PR

請求書買取とは?個人事業主も利用する特徴、メリット、注意点解説

請求書買取サービスはマネーフローの効率的な改善で完結できるタイプがいい

請求書買取は、手元にある請求書(売掛債権)を買い取ってもらい現金を調達するサービスです。

一般的には「ファクタリング」とも呼ばれています。

本ページでは、請求書買取の特徴、メリット、注意点のほか、信頼できる請求書買取サービス会社を解説します。

企業間、個人間の取引で発行される請求書(売掛債権)を買い取ってもらい、現金を調達するサービスです。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

請求書買取の仕組み

請求書買取サービス(ファクタリング)は、企業間、個人間の取引で発行される請求書(売掛債権)を買い取ってもらい、現金を得るサービスです。

サービスには、方法が異なる「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。

2社間ファクタリングの解説

2社間ファクタリングとは、自社(個人)とファクタリング会社の2社だけで、請求書買取が完了します。

2社間だけの取引なので、取引先にファクタリング利用を知られないのが、メリットです。

一方で、ファクタリング会社が取引先から売掛金の回収できないリスクもあるため、利用手数料が高めに設定されています。

3社間ファクタリングの解説

3社間ファクタリングは、自社(個人)とファクタリング会社に加え、売掛先(取引先)の3社で手続きを行うファクタリング方法です。

手続きの中で、取引先にファクタリング利用を知られてしまうのが、デメリットです。

取引先に余計な心配をさせてしまうため、場合によっては今後の取引に影響してしまいます。

一方で、ファクタリング会社が直後、取引先から売掛金を回収するため、利用手数料は低めに設定されています。

請求書支払い代行サービスとの違い

請求書買取サービスと似た言葉に「請求書支払い代行サービス」というものがありますが、双方は全く違うサービスです。

請求書買取サービスは、売掛金を受け取る会社(人)が利用するサービスですが、「請求書支払い代行サービス」は売掛金を支払う会社(人)が利用するサービスです。

「請求書支払い代行サービス」は、現金がない場合に、クレジットカード決済できるというサービスで、カードの引き落とし日までに支払いサイトを延ばすことができます。

売掛金を受け取る権利がある場合は請求書買取サービス、売掛金の支払い義務がある場合は請求書支払い代行サービスと覚えておきましょう。

請求書買取サービスのメリット

請求書買取サービスには次のようなメリットがあります。

最短、即日での現金調達が可能

請求書買取サービスは、申込当日の資金調達が可能なサービスです。

当日の現金調達は確実ではありませんが、ある会社では7割近くが当日の現金調達に成功していました。

回収サイトが待てない、銀行融資に通らないという方に最適なサビースです。

個人事業主でも利用できる

請求書買取は、法人だけでなく、個人事業主(フリーランス)も利用可能です。

従来の融資サービスと比較して、手続きが簡略化されているので、少ない書類で申請できます。

事業の規模や経歴に関わらず、多くの事業者が資金調達の手段として利用できます。

保証人、担保なしで利用できる

多くの金融機関での融資を受ける際、保証人や担保の提供が必須とされることが一般的です。

しかし、請求書買取サービスの場合、そのような要件は必要とされません。

事業者は自らの請求書を資産として活用し、その請求書の価値に基づいて資金を受け取ることができます。

このため、新たな担保や第三者の保証人を探す手間や、担保に関するリスクを気にすることなく、安心して資金調達を行うことができます。

請求書買取サービスのデメリット、注意点

一方で、請求書買取には、次のようなデメリットがあります。

手数料がかかる

請求書買取サービス利用時は、手数料が発生します。

一般的には、2社間ファクタリングは請求額の10%以上、3社間ファクタリングは1%から10%です。

2社間ファクタリングは、売掛金が回収できない場合もあるので、高めに設定されています。

なお、請求書買取自体、借金ではないので、利息は発生しません。

請求書の金額しか資金調達できない

請求書買取サービスに関するまとめ

請求書買取サービスは、迅速な資金調達が可能というメリットがあり、多くの事業者にとって有効な手段となっています。

特に、資金繰りに困っている事業者や、短期間での資金調達が必要な場面での利用価値は非常に高いです。

しかし、手数料がかかることや、資金調達額が請求書の金額に制限される点など、デメリットや注意点も存在します。

利用する際は、これらの点を十分に理解した上で、自社の状況に合わせて最適な選択をすることが求められます。

私自身も、ファクタリング会社での勤務経験があり、実際にファクタリングを利用した経験からも、その有効性と注意点を実感しています。

最後に、請求書買取サービスを利用する際は、事前に詳しい情報を収集し、信頼できるファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

請求書買取サービスはマネーフローの効率的な改善で完結できるタイプがいい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次