各種クレジットカードの入会方法や審査基準やブランドなどの見分け方についての説明をしております

クレジットカード利用や種類など生活ライフスタイル用途に応じた使い方をしよう!

クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用方法とは

気になる項目をチェック

  • スペシャルクレジット
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • かんたんキャッシュ
    詳細はコチラ

クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用方法とは

クレジットカードで生活スタイル重視する見分け方や活用方法とは

お金の使い方や生活に役立てたいカードを選ぶ

人にはそれぞれの生活があり、お金の使い方も違うものです。
どの点を重視してクレジットカードを持つかも変わってきます。

クレジットカードの種類

お得感が欲しいカード機能を役立ててますか?

今や、クレジットの機能を活用しているカードを持っている人は多いと思いますが、目的はそれぞれです。

初心者の人向けに簡単に使えるというカードもありますし、ネット通販で役立てたいと思って使っている人もいます。

また、ポイントをしっかり貯めてお得感が欲しいという人もいれば、入会特典などで選ぶ人もいるのです。

審査不要の現金化サービスを徹底比較
クレジットカード現金化

クレジットカードの入会は難しいものですか?

クレジット機能が付いているという事で、審査が必要になるので少しだけ時間はかかってしまうものもあります。

クレジットカードの入会は難しいものですか?

けれども最短即日で入会できるカードもあるので、これもそれぞれなのです。

また、審査も電話での通話が可能だったら作れるものもあれば、収入や職場の在籍証明などを必要とするカード会社もあります。

ライフスタイルを上手く活用するブランドが分かりません

ライフスタイルでクレジットカードを上手く活用する

カードには国際ブランド、国内ブランドがあります。

これも使う人のライフスタイルでどのブランドが便利なのかが変わってきます。

海外へ行く事が多い人でしたら海外でも強いブランドがオススメです。

国内からあまり出ない人は、その中で色々なサービスがあるカード会社もあるので調べるといいでしょう。

どのようなクレジットカードが一番あなたの生活に合っていると思いますか?

自分の生活行動をクレジットカードで知る

ライフスタイルでクレジットカードを上手く活用する事ができます。

クレジットカードを上手く活用する

出勤で毎日車を使っているのであれば、ガソリン代がお得になるという機能が付いているカードがあります。

また、公共料金をたくさん支払わなければいけない人も居ますよね?
その場合でも、公共料金がお得になるというカードもあるのです。

仕事などで出費が多い場合でも、ポイントがたくさん貯められるカードを作っていたらその分の特典が多くなるという事になります。

そして海外出張や、旅行が多い人でもマイレージが貯められるというカードもあるので、無料航空券が手に入り易くなるカードもあります。

ご近所から貯まりやすいカード情報を知るきっかけとは!?

クレジットカードの特徴など、一つずつ調べていく事は時間がかかってしまいます。

このように自分と似た生活で暮らしている人は、どのようなカードを持っているのかを聞いてみるという手があります。

近くのショッピングモールで特典が多いカードの情報でしたらご近所さんから知ることでしょう。

また、仕事で飛行機を良く使う仲間がいればマイレージが貯まりやすいカードを知るきっかけになります。

また、入会費なども気になるので周りの人はどのようなカードを持っているのかを聞いて情報を得る事がおすすです。

クレジットカードの作り方や入会方法や利用するコツを知る

  • スペシャルクレジット
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • かんたんキャッシュ
    詳細はコチラ

【ゴールドカード】幸せな純金積立生活でキラキラな人生を過ごす

人気のあるゴールド(GOLD)クレジットカード(三井住友VISA・セゾン・MUFG)などを詳しく見ていく事に致しましょう

ゴールドカードで幸せな純度の高い金生活を過ごす

昔はゴールドカードを持つだけでも非常に難しいと言われていたのですが、少しずつ時代は変わってきている為、昔ほど難しくはないようです。

その中でも人気のあるカードを紹介したいと思います。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

初年度の年会費は無料ですが、2年目以降からは10000円に税金がかかります。

VISAカードですので世界でも共通して使う事ができます。

そして海外出張が多い人や海外旅行が好きな人には最適です。

またゴールドという事で、空港ラウンジを利用する事も可能ですので旅の疲れの癒しにもなります。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

本家のアメリカンエキスプレスのカードに比べると年会費が2年目以降は10500円と比較的安めです。

そして年会費の1年目は無料という点も嬉しいですね。

また、ポイントの有効期限がない為、ポイント交換の事を考える必要はありません。

そして貯まった分だけ商品や他の特典に換えられるのでとても便利です。

学生や未成年は入会できませんが、その他の電話での連絡が取る事が可能である人は発行できます。

MUFGゴールドカード

MUFGゴールドカード

提携ブランドをVISA、マスター、JCB、アメリカンエキスプレスから選ぶ事ができます。

ゴールドなのに年会費は1年目は無料で2年目以降は2000円とリーズナブルです。

【クレジットカード組み合わせ】メインとサブで国際決済ブランドを分ける

【ブラックカード】最高峰の使いやすさで自らの生活が幸せに変化

ブラック(BLACK)クレジットカードの([SBIザ・ワールド][JCBザ・クラス])です

ブラックカードで最高峰のひと時を・・・

ブラックカードを作るのでしたら人気があり、使いやすいものがいいですよね?

