PR

通帳なし電話なしでファクタリングを利用したいけど実際に可能なんでしょうか?

ファクタリング 通帳なし 電話なし

ファクタリングの利用を検討している方の中には、通帳なしでファクタリングを利用したいと考えたことがある方もいるかと思います。

通帳を利用せずにファクタリングができれば法人口座の情報を知られることはありませんし、大切な会社の財務情報が外部に漏洩することもありません。

通帳なしのファクタリングは可能なのでしょうか?

またファクタリングを利用する際には電話でのやりとりが行われることが一般的ですが、この電話のやりとりもできればやりたくないと考えている人も多いと思います。

ファクタリングを利用するにあたって、電話をせずにすることは可能なのでしょうか?

それぞれについて考えてみたいと思います。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

ファクタリングで通帳なしは実際に賢い選択ではない!

結論から最初に言ってしまうと、通帳なしでファクタリングを利用することは難しいかもしれません。

どういうことかというと、通帳なしでファクタリングの審査を受けると、通常よりも審査時間が長引く可能性が高いからです。

通帳なしの場合には審査に必要な情報が不足してしまうため、しっかりと調べるために 長い時間が必要になります。

急ぎで現金を調達するための手段がファクタリングですから、審査に時間がかかってしまいお金がなかなか振り込まれないということが起こってしまうと、ファクタリングを利用する意味がなくなってしまいます。

それでも最終的に利用できればまだ良い方で、審査に落ちてしまった場合には長い時間待ったあげく資金を調達できなかったと言う最悪のパターンになってしまいます。

このような意味で通帳なしでファクタリングを利用するのは現実的で賢い方法とは言えないでしょう。

ファクタリングの通帳で売掛先の信用力をチェックする

そもそもどうしてファクタリングを利用する時に通帳が必要になるのでしょうか?

それは売掛先の信用力をチェックするためです。

毎月月の支払い実績を確認し、きちんと支払いが行われているかどうかをチェックするなら 通帳が1番確実で間違いがありません。

もし、毎月支払い期限を過ぎている売掛債権があるようなら、その売掛先の信用力は低いと判断されます。

またファクタリングを利用するときの審査では、売掛先と取引がスムーズに実行されているかも評価の基準になります。

信用力の高い売掛先としっかりとした取引が行われていれば、債権の評価もグッと高まります。

「そんなのは基本契約書や請求書を見ればいいんじゃない?」と思うかもしれませんが…

実際にお金が動いた証拠となる通帳があればさらに説得力が増します!!

ファクタリングは詐欺被害に遭わないように入念な調査が必要になる

さらにファクタリング会社は、売掛金が本当に実在するかの確認も行う必要があります。

実在しない売掛債権を持ち込むような「架空債権」に引っ掛かってしまったり、すでに売却済みの売掛金を持ち込まれる「二重譲渡」が絶対にないとは言い切れません!

もしこのようなトラブルに巻き込まれてしまえば、ファクタリング会社は大きな損失を被ってしまうことでしょう。

ファクタリング業者は詐欺被害に遭わないため、実際に売掛金と売掛先が存在するかをチェックします。

またそれらの支払いが期日に問題なく取引が行われているかを知り、審査の合否を判断するというわけです。

ファクタリングで電話なしで利用する業者が少数しかいない

それではもう一つの問題である「電話なしでファクタリングを受けることができるのか?」について考えてみましょう。

実際のところ、電話なしでファクタリングを受けてくれる業者はないわけではありません。

しかし今のところ電話なしでファクタリングを受けてくれる業者はそれほど多くありません!

ファクタリング業者としても安心した取引をするために電話による会社の所在確認は行いたいと思っているからです。

ただし最近では電話による確認を嫌がる業者も増えてきたため、その他の方法で所在確認をしてくれるようなフレキシブルな対応をしてくれるところも増えてきつつあります。

ファクタリング業者も生き残りが厳しくなってきているため、他の業者にはないサービスを提供する努力を続けています。

通帳は会社の財務状況をチェックするために絶対に必要なものなので、通帳のチェックなしで利用できる業者はありませんが、 電話による在籍確認であれば他の方法で代替することができるので、違う方法で対応してくれると思っておけば良いでしょう。

またホームページには「電話による在籍確認なし」と記載されていなくても、個別に問い合わせをすると対応してくれるところもあるので、まずは電話で確認してみることをお勧めします。

ファクタリングの通帳なし!電話なし!で行うのは現実的に厳しいかも

ファクタリングを利用するにあたり、プライバシー保護のために通帳なしで、または電話なしで利用したいと考えるのは不思議なことではありません。

できるだけ個人情報は渡したくないというのは現在ではとても大切なことです。

しかしファクタリング業者も、あなたの会社が安心して取引できるかどうかをチェックする必要があり、基準を満たさなければいけません。

そういった意味では、通帳の確認と電話による確認はある意味仕方がないシステムとも言えるでしょう。

通帳なしでファクタリングを利用することはあまり現実的ではありませんが、電話なしなら対応してくれる業者はそれなりにあります。

ファクタリング 通帳なし 電話なし

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

マネオのアバター マネオ サイト運営者

【マネフレ】でクレジットカード現金化の仕組みや実際にクレジットカード現金化業者を利用した体験談など初心者から上級者まで誰にでもわかりやすく書いています。

目次