最近の銀行のカードローンには便利な自動融資の機能がついています。自動融資の機能やメリットについて解説しています。またデメリットについてもきちんと説明していますから、しっかりと理解した上で利用することを心がけましょう。便利が故に使いすぎてしまうリスクもありますが、上手に使っていればあなたの生活を助けてくれるのは間違いないでしょう。

便利な自動融資を口座に現金がない!滞納や未納防止など積極的に利用したい

自動融資とはATMを利用した引出しをするときや公共料金やクレジットカードのお引落しの際に、預金口座の残高を超えてしまった場合に足りない分をカードローンによって賄うことができるサービスです。

普段しっかり口座の金額を確認したとしても、つい使いすぎてしまったりして引き落としができないといったトラブルを経験したことがある人も多いはずです。

もし引き落としができなかった場合いろいろなトラブルに発展してしまうのですが、自動融資機能が付いていればこのトラブルを事前に防ぐことができるのです。

借りたお金はしっかりと期日内に返済すればいいので、忙しい現代人にとってはぴったりのサービスと言えるでしょう。

最近この自動融資機能が付いているカードローンがどんどん増えていますので、積極的に利用していきたいですね。

自動融資①

便利な自動融資の機能を利用するためにはどうしたらいいでしょうか。

まずはカードローンを利用するときに自動融資機能が付いているものを選びましょう。

そうすれば残高が足りなくなってしまったときは特に手続きをする必要もなく、自動的に自動融資が実行されますからいざと言う時に非常に便利です。

れから利用しようと考えているカードローンに自動融資があるかどうか、申し込み前にはしっかりと確認しておきましょう。

また銀行カードローンは 申し込みをしてからすぐに利用できるわけではありません。

銀行のカードローンを契約するまでにかかる日数はおよそ1週間程度かかる場合があるので、自動融資を利用したい場合は、カードローンの申し込みタイミングにも気をつけておきたいですね。

自動融資②

自動融資のメリットは口座に現金がない時に勝手に補充してくれることだけではありません。

自動融資は キャッシングでありながら、手続きをする必要がありません。

そのため第三者に融資を利用していることがばれる心配もありません。

窓口やATMでカードローンを利用していると「もしかしたら利用していることを誰かに見られてしまうかもしれない」という心配がつきまといますが、自動融資では、窓口やATMへ行かずにキャッシングできます。

そのため「お金を借りていることを絶対に誰にもバレたくない!」という人は、この自動融資をうまく活用すると良いでしょう。

消費者金融の自動借入機を利用するのに抵抗がある人にもオススメできるサービスです。

自動融資③

自動融資のメリットは他にもあります。

自動融資のサービスがあれば、クレジットカードなどの返済を忘れる心配がありません。

万が一クレジットカードの返済ができなかった場合、滞納や未納により信用記録に傷がついてしまう可能性があります。

これをクレジットヒストリー(クレヒス)と言いますが、クレヒスに傷があると、クレジットカード審査やカードローン審査に落ちてしまうこともあります。

この自動融資があればクレジットカードの支払いや返済忘れの心配をする必要がないため、クレヒスに傷を付けてしまうデメリットも避けることができるわけです。

このように非常に便利な自動融資機能ですが、デメリットは無いのでしょうか。

次はデメリットについても解説していきたいと思います。

どんなデメリットがあるのかしっかりと把握していれば事前に手を打つことができるのでトラブルに発展する前に解消することができるはずです。

自動融資④

まず自動融資ですが、消費者金融のカードローンでは利用することができません。

カードローンの自動融資は銀行口座を利用して行われるのがその理由です。

つまり自動融資をしてほしい銀行の口座に紐付いているカードローンを利用する必要があるため、銀行系のカードローンを利用しなければいけないと言うわけです。

消費者金融と比べて銀行系のカードローンは審査が厳しい傾向にあるため、もしかしたら人によって審査を通過できない可能性があり、利用できないかもしれません。

さらにカードローンの返済自体が遅れている場合は、追加融資をしてもらうことはできません。

よって自動融資も利用できなくなってしまいます。

つまりクレジットカードや光熱費の返済忘れは自動融資でフォローすることができますが、そもそものカードローンの返済を忘れてしまうと自動融資は実行されません。

それだけではなく自分のクレヒスに傷をつけてしまうことになるので、カードローンへの返済はくれぐれも注意しておきましょう。

最後に使い過ぎにも気をつけましょう。

自動融資はとても便利なサービスですから、思わず使い過ぎてしまっていることがよくあります。

銀行口座へ入金をを忘れて気がつかないうちに自動融資を使い続けてしまうと、気がつかないうちに借金がどんどん膨らんでしまうリスクを孕んでいます。

最終的に返済しなければいけない借金が高額になってしまうと返済できなくなり、自己破産してしまうケースもあるでしょう。

便利なのが非常にメリットの自動融資ですが、その便利さにあぐらをかいていると思わぬところで足を救われる可能性があるのです。

自動融資 現金化

この記事では自動融資について解説してきました。

自動融資を上手に利用すれば現金化することも可能です。

もし現金がなくなってしまった場合にはこの自動融資を使って現金化をすれば、余裕のある生活を送ることができるでしょう。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ

以上、【自動融資】機能を上手に活用すれば口座引き落とし締切トラブルを回避できる…でした。