そんな人気のカードを紹介したいと思います。

SBIザ・ワールド

SBIザ・ワールド

ショッピング利用枠は無限というクレジットカードは、年会費が157,500円になります。

提携はブラントはマスターカードです。

クレジットカードの表面にはダイヤモンドがちりばめられているという正真正銘のステータスカードになります。

ポイント還元は1000円で10ポイントで、1ポイントが1円で換金されます。

補償保険や会員特典は一般のカードと比べ物にならない程の最高峰のカードです。

【クレジットカード口座引落】銀行から引き落とされる締め日~支払い日

JCBザ・クラス

JCBザ・クラス

こちらもショッピング利用枠は無限です。

また、年会費は52,500円で、提携ブランドはJCBです。

ポイント還元率は1000円で1ポイントになり、1ポイントは4.5円で換金する事が可能です。

また電子マネーも搭載しているので利用したい人は使う事ができます。

入会は誰でもできるというわけではなく、インビテーションが必要になるのです。

JALやANAのマイル移行ができる点では飛行機を使う人には大変使いやすいカードになります。

なかなか気軽には作れないカードですが、かなりの信頼があってこそ持てるステータスカードになります。

1枚持てるようになれば、社会人としても一人前になった様な気になるものでしょう。

【プラチナカード】人気の安心優遇利用方法でプラチナムな人生に

クレジットカードには様々なランクがあるのですが、人気のあるプラチナカードを紹介していきましょう。

シティプラチナカード

シティプラチナカード

世界のシティバンクが発行しているクレジットカードですので安心が持てるカードになります。

また世界中のVISA加盟店で使えますし、プラチナという事で信頼度も高くなるカードです。

年会費は3万6千750円と高いですが、サービスは豊富になります。

ポイントの有効期限がない事や、空港ラウンジでも優遇される為、カードを持っているだけでの充実感を味わう事ができるのです。

発行資格はシティーカードジャパン株式会社による所定の審査を通った人だけが入会できます。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカード

三井住友カードが発行する最高峰のVISAカードで、国内発行のVISAカードの中でも最高峰と言われています。

このクレジットカードを持っているだけで誰もが憧れるステータスカードです。

年会費は5万円に税金をプラスした価格になります。

発行資格は安定した継続収入があり、本人である事が必須です。

VISAというブランドですので海外の買い物でも海外のネット販売でも非常に強いカードになります。

クレジットカードは自分に合ったものを持つ事が一番ですが、ステータスカードとして持ちたい場合にはプラチナはいいと思います。

プラチナならではの優遇が充実しているので上手に利用してみてはいかがでしょうか?

【クレジットカード解約】手数料よりも残債一括請求に注意しよう!

【エンボスレスカード】大切な財布やカード入れがスリムに傷がつかない

エンボスレスカードはカードの文字などの突起がないカードのことです。様々なものに凹凸をつけることをエンボス加工といい、現在では技術の発達でエンボス自体が不要なものになりつつあります。カードが薄くなるため、かさばらないのがメリットです。

エンボスレスカードのおかげで身軽な生活ができる

エンボスレスカードは、エンボスといわれる凹凸をなくしたカードのことです。

主にカードバン後などの印字に使われていましたが、現在は印字技術などの発達によりエンボス自体が不要なものになりつつあります。

ICチップを用いたカードでは一般的で、普及が進んでいるのが特徴です。

エンボスレスカードの特徴

エンボスレスカードは技術の発達で増えている

エンボスレスカードはカード表面の凹凸がないカードを指します。

旧来のカードは数字がはっきり読めることが重要で、凹凸をつけるエンボス加工が必須でした。

しかし、現在は印字技術などの発達により、エンボスをつける必要がなくなりつつあるのです。

ICチップ内臓のカードの場合、エンボスがあるとタッチで読み取ることが難しくなるという事情もあります。

コスト的にもエンボスレスの方が安くなるため、エンボスレスに切り替えるカード会社が増えているのです。

エンボスの分薄くなるので財布もスリムになる有難いカード

エンボスレスカードの魅力の一つは、お財布のスリム化です。

複数のカードを持っていると財布の厚みが増してしまうケースは多く、見た目を気にする人もいます。

しかし、エンボスレスカードの場合はエンボスがない分カードが薄くできるため、複数持った際の厚みがかわってくるのです。

お財布のスリム化に貢献してくれるため、スタイリングが気になる人はエンボスレスを積極的に契約する方法もあります。

【クレジットカード特典】キャンペーンを最大限活用!お得な使い方を探る

コストの関係でエンボスレスにできないケースもある

エンボスレスの方がクレジットカードの発行コストは安くなります。

しかし、クレジットカードを作る工場などの関係で、エンボスカードしか発行できない場合がある点に注意が必要です。

生産のための機械の入れ替えなどが必要になるため、徐々に切り替えている会社もある状態なのです。

全てのカード会社がエンボスレスカードに対応しているわけではなく、順次切り替っていくケースもあるのです。

また、個性としてエンボスを残す企業が出てくる可能性もあります。

【ファミリー向けカード】生計を共にする配偶者たちの家庭円満に繋がる

ファミリータイプの家族カードで家庭円満!

クレジットカードには「本人向け」と「家族カード」というファミリー向けクレジットカードがあります。

どんな種類が人気あるのでしょうか?

