PR

フリーランス、個人事業主でも利用できるファクタリング会社を解説

フリーランスや個人事業主向けファクタリングは資金調達の手段として多くの方が活用する

フリーランス、個人事業主であっても、ファクタリングによる資金調達は可能です。

ただ、ファクタリング会社の中には、フリーランス(個人事業主)に対応していない場合も。

また、少額の買取を行っていない会社もあります。

今回は、フリーランス(個人事業主)にも対応しているファクタリング会社を中心に、ファクタリング利用のメリット、注意点を解説します。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、企業や個人事業主が保有する売掛金を第三者のファクタリング会社に売却し、即時に資金を調達する手法です。

ファクタリングを活用することで、資金繰りの課題を迅速に解決することができます。

特に、個人事業主の場合、大手企業と比べて資金調達の選択肢が限られているため、ファクタリングは非常に魅力的な選択肢となります。

フリーランス、個人事業主もファクタリングは利用できる?

フリーランス、個人事業主関係なく、利用できます。

ファクタリングは、売掛債権(売掛金)さえ持っていれば、誰でも利用可能です。

なお、サービスは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうだけなので、借入などではありません。

信用情報に登録されることもなく、現金を調達できます。

個人事業主(フリーランス)が、ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングには、次のようなメリットがあります。

資金調達がスピーディー

ファクタリングを利用することで、通常数週間かかる売掛金の回収を数日、場合によっては数時間で実現できます。

これにより、急な経費や投資機会に迅速に対応することが可能となり、ビジネスチャンスを逃さずに済みます。

特に、季節性のある事業やプロジェクトベースの仕事を行っている個人事業主にとって、この迅速性は大きな強みとなります。

信用情報に関係なく利用できる

銀行融資では、過去の取引履歴や信用情報が重視されるため、新規事業主や過去に経営難を経験した事業主は融資を受けにくい状況があります。

しかし、ファクタリングは売掛金の質を主に評価するため、これらの背景が融資の障壁となりにくいです。

これにより、多様な背景を持つ個人事業主も安心して資金調達を行うことができます。

手続きがカンタン

ファクタリングの手続きは、オンラインでの申し込みや書類提出が主流となっており、銀行融資のような面倒な書類手続きや面談が不要です。

特に、日々の業務が忙しい個人事業主にとって、この手続きの簡素化は大きなメリットとなります。

また、デジタル化された手続きは、申し込みから資金受領までのスピードも大幅に向上させています。

ファクタリング利用のデメリット、注意点

一方で、ファクタリング利用には次のデメリット、注意点があります。

手数料がかかる

ファクタリングを利用する際には、手数料やコストが発生します。

これらのコストは、ファクタリング会社や取引の規模、売掛金の質によって異なるため、事前に複数の会社から見積もりを取得し、最もコストパフォーマンスの良い会社を選ぶことが重要です。

隠れたコストがないか、詳細な手数料の内訳を確認することも忘れずに行いましょう。

取引先に知られる可能性がある

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

2社間ファクタリングはファクタリング会社との契約ですが、3社間ファクタリングは取引先も含めた契約。

このため、必然的に取引先にファクタリング利用が知られます。

取引先にファクタリング利用を知られたくない方は、2社間ファクタリングを行っている会社を利用しましょう。

悪質会社も存在する

2023年現在、ファクタリング会社は百近く存在しますが、その中にはファクタリング会社を装った悪質な会社も。

ファクタリングではなく借入をさせ利息を請求する、個人情報を悪用するといった詐欺まがいな会社も存在します。

リサーチをせずに利用してしまうと、金銭的な被害を受ける可能性があります。

利用時は、会社情報や口コミ評判などを確認しましょう。

償還請求ありのファクタリングは要注意

ファクタリング会社によっては、【償還請求あり(リコースファクタリング)】のファクタリングしか提供していない会社もあります。

【償還請求あり】とは、万が一、取引先から売掛金が振り込まれなかった場合、契約者がその金額を保証しなければいけないという制度です。

【償還請求あり】はリスクが高いので、【償還請求なし】のファクタリングサービスを利用しましょう。

ファクタリングを選ぶ際のポイント

初めてファクタリングを選ぶ方向けに、選び方のポイントをまとめました。

手数料で選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ際の大きなポイントとして、手数料の比較が挙げられます。

複数のファクタリング会社の手数料を比較し、最もコストパフォーマンスの良い会社を選ぶことが推奨されます。

また、手数料だけでなく、その他のサービス内容や対応スピードも合わせて考慮することで、最適な会社を選ぶことができます。

提供サービスで選ぶ

ファクタリング会社ごとに提供するサービスの内容や特色は異なります。

例えば、オンラインでの手続きのみを提供する会社や、専任の担当者がサポートしてくれる会社など、様々です。

自身のニーズや事業の特性に合わせて、最適なサービスを提供する会社を選ぶことが重要です。

例えば、短期間での大量の売掛金を処理したい場合、迅速な対応が得意な会社を選ぶと良いでしょう。

また、初めてファクタリングを利用する場合は、丁寧なサポートやアドバイスを提供してくれる会社を選ぶことで、安心して取引を進めることができます。

対応スピードで選ぶ

資金繰りの課題を迅速に解決したい場合、対応スピードが速いファクタリング会社を選ぶことが推奨されます。

特に、緊急の資金調達が必要な場合や、大量の売掛金を一度に処理したい場合には、迅速な対応が求められます。

事前に複数の会社から見積もりや対応時間を確認し、自身のニーズに合った会社を選ぶことが重要です。

買取下限額で選ぶ

ファクタリング会社により、売掛金の限度額が異なります。

中には500万円以上の売掛債権しか買取を行っていない会社も。

ただ、10万円、30万円といった少額取引を行っている会社もあるので、持っている売掛債権と照らし合わせて、会社を選びましょう。

フリーランス、個人事業主のファクタリングについてのまとめ

ファクタリングは、個人事業主にとって非常に有効な資金調達手段となります。

しかし、利用する際には、手数料や契約内容、信頼性などのポイントをしっかりと確認することが重要です。

適切なファクタリング会社を選び、資金繰りの課題を解決しましょう。

フリーランスや個人事業主向けファクタリングは資金調達の手段として多くの方が活用する

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次