PR

ファクタリングアプリのニーズが高まりつつあるAPIの提供も今後は広がる可能性

ファクタリングアプリのニーズが高まりつつあるAPIの提供も今後は広がる可能性

ファクタリングアプリとはファクタリングをスマートフォンやタブレットのアプリを通して利用できるサービスです。

ファクタリングによる資金調達をする際にアプリを使えると他のサービスと比べてメリットがあるのでしょうか。

この記事ではファクタリングアプリと他のファクタリングの違いを解説します。

ファクタリングアプリのメリット・デメリットも詳しく解説するので、利用すべきかどうかをぜひ考えてみてください。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

ファクタリングアプリと対面のファクタリングの違い

ファクタリングは対面でファクタリング会社に相談するのが一般的でした。

近年では対面で相談しなくても利用できるサービスも登場していますが、対面で十分に打ち合わせをして審査を受けるのが昔から主流です。

対面のファクタリングとファクタリングアプリの違いとして最も大きいのは、オンライン完結で利用できるかどうかです。

対面のファクタリングではファクタリング会社のオフィスを訪問したり、自社のオフィスに訪問してもらったりしなければなりません。

綿密に打ち合わせをして必要書類を整え、審査を受けて売掛債権を買い取ってもらうという流れになります。

2社間ファクタリングも3社間ファクタリングも利用可能で、依頼先によって対応状況が異なります。

一方、ファクタリングアプリでは2社間ファクタリングが基本で、オンライン完結のサービスになっているのが特徴です。

ファクタリング会社と対面する必要もなく、全国各地のどこからでも気軽に利用できます。

ファクタリングアプリとクラウドファクタリングの違い

ファクタリングアプリはクラウドファクタリングと何が違うのかはよく疑問に思われている点です。

クラウドファクタリングもオンライン完結で利用できるサービスで、インターネットを通じて登録をしたら審査を受けて売掛債権を買い取ってもらうという流れになっています。

ファクタリングアプリと同様に2社間ファクタリングが一般的で、審査も速く、全国各地で利用できる点も同じです。

ファクタリングアプリとクラウドファクタリングで異なるのは、スマートフォンに最適化されたアプリを使えるかどうか? 他のアプリとの連携をしやすいか?どうかです。

クラウドファクタリングは一般的に独立したサービスとして提供されています。

しかし、ファクタリングアプリでは請求書作成アプリなどと連携している場合がほとんどです。

請求書情報の入力する手間がかからず、請求書を指定して申し込むだけで簡単に現金化ができます。

ファクタリングアプリなら少額の資金調達で使いやすい

ファクタリングアプリは連携しているアプリをもともと使用しているなら簡便に資金調達に使えるのがメリットです。

会計アプリやインボイスアプリを利用していてファクタリングに対応していたら、簡単に売掛債権を買い取ってもらえます。

これからアプリを使って会計作業の効率化などを進めたいと思っているときにも、同時に導入するのは合理的でしょう。

また、ファクタリングアプリは簡便さを重視しているため、基本的に少額からファクタリングに対応しています。

1万円くらいから対応していることが多く、少額の資金調達で使いやすいのがメリットです。

多くの場合には即日審査で迅速な資金調達ができます。

アプリによって使い方には違いがありますが、個人事業主でも法人でも気軽に使えて調達スピードが速いのがファクタリングアプリを選ぶ魅力です。

ファクタリングアプリはまだ数が少なく連携に弱いところがある

ファクタリングアプリのデメリットは選択肢が少ないことです。

アプリとして開発・提供されている製品はまだかなり数が少なくて、連携によるメリットを受けられるケースもあまりありません。

本来使用していたアプリがファクタリングに対応したなら使いやすいでしょう。

しかし、他の会計ソフトを使っていたときに別の会計アプリに乗り換えて、ファクタリングアプリも使えるようにすることにメリットがあるかどうかは慎重に考えなければなりません。

ファクタリングアプリが使いやすかったとしても、会計アプリの方が使いづらい場合もあり得るからです。

連携できなければクラウドファクタリングを利用すれば十分と考えることもできます。

APIの提供によってファクタリング機能を搭載したアプリが登場するようになり、今後は選択肢が増えていく可能性があるのは確かです。

現状としては使いやすさをよく考えて使うべきかどうかを判断する必要があります。

ファクタリングアプリはスマホやタブレットで使えるから便利

ファクタリングアプリはスマートフォンやタブレットを利用してオンライン完結で売掛債権を買い取ってもらえるサービスです。

請求書や会計に関連するアプリと連携しているのが一般的になっています。

もともと利用していたアプリと連携しているファクタリングアプリならすぐに使えて便利でしょう。

新たに請求書作成アプリなどを導入したいと考えているときにも、ファクタリングによる資金調達をしやすくなるので連携しているアプリを選ぶとメリットがあります。

ただ、現状としては選択肢が少ないのがファクタリングアプリのデメリットです。

今後は選択肢が増える可能性もあるので、まだ使いやすいアプリがない場合にもアンテナを張っておきましょう。

ファクタリングアプリは基本的に、クラウドファクタリングと同様に簡便な2社間ファクタリングを利用できるのが特徴です。

迅速な資金調達に使えるので活用を検討してみましょう。

ファクタリングアプリのニーズが高まりつつあるAPIの提供も今後は広がる可能性

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次