電子マネーの現金化によるQRコード決済や残高をお金に換える方法

電子マネーで現金化することにより小銭を持たずに済む

【電子マネー現金化】デジタル通貨や小銭・券売機キャッシュレス決済機能

クレジットカード現金化と電子マネー現金化の違い

クレジットカード現金化の他にも現金を調達するためのアプローチは多数知られています。

代表例として電子マネーの現金化が挙げられますが、クレジットカード現金化とは何が違うのでしょうか。

電子マネーは直接現金にできないのが一般的なので、クレジットカード現金化と同じように商品を購入して売却する方法により現金にするアプローチが選ばれています。

ただ、電子マネー現金化の場合にはあらかじめ電子マネーを手に入れておかないと現金にはできません。

クレジットカード現金化の場合にはショッピング枠を使った信用取引をして、翌月以降の後払いができるのが特徴です。

既に電子マネーを持っているなら現金化するメリットはありますが、たった今持っていない電子マネーを入金して現金化してもお金が減るだけです。

クレジットカード現金化は今はお金がなくても来月はお金があるというときに現金を作れる点で優れているアプローチです。

初心者にも優しいクレカ現金化のサイトが見つかる
クレジットカード現金化

クレジットカード現金化はキャッシュレス決済ができないときに有用

クレジットカード現金化はキャッシュレス決済ができないときに有用

クレジットカード現金化は現金を手に入れる方法として魅力があるのは確かですが、支払いに困ったときに必ずしも利用すべきだとは言えません。

商品を購入して売却する方法でもクレジットカード現金化業者に申し込む方法でも、使用するショッピング枠よりも調達できる現金の金額は少なくなります。

そのため、キャッシュレス決済に対応していてクレジットカードで支払いができるなら、クレジットカード現金化をするよりもクレジットカード決済をする方がお得です。

キャッシュレス決済が利用できないときに有用な手法だと理解しておく必要があるでしょう。

また、商品を買いたいときにクレジットカード決済に対応していなくても、ギフト券などで支払えることもあります。

一般的にはギフト券はクレジットカードでは買えませんが、アマゾンギフト券のように種類によってはクレジットカードで買える場合もあります。

その方が金額的にはお得になるので、本当に現金でなければならないときにだけクレジットカード現金化をしましょう。

どんどん普及しているウェブマネーのカードとは!?

電子マネーはどんどん普及してきているチャージ式で使えるカード型のものになります。
どんな使い方があるのでしょうか?

自分に合った電子マネーを使いましょう!

財布を忘れても心配ない便利なプリペイド式

カードの中にお金をチャージして使う方法です。

スイカやイコカなどの電車で使えるものや提携しているショップでも使う事ができます。

現金を持ち歩きたくない場合でもチャージしておけば使えるので便利です。

また、財布を忘れてしまった時などもカードさえ持っていれば何かと使えるショップがあるので便利です。

プリペイド式ですので、自分でお金を入金する形になるので、使い過ぎてしまうという心配はありません。

保険適用・保証があるので安心なポストペイ式

電子マネー現金化財布を忘れても心配ない保険適用・保証がある

こちらはチャージしなくても使えるカードで後から支払いの請求がくる形です。

また、支払い時にはサインや暗証番号も必要ないため支払いがスムーズなので、朝の時間がない買い物でも便利です。

また、落とした場合は保険適用もあるので万が一落としてしまったとしても保証があるので安心ですよね?

支払う度にポイントやマイレージが貯まるものもあり、利用価値があります。

プリペイド式でもポストペイ式でも非常に便利な事は確かですので、自分の合っているカードを使うといいでしょう。

また必要に合わせて使い分けもできるので、両方持っている人も中にはいます。

使い分けできる電子マネーには様々な種類や価値があります。

通勤通学に便利な馴染みの交通系プリペイドカード

電車通学や通勤している人にはお馴染みで便利なカードです。

券売機でチャージできるタイプのカードなので、たくさん入金しておけば乗り降りもスムーズです。

また改札が混雑時している場合でもチャージしているだけで券売機に並ぶ事なく改札を通れるので時間短縮にもなります。

種類は地方で様々あり「Suica」「PASMO」「ICOCA」「PiTaPa」「TOICA」「Kitaca」「SUGOCA」などがあります。

買い物系プリペイドカードは便利!

