ファクタリングによって当日に資金を調達できるかどうかはやり方によって違います。2社間ファクタリングであれば当日中に契約をできる可能性があります。必要書類を不備なく用意しておくことは欠かせません。さらに、すぐに契約できる方法にファクタリング会社が対応していれば当日に現金を振り込んでもらうことが可能です。

当日にファクタリングで資金調達したい!何が必要なのかを知っておこう!

当日にファクタリングで資金調達したい!何が必要なのかを知っておこう!

ファクタリングはスピード感のある資金調達ができる方法として有名です。

申し込んだ日に現金を手に入れられるファクタリングがあるなら使いたいと思っている人もいるでしょう。

ファクタリングを申し込みたいと思うのは、資金問題が切実になってからのことが多いのは確かです。

当日でもできるファクタリングとは当日の振込にも対応しているサービスです。

当日対応のファクタリングには特徴があるので詳細をチェックしておきましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

当日にファクタリングで支払ってもらうのは可能

ファクタリング会社では資金がなくて困っている切実な状況を打開したいと思っている企業に対して、迅速なサービスを提供するように心がけているのが一般的です。

ファクタリングで当日に現金を支払ってもらうことは可能なので、今日中に支払いが必要な案件があるときには上手に活用しましょう。

ファクタリングが当日に対応できるかどうかは相談先のファクタリング会社や、取引に使用したい売掛債権の内容によって異なります。

ただ、最短当日で現金を振り込む対応を目指しているファクタリング会社は多いので、スピード重視の対応を謡っている会社を選べばきっと当日のうちに現金を手に入れられます。

なお、多くのファクタリング会社では銀行振込によって入金しています。

指定した銀行口座によっては平日の9時~15時の間にしか代金を受け取れません。

モアタイムシステムを導入していて土日祝日も含めて24時間対応の銀行口座を用意しておくのがおすすめです。

当日対応は基本的に2社間ファクタリング

当日対応のファクタリングでは基本的には2社間ファクタリングになります。

2社間ファクタリングとは自社とファクタリング会社の間だけで取引をするファクタリングです。

売掛先企業がかかわる3社間ファクタリングとは区別されています。

3社間ファクタリングでは売掛先企業に対して通知や連絡をして、承諾を受けてから契約をするという流れになります。

そのため、3社間ファクタリングでは契約までに時間がかかりがちです。

場合によっては売掛先企業との交渉が必要になって、何日もかかってしまうこともあります。

しかし、2社間ファクタリングであれば自社とファクタリング会社の間で合意が取れればすぐに契約が可能です。

当日に契約して現金を振り込んでもらうためには、余計な手続きがなくて済む2社間ファクタリングが適切です。

そのため、当日対応のファクタリング会社では2社間ファクタリングが一般的になっています。

当日対応にはファクタリングの必要書類の用意が必須

ファクタリングで当日のうちに資金を調達するには審査と契約に必要な書類をあらかじめ用意しておくのが必須です。

ファクタリングでは申し込みをした後、スタッフからのヒアリングを受けて資金調達の希望を伝え、必要書類を提出して審査を受けます。

そして、審査結果を受けて契約に必要な書類を提出し、契約書にサインをして現金を振り込んでもらうという流れになっています。

そのため、審査や契約に必要な書類が足りなかったときには用意しなければなりません。

印鑑証明書のように役所などで発行手続きをしなければならない書類を求められる場合もあります。

売掛債権の根拠になる書類と通帳のコピーはどのファクタリング会社でも必須です。

他にも手続きで必要になる書類がある場合には、事前に用意しておきましょう。

ファクタリング会社の公式サイトに必要書類が書かれていることが多いのでチェックするのがおすすめです。

当日のファクタリングでは契約方法が重要

当日に資金調達できるかどうかを分ける重要なポイントとして契約方法があります。

ファクタリングの契約方法として、昔からよくあるのは書面による契約です。

対面で契約書に署名捺印をして契約した後、支払いを実行するという流れになっています。

ファクタリング会社のオフィスに訪問して契約するだけでなく、ファクタリング会社のスタッフに出張してもらって契約することも可能です。

しかし、出張を依頼するときには日程調整が必要で、当日に来てもらえることはあまりありません。

特にファクタリング会社が遠い場合には訪問でも出張でも当日中に契約するのは難しいでしょう。

郵送やメール便などで契約を交わせるケースもありますが、数日は時間がかかってしまいます。

契約方法としてオンライン契約ができると当日に手続きを終えられる可能性が高くなります。

ファクタリング当日でよくある質問Q&A

ファクタリングを当日利用することは可能ですか?
可能です。ただし、ファクタリング会社が限られることに注意しましょう。
ファクタリングの当日はどんなことをすればいいですか?
申し込みとファクタリング会社の指定した資料を用意しましょう。
当日ファクタリング会社の方が審査に来てくれますか?
難しい場合がほとんどですが、オンラインで審査ができるので当日対応も可能です。
ファクタリングを当日できないケースはどんな時ですか?
そもそも当日に対応していない会社を選んでいるか、数千万円単位の高額なファクタリングになった場合です。
初回利用でもファクタリングの当日振込は可能ですか?
可能ですが、初回利用の場合審査に時間がかかるので、午前中の早い時間に連絡しましょう。

ファクタリングの代金を当日に振り込んでもらう方法のまとめ

ファクタリングでは売掛債権の買取代金を当日に振り込んでもらうことができます。

ただ、申し込みをした当日に振り込んでもらうためには準備が必要です。

一般的にファクタリングの代金は銀行振込をしてもらうことになるので、夕方になっても振込を受け付けている銀行の口座を用意しておきましょう。

また、審査や契約のときに必要な書類をすべて揃えておくことも重要です。

印鑑証明書などの役所で発行してもらう書類は平日の昼間しか手に入れられないこともあるので、あらかじめ発行してもらっておいた方が良いでしょう。

ファクタリング会社が当日対応の努力をしているかどうかも重要なポイントです。

スピード重視で対応しているファクタリング会社を選んで申し込むようにしましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリング 当日】当日中に契約をして現金を手に入れられる可能性…でした。