゴで利用できる電子マネーです。

uniko (ユニコ)

MEGAドン・キホーテUNYやファミリーマートなどの提携店舗でも利用が可能で200円で1ポイントが貯まるポイントシステムがあります。

特徴的なのがアピタ・ピアゴのセール日に全額unikoで支払うと5%オフの特典を受けられることです。

アピタが9日、19日、29日の9がつく日、ピアゴが毎週金曜日になります。

アピタネットスーパーは第二、第四金曜日配達分が割引になるため、積極的に利用する人が多いのです。

ポイント2倍デーや特定商品購入でボーナスが貰えるなど還元策が多いのも魅力となっています。

ファミリーマートでの特典は少なめのため、内容を確認しながら作るのがおすすめです。

uniko (ユニコ)はアピタとピアゴで使いやすい電子マネー

アピタとピアゴは東海地方を中心に展開するスーパーで、関東や甲信越、東北にも進出しています。

運営会社のユニー株式会社は大型ショッピングモールも運営しており、複数のブランド展開を行った上で特色をつけています。

uniko (ユニコ)はアピタとピアゴで使いやすい電子マネー

Unikoはアピタとピアゴを中心に、ドン・キホーテUNYやファミリーマートで使える電子マネーになっていて、アピタとピアゴのサービスカウンターで手軽に発行できるのが魅力になります。

200円で1ポイントと還元ポイントが比較的高めになっていて、特定の曜日や日付で割引やぽいとアップのキャンペーンが適用されるなど還元策が多いのが特徴です。

全国グループ規模で展開していないため使える店舗数自体は少ないものの、還元策の多さで選ばれる電子マネーなのです。

アピタ・ピアゴの5%割引を目当てに利用する人が多い

unikoは発効に100円の手数料がかかり、実質0.5%のポイント還元がつくのが特徴です。

交還元率のクレジットカードに比べると物足りなく感じがちですが、アピタ・ピアゴで利用する場合は特定日の利用で5%の割引を受けることができます。

アピタは9日、19日、29日、ピアゴは毎週金曜日、アピタネットスーパーは第二、第四金曜日配達分を全額unikoで支払うと5%の割引が適用されるのです。

該当する日であれば発効してすぐの利用で発効手数料以上の割引を受けられることがあります。

ドンキ・ホーテUNYではunikoの提示で1000円以上買い物の際に1の位のお金を最大9円カットを受けられる、一部商品を特別価格で購入できるなどの得点があるのも特徴です。