ファミリー向けのライフカード

ライフカード

生計を共にする配偶者や両親や子供(高校生を除く)に申し込みができる資格があります。

年会費は無料になり、本人カード会員の誕生月にはポイントが5倍!という特典がついてきくるので人気があります。

ファミリー向けの三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

一緒に住む配偶者や両親、満18歳以上の子供でしたら申し込みができます。

年会費は1人目は無料で2人目からは会費がかかるようになっているのです。

また特典などは本人と同じように家族も同じ待遇でサービスが受けられるので嬉しいですね。

【クレジットカード現金化家族名義】他人名義のカード不正利用に警鐘

ファミリー向けのリクルートカード

リクルートカード

一緒に生活している配偶者や両親、満18歳以上の子供でしたら入会する資格はあります。

年会費は無料です。

新規入会するという事で最大10000円分のポイントがプレゼントされるというキャンペーンを行っている期間もあるので、その時の入会がおすすめです。

ファミリー向けの楽天カード

楽天カード

生計を共にしている配偶者や両親、高校生を除く18歳以上の子供から申し込む事が可能です。

年会費は無料です。

入会キャンペーン時に申し込みをした場合には楽天1000ポイントがプレゼントされるので、楽天市場を利用してる人には嬉しいサービスになります。

【クレジットカード料金滞納】タイプ別更新期限から口座変更など6つの重要点

【デビットカード】現金感覚でネットでも使えて便利だから活用するべし

デビットカードは支払いが契約口座から直接引き落とされるカードです。

使いすぎの心配がないのが特徴で、現金を持ち歩かないで済むのがメリットです。

また、公共料金や電話料金の支払いにも対応可能で、非常に利便性が高いのが特徴です。

デビットカードでクレジット代用をする

デビットカードはカード会社が発行する決済用のカードの一つです。支払い金額が直接銀行口座から引き落とされる仕組みになっていて、使いすぎの心配がないのが特徴です。

また、インターネット通販などでクレジットカードのかわりに利用できるケースが多く、クレジットカードの代用として使われることも多くなっています。

デビットカードの特徴

デビットカードの支払いは銀行口座から支払われる

デビットカードには様々なブランドが発行していますが、主流となっているのがクレジットカードでおなじみのVISAです。

VISAの利用が可能なところであればそのまま決済に使えるのが魅力です。

支払いは銀行口座から支払われるため使いすぎの心配がなく、カード破産とも無縁です。

また、中学卒業から持つことが可能で、早い人では15歳から取得可能となっています。

クレジットカードのように審査がないため、作ることが簡単なのです。

クレジットカードの代用にも利用が可能なデビットカード

デビットカードはクレジットカードの代用カードとしても利用可能です。

特にネットショッピングはクレジットカードしか対応していないショップもあり、現金だけだと支払いに苦慮する場合があります。

デビットカードであればカード番号入力で決済可能で、クレジットの代用として利用することが可能なのです。

公共料金の支払いなどにも利用が可能で、利便性が非常に高いのが特徴になっています。

事情があってクレジットカードがもてない人も利用しやすく、買い物や利用サービスの幅を広げてくれます。

一部でデビットカードに対応していないケースもある

注意したいのは、携帯電話などの契約です。毎月定期的に料金の支払いが発生する契約に関しては、デビットカードが使えないケースがあります。

例えば一部の格安SIMはデビットカードで契約できますが、契約できないケースもあります。

使用不可と書かれていても実際は使えるケースがあり、問い合わせて確認するか、決済手続きに進まないと分からないケースもあるのです。

企業によって対応状況が変わるため、対応がまちまちになっています。

対応不可と書かれていても実際は決済が通る場合もあります。ただし、支払い時に残高不足にはならないようにコントロールが必要です。

【クレジットカード導入】育てる持ち歩かないで身に覚えのない請求とは

【法人カード】支払いを1本化・簡素化するメリットで支払い能力重視!

法人カードは法人用のクレジットカードのことです。

法人としての実績が重要になるため審査は厳しくなる傾向があります。

しかし、支払い情報がカードの履歴として残るため会計処理が簡単になることや、ポイント還元を受けられることが大きな魅力です。

法人カードで支払いを1本化・簡素化する

法人カードは法人向けのクレジットカードを意味しています。

個人向けのクレジットカードと違って企業としての実績や支払い能力が重視され、審査は厳しくなる傾向があります。

不正を防ぐためのチェックが厳しい分、様々なメリットがあるのが特徴になっています。

法人カードの特徴

法人カードは審査が厳しい傾向がある

法人カードは審査が厳しい傾向があるのが特徴です。

ペーパーカンパニーなどが不正利用した場合は不渡りが出る可能性が高く、カード会社も警戒しているからです。

実際の会社の決算情報などが必要になるケースが多く、黒字を計上しているか、数年間運営されているかが重要になります。

審査基準はカード会社によって異なるものの、設立間もない企業が法人カードを作るのは困難になっているのです。

ただし、社長や取締役などの役員の個人収入が高い場合は、支払い能力を担保できると考えられます。

企業が支払えない分を責任者に請求して回収できる場合は、契約できるケースがあるのです。

法人カードならキャッシュバックやポイント還元で経費圧縮

法人カードは年会費が必要になるケースが多く、数万円単位で費用負担が発生する場合があります。

但し、商品仕入れなどにカードを使えば、還元されるポイントやキャッシュバックでおつりが出ることもあるのです。

法人であれば使用する金額の桁が違うため、元を取れるケースが増えます。

還元率や還元方法はカードによって異なるため、しっかり比較することも大切になります。

一時的に費用が発生しても総合的には経費の圧縮に繋がるケースが多いのです。

法人カードは履歴費用のチェックなどメリットばかり

法人カードの魅力は、支払いを簡素化できることになります。

カードの利用履歴が残るため、いつ何にお金を使ったかもわかりやすくなり、会計処理の手間を省くために法人カードを導入するケースもあります。

細かな買い物にも使いやすいのが特徴で、個人事業主が持てるものもあります。

支払いを一本化すればカードの履歴だけで費用のチェックをすることも可能です。

【クレジットカード不正利用】なりすまし悪意がある活用を絶対に許さない!

  • スペシャルクレジット
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • かんたんキャッシュ
    詳細はコチラ

【ステータスカード】サービスの充実がカギ!ブランドで位置づけが変わる?

