PR

郵送契約ファクタリングの利用時は契約成立までのスケジュールに注意すること

郵送契約ファクタリング

郵送契約ファクタリングとはファクタリングサービスを受けるための手続きの大半を郵送によって行う方法です。

ファクタリングサービスを受けるには大きく分けて、面談・郵送・電話・ネットという選択肢があります。

このうち手軽でスピード感に優れているのは電話やネットによる手続きですが、経営者の中には電話やネットだけで経営の根幹にかかわるファクタリング契約を進めることに難色を示す人も少なくありません。

しかし面談となるとスケジュールの調整が大変であったり、そもそも地方だと面談可能なファクタリング会社に出向くことができなかったりします。

そんなとき郵送契約ファクタリングは丁度よい選択肢となり得るでしょう。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

郵送契約ファクタリング利用で契約審査などがスグにできる

郵送契約ファクタリングでは基本的に利用者がファクタリング会社に必要となる資料をすべて郵送することで契約審査が始まります。

そのため手数料や必要となる資料の種類などは事前に自分自身で調べておくことが大切になります。

郵送だけで完結させたいとしても、事前調査の段階ではやはり電話やネットを使って情報を収集することは必須となってきます。

ただし郵送契約を受け付けているファクタリング会社の中には紙の資料請求に応じてくれるところもあるので、電話やネットがどうしても苦手という場合には紙の資料請求をして折り返し必要書類を送るという郵送でのキャッチボールを行うようにするといいでしょう。

審査に必要な書類がファクタリング会社に届くと本格的な利用審査が始まり、通常は数日以内にファクタリング利用可否の回答が送られてきます。

この回答に関しては、まずファクタリング会社側から電話連絡があったのち契約書類が郵送されてくるのが一般的です。

郵送契約ファクタリングでは、この本契約書類をまた送り返さないと正式な契約成立とはならないため注意しましょう!

郵送契約ファクタリングはネット契約よりミスは少ない

郵送契約ファクタリングは他の契約方法と比べると、メリットとデメリットが明確に分かれています。

最大のメリットはやはり紙の資料をゆっくり自分のペースで作成できる点にあります。

面談や電話ではリアルタイムで説明を聞きながら準備を進めることになるため、どうしても自分の思ったような形で契約を進めることは難しくなります。

ネットを使う形でも自分のペースは保つことが可能ですが、そもそもネットやパソコンに不慣れだとペースを守るどころではないでしょう。

またネット契約だと慣れている人であってもどうしてもミスや資料の散逸が増える傾向にあります。

経営の命運を握るかも知れないファクタリングによる資金調達を確実に実現させるには、資料と向かい合ってじっくりと計画を進める余裕があった方がいいのは間違いありません。

郵送契約ファクタリングならそうした時間と心の余裕を作りやすくなるため、たとえ面談など他の契約方法を採用できる場合でも敢えて郵送契約ファクタリングを利用する選択肢も十分にあり得るでしょう。

郵送契約ファクタリングの資料が届くまでに数日かかる

契約までに時間をかけられるという郵送契約ファクタリングのメリットは、デメリットと表裏一体になっています。

ファクタリングの資金調達が必要になるケースでは、一刻も早い契約成立が求められることも多くなるからです。

郵送契約ファクタリングを利用すると、こちらから送った資料が相手側に届くまでにも数日がかかってしまいます。

その上で会社側で審査が行われ、本契約用の資料が送付され、それを受け取って間違いがないように記入してまた郵送するわけですから、郵送契約ファクタリングでは最初の申し込みから現金が振り込まれるまでには少なくとも数日はかかる計算になります。

繁忙期になると数週間かかってしまうことも珍しくないので、郵送契約ファクタリングはある程度スケジュールに余裕のあるタイミングでないと使えない契約方法と考えておく必要があるでしょう。

また会社の財務状況を記した重要資料を郵送で何往復もさせることにはセキュリティ上の問題も存在することは忘れないようにしましょう。

郵送契約ファクタリングが向いている人とは?

郵送契約ファクタリングを利用するべき人とは、ファクタリングを緊急事態の回避ではなく計画的なマネーフローに用いることを考えている経営者となります。

急な資金繰りの悪化を食い止めるといった目的ではなく、先の設備投資を見越して現金を多めに確保しておきたいといった状況において郵送契約ファクタリングは一番の力を発揮するといえるでしょう。

特に面談でのファクタリング相談が難しい地方で経営を行っている人は、郵送でしっかり資料を揃えて契約を進めることで逆に時短に繋げることもできます。

面談可能なファクタリング会社が近くにある場合は直接資料を持ち込んで面談しながら契約を進めた方が早いので、この辺りは自社の地理的条件との兼ね合いで判断していくようにしましょう。

また最近はネット専用のファクタリング会社も増えていますが、郵送契約ファクタリングを受け付けている会社の方が基本的に規模が大きく安心感がある点も見逃せません。

面談必須な大規模ファクタリング会社を利用するほどではないがネット専用の小さな会社は避けたいといった際は、郵送契約ファクタリングの実施状態を目安に会社選びをするのもおすすめです。

郵送契約ファクタリングをするなら入念な計画をしてから利用したい

郵送契約ファクタリングは資料を郵送することでファクタリング契約を進める方法の総称です。

郵送契約ファクタリングの利用が特に向いているのは以下のような状況に置かれた経営者になります。

・地方にいて面談が難しい
・電話では自分のペースで契約を進められるか不安
・ネットの扱いに慣れていない
・現金振り込みが必要な締切日まで余裕がある
・大手とネット専用の中間くらいのファクタリング会社を選びたい

こうして条件を挙げていくと郵送契約ファクタリングはかなり限定的なシチュエーションで効果的となる契約方法ともいえるでしょう。

しかし、だからこそ条件に当てはまる人にとっては絶妙な選択肢となります。

特に地方で営業している中小企業経営者や個人事業主はこうした条件に当てはまる可能性が高いので、ファクタリング利用を検討している際は郵送契約についても調べておくといいでしょう。

ただし郵送契約ファクタリングを利用するときは郵送した会社資料の流出には十分に注意することも求められます。

郵送契約ファクタリング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次