毎週日曜日はポイントが2倍になるのも特徴

unikoは日曜日に買い物をするとポイントが2倍になるのも特徴です。

ユニコキャラクターのゆにぴょん

対象店舗はアピタとピアゴ、MEGAドン・キホーテUNYになります。

ファミリーマートは対象外になるものの、実質1%相当の還元になるため上手にポイントをためたい人は割引日とあわせて利用するのがおすすめです。

アピタとピアゴでは対象商品の購入でボーナスポイントが貰えるなど特典があります。

日曜日や割引デー以外はより還元率が高いクレジットカードなどを使うなど併用をする人も多く、組み合わせるとお得な電子マネーになっているのです。

ファミリーマートや直営店以外の店舗利用に注意が必要

unikoの各種特典が使えるのは、アピタ、ピアゴの直営店や、ドン・キホーテUNYになります。

ショッピングモールに入っている専門店やファミリマートなどはボーナスの特典がつかないことが多く、どこで特典がつくかはしっかりと理解しておく必要があります。

ファミリーマートでは現金のかわりに使ってオマケでポイントを貰うような感覚の方が使いやすい面があるのです。

専門店が多く入るショッピングモールでの利用の場合は、事前に割引が受けられるか確認した方が良いケースもあります。

単体で持つよりも、他のクレジットカードや各種ポイントを受けられるデビットカードなどを併用した方が使いやすいのです。

スペシャルクレジット現金化はコチラ

【iD ドコモクレジット決済サービス】「おサイフケータイ」の代表的後払い電子マネーサービス

NTTドコモがブランドとして発行しているiD (ドコモクレジット決済サービス)の電子マネーは後払いのポストペイ型です

iDでNTTドコモよりの生活スタイルを満喫する

電子マネーのiDについてまとめていきましょう。

iDの電子マネー

iDは後払いのポストペイ型

NTTドコモがブランドとして発行している電子マネーで、後払いのポストペイ型になります。
名前の由来・・

自己証明、存在証明を意味するアイデンティティの「i」そして、身分証明、社員証などを意味する「ID」からでアイティと付けられました。

NTTドコモが発行しているという事なので、おサイフケータイだけのイメージがあるのですが、クレジットカードや子カードもあります。

また日本国内だけでなく、グアムや上海でも使う事ができます。

iD対応クレジットカード

ANAとSuicaが一体している「ANA VISA Suicaカード」

ポイントが貯めやすい事で評判がいい「ライフカード」

アメックスブランドではこの「セゾンアメリカン・エキスプレス・カード」でしたら対応しています。

世界中で利用ができるので便利な「三井住友クラシックカード」

ファミリーマートを多く使う人やTポイントを貯める事を目的とするのであれば「ファミマTカード」がいいでしょう。

年会費が1950円と破格の「オリコプレミアムゴールドカード」

このように自分に合ったカードを選ぶ事ができます。
一枚はあると便利ですので、作ってみるといいでしょう。

【PiTaPa ピタパ】関西圏主要の後払いができるICカードサービスだからノーマネー生活に最適

PiTaPa (ピタパ)は関西を中心に、西は岡山から東は名古屋や一部静岡の地域までカバーする広域交通ICカードサービスです。

電車やバスの乗車券として利用できるだけでなく後払い式で利用料金は後日請求になります。

提携交通機関を利用する場合はチャージが必要になるケースもあります。

PiTaPa (ピタパ)は関西圏を中心にした交通ICカードサービスで、岡山から東海地方まで幅広い範囲の私鉄やバスで利用することができます。

PiTaPa (ピタパ)