ステータスカードは持つこと自体が困難なカードや、維持費がかかるカードをさす言葉です。

持っているだけで一定以上の収入があることがわかるなど、持つ人のステータスを表しているのが特徴です。

サービスを生かしきれるかも重要なポイントです。

ステータスカードでサービスの充実を体験する

ステータスカードはゴールカードやプラチナカードなど、持つこと自体が困難なカードをさしています。

事前の審査が厳しいケースと維持費がかかるケースに分類され、どれだけ経済力があるかわかりやすく示すポイントになっているのです。

ステータスカードの特徴

ステータスカードを持つこと自体が困難

ステータスカードはクレジットカードの一種で、発行が困難なものを指します。

ゴールドカードやプラチナカードなど年会費がかかるものが多く、最上級のものはブラックカードになります。

特徴は限度額が大きく、それに伴い審査も厳しくなることです。

中には申し込み方法自体がなく、独自基準を満たした人が招待される形で発行されるものもあります。

カードをもっているだけでその人の年収などがわかり、ステータスになることからステータスカードと呼ばれているのです。

また、ブランドによって位置づけが変わるため、ゴールドカードでもそれほどステータスにならない場合もあります。

人によって認識が違うケースがあるのもポイントです。

ステータスカードで要望をきいてくれるかも

ステータスカードの特徴に、サービスの充実があげられます。

多くのステータスカードは海外旅行時の保険、キャンペーンの招待など様々な優待がついているからです。

プラチナカード以上になるとコンシェルジュサービスがつき、様々な要望を聞いてくれる場合が出てきます。

空港のラウンジが無料で使用できるなど、持っているだけで行動の選択肢が広がる場合もあるのです。

仕事や生活を快適にするためにステータスカードを選ぶ人もいるのです。

ステータスカードのサービスを生かしきれるかがカギとなる

ステータスカードは年会費が高いことが多く、特にプラチナ以上になるとかなりの出費になるケースが増えます。

ただ持つだけで維持費が高くなるため、発行できても使うことが賢い方法とは限らないのです。

ステータスとして持っても生かせる場所がなければマイナスになりかねないことに注意が必要です。

サービスを生かしきれるかも含めて、自分に総合的にプラスか考える必要があります。

特に海外に出た際は保険やサービスの充実で差が出やすいため、利用上限額とあわせてチェックしたいポイントです。

【クレジットカード二回払い】二回払い二重請求や下4桁・福利厚生は通りやすい

【プロパーカード】ステータス性が高いがポイントは直接発行か?

プロパーカードとは、国際カードブランドが直接発行しているクレジットカードを指します。

企業や金融機関と提携せずにブランドそのものがカードを発行しているのが特徴です。

審査基準も厳しい傾向があり、持つこと自体がステータスになるケースもあります。

プロパーカードはステータス性が高く収入水準が高い

プロパーカードは国際カードブランドが直接発行するクレジットカードです。

プロパーは独自、正しい、適正などの意味があり、正社員をプロパー社員とよび、それ以外の人材を非プロパーと分類する場合などに使われます。

多くのクレジットカードは提携企業などを通じて発行されるため、プロパーカードは非常に貴重になっているのです。

プロパーカードの特徴

プロパーカードを発行できる企業は少ない

プロパーカードを発行できるのは、国際的にクレジットカードを取り扱うブランドであり、自社ブランドのカードを発行している企業に限られます。

具体的にはアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、JCBの3社です。

VISAやMasterCardは自社ブランドのカードを直接発行していないため、プロパーカードには該当しないのがポイントです。

そのため、プロパーカードはもっている人が少なく、希少性が高いカードになっているのです。

プロパーカードは審査が厳しく年会費の水準も高い

プロパーカードは審査が厳しいことでも有名です。これは国際基準での経済力が求められ、日本ローカルでのカードの感覚と違いが生じるためです。

また、年会費の水準が高く、最低限度額が高い、海外旅行に出かけた際の保険やサービスが手厚いなど、人によっては大きなメリットを得ることができます。

しかし、ポイント還元率などで比べると国内ブランドのカードと比べて見劣りするケースがあるのも特徴です。

持つために必要な収入水準が高いなどステータス性が高い一方で、利用方法によってはコストとサービスのバランスがかみ合わない可能性があるのです。

【クレジットカードランク】上がるとステータスも比例して高くなる

広義の意味では自社発行のカードが全て該当するケースもある

厳密にプロパーカードを発行できるのは3社のみですが、広義の意味では自社発行のカードが存在すればプロパーカードになります。

銀行や大手企業の多くがプロパーカードを発行していて、自社サービスの利用に優遇ポイントをつけるなど競い合っているのが現実です。

広義の意味でプロパーカードでないカードは、自社の金融部門やカード発行部門がなく、他社と提携してカードを発行している場合になります。

企業規模が小さい場合いや運営ノウハウがない場合は他社と提携した方がカードの発行や審査が簡単になるのです。

【ヤングゴールドカード】若者向けカードでバリエーションが豊富

ヤングゴールドカードは一定年齢にならないと作れないゴールドカードの基準を引き下げたカードです。

収入水準が高いことが求められる一方でバリエーションは増えつつあり、比較的審査が簡単なものも増えているのが特徴です。

ヤングゴールドカードは社会的地位をステップアップさせる

ヤングゴールドカードはゴールドカードの審査水準を若者向けまで下げたものです。

一定年齢でなければ申し込めないゴールドカードが存在するからです。

一方で、若者でもステータス性が高いカードを求める人は多く、将来のゴールドカード所有者候補としてヤングゴールドカードが誕生したのです。

ヤングゴールドカードの特徴

ヤングゴールゴールドカードは年齢基準をゆるめたもの

ゴールドカードはステータス性が高いものであり、審査基準が厳しいものもあります。

中には社会的地位の目安にするため、年齢が重要になるケースもあるからです。

30歳以上にならないと申し込めないようなものがある一方で、それに不満を持つ人がいるのも現実です。

そのため、ゴールドカードにステップアップするためのヤングゴールドカードを作るカード会社が誕生し、年齢基準などがゆるいことから人気になったのです。

【20代現金化】ライフサイクル就職や引越しでお金のやりくりが重要

ヤングゴールドカードは減ってきている?

