ファクタリングは中小企業の資金調達方法として経済産業省が推進しています。中小企業庁を通して中小企業の活性化を進めているからです。下請けが多い中小企業にとって売掛債権は有用な資産なので有効活用すべきでしょう。経済産業省としては融資にこだわらずにファクタリングで資金調達をするのが合理的だと考えています。

ファクタリングは経済産業省が推進している!理由をわかりやすく解説!

ファクタリングは経済産業省が推進している!理由をわかりやすく解説!

ファクタリングは経済産業省によって推進されています。

国の機関が一般的なサービスを積極的に推奨して情報発信をすることはあまり多くはありません。

むしろ注意喚起をして利用を抑制する動きを強めることが多いでしょう。

ファクタリングについても注意喚起がおこなわれていますが、利用については推進されています。

ファクタリングを経済産業省が推進する理由とは何かを詳しく解説するので参考にしてください。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

経済産業省には経済を回す基盤を作る役割があるから

ファクタリングが経済産業省によって推進されているのは、国の機関として経済を活性化する役割を担っているからです。

経済を回すためには企業による活動を促進することが貸せません。

企業が新しい商品やサービスを開発して市場に提供し、消費者が積極的に購入する流れを安定させることによって経済が回るようになります。

企業としては新製品の開発をしたり、既存商品の増産をしたりしたいという希望を持っていることがよくあります。

しかし、資金の問題で商品開発や設備増設に投資できない場合が多いのが現状です。

ファクタリングは早期に売掛金を現金にして事業に活用できるようにすることができるサービスです。

企業が資金を調達して積極的に事業を進める手段として優れています。

そのため、経済産業省としてはファクタリングによる資金調達を推進して各社に事業を進めさせようと努力しています。

経済産業省には中小企業庁があるから

経済産業省がファクタリングを推進するのは中小企業庁があるのも理由です。

中小企業庁は中小企業の支援や活性化を主な目的として運営されている省庁で、中小企業の経営に役立つ情報の発信や支援制度の確立などのさまざまな角度でサービスを作り上げてきています。

日本では昔から経営している中小企業の数がたくさんあります。

中小企業は大手企業とは違って全国シェアを持っているとは限りませんが、地域経済において欠かせない役割を果たしていることが多いのが特徴です。

ニッチを埋めるサービスを提供しているケースも多いため、支援をして経営を続けられるようにすることが重要と考えられています。

資金的な基盤が大手に比べると弱い、中小企業では資金繰りが問題になりがちです。

ファクタリングは資金繰りの改善に有効な方法ですが、銀行融資などに比べると知名度が低いのが問題です。

そのため、経済産業省では中小企業庁を通して認知向上の取り組みを進めています。

中小企業にとって売掛債権は有用な資産だから

中小企業ではBtoCのビジネスに特化しているケースもありますが、大半の中小企業はBtoBのビジネスをしています。

下請け企業として材料や部品製造をしたり、原料の加工をしたり、ビジネスに使えるITサービスを提供したりするなど、ビジネスの形はさまざまです。

ただ、BtoBのビジネスでは商品の販売やサービスの提供をした時点ですぐに現金を手に入れられるわけではありません。

一般的には支払いサイトが設けられていて翌月または翌々月の請求書払いになっています。

そのため、資金調達のタイミングが遅くなってしまい、事業を進めにくいというのは経済産業省の中小企業庁も指摘している点です。
BtoBビジネスをしている中小企業にとって売掛債権は貴重な資産です。

納品を終えていれば支払いがあるのはほぼ確定しているからです。

ファクタリングは売掛債権を売却することで資産価値を生かせる方法なので推奨されています。

ファクタリングなら融資を断られても資金調達が可能だから

経済産業省がファクタリングを推奨しているのは融資とは関係がない資金調達方法だからです。

銀行などの金融機関から融資を断られたとしても、ファクタリングによって資金調達をすることは可能です。

融資では企業の信用情報と、融資した結果によって事業が進んで利益が増えることが重視されます。

多額の借り入れをしていたり、税金の滞納があったりすると信用情報が問題になって融資を受けられません。

融資を受けた資金の使途を明確にして予算計画を示し、期待される利益を伝えて納得してもらえなければ審査落ちになります。

しかし、ファクタリングは売掛債権をベースにするので信用情報や今後の事業についてはあまり大きく考慮されません。

融資での資金調達は中小企業にとっては敷居が高く、なかなか審査が通らないという問題があります。

ファクタリングなら資金の悩みを解決できる可能性があるので、経済産業省によって推進されています。

ファクタリングの経済産業省に関する質問Q&A

経済産業省がファクタリングを推奨しているって本当?
本当です。実際に資金調達方法の一つとして推奨を行っています。
なぜ経済産業省がファクタリングを薦めようとしているのでしょうか?
不動産担保が不要な資金調達法なので、中小企業者が不動産担保に過度に依存するのを防ぐのが目的です。
経済産業省の売掛債権担保融資保証制度って?
売掛債権による資金調達について信用保証協会が保証を行うものです。
経済産業省でファクタリングできない売掛金ができるようにしてくれる?
強制力はありませんが、売掛債権の譲渡を禁止する特約を解除することを推進しています。
経済産業省あての売掛金もファクタリングできる?
できます。官公庁向けのファクタリングが可能な会社は少なくありません。

ファクタリングと経済産業省の関係のまとめ

ファクタリングが経済産業省によって推進されているのは、融資とは異なる資金調達方法の認知度を高めて、企業が経済を回せるようにするためです。

特に経済産業省には中小企業庁があるので、中小企業を支援する目的もあります。

ファクタリングは売掛債権をベースにする取引で、信用情報や将来の利益性を重視する融資とはまったく性質が異なります。

融資を断られたケースでもファクタリングを利用できる可能性があります。

また、ファクタリングは融資とは同時に利用することも可能です。

ファクタリングによる資金調達を念頭に置くことで企業は事業戦略を広げられます。

経済産業省は経済を回し、産業を発展させるのが役割なので、ファクタリングを推奨して企業に積極的な事業展開を求めています。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリング 経済産業省】関係性と融資の関連性も丁寧に紹介!…でした。