PayPal(ペイパル)は世界に使われている電子決済サービスです、高いセキュリティーが安心材料ですが、現金化のときには逆にリスクにもなります。現金化に使うには換金できる商品を購入して売るか、アカウントを2つ作り現金として送金するかです。ただし、送金には手数料がかかりますので換金率は良くありません。また商品購入も送金も即日で完了はしません。

PayPal(ペイパル)は現金化に使えるの?電子決済としては成果で使えて優秀なツール

PayPal(ペイパル)

ペイパルは日本ではまだ馴染みが低いかもしれませんが、世界ではなんと3億人以上の利用者がいて、使えるお店は2400万以上です。

世界各地で広く認知・普及しているオンラインマネーサービスです。

日本でもネットショッピングで使えるお店が広がっています。

チャージはクレジットカードのほかにも銀行口座からもできるので、どの世代でも安全に便利に使うことができます。

もちろん登録や基本料は無料なので、気軽に使えるのも魅力です。

  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ
  • 買取タイガー
    詳細はコチラ
  • 買取レオン
    詳細はコチラ
気になるページ

ペイパルの基本の使い方は残高確認からはじめよう

ペイパルの基本の使い方は残高確認からはじめよう

ペイパルはチャージして、その残高から使う方法もあります。

そのため残高が足りないと決済できませんから、先にチェックしておきたいこともあるでしょう。

ペイパルの残高確認の方法は簡単です。

パイパルのPCサイトでもアプリでも基本的に手順は同じです。

・マイページにログインする
・「ペイパル残高」という項目をクリックする
・残高が表示される

とてもシンプルで迷うことがありません。

ただし注意としては、この残高には決済が完了していないものや定期払いは含まれていません。

支払いが終わったものは差し引きされていますが、まだ保留状態のものは支払いされていないので含まれていません。

取引を細かくチェックしたいなら「取引履歴」をクリックしましょう。

また、海外のショップでペイパルで支払いしたときには、日本通貨に換算されて差し引きされます。

ここが強い!ペイパルの魅力

電子決済サービスは日本でも数多くあります。

その中でペイパルの特徴としては、海外のショップにも強いことです。

海外資本のショップで利用できることが多く、海外のコスメやファッション、健康美容商品などのお店で使えることが多いです。

海外ショップとなると気になるのがセキュリティーです。

クレジットカードを利用した際に、カード情報が相手に通知されます。

しかし情報管理がずさんなお店だと不安が残ります。

ところがペイパルで支払いをすると、相手にクレジットカード情報は知られません。

また商品未着などのトラブル時にも、ペイパルに申請すると返金などの顧客保護のシステムも手厚いです。

電子マネーとしてだけではなく、ペイパルのアカウントを持っている人に送金もできます。

ペイパル1つで買い物から送金まで管理が簡単になります。

通常送金は銀行の送金(振込)では手数料が高いです。

特に海外にいる人への送金だと時間もかかり手数料も数千円単位です。

しかしペイパルならタイムリーですし、送金額の数%程度で済みます。

ペイパルを使って現金化はできる?効率的でオススメ?

急に現金が必要になったときには、キャッシング以外の方法で現金を作る方法も知っておくと、いざというときに使えます。

パイパルも電子決済の1つですから、ひと手間加えることで現金を作ることができます。

主な方法としては…

・パイパル決済で換金性のある商品を購入して売る
・2つアカウントを作り、送金後に出金する

まず換金性の高い商品を購入する方法ですが、こちらはイメージしやすいでしょう。

ゲーム関連商品や時計、ギフト券やブランド品を購入します。

支払いはペイパルで行います。

商品が届いたらリサイクルショップなどで売れば現金が手元に用意できます。

海外ショップなどでも使えるので、穴場的なお得な価格で購入できることもあります。

ただし、商品が届くまでは待たなくてはならず、即日とはならないのが難点です。

もう1つのアカウントを2つ作る方法は裏技的なことで、ぺイパルとしては推奨していません!

