イオンが提供する電子マネーサービスであるWAONですが、この利用にはWAONカードの利用が必要です。しかしWAONカードの利用経験のない人はその入手法や具体的な利用方法、メリットについて不明な点が多いと思います。そんなWAONカードについて知識がない方のためにカードの特徴やチャージ方法、現金化や換金方法について説明します。

WAON(ワオン)カードでイオン系列店を多頻度利用する人は必見!有用性や利用方法を調査

WAON(ワオン)カード

WAONカードとは、イオングループが提供している電子マネー、WAONを利用するためのクレジットカードです。

カードに入金することで買い物に利用でき、イオン系列の店舗やWAON加盟店、インターネットショップでも利用できるため使用範囲も広いカードです。

またクレジットカードであるため、買い物の支払い額から溜まったポイントを買い物に利用することもできます。

また登録が不要であり、発行手数料の300円を支払い以降は年会費が無料であるなど他カードよりも敷居が低く利用しやすいのも特徴です。

  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ
  • 買取タイガー
    詳細はコチラ
  • 買取レオン
    詳細はコチラ
参考ページ

WAONカードのチャージ・残高確認について

電子マネーのWAONを使うためには、WAONカードにチャージを行う必要があります。

WAONカードのチャージ・残高確認について

入金方法は複数あります。

まず現金からのチャージです。

近年はクレジットカードの普及やキャッシュレスの流れがあり現金を持ち歩く人は少ないですが、現金特有のメリットもあり、会計でWAONが不足していた場合その場でチャージできる手段でもあります。

同様に外貨からもチャージに利用することができます。

またイオングループは独自のクレジットカードやイオン銀行がサービスとして存在するため、それらサービスを経由してチャージに用いることもできます。

他にもWAONカードを買い物に用いるとWAONポイントが溜まるのですが、こちらもWAONとしてチャージすることができます。

またこの残高確認は専用アプリや店内端末、ネットステーションでの確認方法があり、カード利用時のレシートからも確認できます。

WAONカードの特徴

WAONカードの最大の特徴は、イオン系列店での買い物に適している点です。

WAONカードのポイント還元率は通常0.5%なのですが、イオン系列店であれば1.0%になり、毎月10日にポイント2倍になるなど、特に還元率が高くなります。

またイオンポイントモールを利用することで10%の還元されることや、20日、30日には感謝デーがあり5%オフになるなど、イオン系列における利用に特化したカードであると言えます。

逆に、それ以外の店では還元率は低いため多くの店で使えるものの、買い物の際のポイント還元を考慮した場合は欠点になります。

またWAONカードの利用で溜まったポイントはWAONにチャージすることができるため、同じように買い物に利用することも可能です。

この他にも商品との交換に利用でき、ネットショッピングに利用できるなど使用方法は様々です。

クレジットカードとしての評価も、保険が不耐してあるため安全性も高いです。

「ショッピングセーフティ保険」では購入後6か月までの商品が保障されるなど様々な要因で紛失破損に対して補償を受けることができます。

WAONカードを現金化する方法

イオンカードでも他のクレジットカード同様、現金化が可能です。

AEONカード

方法は二つあり、一つは換金率の高い商品をイオンカードで購入する方法です。

例えばアマゾンギフト券などの汎用性の高い商品券をイオンカードで購入し、これを売買サイトで売却することで実質的に現金化を行うことができます。

またこれ以外にも新幹線の回数券などもクレジットカードで購入できる且つ換金率が高いため買取店などで売却することで現金化できます。

一方で、この方法は不正利用を理由に会社からカード利用を停止させられる可能性もあります。

もう一つの方法は現金化サイトを利用することです。

これは現金化サイトに申し込むことで同様に高い換金率でポイントを現金化できます。

またサイト同様に、実店でも現金化を取り扱う現金化店舗が存在するため、これらに委託して現金化を行ってもらう方法もあります。
クレジットカード不正利用のなりすまし活用を絶対に許さない! クレジットカード不正利用のなりすまし活用を絶対に許さない!

WAONカードの買取方法

WAONカードを換金するもう一つの手段として、カード自体の買取という方法があります。

カード買取は主にカード買取業者や電子マネー買取の専門店などで行われており、実際に利用する際はこれらのサイトやメールを利用します。

WAONカードであれば80~92%ほどの換金率で行われている取引が見られます。

具体的な買取方法は、業者やショップのサイトから申し込みした後ギフトコードの確認がされ、指定口座に買取代金が振り込まれます。

サイトを利用する利点として、現金化のように換金に時間がかからないことや全国的な買取を対応しているため居住地による利用上の弊害がないこと、メール上で対応できることなどが挙げられます。

ただし、条件として18歳未満や高校生の利用ができないことや、振り込みに手数料がかかることなどがあるため、実際に検討している場合は注意が必要です。

【クレジットカード現金化未成年】18歳以上も銀行口座から利用可能なの? 銀行口座がある未成年によるクレジットカード現金化条件とは

WAONカードの注意点

WAONカードの注意点として挙げられるのが、月のチャージ金額に上限があることです。

WAONでは5万円が上限であるため、多額をWAONカードで使うことはできません。

他にも使用方法が加盟店によって異なるなどの点があります。

特に金券の同時利用などは店舗によってもできない可能性があり、あらかじめ確認する必要があります。

またそもそもクレジットカードや電子マネーを併用することはどこにおいてもできません!

そのため不足分を現金で支払うことができない場合は、WAONを使わず全額をクレジットカードなどで支払うことになります。

チャージ方法を考慮しても現金との併用が必須になるカードだと言えます。

WAONカードまとめ

WAONカードは居住地近辺にイオン系列の店があり、且つその店を良く利用する人は高いポイント還元があるカードだと言えます。

また還元率は低いものの加盟店が多くあり、広く利用機会に優れています。

チャージ方法はイオンサービスによるものが多く、支払いの不足分が現金のみであるなど不便な点もありますが、現金化や買取では高い換金率で利益を見込めます。

WAONカードが特に便利だと感じる点は食用品などの消費頻度の高い商品を購入する時です。

これらは週に何度も購入することもあるため、キャンペーン中であれば驚くほどポイントが溜まります。

総じてWAONカードは自社サービスに強いカードであると言えます。

apple残高はチャージしてしまうとデジタルコンテンツしか購入できない! apple残高はチャージしてしまうとデジタルコンテンツしか購入できない!
  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ
  • 買取タイガー
    詳細はコチラ
  • 買取レオン
    詳細はコチラ

以上、【WAONワオンカード買取】イオンサービス提供の特徴・現金化方法について調査…でした。