ヤングゴールドカードを取り巻く環境は大きく変わっています。

ヤングゴールドカードを発行している企業が減っているためです。

一つが、ゴールドカードは年会費が高くなるため、そのまま解約してしまう人も出ていたことです。

もう一つが様々な企業がブランドカードを発行するようになり、ステータス性にこだわらなければ簡単にゴールドカードを持てるようになったことです。

従来のヤングゴールドカードの名称をかえてより実用性が高いカードを作るケースが相次いでいるのです。

広義の意味でのヤングゴールドカードは増えている

従来の意味でのヤングゴールドカードは減っていますが、広義の意味では増えています。

様々なブランドが年会費を追加することでゴールド会員になれるようにしているからです。

ポイントになるのが、ゴールド会員の審査基準はブランドやカード会社によって全く異なる点です。

ゴールド会員になるためには年収の水準が厳しいものもあれば、ゆるいものもあります。

同じゴールドカードであっても、ブランドによってステータス性が大きく変わるのです。

【クレジットカード審査】通らない理由は信用情報開示請求で確認しよう

安心&安全のおすすめ現金化
スペシャルクレジット現金化はコチラ

【提携カード】手っ取り早く親近感が沸く自社商品に大幅ポイントも存在

提携クレジットカードとは、自社でカードを発行できない企業が提携するカード会社から発行するカードです。

名前は自社ブランドでも、実際に発行する企業は違うというケースは珍しくなく、意外と身近なカードになっているのです。

提携クレジットカードなら自社商品には大幅なポイントが加算される

提携クレジットカードは、カード発行部門を持たない企業が他の企業と提携して発行するクレジットカードです。

提携さえしてしまえば様々なカードが発行できるため、中小企業の中にも自社カードを作るケースがあります。

バリエーションが豊富なのも特徴で、一見するとわからないものが多いのも特徴となっています。

提携クレジットカードの特徴

提携して初めて発行できるから提携クレジットカード

提携クレジットカードはクレジットカードを発行する部門や子会社がない企業が利用するカードです。

カード会社と提携することにより、自社デザインのカードや、様々な得点をつけたカードを作れるのが特徴です。

カード会社を作っても、国際ブランドとの提携など、手続きや維持に手間とお金がかかりすぎるケースがあります。

手っ取り早くカードを作りたい企業にとって非常にありがたいカードなのです。

身近なカードにも提携クレジットカードは多い

自社のクレジットカード部門がある企業はごくわずかで、子会社などのつながりもあるケースもまれです。

そのため、多くの企業が提携クレジットカードを作っていて、個性も豊かになっています。

量販店のクレジットカードは提携クレジットカードのケースが多く、中小企業が発行している場合は多くが提携カードになります。

お得に使える範囲は限られるものの、自社商品の購入は大幅なポイントバックが発生するなどわかりやすいものが多いのも特徴です。

【ペイリー現金化】即日キャッシュバックお金を借りない新しい現金調達制度

提携クレジット会社で良いか比較してみるのもおすすめ

提携クレジットカードの中には、カードの利用でクレジットカード会社のポイントが貯まるケースがあります。

設定によりますが、買い物をすると2種類のポイントがもらえる場合や、様々な優待を受けられることがあるのです。

中小企業がサービスの数を増やすためにクレジットカード会社と契約することも珍しくなく、使い方次第でかなりお得になる場合もあります。

カード会社が直接発行するカードと比べた上で、どちらが良いか比較してみるのもおすすめです。

【クレジットカード特典】キャンペーンを最大限活用!お得な使い方を探る

【シルバーカード】ステータス性や存在感アピールで周囲のバランスを保つ

シルバーカードはゴールドカードのワンランク下のクレジットカードを指します。

ゴールドカードの下は一般カードしかないケースもあるため、通常のカードがシルバー相当になる場合もあります。

意外に身近なカードの場合も多いのです。

シルバーカードは存在感ある最適な買い物ができる

シルバーカードはゴールドカードより1ランク下のカードです。

カードの色がシルバーである場合が多いことからシルバーカードと呼ばれるようになりましたが、カード自体の整理が進み、シルバーカードとゴールドカードしかないブランドも存在します。

入門時点でシルバーと言うことも珍しくないのです。

シルバーカードの特徴

シルバーカードはゴールドランクの下

クレジットカードにはいくつか分類があり、もっとも標準的なのがクラシックカードになっています。

次にシルバーカードがあり、ゴールドカードがあり、プラチナやブラックに格上げされていきます。

シルバーカードはゴールドカードの下で、年会費やサービスもゴールドカードよりワンランク下に設定されていることが多かったのです。

しかし、複雑すぎるカードのランクわけは消費者にわかり辛いと言う難点もありました。

そこでシルバーカードをクラシックカードと一本化し、よりわかりやすくするケースが増えたのです。

厳密な意味でシルバーカードは少ない

クラシックカードとシルバーカードが一体化し、ゴールドの下が一般的な入門カードと言うことは珍しくなくなっています。

厳密な意味でクラシックカードと別にシルバーカードがあるカード会社は珍しくなっていて、選択肢もそれほどないのがポイントです。

ステータス性もゴールドカードに劣るため中途半端になりがちで、好んで選ぶ人は少なくなっているのです。

シルバーカードを選ぶなら機能などのバランスをチェック

クレジットカードを選ぶのであれば、サービス内容をしっかりとチェックするのがおすすめです。

クレジットカードの種類自体が増えているため、自分がお得に使えるものであればシルバーカードやクラシックカードなどの分類にこだわる必要がないのです。

存在感のあるシルバーカードがほとんどないのもポイントになるため、無理に選ぶ必要もなくなっています。

たまたま自分に適したカードを作ったらシルバーだったと言うケースの方が増えているのです。

【クレジットカードポイント】公共料金と大きな買い物は支払いでポイ活する

https://www.youtube.com/watch?v=equgR1rkhZY

【クラシックカード】実用性が高く発行しやすい一般的な用途を兼ね備える

クラシックカードとは様々なカード会社が発行するもっともスタンダードなカードを指します。

クラシックカードの上がゴールドカードなどのステータス性の高いカードになります。

限度額が低くても良い場合は非常に実用的で、発行しやすいのが魅力です。

クラシックカードのブランド力は高く複数持つ人も多い

クラシックカードはカード会社の標準的なカードになります。

ゴールドカードなどの下になり、年会費が安く、審査基準もゴールドカードに比べて緩めになっています。

クレジットカードに最低限の機能を求めるのであればクラシックカードで十分なケースが多く、ステータス性の高いカードと区別するための定義として使われています。

クラシックカードの特徴

クラシックカードはブランドの基本的なカードになる

クラシックカードはスタンダードカード、一般カード、ホワイトカードとも呼ばれます。

カードブランドのもっとも基本的なカードであり、エントリークラスのカードでもあります。

上級のカードに比べて発行枚数が多く、年会費の安さと審査基準のゆるさが魅力になっています。

ステータス性を求めない人や上限額にこだわらない人が最初に持つことが多いカードであり、もっとも手にとりやすいカードでもあるのです。

クラシックカードと呼ばれるのもゴールドカードなどと区別するための便宜上のものとなっています。

最低限の機能を求めるならクラシックカードで十分

クラシックカードといっても、クレジットカードに必要な機能は全て入っています。

発行会社によって特典やポイント還元率などが違うため、選択肢が多いのも特徴になっています。

付帯する機能に合わせて複数持つ人も珍しくなく、場面に応じて使い分ける人も多くなっています。

無料で作れて年会費が不要なカードもあるのも魅力になっています。

クラシックカードと呼ばれることは珍しい

クラシックカードと言う名称はゴールドカードなどと区別するために使われるケースが多く、一般的にはあまり使われなくなっています。

一部ブランドではクラシックカードと言う名称が残っていますが、ゴールドカードなどの名称を用いなければクラシックカードをさすケースが一般的だからです。

わざわざクラシックカードと言わなくても通じることが多いのです。

一方でクラシックカードでも発行が難しいブランドも存在し、一般的なカードとステータス性が異なるケースもあります。

【クレジットカード年会費】無料にして無駄を省いて現金化に活かそう!

