「カードローン」と「現金化」は何が違うの?とギモンに思う人は多いですよね。カードローンとひとくくりで言いますが、銀行系や消費者金融系など、いろいろな会社がサービスを行っています。このコンテンツではカードローンの仕組みや審査に通りやすくなる方法または現金化との違いなどを徹底的に解析してご紹介していきますよ

カードローンの仕組みと審査に通りやすくなる方法を解析または現金化との違いを追求

カードローンに関する詳細情報

カードローンとクレジットカード現金化の違いを比較・検証する

カードローンとは

カードローンにキャッシング、消費者金融、そして現金化。

お金に関する業種は沢山存在しすぎて違いがよくわかりませんよね。

そこで今回はカードローンについて詳しく説明するとともに、カードローンのサービスと現金化サービスの違いに焦点をあてながら徹底的に検証していきます。

カードローン?仕組みや現金化との違いは?

「カードローン」とはいったいどんな仕組みのサービスなの?

カードローンというのは専用のカードを使用して、無担保でお金の借入ができるサービス。

指定のATMや現金自動支払機から、融資や返済を行います。

保証人を立てる必要がないので、個人の年収や信用情報により利用可能。また利用目的が決められていないのも特徴です。

また、カードローンの大きな特徴は、融資枠内であれば借入と返済を自由に繰り返せること。

そのため、返済日を前倒ししてお金を返すこともできます。

現在のところ、カードローンには銀行系、消費者金融系、信販系があります。

銀行系カードローンは総量規制の制限を受けないため、高額な借入をする際に便利。銀行の信頼性に安心する人も多いようです。

金利も他のカードローンに比べて低めに設定されています。

ただし審査に時間をかけるため、急いでいる人にはデメリットもあるようです。

まだまだある銀行系、消費者系、信販系カードローンの違い

消費者金融系のカードローンは、即日融資など対応した素早さが最大の特長。

審査と融資が迅速に行われるため、今すぐお金が欲しいフリーターにも人気です。

総量規制の制限を受けるため、全融資額が年収の3分の1を超えない範囲で貸付を行います。

また無利息期間が設けられている会社もあるので、すぐに返済を考えている人には有利と言えるでしょう。

金利は銀行系に比べて高めに設定されています。

信販系は銀行系に比べると、審査基準が緩めに設定されているといわれています。

借りやすい分金利が高いので、長期間利用したいと考えている人は注意が必要です。

カードローンを利用する際のメリットとデメリットを把握しておこう

カードローンのメリットは何といっても借りやすいこと

住宅や自動車ローンのように借入時に用途が限定されておらず、保証人や担保を用意する必要もありません。

返済にリボルビンング方式が採用されていることが多いので、毎月の支払額も一定で計画的に返済しやすいのです。

また審査スピードがはやく、コンビニATMを利用して融資枠内で自由に借り入れと返済ができます。

一人一人の生活スタイルに見合った利用ができるのが魅力なんです。

一方でこの便利さがデメリットになる場合も。

金利が高く、借入を繰り返すと返済が長期にわたることもあります。

また、審査を受けたことが信用情報機関の履歴として残ります

審査に通りやすくなる方法は実際のところあるのか

会社によって審査基準にばらつきがあることは否めませんが、審査に通りやすくなるためには審査の内容について理解しておくことが必要です。

申込をした人が住所のある家に住んでおり連絡が取れるか、お金の返済能力があるのかを見るのが審査の目的。

一番簡単なのは、嘘の情報を書かないことと、固定電話があればその番号を書くことです。

信用度を上げたいがために年収や収入、勤務先、他社からの借り入れ金額など見栄を張りたくなりますが、しっかりと正直に記入するようにしましょう。

総量規制とは?カードローン利用者を保護するしくみと対象外の条件

カードローンと現金化サービスはどう違う?真実を一挙公開!

カードローンと他の貸付サービスとの違いはなに?

カードローンは保証人や担保を必要とせずに、個人の年収や信用情報でお金の借入ができるサービスです。

ATMや自動支払機を使って融資や返済を行えるので、手軽に利用できるのも人気。

住宅や車など、利用目的が決められていないので自由にお金を使えるのが特徴です。

また、融資の枠内額であれば借り入れと返済を何度でも繰り返せます。

返済日を前倒しして返済も可能。

カードローンは銀行系や消費者金融系が現在の主流

銀行系は貸付金額に法的な規制がないので、高額な借入を希望する人には便利。

銀行が融資するという信頼性を高く評価する利用者も多いようです。

また金利も消費者金融系に比べて、安く設定されています。

一方の消費者金融系は融資額に制限はありますが審査スピードが速く、無利息期間を設けている会社も。

すぐにお金が必要で返済も早めに行える人には、メリットが多いといえるでしょう。

モアタイムシステムで今後の現金化が変わるのか?メリットデメリットを紹介!