JRのICカードサービスとの相互利用が可能なため、PiTaPa を使えば日本の主要エリアでの公共交通機関の利用には困らないことになります。

カバーエリアの広さから参加する鉄道会社やバス会社、提携会社が多く、カードの種類が豊富なのも特徴になっています。

デザインや機能の組み合わせが豊富なだけでなく、ショッピングなどで独自ポイントが貯まるクレジットカード機能つきのPiTaPaの種類も多くなっています。

ポストペイといわれる後払い式で料金が後日請求になるのも特徴です。

ただし、ポストペイの連携が行われていない地域に関しては電子マネーをチャージして利用する必要があります。

PiTaPa (ピタパ)は自分の利用目的に応じて使い分けられる

PiTaPaは関西を中心とした広域で利用できる交通系ICカードですが、利用目的に合わせた選択肢が豊富になっています。

これは参加する交通会社が多いだけでなく、提携している企業が非常に多いためです。

PiTaPa (ピタパ)は自分の利用目的に応じて使い分けられる

シンプルにICカードとして利用できるだけでなく、ポイントが貯まるカードもあるため自分の好みに合わせた選択ができます。

また、クレジットカード付帯のカードの種類も多く、それぞれに独自のポイントや特典が用意されています。

阪神タイガースのタイガースカードや関西地盤のカードなども発行されていて、自分の親しみのある企業のカードを作ることもできます。

家族カードを作りたい場合や、クレジットカードとPiTaPaを別に持ちたい場合などの各種ニーズにもこたえてくれるのです。

ポストペイ(後払い)なのでチャージをしなくても使える

PiTaPaの大きな特徴になっているのが、ポストペイ(後払い)で電車やバスを利用できることです。

利用料金は毎月1日から末日までの利用を合計し、翌月に請求される仕組みになっています。

PiTaPa契約時には銀行口座を登録する必要があり、銀行口座から利用料金が引きおとされることになります。

オンラインでも契約が可能で、必要事項を入力し、注意事項の確認が済むと後日カードが郵送されてきます。

郵送で手続きをすることも可能で、必要書類を揃えて送ることで契約できます。

電話で申し込めば指定の住所に書類を送ってもらえるため非常に便利です。

対応店舗の場合はショッピングにも利用できるためクレジットカード感覚で利用する人もいるのです。

【関西・近畿】クレジットカード現金化は金欠でも現金振込できる店舗

全国の交通ICカードサービスと連携している

PiTaPaは全国の交通系ICカードサービスと連携していて、JRをはじめとしたさまざまな交通機関で利用できる。

注意したのはポストペイ機能が利用できる交通機関が限定されることです。

ポストペイが利用できるのはPiTaPa対応の交通機関とJR西日本の対応エリアのみになります。

対応エリア外に出た場合はポストペイが利用できないのです。

ポストペイ利用エリア外で利用したい場合は通常の交通系ICカードのようにチャージをした上で乗車券を購入する必要があります。

ポストペイエリアで入場しても降りる駅がポストペイエリア外の場合は後払いができなくなります。

ショッピングの利用にも注意が必要で、支払いに利用できるのはあくまでPiTaPa対応店舗のみとなります。

利用回数や金額に応じて割引を受けられるのがピタパの特徴

PiTaPaを利用するメリットの一つになっているのが、交通機関の利用や利用金額に応じて割引を受けられることです。

利用回数や金額に応じて割引を受けられるのがピタパの特徴

割引率は利用する交通機関によって割引率は変わりますが、金額が大きいほど割引も大きくなる傾向があります。

カードによっては利用でポイントが貯まる仕組みも導入されているため、割引とポイントの両方が使える場合もあります。

カードや交通機関の組み合わせで還元率などが変わるため、うまく組み合わせるのがおすすめです。

【Smart Plus スマートプラス】小銭やおつり要らずで時間も短縮できる

Smart Plus(スマートプラス)の電子マネーはスマートプラス機能が付いたコンビニやガソリンスタンド利用者に便利なんです。

スマートプラスでおつり要らずで時間短縮も可能!

電子マネーであるSmartPlusは、三菱UFJニコスが展開するポストペイ型サービスで、2005年から始まったものです。

SmartPlusの電子マネー

Smart Plusはどのように使えばいいでしょうか?

電子マネーですので、スマートプラス機能の付いたおサイフケータイやカードを加盟店のレジにてタッチするだけです。

なので、支払いの時に現金を使う必要がなく、おつりなどをもらう動作もない為にスムーズに支払いができるという事になります。

急いでいる時などでもサッと買い物をして目的地へ向かう事ができる為に人気があるのです。

スマートプラスはどんなお店で使えますか?

まずはスマートプラスという目印があるかを確認しましょう。

店頭やレジの横に置いてあったり貼ってあるのですが、分からない場合は店員さんに聞けば確実です。

また、Visa TOUCHも同じ規格ですので、利用できます。

お店は「サークルK」「サンクス」「ローソン」「ニユー・アピタ」などで使えます。

「ENEOSのセルフSS」「エッソ」「モービル」「ゼネラル」などでも利用が可能です。

スマートプラス対応クレジットカードはありますか?

現在三菱UFJニコスで作る事ができます。

カードブランドはマスターカードになります。

支払いが便利な電子マネーですので、1枚くらいはもっているといいかもしれませんね。

【nimoca ニモカ】九州と函館で使えるフェレットデザインも人気

nimoca (ニモカ)は九州を中心とした市電やバス、函館で利用できる交通系ICカードです。

フェレットがマスコットになっていてデザイン性でも人気になっています。

乗車券と電子マネーの機能が一緒になっていて、全国の交通系ICカード利用地域と相互利用ができます。

nimoca (ニモカ)は九州と函館で利用できる交通系ICカードです。

nimoca (ニモカ)

