PR

GooglePlayカードの使い方やストア内のサービスで購入する時に選べる値段など情報まとめ

GooglePlayカードの使い方やストア内のサービスで購入する時に選べる値段など情報まとめ

GooglePlayカードは、主にGooglePlayストアのサービスを利用するのに使えるプリペイドカードです。

たとえばGooglePlayストアで配信されている有料アプリの購入、電子書籍や音楽など各種コンテンツの購入、さらにゲームアプリで課金をしたい時にも使えます。

GooglePlayカードがあれば、GooglePlayストア内のサービスを利用する際の決済に使えます。

Androidスマホを使っている方にとっては、非常に便利で役立つプリペイドカードです。

GooglePlayカードの使い方について

GooglePlayカードを使うためには、カードの情報をアカウントに登録して残高に追加する必要があります。

ホーム画面からアカウントアイコンを選び、支払いと定期購入を選びます。

さらにギフト―コードの利用を選んで、GooglePlayカードのギフトコードを登録すれば残高にチャージが完了します。

残高にチャージが完了した後は、決済をする時基本的にその残高から支払いされるようになっています。

また、別の支払い方法と併用することも可能です。

ギフト券買取総合ランキングTOP3
  • ギフト券買取総合ランキングno.1
    サカナ倶楽部
    買取率93%
    振込15
    16種対応

    振込でも来店でも利用可能!

    詳細を見る
  • ギフト券買取総合ランキングno.2
    買取大和
    買取率92%
    振込30
    16種対応

    LINEお友達限定で買取率1.0%UP!

    詳細を見る
  • ギフト券買取総合ランキングno.3
    買取ラッキーセブン
    買取率97%
    振込15
    3種対応

    大口取引希望は特別レートアリ!

    詳細を見る

GooglePlayカードの値段は選べる

GooglePlayカードを購入する時は、いくらにするのか値段を選べます。

たとえばコンビニなどの小売店では、実際のカードが1,500円・3,000円・5,000円・10,000円などの値段で販売されています。

利用したい値段を選んで購入できます。

また、1,500円~50,000円の間で1円単位で値段を選んで購入できる、バリアブルカードもあります。

たとえば5,631円など端数の出る細かい値段を指定しても構いません。

GooglePlayカードの値段は、基本的に自由に選べます。

GooglePlayカードの有効期限・使用期限について

プリペイドカードには有効期限・使用期限が設けられていることもありますが、GooglePlayカードは特に期限を設けていません。

有効期限・使用期限を設けていないので「有効期限切れになる前に使わなければ!」と焦る必要は一切ないです。

無理に使う必要はないので、使いたいタイミングで使うのがベストです。

有効期限・使用期限が定められていないため、ギフトで贈ると相手に喜ばれやすいです。

500円でGooglePlayカードは買えるのか?

コンビニなどの小売店で売られているGooglePlayカードは、最低金額が1,500円からです。

ですので500円でGooglePlayカードは買えないと判断してしまいがちですが、500円で買う方法はあります。

それはdocomoオンラインショップなど、特定のオンラインショップを利用して買う方法です。

ただ、犯罪防止などの理由により、一時的に利用できない場合もあるので注意しないといけません。

特に販売を中止していない場合は、オンラインショップを利用すれば500円で買えます。

>> docomo オンラインショップ

1,000円でGooglePlayカードは買えるのか?

先ほどの項目で500円でGooglePlayカードを買えることがわかりましたが、1,000円でGooglePlayカードは同じように買えるのでしょうか。

これも500円の場合と同様に、docomoオンラインショップなど特定のオンラインショップなら買えます。

1,000円の場合は、100円~50,000円までを入力できるバリアブルコードで1,000円分のGooglePlayカードを買えます。

ただ、やはり一時的にサービスを停止している場合もあるので注意が必要です。

もしも利用できない場合は、小売店で売られている1,500円のGooglePlayカードを買いましょう。

GooglePlayカードを安く手に入れる方法について

GooglePlayカードを安く手に入れるのは難しいですが、ポイント支払いOKのサイトで購入すれば現金の支払いを抑えられます。

基本は定価で売られているプリペイドカードなので、そう簡単には安く手に入りません!

もしもどうしても安く手に入れたい場合は、ポイントを使えるサイトで購入するのがオススメです。

また、購入は自己責任ですが、オークションサイトにGooglePlayカードが安く出品されていることもあります。

その場合は安く購入できる可能性があります。

GooglePlayカードの現金化について

もしも自分では使わないGooglePlayカードを現金化したい場合は、買取サイトで買取をしてもらったり、オークションサイトに出品して現金化できます。

どのぐらいの金額になるのかはその時次第ですが、現金化ができないわけではありません。

ただ、いずれの方法を取るにせよ自己責任なので、現金化する場合は十分気をつける必要があります。

普段、GooglePlayストアを利用している場合は、現金化しないで決済に使うのが無難です。

現金化するかどうかはよく考えた上で判断しましょう。

GooglePlayカードの使い方やストア内のサービスで購入する時に選べる値段など情報まとめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

マネオのアバター マネオ サイト運営者

【マネフレ】でクレジットカード現金化の仕組みや実際にクレジットカード現金化業者を利用した体験談など初心者から上級者まで誰にでもわかりやすく書いています。

目次