現金化とはクレジットカードの現金化を指す場合が多い

人気の現金化というと、使わない商品を換金するサービス全般のことを言いますが、最近はクレジットカードのキャッシュ枠を現金化するサービスについて、こう呼ばれることが多くなりました。

クレジットカード現金化は業者のサイトや電話、メールなどから利用を申し込みます。

指定の商品をカードで購入すると、お店の換金率にのっとった金額が手数料をひかれて利用者の口座に振り込まれます

現金化の方法は業者が商品を還元率にみあった金額で買い取る「買取方式」と、業者のサイトで買い物をした商品のキャッシュバックをする「キャッシュバック方式」があります。

24時間申込受付を行っている会社も多く、申込から振込完了まで早ければ1時間足らずのところもあるようです。

ネットバンキングで口座を所有している人は、土日祝日や営業時間を気にせずに入金確認ができるという利点もあります。

現金化とカードローンの決定的な違いはコレだ!

クレジットカード現金化とカードローンの決定的な違いは業種です。

クレジットカード現金化業者は利用者が所有している商品に対してお金を用意する「古物商」

お金の融資を行う「貸金業」ではありません。

対するカードローンは貸金業なので、この業種の違いはお金を用立てる手順やスピードにも大きく影響します。

貸金業の場合は、融資にあたって利用者に返済能力があるかどうかを審査します。

個人情報の記載に偽りが無いか、また連絡を取れる環境か、勤務先や勤続年数、資産の有無や事故履歴について調べます。

カード―ローンの会社から勤務先へ、確認電話を入れる場合もあります。

これだけの情報を丁寧に審査しますので、早いといってもある程度の時間はかかります。

一方の現金化などの仕組みについてこのような審査はありません。

個人情報に誤りが無いか、クレジットカードの不正利用が行われていないかを確認するのみ。

スピード対応の秘密はここにもありそうです。

情報機関に借入履歴が残らないのも現金化のメリット

消費者金融やカードローンで借入審査を行うと履歴が残ってしまいます。

こういった履歴に対してナーバスになる人たちが、現金化サービスの顧客が増える一因を作っているとも言われています。

現金化のサービスはお金の借入ではありませんから、何度利用しても情報機関に借入の履歴が残ることはありません。

また、現金化はショッピング枠を上限とした利用が前提となるため、莫大な借金がかさむ心配もありません。

とはいえ逆に考えれば、一度に多額のお金を用立てなければいけなくなった人にとっては、銀行系のカードローンは便利。

いずれにしても自身の返済能力に見合ったお金の使い方をするのが、一番大事ということですね。

複数の借金を現金化で一本化する流れも出てきている

複数の借入を現金化で一本に整理金融法が変わって多重債務問題は解消されつつある世の中ですが、依然として複数の金融業者からお金を借りる風潮はあります。

しかし多数の会社から融資を受けていると、どの会社にどれくらいの返済が残っているのかがわからなくなってしまいます。

利率もそれぞれですし支払い先や支払い方法、支払日、支払い金額など、一人で全部管理しようとすると混乱してしまいますね。

そこで近年増えてきているのが、複数の借入を現金化で一本に整理すること。

複数の借入を現金化によって返済し、クレジット支払いのみに絞ることで毎月の支払額がクリアになります。

クレジットカードは年利が少ないので、支払いが長期にわたった際にも利息を抑えることができます。

不要な出費は極力抑えたいもの。特にお金に関するマネープランは賢く活用するに越したことはありません。

【2021年度】簡単カードローン審査OKのオススメ業者はコチラ

サイト名実質年率審査時間融資時間借入限度額
みずほ銀行年2.0~14.0%800万円
三菱UFJ銀行1.8~14.6%500万円
プロミス4.5~17.8%最短30分最短30分500万円
アコム3.0~18.0%最短30分最短1時間800万円
モビット3.0~18.0%10秒簡易審査最短即日800万円
アイフル3.0~18.0%最短30分最短1時間800万円
レイクALSA4.50~18.00%最短15秒審査最短60分500万円

給料日前にお金が必要になったらコチラ

無担保ローンは金利が高い?限度額にも注意が必要な理由は

無担保ローンは担保がなくても申し込みが可能ですが、金利が高いというデメリットがあります。

限度額が少なめに設定されているのも特徴で、貸し手のリスクが高い分損失が出ないように工夫されているのです。

無担保ローンは担保がなくても申し込みが可能ですが、金利が高いというデメリットがあります。

限度額が少なめに設定されているのも特徴で、貸し手のリスクが高い分損失が出ないように工夫されているのです。

注意したいのはキャッシング枠の少なさです。

金利の高さなどから無担保のキャッシングは限度額が厳しくされているケースが多いのです。

キャッシング機能つきのクレジットカードの場合はショッピング枠のほうが限度額が大きく、キャッシング枠は少ないケースが多くなっています。

土地などの担保が不要なのが無担保ローン


無担保ローンは土地などの不動産、金融資産といった担保が不要なローンを指します。質屋の質も担保の一つで、質入品はお金を返すことで手元に戻ります。

期限までに支払いができなければ質屋に所有権が譲渡されるため、質屋が自由に処分できるようになるのです。

クレジットカードや消費者金融のキャッシングは基本的に無担保ローンに分類されます。ビジネス系のカードが分類されることもありますが、資産を担保にしないことが共通しています。

