PR

LINEで完結するファクタリングとは?初めての方でもスムーズな資金調達を実現

LINEで完結するファクタリングとは?初めての方でもスムーズな資金調達を実現

ファクタリングは、企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却し現金化することを指します。

資金繰りに苦しむ企業が売掛債権を現金化することで、返済能力を確保するために利用されます。

LINE完結ファクタリングとは、ファクタリングの一種でありLINE Payと提携したファクタリングサービスです。

ファクタリング会社がLINE Pay決済を利用している場合、LINEから申し込むことでその場で資金を振り込んでくれます。

給与ファクタリングも登場してきているので、ここではLINEで行う一般的なファクタリングと給与ファクタリングについてご紹介します。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

LINE完結のファクタリングは回収を早めるためのサービス

ファクタリングLINE完結とは、売掛金の回収を早めるための資金調達方法の1つです。

自社が売掛金として発行した請求書をファクタリング会社に売却し現金化することができます。

一般的には顧客からの申し込みが完了すると、ファクタリング会社は入金額から手数料や利息を差し引いた残りを、近日中に口座に振り込んでくれます。

ファクタリングLINE完結を利用するには、まずファクタリング会社と契約を結ぶ必要があります。

特定の条件を満たせば、契約申請から最短で1日で完了することもあるので待たずに利用することが可能です。

ファクタリング会社では、大手金融機関や地方銀行、信用組合などを利用することができます。

契約後、自社が発行した請求書をファクタリング会社に提出するだけで、すぐに現金化が振り込まれます。

ただし、ファクタリングLINE完結にはデメリットもあります。

ファクタリング会社に手数料や利息を支払う必要があるため、場合よってはコストが大きくかかることになります。

また請求書を送付するため、取引きしたことが周囲に知られる場合もあります。

顧客によっては、自社がファクタリング会社に依存していると誤解する場合もあるかもしれないので注意が必要です。

LINE完結のサービスは2社間ファクタリングでやり取り可能

LINE完結でするファクタリングは主に2社間のファクタリングです。

2社間のファクタリングは、企業とファクタリング会社の間でやりとりされるファクタリングことで、企業が請求書をファクタリング会社に依頼し、その額を前払いで受け取るシステムです。

ファクタリング会社は請求書を購入し、その請求書に記載された顧客から代金を集めることで利益を得ることができます。

LINE完結のファクタリングは、企業が利用するための新たなファクタリングサービスです。

アプリのLINEを通じて請求書の情報を送信し、ファクタリング会社が即座に前払いを行うことができます。

このサービスを用いることで、柔軟な融資が可能となり時間短縮ができるため、企業側もファクタリング会社側も大幅に効率化が図れます。

LINE上で売掛金を管理し、ファクタリング会社が自動的に審査を行うところも出てきています。

企業は手軽に現金調達が可能になるため、手続きの効率化が図れるという利点があります。

LINEで行うと振込までの時間がスピーディーに!

資金繰りが悪化したとき現金を確保することで、キャッシュフローが一時的ではありますが改善します。

ファクタリングを利用するときのLINE完結する方法です。

1. ファクタリング会社を選ぶ
数多くのオンラインファクタリング会社がありますから、口コミなどを参考に信頼できる会社を選びましょう。

2. 申し込み
オンラインで手続きを行うので書類の郵送を省くことができます。申し込み内容に基づいた審査を行います。本人確認書類の提出が必要なので免許証やマイナンバーカードを用意します。

3. 審査
ほとんどの企業は審査に通るので、金融機関のブラックリストに載っていたとしても売掛金があれば利用することはできます。

4. 契約締結
審査に合格した場合、契約書に署名または捺印をして契約を締結します。

5. 融資
契約に基づいて未収金を即日で受け取ることができます。

6. 返済
振り込まれた現金は、設定した期日までに一括払いで返済します。

LINEだと簡単かつスピーディーな処理が可能で、中小企業などでキャッシュフロー改善のために利用されています。

LINE完結のファクタリング利用者が急増している

給与ファクタリングのLINE完結をしている利用者が最近増えてきています。

企業が社員の給与や賞与を支払う前に、給与ファクタリングサービスを利用して資金調達を行い、LINEにより完結することができます。

昔の給与ファクタリングは、企業がファクタリング会社に対して社員の給与を振り込んでから、ファクタリング会社が企業に代わって社員に給与を支払うという流れもありました。

しかし、この方法では手続きが面倒になり、手数料が高くなるというデメリットがありました。

給与ファクタリングLINE完結は、この問題を解決するために開発されました。

LINEで申し込むことにより直接給与を前払いで受け取り、同時にファクタリング会社から資金を調達することができるのです。

これにより、支払い処理が完全にLINE上で完結するため手数料が削減されます。

給与ファクタリングLINE完結では、企業とファクタリング会社の間に中間業者が存在しないため、資金の回転スピードが速くなります。

必要な時にいつでもファクタリングを利用することができ、急なキャッシュフローが悪化したとき迅速に対応することが可能となります。

今後、より多くの企業がこの方法を取り入れることで、ビジネスのスピードアップとコスト削減が実現されることになるでしょう。

しかしながら注意が必要な点もあります。

・必要な情報をオンライン上で完結するため、情報漏えいや不正アクセスなどのリスクがある
・LINE完結のシステムに慣れていない企業もある
・返済が困難になった場合には信用情報に悪影響を与える可能性がある

メリットの方が大きいですが、デメリットもあるので利用前に十分に検討する必要があります。

LINEで完結できるファクタリングの流れ

ファクタリング LINE完結とは、ファクタリングのうち、融資の申込から承認、振込まで全てLINE上で完結するものです。

LINE上でのやりとりとなるため、時間、場所を問わずスムーズに申込みが可能となります。

・顧客と会社が直接やりとりをするため、対面での面談などは不要
・審査結果や残高照会、振込完了までのステータスなどすべてLINEで確認ができる
・サービス利用に必要な書類の提出もLINEで行えるため手軽に利用が可能
・給与ファクタリングや請求書ファクタリングといった種類のファクタリングにも対応している

ファクタリング LINE完結の具体的な流れ

 

1. LINEによる融資申込
2. 審査依頼書の提出
3. 審査結果の確認
4. 借入契約書の提出
5. 振込申請
6. 振込完了
7. 残高照会

このようにファクタリング LINE完結は、スピード感と手軽さが求められる現代のビジネスにとって便利なサービスなので知っておくと、いざというとき役に立ちます。

LINEで完結するファクタリングとは?初めての方でもスムーズな資金調達を実現

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次