【フロントカード】ポイントの二重取りが可能だったが今は無くなった!

フロントカードとは請求料金のコンビニ払いができるカードを指します。

通常カード決済は口座引き落としで行われますが、コンビニで料金が支払えるカードがあったのです。

現在はコンビニ決済できるカード自体がなくなり死語となっています。

フロントカードはもう無くなった!

フロントカードはクレジットカードの利用料金を口座引き落としではなく、コンビニ払いで支払えたカードのことです。

現在はコンビニ払いで請求料金を支払えるクレジットカードがなくなり、存在自体が消滅しました。

バックカードと呼ばれるカードと組み合わせることでポイントの二重取りなどが可能でしたが、現在は存在自体がないのです。

フロントカードの特徴

フロントカードはコンビニで料金を支払えた

一般的なクレジットカードは口座引き落としで毎月の料金を支払う形になっています。

しかし、過去には毎月払い込み用紙が届き、コンビニで清算ができるカードが存在したのです。

毎月コンビニで支払いをしなければいけないため非常に手間がかかりますが、コンビニで決済できるのは強みになります。

そのため、フロントカードと呼ばれるコンビニ決済が可能なカードと、もう一枚バックカードと呼ばれるカードを組み合わせ、ポイントの二重取りをしていた人がいるのです。

フロントカードに電子マネーをチャージするのがポイント

重要なのが、フロントカードに電子マネーをチャージすることです。

電子マネーのチャージにはバックカードを利用します。

電子マネーのチャージ自体でポイントが貯まるため、まず一つ目のポイントが貯まります。

次に、フロントカードの請求料金をコンビニで支払う際に、電子マネーを選択します。

フロントカードの請求料金がまるまる電子マネーで支払われるため、電子マネーの利用ポイントが貯まります。

これでフロントカードの利用分のポイントも貯まり、ポイントの二重取りができたのです。

クレジットカードの支払額は大きくなることが多いため、非常に素早くポイントを貯めることができたのが特徴です。

電子マネーはクレジットカードを越えられない訳とは!?

フロントカード自体が消滅して使えなくなった

フロントカードが消滅したのは、口座引き落としが標準になったのに対して、コンビニ決済を使っていたためと言われています。

そもそもバックカードは表に出すことはないためお店で出すカードをフロントカード、そうでない方をバックカードと呼んでいましたが、クレジットカードの仕組みが変化したため、コンビニ払いでクレジットカードの請求額を清算することができなくなりました。

そのため、現在はフロントカードという言葉自体が死語になっています。

【クレジットカード無職】仕事をしてない学生でも簡単にカード名義になれる

プライムウォレット現金化はコチラ

【銀行系カード】ボーナス貯蓄が充実!貯蓄に役立つ使い方が可能に

銀行が提携している銀行系クレジットカード(三井住友VISA・MUFGゴールド)の入会方法などの詳細について説明しております

銀行関連のクレジットカードは貯蓄にも役立つ

銀行系クレジットカードとは、銀行とクレジットカードが提携しているカードになります。

銀行系の三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

世界でとても強いVISAと三井住友銀行が提携しているクレジットカードです。

最近では、途上国はもちろん発展途上国でもVISAカードなら使える!というお店も増えてきている程です。

また、学生の時からでも入会が可能なカードもあるので、初めての1枚にはいいかも知れませんね。

また海外障害保険なども付いている為、海外旅行する際でも飛行機の遅延や、荷物の盗難などでも役立ちます。

銀行系のMUFGゴールドカード

MUFGゴールドカード

三菱UFJ銀行とニコスが提携しているクレジットカードです。

ブランドは、VISA、マスター、JCB、アメリカン・エキスプレスなどから選べます。

年会費はゴールドなのに2000円と非常に入会しやすい価格という事で人気を集めているので、ゴールドをステータスとして持ちたい人には向いているでしょう。

また、ゴールドカードを持つという事は収入が一定してある金額を上回っているなどの条件がありますが、そのような基準はありません。

18歳以上の社会人であれば入会ができるという点でも魅力があります。

ポイントプログラムも非常に充実しているので特典も多く、ボーナスポイントがプレゼントされる事もあります。

【クレジットカード税金】住民税や地方税支払いに関する手数料の見極め

【独立系カード】独自に発行するバリエーション豊富で種類がたくさん!