担保にできる資産がなくても借入ができる一方で、金利が高いなどのデメリットがあるのが特徴です。

金利が高くなるのは、お金を貸す側の貸し倒れリスクが高まるためです。貸し出すお金の金額が上がるほどリスクが高くなるため、事前に審査をするなど工夫をすることになります。

病気や事故などで回収が困難になることもあるため、貸す側もリスクとして金利に織り込む必要があるのです。

気軽に借りられる分、借り手の感覚が麻痺しやすいのもポイントで、計画的な返済が必要になります。

無担保ローンで限度額以上にお金を借りることはできる?

無担保ローンは借入が厳しく制限される傾向があり、収入が低いほど審査が厳しくなります。

30万円程度であればアルバイトやパートであっても申し込める可能性がある一方で、それ以上の金額になると審査が通らない可能性が高まります。

特に銀行系のローンは審査が厳しい傾向があり、消費者金融などになると審査が通りやすくなります。

銀行は貸し倒れのリスクを警戒する傾向が強く、消費者金融は貸し倒れのリスクをある程度織り込んで積極的に貸す傾向があるためです。

収入が限られる中で無担保ローンを限度額以上に借りる方法はいくつか存在します。まず、クレジットカードなどの限度額を一時的に増額する方法です。

引越し用途など、用途を申告した上で審査をパスすれば、一時的に借入枠を増額できる場合があるのです。注意点は、あくまで一時的な増枠であり、計画的な返済が求められることです。

もう一つの方法が複数のキャッシュカードやクレジットカードを作る方法です。1枚1枚の借入上限額が少なくても、複数の借入をすれば実質的な借入額を増やせます。

ただし、短期間に集中してカードを申し込んだ場合は審査が落ちやすくなるなど、注意点も多いのです。

💴緊急でお金が必要になったらコチラ→かんたんキャッシュ

無担保のクレジットカードは現金化が可能?


キャッシング枠付帯のクレジットカードは、限度額が少なめに設定されていることが多くなっています。

ショッピング枠の方が金利が少ないことから、ショッピング枠を何とか現金化できないか考える人もいます。

結論から言えば現金化は可能ですが、デメリットが存在することにも理解が必要です。

まず、クレジットカードのショッピング枠はショッピング利用のための借入枠になっています。

ショッピング以外に利用する場合はクレジットカードの利用規約違反になります。

ショッピング目的以外に利用した場合は、最悪クレジットカードの利用が停止される可能性があるのです。

ショッピング枠の現金化自体が違法なのではという指摘もあります。ただし、明確に違法だと判断することが難しく、実質的にグレーゾーンになっているのです。

現金化しても本当に現金化に使ったのかわからないケースが多いのもポイントになります。

ショッピング枠の現金化方法は単純で、商品券や家電などを購入し、金券ショップやリサイクルショップなどに売却するだけになります。

購入するものと売却する場所で金額が大きく変わるのも特徴になっています。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードワン現金化はコチラ

無担保ローンの現金化業者には注意が必要?

注意したいのは、クレジットカードの現金化業者の利用です。無担保のクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者は複数存在し、様々なノウハウが存在します。

ただし、知らずに利用すると自分で現金化したほうがプラスになったというケースも出てくるため、利用の前に知るべきことが多いのです。

クレジットカードの現金化業者の特徴は、クレジットカード会社に現金化したと悟らせないための仕組みを作っていることです。

現金化の方法がずさんな場合、利用履歴からカードが停止される恐れが高まります。

現金化業者はクレームを防ぐためにも様々な工夫を加えることが多いのです。

現金化業者を装った詐欺なども存在します。実際の業者の運営実績などをチェックし、過去に問題を起こしていないか確認することも大切です。

クレジットカードの情報を直接聞き出そうとする業者は存在しないため、詐欺の可能性が高まります。

現金化業者はあくまで古物買取という形式で、商品を指定した上で買取を行うのが一般的です。クレジットカード情報を渡して相手に購入してもらうわけではないため、混同しないようにする必要があります。

【リピート率現金化ランキング】毎回安定して店舗利用リピーター愛用

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • エージェント
    詳細はコチラ

明日のデート資金が足りなくなったらコチラ