PR

誰でも通るファクタリングはある?審査が甘いファクタリングを解説

誰でも通るファクタリングはWEB完結でほぼ無審査の資金調達できるのか?

審査通過率100%のファクタリングサービスはありません。

審査をしないと、ファクタリング会社が負債を抱える可能性が高いため、審査を行っています。

ただ、審査が甘い、審査通過率の高いファクタリング会社が多数あります。

審査通過率90%以上で、即日の資金調達も現実的です。

今回は、審査率の高いファクタリング会社、審査で重要な点を解説します。

審査が甘いファクタリング会社3選

審査項目が少なく、審査通過率が90%以上のファクタリング会社を調査しました。

QuQumo(ククモ)

QuQuMo ククモ

審査通過率98%
必要書類2点:請求書、通帳
オンライン手続き
2社間ファクタリング
手数料1%~
個人事業主の利用

QuQumo(ククモ)は、審査通過率98%を誇るファクタリングサービスです。

手続きは全てオンライン上で完結。

必要書類も少ないので、審査項目も少な目です。

また、店舗コストを抑えているので、手数料も低めで利用できます。

ただ、利用には、電子契約サービス「クラウドサイン」の登録が必須です。

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構

審査通過率95%
必要書類3点:身分証明書、通帳、請求書
オンライン手続き
2社間ファクタリング
手数料1.5%~
個人事業主の利用

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構は、非営利目的のファクタリングサービスを提供しています。

審査通過率は95%以上。

法人だけでなく個人(フリーランス)にも対応しています。

手数料も1.5%からと良心的なサービスを展開。

手続きはすべてネット上で完了するので、申込当日の現金調達も現実的です。

アクセルファクター

アクセルファクター

審査通過率93%
必要書類4点:身分証明書、通帳、請求書、確定申告書
オンライン手続き
2社間ファクタリング
手数料2社:5~20%、3社:1~10%
個人事業主の利用

アクセルファクターは、審査通過率93%以上のファクタリング会社です。

審査に必要な書類は4点。

創業は2018年。年間3,000件、買取総額300億円と、実績豊富なので安心して利用できます。

審査のないファクタリングはある?

ファクタリング利用時、審査は必ずあります。

ファクタリング会社は、売掛債権が支払われるかどうかの審査を行った上で、売掛金の買取を行います。

審査不要で買い取り、その後債権の回収ができなかった場合、買取額が丸々負債になるためです。

一方で、”審査不要”を謳っているファクタリングは詐欺会社です。

審査不要で利用者を募り、最終的に違法な金利で貸付を行う、個人情報を盗み取るといった行為が報告されています。

このように、一般的なファクタリングは審査が必ずあります。

ただ、審査率90%以上のファクタリング会社も多くあるので、不安であれば審査率の高いサービスを選びましょう。

審査が甘いファクタリング会社の見分け方、特徴

審査が甘いファクタリング会社の特徴は次の4点です。

必要書類が少ない

ファクタリングの審査プロセスをスムーズに進めるためには、提出が求められる書類の数が少ないことが重要です。

必要書類が少なければ、申込者は迅速に情報を提供でき、審査のスピードも向上します。

審査に必要な書類が少ないファクタリング会社を選ぶことで、ビジネスの急な資金ニーズにも柔軟に対応することが可能となります。

審査率を公表している

ファクタリング会社の中には、自社の審査率を公表しているところがあります。

審査率が公開されていると、申込者はその会社がどれだけ審査に通りやすいかをある程度把握することができます。

高い審査率を持つファクタリング会社を選ぶことで、資金調達の成功率を上げることが期待できます。

オンライン手続きに対応

ファクタリング会社によっては、申込から資金調達まですべての手続きをオンライン上で完結するサービスを提供しています。

申込手続き自体が簡略化されているので、審査項目も最小限です。

項目が少ないことで、審査クリアの可能性が高まります。

2社間ファクタリングに対応

2社間ファクタリングは、売り手とファクタリング会社のみで取引が完結する方法です。

この方式を採用しているファクタリング会社を選ぶことで、取引のプロセスが簡略化され、より迅速に資金を調達することが可能となります。

また、取引の透明性も高まるため、安心して利用することができます。

ファクタリングサービスの審査対象は?

ファクタリング利用時、審査の対象は下記の3点です。

審査前に確認してみてください。

売掛先(取引先)の財務状況

審査で最も重要なポイントは、売掛先の財務状況です。

売掛先が経済的に安定しており、信用度が高い場合、審査はスムーズに進みます。

売掛先が上場企業や公的機関であれば、その信頼度はさらに高まります。

逆に、売掛先の財務状況が不安定であったり、経営が厳しい状況にあると、審査が厳しくなります。

ファクタリング会社は売掛先からの回収リスクを最小限に抑えるため、売掛先の財務状況を詳細に分析し、信用評価を行います。

売掛先(取引先)との取引履歴

売掛先との取引履歴も審査の重要なポイントです。

長期にわたり安定した取引関係が築かれている場合、それはプラスの評価材料となります。

ファクタリング会社は取引履歴を通じて、売掛先との関係性や取引の安定性を判断します。

一方で、取引履歴が浅い、または取引量が不安定な場合、審査においてマイナス評価となる可能性があります。

取引履歴を通じて、売掛先との信頼関係や取引の安定性をアピールすることが重要です。

支払い期日

売掛金の支払い期日も審査に影響を与える要素の一つです。

支払い期日が短いほど、ファクタリング会社にとってはリスクが低くなります。

支払い期日が長いと、売掛先の経済状況が変わるリスクや、資金回収が遅れるリスクが高まるため、審査が厳しくなる傾向があります。

支払い期日が短い売掛金を選ぶことで、審査の通過率を高めることが可能です。

また、支払い期日が短いことをアピールすることで、より良い条件でファクタリング契約を結ぶことができるかもしれません。

誰でも通る、審査が甘いファクタリングのまとめ

ファクタリングサービスで”誰でも通る”審査を提供している会社はありません。

ファクタリング会社からすれば、売掛金を回収できないとその分、負債となるためです。

負債を抑えるためにも、最低限の審査を行っています。

ただ、ファクタリング会社により審査内容もさまざま。

審査率90%以上のファクタリング会社も多くありました。

他社で審査落ちを経験している方は、審査通過率の高いファクタリング会社を選んでみてください。

誰でも通るファクタリングはWEB完結でほぼ無審査の資金調達できるのか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次