独立系クレジットカードは、通信業者やゲーム会社などが独自に発行するクレジットカードです。

キャラクターもののカードなども多く種類が豊富なのが特徴です。

それぞれのカードに特徴があり、共通点が少ないのが独立系カードのポイントになっています。

独立系クレジットカードは早めの作成をおすすめする

独立系クレジットカードは通信業者やゲーム会社、大手企業などが独自に発行しているクレジットカードです。

国際ブランドが直接発行するプロパーカードや、提携カードに分類できないため、独立系という形で表現されています。

非常に個性が豊かなのが特徴で、期間限定のカードなども多くなっています。

独立系クレジットカードの特徴

バリエーションが豊富なのが独立系クレジットカード

独立系クレジットカードは、プロパーカードや航空系カードなど、他のカードに分類できないカードをまとめた呼称です。

企業が独自発行するカードが多く、それぞれに特徴があるのがポイントになっています。

共通点はほとんどなく、企業のカラーなどが色濃く反映されているのが特徴で、どのようなメリットがあるかはカードごとに大きく異なります。

コンセプトを絞ったものが多く、独自のサービスがあることが特徴になっているのです。

独立系クレジットカードはキャラクターもののカードなども多い

独立系カードは機能面だけでなくデザインにもこだわったものが多くなっています。

キャラクターもののカードが多いのも特徴で、期間限定のカードで様々な作品のコラボレーションが行われることがあります。

ゴールドカードなどとは違って意味でステータス性があり、個性を重視する人に好まれる傾向があります。

発行期間が短く、発行枚数が少ないものが含まれるのもポイントです。

入れ代わりが激しく募集が停止される可能性がある

独立系カードは入れ代わりが激しく、デザインの変更等による見直しが頻繁に行われるケースもあります。

カード発行の歴史が浅い分、運営がノウハウ自体を盛っていないケースもあるからです。

期間限定のカードとは別に比較的短命に終わるケースも多く、早めに新規募集が打ち切られる場合があります。

契約時の条件が引き継がれることがあれば、別のカードに集約されて内容が大きく変わることもあります。

いつまでも同じカードを使い続けられるとは限らないのも特徴なのです。

同じデザインを使い続けたいのであれば、他の分類のカードを選ぶのも方法です。

【クレジットカード保険】自動付帯保険は補償内容に大きな違いがある

【信販系カード】高齢化社会や社会福祉部門など社会分野で大いに活躍

信販系(ニコス・オリコ・ジャックス)などクレジットカードの種類や特色などについて詳しくご紹介しています

信販関連クレジットカードなら社会分野でも活躍する

信販系といわれている会社は全国で約150社あると言われています。

その中でも業界大手の会社は信販系クレジットカードの産業もはじめているのです。

どのような種類があるのでしょうか?

信販系のニコスカード

ニコスカード

売り上げがNo.1だったニコスカードはUFJ銀行の子会社に2005年になりました。

更に2007年にはDCカードも吸収合併し、三菱UFJニコスと社名を変更し、カード会社に転換しているのです。

カードブランドとしてはニコスカード、UFJカード、DCカードは存続し、オートローンなども手掛けています。

【クレジットカード何枚持ち?】家賃支払い・住所名義変更や伝票手書き

信販系のオリコカード

オリコカード

ニコスが銀行系に転換したので、信販系でのカード会社では取り扱いが首位になりました。

特に、ショッピングクレジットやオートローンでも業界トップを争っています。

オリコは提携カードの発行が多く、既に3000を超える提携を持っています。

提携カードいは自動車のディーラーから地域の専門店や商店街などと幅広く活躍しているのです。

信販系のジャックスカード

ジャックスカード

函館の百貨店の信用販売からスタートしたクレジットカード会社です。

ジャックスカードは、CMでも耳にするので有名で信用されている会社になります。

また、日本盲導犬協会カードを発行したり、高齢化社会や社会福祉部門という分野でも活躍している会社になります。

【セカンドライフ】理想の人生を送るためにやってはいけない高齢者の現金化

安心&安全のオススメ現金化
タイムリー現金化はコチラ

【航空系カード】マイルが貯まり行きたい旅行好きたちの幅も大きく広がる

航空系クレジットカードは、航空会社が国際ブランドと提携して発行しているカードになります。

ショッピングでマイルがたまることや、カードランクにより空港ラウンジの利用が無料になるなど特典が多いのが特徴になっています。

航空系クレジットカードは旅行好きにはたまりません!

航空系クレジットカードは航空会社が国際ブランドと提携して発行しているクレジットカードを指します。

日本ではJALとANAの二種類が代表で、国外拠点の航空系クレジットカードも存在します。

マイルと呼ばれる独自ポイントがたまるのが魅力で、特に飛行機に乗る機会が多い人はポイント還元率が高くなります。

航空系クレジットカードの特徴

航空系クレジットカードは飛行機を利用する人におすすめ

航空系クレジットカードは航空会社が発行するカードになっています。

カードを契約した航空会社を利用するとポイント還元率が高まるなど様々なメリットがあります。

航空会社は独自ポイントであるマイルを発行していて、大幅な還元を受けられる場合があるのです。

カードのランクによっては空港ラウンジの利用が無料になる、各種キャンペーンや招待が利用できるなど、特典が多くなります。

頻繁に飛行機に乗るのであれば持っておきたいカードになっているのです。

貯まったマイルは航空料金の割引などに使える

航空系クレジットカードで貯まるマイルは、ショッピングや旅行など、使い道が多いことでも知られています。

また、他のカードで貯まったポイントをとマイルに変換する、マイルを他のポイントに変換するなど柔軟な使い方ができるのも魅力です。

飛行機に乗らずにマイルを貯めて、海外旅行の航空料金にあてる人もいるほどです。

不足分は航空系クレジットカードで支払って差額分のマイルを貯めるなど、工夫がしやすいのも人気の理由です。

【マイル貯蓄】ネットで販売している欲しい商品でマイレージを貯める!

航空会社で貯まるマイルが違う点に注意

航空系クレジットカードで貯まるマイルは、マイレージプログラムによって発生するものです。

マイレージプログラムはいくつかの航空会社のグループで運営されていて、違うグループのポイントは利用できなくなっています。

日本で言えばJALANAは別々のグループに所属しています。

そのため、航空会社が違うとマイルが使えないケースがあるのです。

自分が利用する航空会社にあわせたカードを持つか、複数持って使い分けるなど工夫をするのがおすすめです。

【マイレージ・マイル】航空券購入で航空会社フライトマイルが貯まる

【メーカー系カード】WEB明細や家電製品や各通信特典プレゼントがある

メーカー系(NTTグループ・ビュースイカ)などの家電製品や通信企業などが発行しているクレジットカードです

メーカー関連のクレジットカードは特典が満載!

メーカー系クレジットカードは、家電や通信などの企業が発行しているカードになります。

メーカーならではの嬉しい特典がプレゼントされる事が特徴ですが、どのような種類があるのでしょうか?