加盟している店舗で使える便利なカードです。

カードを持っているだけで購入時に特典がある場合もあります。
種類は「Edy」「nanaco」「WAON」などです。

利己的な使い方ができる買い物系ポストペイカードの魅力

チャージ式ではなく、後払いするものです。

ポイントを貯める事ができたり、マイレージを貯められるカードもあるところが魅力でしょう。

使い方は色々ありますし、持つ人に合ったカードを選ぶ事が一番ですので、自分の生活に合ったカードを選びましょう。

また、何枚持っていても使い分けてサービスを得られるという方法もあるので、それも便利で利己的な使い方です。

電子マネーはクレジットカードを越えられない訳とは!?

電子マネーはクレジットカードを越えられない訳とは!?

電子マネーとクレジットカードの利用頻度と利用額の違いを考察します。

実際はそんなに利用頻度は高くない電子マネー

現在私は電子マネーもクレジットカードも両方利用しています。

しかし、利用頻度や利用金額においてはまだまだクレジットカードが圧倒的です。

具体的に言えばクレジットカードと電子マネーを比べてみれば、利用頻度は電子マネーが全体の20%くらいで、金額では全体の5%しかならないのが現実です。

されど、電子マネーはおサイフケータイなどの利用ができるので、気軽にチャージしたりできる面においてはクレジットカードよりも使いやすい面は多々あり、クレジットカードからチャージをすればポイントの還元率がクレジットカードよりも有利になることもあります。

電子マネーがさほど使われていない2つの理由

①クレジットカードに比べ活躍する場が圧倒的に少ない

電子マネーが使えるのはコンビニエンスストアーもしくは一部の大型店舗のみで、飲食店や地域スーパーマーケットには未だばらつきなどが目立ちます。

それに比べクレジットカードが使える場所は広範囲に渡り活用範囲があるので、利便性から考えてもクレジットカードの方が電子マネーよりも大きいことが言えるでしょう。

しかしながら最近では電子マネーを有効活用できる方向で考えている企業や店舗もあり、増えてきている印象はありますが、未だかつて電子マネーの普及率が乏しいのが難点かもしれません。

