PR

ファクタリングと借金の違いは資金調達をするときに知っておきたい!

ファクタリングと借金の違いは資金調達をするときに知っておきたい!

ファクタリングも借金も資金調達の方法として用いられているので、ファクタリングと借金の違いを知りたいと思っている人も多いでしょう。

ファクタリングと借金の違いを理解すると、資金調達のときに状況に応じて適した方法を選べるようになります。

この記事ではファクタリングと借金について、ユーザーの立場から違いをまとめました。

資金調達の方法として類似性もあるので、ファクタリングと借金のどちらを使うか悩んでしまうことはよくあります。

判断に困ったときにはぜひ参考にしてください。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

ファクタリングはお金を借りることではない

ファクタリングと借金の違いとして最も大きいのは借りる行為かどうかです。

借金は銀行や個人などからお金を借りる行為で、借りたお金を期日までに返す代わりに利息がかかる仕組みが一般的になっています。

しかし、ファクタリングはお金を借りる取引ではなく、売掛債権を買い取ってもらう仕組みです。

売掛債権は期日になったら売掛金の支払いを受けられる権利のことで、例えば、請求書を発行したならその期日までに売掛先から支払いがあります。

この売掛債権を譲渡することで、対価を受け取るのがファクタリングです。

ファクタリングでは専門会社や銀行などに依頼して買い取ってもらうことになります。

ファクタリングのときには手数料がかかるため、利息とは違う形で費用が発生する点には注意が必要です。

一般的には買い取ってもらう金額に対して数%~20%程度の手数料がかかります!

ファクタリングは借金と違って返済不要

ファクタリングはお金を借りるわけではないので、返済という行為が存在しません!

借金をしたときには、借りている金額に応じて利息が上乗せられていき、毎月定められた金額の返済をすることが求められます。

期日に必要額を返済できなかった場合には契約違反になり、滞納した金額の即時支払いを求められることになります。

そして、もし督促を受けたのに支払わなかった場合には、借りているお金を全額一括で支払うように求められるのが一般的です。

返済義務を負ってしまうと、支払えなかった時に大きなトラブルになります。

最悪、裁判所を通して手続きを進められてしまい、強制差し押さえになることもあるので注意が必要です。

しかし、ファクタリングの場合には借金ではないため、返済の義務を負うことはありません。

既に存在する売掛債権を譲渡して買い取ってもらうことにより対価を得る方法なので安心です。

ファクタリングでは信用が問題になりにくい

審査内容はファクタリングと借金の違いとして大きいポイントです。

中小企業の資金調達手段として借金よりもファクタリングが推奨されていることがよくありますが、理由は審査を通りやすいからに他なりません。

ファクタリングでは自社の信用が大きな問題にはならないのが特徴です。

例え金融ブラックになっている企業だったとしても、ファクタリングによる資金調達ができるチャンスがあります。

ファクタリング会社としては自社の信用問題よりも、売掛先から資金回収ができるかどうかが大きな問題だからです。

自社がたとえ倒産してしまったとしても、買い取った売掛債権を使用して資金を回収できればファクタリング会社としては何も問題がありません!

そのため、信用情報に問題があって借金をするのが難しい状況になっていたとしても、ファクタリングを利用すれば資金調達ができる可能性があります。

ファクタリングでは売掛先の信用が問題になる

ファクタリングと借金の違いとして自社の信用問題が審査であまり重視されない点はメリットと感じる企業も多いでしょう。

しかし、ファクタリングでは自社ではなく、売掛先の信用が問題になるので注意が必要です。

借金をするときにはどのような企業と取引をしていてもあまり大きな問題になることはありません。

業績不振の企業と取引をしていても、取引額が小さければ審査を左右することはないでしょう。

しかし、ファクタリングの場合には売掛先の企業が倒産するリスクがある、業績不振で入金しない可能性があるといった時には審査が通りません!

売掛先の信用情報を取得できるわけではないので、一般的に知られている情報に基づいて審査することになりますが、明らかに業績や営業利益に不安がある場合にはファクタリングに使えないことがあるので気を付けましょう。

ファクタリングと借金の違いについて質問Q&A

ファクタリングは借金ですか?
いいえ、あくまで売掛金の買取をするだけなので、借金ではありません。
ファクタリングと借金ではどっちが金利は高いですか?
ファクタリングはそもそも借金ではないので金利は存在しません。
借金できる商工ローンとファクタリング会社は同じですか?
違います。商工ローンとファクタリング会社では免許など制度が違う分野で運営されている会社です。
ファクタリングと借金はどちらが良いですか?
どちらにもメリットはあります。ただ、ファクタリングは売掛金の買取になるので、帳簿に借金となることはありません。
ファクタリングしながら借金はできますか?
できます。帳簿上他社の借金という形にはならないため、ファクタリング利用中も審査に支障ありません。

ファクタリングと借金の違いのまとめ

ファクタリングと借金の違いは売掛債権を買い取ってもらうか、お金を借りるかです。

ファクタリングは売掛債権が存在すれば、自社の信用情報に問題があったとしても資金調達ができる可能性があります。

返済をする必要がないので、支払えなかったときの不安を抱える必要もありません。

一方、借金の場合には自社の信用情報が確かでなければ基本的に契約できません!

ただ、ファクタリングとは違って売掛債権がなかったとしても借金なら資金を調達できます。

また、ファクタリングでは売掛債権があれば良いというわけではなく、売掛先が信用できないと買い取ってもらえないという面もあるので注意が必要です。

このようにファクタリングも借金も性質が異なるので使い分けをする必要があります。

どちらも資金で困ったときの対策として効果的です。

ファクタリングと借金の違いを考慮して、今後の資金調達を考えていきましょう。

ファクタリングと借金の違いは資金調達をするときに知っておきたい!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次