PR

ファクタリングに向いている中小企業とは?活用しやすい業種を紹介!

ファクタリングに向いている中小企業とは?活用しやすい業種を紹介!

ファクタリングは中小企業にとって有効な資金調達方法として知られるようになってきました。

中小企業庁も認める方法として注目されていますが、なぜ大手企業ではなく中小企業との関係がよく話題になるのでしょうか。

この記事ではファクタリングと中小企業の関係を詳しく説明します。

ファクタリングに向いている業種や資金調達をするときの注意点なども解説するので参考にしてください。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

中小企業がファクタリングによる資金調達をするメリット

中小企業がファクタリングによって資金調達をするメリットは、銀行融資や公的融資などによる資金調達が難しい場合でも活用できることです。

中小企業は銀行融資を受けようとしても、信用が低いという理由で審査が通らないことがよくあります。

既に借入額が大きくなっていて追加融資を受けるのが難しい..場合もあるでしょう。

このようなときでもファクタリングなら資金を調達できるのがメリットです。

ファクタリングは売掛債権の売却による資金調達なので、融資を受けられない信用状況だったとしても問題はありません。

多額の借り入れをしていても、税金の滞納があったとしてもファクタリングなら資金を調達できます。

経営的に厳しい状況に置かれている中小企業が資金の問題を解決するのに効果的な方法なので注目されるようになっています。

中小企業がファクタリングを活用しやすいケース

ファクタリングによる資金調達を中小企業が活用しやすいケースを知っていると、効率的に資金を獲得して運用できます。

中小企業には下請けをしている企業が多く、大手企業から大きな発注を継続的に受けている場合があります。

このようなときにはファクタリングによる資金調達がスムーズにできるのでおすすめです。

ファクタリングでは売掛先の企業の信用が最も重視されるからです。

大手企業で経営的に問題がなく、安定した経済基盤を持っているなら売掛金を期日にはきちんと支払ってくれるでしょう。

売掛債権を買い取るファクタリング会社としては、売掛先が確実に支払えるなら安心して取引ができます。

そのため、審査が通りやすいだけでなく、ファクタリングの手数料も安くなるのが一般的です。

また、継続契約をしていて、今まで期日通りに支払いがおこなわれてきたなら、今後も支払いが遅れることはないと考えられます。

このような時にもファクタリングに活用しやすいでしょう。

ファクタリングに向いている中小企業の業種

ファクタリングに向いているかどうかは業種によって違います。

基本的には下請けをする業種はファクタリングに向いています。

典型的なのは建設業や電気電子部品の製造業です。

プラスチックなどの原料メーカーや加工食品の原料になる農産物や畜産物を生産している農家なども該当します。

また、BtoBのビジネスで商品やサービスを販売している中小企業もファクタリングに向いています。

IT系の中小企業ではこのようなケースが多く、受注して納品するまでに長い期間がかかり、その間の人件費などを調達するのに苦労しがちです。

しかし、発注書ベースのファクタリングも可能なので、資金を早期調達して業務を進めることができます。

業務を先におこない、後から支払いを受けるタイプのサービスを提供している中小企業はどこでもファクタリングに向いているので資金調達方法として検討してみましょう。

ファクタリングで中小企業が資金調達をするときの注意点

ファクタリングによる資金調達をするときには注意点があります。

中小企業の資金繰りの改善にファクタリングが有効とよく言われていますが、安易に売掛債権の早期現金化の目的で何度も使用すると赤字になって倒産するリスクがあるので気を付けましょう。

ファクタリングは慈善事業ではなく、ビジネスとして提供されています。

ファクタリングを利用するときには必ず手数料がかかるので、何度も利用していると資金が目減りしていって経営が立ち行かなくなるリスクがあります。

中小企業がファクタリングを利用する時には、可能な限り事業の改善のために資金を使うのが大切です。

ファクタリングによって手に入れた現金を一時しのぎに使い続けてしまうと経営破綻になりがちです。

手に入れた資金を活用して業務効率を上げたり、設備や人材に投資したりして経営を上向きにする努力をするのが重要なポイントです。

ファクタリング中小企業に関する質問Q&A

ファクタリングは中小企業でも使える?
中小企業を主な対象としたファクタリング業者も数多く存在しています
中小企業がファクタリングをする際の注意点が知りたい
中小企業の場合、手数料のことを考えて経営が自転車操業化しないように特に注意が必要になります
中小企業がファクタリングで得られるメリットは?
売上金が実際に入ってくるまでのタイムロスを削減し、設備投資や広告展開などを迅速化することができるようになります
中小企業が選ぶべきファクタリングは2社間?3社間?
経営状態と取引先によりますが、信用第一の業界であればなるべく3社間ファクタリングの締結を目指すのがいいでしょう
中小企業のファクタリング導入事例を知りたい
各業者ホームページには中小企業による具体的な導入事例がまとめて紹介されています

ファクタリングによる現金化と中小企業の関係のまとめ

ファクタリングによる売掛債権の現金化は中小企業にとって使いやすい資金調達方法です。

ファクタリングは融資を受けられない状況の中小企業でも、信頼性のある売掛債権さえあればすぐに資金を手に入れられるのがメリットです。

下請けをしている企業や、BtoBのビジネスで商品やサービスを販売している企業では売掛債権を多数抱えていることが多いでしょう。

その中に大手企業が売掛先になっている債権があれば効率的に現金化することが可能です。

ファクタリングは中小企業の資金繰りの改善に大きな貢献をします!

ファクタリングによって獲得した資金は目下の支払いに使用するだけでなく、事業の改善のためにも活用して今後の経営を改善していきましょう。

ファクタリングは中小企業の経営の改善にも事業の加速にも使える資金調達方法なので使ってみてください。

ファクタリングに向いている中小企業とは?活用しやすい業種を紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次