②幾度と行うチャージの手間と面倒がかかる

もう一つは電子マネーはプリペイド式であることです。

何か買い物をする前に、あらかじめ電子マネーをチャージしておかないと利用することができないという面倒な点が挙げられます。

スキミングや紛失などによる安全性を重視していると言えばそれまででしょうが、その安全性の重視が利便性を損なっていることもまた確かです。

ふとした場面で電子マネーを使用する際に残金不足で恥ずかしい思いをした..というお客様の声もしばしば聴いたことがあります。

それにプリペイドのシステムでは、高額の支払いに電子マネーを利用することに幾度が抵抗があるという人もいらっしゃるようです。

電子マネーとクレジットカードは使い分けが必要

無駄な小銭や現金などを持ちたくないという便利なカードや電子マネーはやはり生活や用途に応じて、自己の使い分ける場面を事前に決めておくことが必要だと考えられます。

デジタル通貨は財布要らず!小銭のジャラジャラもない役立つマネーとは

今の時代、何かの支払いに現金を使わないキャッシュレス化が進んでいます。

その代表的なものがデジタル通貨ですね。デジタル通貨の名前くらいは知っていても、詳細は知らないという人も多いことでしょう。

今後デジタル通貨を使いこなすためにも詳細を知っておきましょう。

キャッシュレス化に不可欠!デジタル通貨の特徴

今や何か物を買って会計したり、サービスを受けて支払いをする時に、現金を使わない方法がたくさんあります。

そんなキャッシュレス化が進んでいる中、支払い方法として役立ってくれるのがデジタル通貨ですね。

デジタル通貨は財布要らず!小銭のジャラジャラもない役立つマネー

デジタル通貨とはざっくりと言うと、お金の代わりとして使えるデジタルデータのことです。

通貨としての価値が認められていて、専用カードやスマートフォンのアプリにチャージすることで、支払い可能となります。

デジタル通貨は主に2種類!仮想通貨と電子マネーの違い

デジタル通貨として知られているのは、主に2種類です。

ビットコインなど仮想通貨と、Suicaなどの電子マネーですね。

この2つはとてもよく似ていますが、大きな違いがあります。

電子マネーはその国の通貨として認められているものを、デジタルにしたものです。

SuicaやWAON、nanacoなど、種類もどんどん増えています。

あらかじめ専用カードやスマホアプリにチャージして、支払いの際に利用するのが一般的ですね。

一方、仮想通貨は国の通貨としての価値が保証されていなくて、価値が流動的に変化しています。

政府や中央銀行が管理していなくて、独自の暗号化技術によって保全性が保たれていて、システムによって管理されています。

インターネット上にある世界中の取引所で取引可能で、価値は常に変動していますね。

損をすれば得をすることもありますし、円やドルなどの法定通貨に換えることも可能です。

有名なのはビットコインですが、リップルやイーサリアム、ネムなど、銘柄は2000以上もあります。

大きな意味で両方ともデジタル通貨ですが、一般的に普及しているのは電子マネーの方ですね。

チャージすれば現金と同等になる!デジタル通貨の使い方

仮想通貨もデジタル通貨の一種ですが、ここからは一般的に普及している電子マネーをメインに話を進めていきましょう。

電子マネーを使うには、専用のカードや使う方法か、スマホのアプリにチャージして使う方法の主に2種類あります。

クレジットカードに電子マネー機能が付いているものもありますし、バリエーションは豊富ですね。

カードで使うにしろアプリで使うにしろ、実際のお金を入金しないといけません。

入金することをチャージすると言いますね。

専用ATMでチャージできますし、オンライン上でネットバンクやクレジットカードからチャージすることもできます。

カードやスマホアプリにチャージしてしまえば、何か物を買った時などレジでかざすだけで会計が終わってしまいます。

使った分だけ差し引かれ、残高がどんどん減っていくという仕組みですね。

ある程度減ってくればまたチャージして、残高を増やすことで繰り返し利用可能です。

いちいちチャージするのが面倒だという人向けに、クレジットカードなどで自動的にチャージする方法もありますね。

実際のお店で使うこともできますし、ネットショッピングの支払いなどにも利用できます。

💴管理人が実際に登録した現金化サイト→かんたんキャッシュ

キャッシュレスで便利!デジタル通貨のメリット

デジタル通貨である電子マネーのメリットについて、紹介しましょう。

チャージさえしてあればお金と同等のものとして使用できますから、今話題のキャッシュレス化ができてとても便利です。

現金を持ち歩かなくてもすむようになりますから、財布の中もコンパクトになって現金の盗難などのリスもを減らせますね。

チャージしたりすることで、電子マネー独自のポイントが貯まってお得になります。

クレジットカードからのチャージなら、クレカのポイントも貯まりダブルでお得になりますね。

現金や小銭を出したりという手間が省けますし、混み合うレジでの会計がスムーズになります。

銀行などから現金を引き出す回数が減ってくれますから、ATM手数料などの節約ができてしまいます。

何にどれくらい支払ったかとか、いついくらチャージしたかなど、履歴がきちんと残ります。

家計簿をつけていない人でも、お金の動きを把握しやすくなりますね。

お札や小銭などの現金は、色んな人のところをめぐりめぐっています。

時には手垢などが付いていて、汚れている場合もありますね。

電子マネーならそんな心配がなくて清潔ですし、手や財布が汚れるのを防ぐことができます。

急にお金が必要な時に!デジタル通貨の現金化

いくらキャッシュレス化が進んでいるとはいえ、現金が急に必要になる場面もあります。

基本的にデジタル通貨の電子マネーは、先にチャージしておかないといけません。

つい多めにチャージしてしまって現金が足りないとか、電子マネーで現金化できないの?と思っている人もいることでしょう。

電子マネーの現金化はもちろんできます。

Suicaなどの交通系カードの場合なら、窓口に持って行って払い戻ししたいと言えばすぐに手続きしてくれて、現金を手にできます。

他の種類の電子マネーの場合は、専用の現金化業者を使う方法と、自分で現金化する方法がありますね。

専用業者に電子マネーを買い取ってもらって、現金を銀行口座に振り込んでもらえます。

自分で現金化するなら、ブランド品などの高価買取してもらえる品を電子マネーで購入しましょう。

その後、ブランド品買取店などに商品を売ってしまえば、現金を手にできます。

ただし、電子マネーは上限が決まっていて、2万円から5万円程度です。

少額だけお金が必要だという時の現金化に向いていますね。

【少額(1~10万)現金化ランキング】少ないお金の最低金額対応できる

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • アイラス


    詳細はコチラ

  • タイムリー


    詳細はコチラ

  • エージェント


    詳細はコチラ

消費者金融でお金を借りられない人でも大丈夫コチラ

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • アイラス


    詳細はコチラ

  • タイムリー


    詳細はコチラ

  • エージェント


    詳細はコチラ