2つアカウントを作って、1つのアカウントにクレジットカードを登録します。

そこから送金のシステムを使ってもう1つの口座へ送金すれば、あとは送金後に引き出せばいいだけです。

ただし、アカウントの個人情報をまったく2つとも同じにすると、ペイパルに不審に思われるリスクが高いです。

また、この方法だと送金手数料と振込手数料の2つがかかります、金額によって手数料は変わりますが、差し引くと換金率は良いとは言えません。

また即日でも完了しません。

ペイパルを活用して買取してもらう道はありますか?

ペイパルはチャージ型のオンライン決済ですから、残金が残っている状態を買取ってもらうことはできません。

Amazonギフト券やGoogleギフト券のようなEメールタイプやカードタイプで買取してもらえるものとは異なります。

しかし、ペイパルを通して購入したギフト券や商品を買取ってもらうことはできます。

商品は換金性が高いものをリサイクルショップや専門店で中古として売ることが可能です。

日本ではギフト券などはぺイパルに限らず、電子マネーで購入できないことがほとんどです。

ですから、商品を購入して買い取ってもらう方法をメインに考えておくと良いでしょう。

ただし海外ショップの中にはペイパルでギフト券を購入できるお店もまだ存在しています。

ですから、検索するとヒットするかもしれませんが、海外のサイトというリスクはあります。

商品を購入する方法なら、日本のお店で選べます。

どんな商品がよいかはその時の人気などによっても変わってきます。

ペイパルで買取はいろいろと考える必要があります。

QUICPay(クイックペイ)カード QUICPay(クイックペイ)非接触型決済サービスで買取や現金化は可能なのか?

ペイパルで現金化を狙うときの注意点

ペイパルで現金化を狙うときの注意点

ペイパルは24時間の監視をしているので、セキュリティーとしてはかなり厳格です。

買い物するために使うユーザーとしてはありがたいことですが、現金化しようとするときには神経を使います。

不審な買い物や使い方があればチェックされる可能性も現実味があります。

加えて支払い上限制限が設けられています。

1回の買い物で10万円以上の決済があると制限がかかってしまいます。

そのため、10万円以上の現金化をしたいときには、分割して買い物するか申請して枠をアップするしかならず面倒です。

アカウントを2つ作り送金する方法も、バレるリスクがあるので慎重に行った方が良いでしょう。

手数料がかかりますし、現金化までの時間も2~3日かかるので時間的な余裕も必要です。

番号のないナンバーレスカードが安全セキュリティ面でも優れている 番号のないナンバーレスカードが安全セキュリティ面でも優れている

結局ペイパルの現金化はオススメ?

ペイパルは世界では広く使われている人気のオンライン決済方法です。

クレジットカードか銀行口座さえ持っていれば使えるので多くの人が利用できます。

セキュリティーの面でもレベルが高いので安心ですが、逆にそれは現金化のときにはネックになります。

ペイパルで買い物をして、それを売る方法は比較的簡単です。

多彩な商品を扱っているので、換金性が良い商品を見つけるのもむずかしくはありません。

ただ時間がかかりますし、ペイパルは分割払いができません。

もう1つのアカウントを2つ作って送金する方法では、手数料を差し引くと換金率はよくないことや、手間と時間がかかることも頭に入れておくと良いでしょう。

それでもペイパルで現金化はできるので、いざというピンチには使えるアイテムの1つです。

覚えておいて損はありませんが、他の方法とも比較するようにしましょう。

電子マネー現金化!買取のやり方など残高を換金してお金に換える方法 電子マネー現金化!買取のやり方など残高を換金してお金に換える方法
  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ
  • 買取タイガー
    詳細はコチラ
  • 買取レオン
    詳細はコチラ

以上、【PayPalペイパル買取】手順が多く余り現金化を薦めないワケとは?…でした。