福岡、大分、熊本、佐賀、宮崎、函館エリアで利用可能で、市営電車やバスなどで利用ができます。

全国の交通系ICカードサービス採用の鉄道などと相互乗り入れが可能です。

フェレットがマスコットキャラクターに採用されていることからデザイン性でも人気になっているのが特徴です。

クレジットカード機能つきのnimocaも発行が可能で、ショッピングでポイントを貯めることができます。

独自のポイントは加盟しているバスや電車の利用で貯まるものが中心で、利用回数や利用金額によってボーナスがつく仕組みになっているのが特徴です。

貯まったポイントはANAやJALといった提携ポイントに交換することもできます。

nimoca(二モカ)は交通系ICカードの一種

nimocaは交通系ICカードの一種で、鹿児島と長崎をのぞく九州と函館で利用できます。

地域をまたぐ交通ICカードという面でユニークなだけでなくフェレットをマスコットキャラクターに採用したことからも話題になりました。

観光地として有名な函館で購入もできるため、お土産感覚で購入する人もいます。

Suica、ICOCAなどの交通ICカードと相互利用も可能で旅行に使うのにも便利です。

チャージしたお金は電子マネーとして利用可能なだけでなく、定期券の発行も可能など交通IC系カード共通の機能は一通りおさえています。

珍しいのはクレジットカード機能をつけることも可能ということです。

地方系の交通ICカードでクレジットカード機能をつけられるものは限られるため、nimocaを作るついでにクレジットカードを作ってしまう人もいるのです。

【九州・沖縄】クレジットカード現金化地域密着型で役立つ情報収集

nimocaは多機能な交通ICカードになっている

nimocaの特徴になっているのが利用エリアの広さと多機能性です。

nimocaを発行すると独自発行のメールマガジンを受取ることができるようになり、さまざまなお得な情報をチェックできるようになります。

nimocaは多機能な交通ICカードになっている

また、公式サイトからログインすると貯まったポイントの管理や交換ができるのも特徴で、JALやANA、PeXなどの提携各社のポイントに交換することが可能です。

当然nimocaにチャージして交通費に充当するなど、使い道が豊富なのです。

nimocaを使った履歴を確認することも可能で、カードの再発行や更新を行った場合もネット上からログインし、情報を変更することで各種情報やポイントの引継ぎをすることができます。

利用でポイントが貯まるのもnimocaの特徴の一つ

nimocaは利用でポイントが貯まる仕組みになっていて、利用回数や金額によってポイントボーナスがつくのが特徴です。

どの程度のポイントがつくかは提携する交通各社によって違うものの、頻繁に利用する人にはうれしいサービスになっています。

また、電子マネーを使ったショッピングにも利用ができ、一部提携店舗ではポイントを貯めることもできます。

電子マネー以外でも現金やクレジットカードの買い物でもポイントがつくことがあるのもポイントです。

一旦nimocaをカードリーダーにかざしてから会計をすることでポイント加算の対象になることがあるためです。

人口が多い福岡を中心とした経済圏や、観光地としても有名な函館で利用できることから、利用人口が多いサービスの一つにもなっています。

ショッピング中心で利用したい場合は公式サイトが便利

交通系ICカードのショッピングでポイントがつくといっても、どのお店でポイントがつくのかわからなければ利用するメリットが薄れがちです。

nimocaではメールマガジンでお得な情報を発信している他、公式サイトでnimoca加盟店の情報をまとめた専用ページが作られています。

加盟店がどこにあるかチェックできる加盟店ナビやアクセスランキングをチェックすることが可能なのです。

アクセスランキングは毎週更新されるため、最新情報のチェックにも役にたちます。

プライムウォレット現金化はコチラ

【Viza Touch ビザタッチ】ニコスが開発している気軽に使える

おサイフケータイ対応のVISA Touchの電子マネー(ポストペイ型)について詳しくご紹介致します

Viza Touchなら生活も豊かになる

VISA Touchとは、VISAインターナショナルが展開しているポストペイ型のサービスです。

VISA Touchの電子マネー

ビザタッチは便利な電子マネー

三菱UFJニコスが開発しているスマートプラス方式を採用しています。

ですので、スマートプラス加盟店でビザタッチを利用する事ができるのです。

ポストペイ型ですので、チャージをする必要はなく購入した後に支払うというシステムになっています。

おサイフケータイ対応のViza Touch

クレジットカードにひもづけて利用する方法で、一体型カードや子カードそしておサイフケータイのいずれかを持つ必要があります。

おサイフケータイでしたら大手の会社で対応しているので便利です。

NTTドコモ、au、ソフトバンクと対応していますが、日本でしか利用はできません。

Viza Touch対応クレジットカードの紹介

MUFJゴールドカード・・

学生は入会はできませんが、18歳を超えていれば入会は可能です。

年会費は2000円と他社のゴールドカードと比べても非常に低めの価格になります。

E-NEXCO passカード・・

車をよく使う人には非常に便利で人気のあるクレジットカードです。

なぜなら、ガソリン価格や高速道路などで利用した2倍のポイントを貯められます。

さらにポイントには有効期限がないところも魅力があるのです。

電子マネーの現金化でよくある質問Q&A

電子マネー 現金化 よくある質問

どのような電子マネーが現金化に利用できますか?
SuicaやPASMO、Edy、iDなどが頻繁に利用されます。
電子マネーの現金化は業者を使わなくてもできますか?
電子マネーで商品を購入して、それを返品する方法を使えば業者は使いません。
即日で現金に換えられますか?
電子マネーで購入した商品を返品する手法であれば即日で現金化ができます。
業者を使った場合の換金率を教えてください
電子マネーの買取をする業者は少ないです。あっても70%程度の低い換金率になります。

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • アーク
    詳細はコチラ

消費者金融でお金を借りられない人でも大丈夫コチラ

以上、【電子マネー】デジタル通貨の現金化や小銭・券売機キャッシュレス決済機能…でした。