メーカー系のNTTグループカード

NTTグループカード

NTTファイナンス株式会社が発行しているクレジットカードになります。

出光SSのガソリン代がキャッシュバックされる事でも有名で人気があるクレジットカードです。

年会費は無料ですが、WEB明細を利用した場合という条件があります。

ショッピング枠は100万円までと決められているので、使い過ぎないようにもできるのです。

最短発行期間は1週間くらいなので、すぐに作りたい場合でも入会しやすいクレジットカードです。

提携ブランドはVISAかマスターカードで選ぶ事ができるので自分の合っている方を選びましょう。

メーカー系のビュー・スイカカード

ビュー・スイカカード

ビューカードの機能とスイカ定期券の機能がひとつになっているクレジットカードです。
JR首都圏や私鉄、地下鉄やバスへ乗車でき、買い物もできるので1枚あるだけで非常に便利なカードになります。

また定期券としても使え、キャッシュレスでスイカにチャージができるという点でも魅力がありますね。

年会費は500円で、ショッピング枠は20万円から40万円ですが、利用額や信用が大きくなれば上げる事ができます。

提携ブランドはVISA、マスターカード、JCBから選べるので自分にあったブランドを選びましょう。

【クレジットカード組み合わせ】メインとサブで国際決済ブランドを分ける

【流通系カード】食品購入・身の回り品など日常生活に便利なカード

日常生活で活躍しそうな流通系(イオン・セブン&アイ・マイレージプラスセゾン)などクレジットカードの種類や役立つ情報をご紹介しております

流通関連のクレジットカードは生活になくてはならない

日常生活で役立つ場面が多い流通系クレジットカードですが、どのような種類があるのでしょうか?

流通系のイオンカード

イオンカード

大手スーパーイオンが運営しているクレジットカードになります。

また、クレジット機能と前払い方式の電子マネーが一体型しているカードもあり、ポイントが貯まりやすいです。

年会費は無料で、発行や審査期間は最短で1週間ですので非常に作りやすいカードになっています。

イオンで開催されるイベントなどでポイントがプレゼントされる事も多く、カードを提示しただけで商品が5%割り引かれる時もあります。

流通系のセブンカード・プラス

セブンカード・プラス

セブン&アイグループが発行している電子マネーnanacoが搭載されているクレジット機能付きカードです。

年会費の初年度は無料で、それ以降は952円で、条件をクリアした場合には無料にもなります。

セブンイレブンやイトーヨーカドーでは1.5%ポイントが還元されるので非常にお得です。

流通系のマイレージプラスセゾンカード

マイレージプラスセゾンカード

ユナイデット航空とセゾンカードが提携して発行しているマイレージカードです。
スターアライアンス各社を利用した場合でもマイルを貯める事ができます。

また、セゾンならではの永久不滅ポイントなので、マイルもポイントも貯められて非常に便利です。

【クレジットカード税金】住民税や地方税支払いに関する手数料の見極め

安心&安全のおすすめ現金化
スペシャルクレジット現金化はコチラ

【交通系カード】アクセスなど通勤通学で使い分けは便利で安心

交通系クレジットカードは鉄道会社などが発行するクレジットカードです。

電車賃の支払いでポイント還元を受けられるなど、日ごろから公共交通機関を使っている人は大きなメリットがあります。

関連施設でもポイントがたまりやすいなど、使いやすいのです。

交通系クレジットカードは通勤通学で使い分けできる

交通系クレジットカードは鉄道会社など交通機関が発行しているカードになります。

運賃や定期の購入でポイントがたまるのが特徴で、そのままICカードが一緒になっているケースも多くなっています。

通勤や通学に使う人はポイントがたまりやすく、還元率が魅力のカードとなっています。

交通系クレジットカードの特徴

交通系カードなら公共交通機関の利用でポイント貯蓄

交通系クレジットカードで有名なのが、鉄道会社が発行するカードです。

東京メトロやJR各社、私鉄など様々な会社がカードを発行していて、それぞれのポイントシステムを作っています。

電車賃の支払いやチャージでポイントが高まるのが魅力で、一般的なクレジットカードで支払うよりもポイントバック率が高くなっています。

特に定期券の購入はポイントが貯まりやすく、貯まったポイントは提携サービスの割引やショッピングに利用できます。もちろん、電車賃の支払いに使える場合もあります。

ICカードのオートチャージ機能など、便利な機能も多くなっています。

【Suica スイカ】関東圏の電車を悠々気楽に使える電子マネー

航空系カードと提携したものもある交通系カード

交通系クレジットカードの中には、航空系カードと鉄道系カードが提携し、両方の長所を持ったものもあります。

これはカードを一本化した方がメリットがあるだけでなく、相互に利用することで収益化やリピーターの獲得使いやすいからです。

貯まったポイントの使い道が多いのも特徴で、航空系のマイルか、鉄道会社の電子マネーに変えることができます。

交通会社が多い分競争は激しく、種類も多くなっているのです。

交通系カードは通常の買い物では他のカードに劣る

交通系クレジットカードは電車賃の支払いや、グループ経営のショッピングモールなどで高い還元率を発揮します。

しかし、それ以外場所では還元率が中途半端になってしまうことも多く、平均するとそれほどプラスにならないことがあるのです。

向いているのは通勤通学使いのカードと、普段使いのカードを分けてしまうことです。複数のカードを使い分けた方がお得なケースが多いのです。

【クレジットカード解約】手数料よりも残債一括請求に注意しよう!

【自動車メーカー系カード】自慢の愛車など整備やパーツ代がお得

自動車メーカー系クレジットカードは、自動車メーカーやバイクメーカーのクレジットカードを指します。

多くが整備やパーツ購入の割引や大幅なポイントバックを導入していて、車関連の支払いに便利になっているのが特徴です。

自動車メーカー系カードでガソリンスタンド特典でお得

自動車メーカー系クレジットカードは自動車会社が発行しているクレジットカードです。

ファイナンス部門がない企業はクレジットカード会社と提携する形で発行していて、種類も豊富になっています。車好きであれば持っていて損がないのが特徴です。

自動車メーカー系クレジットカードの特徴

自動車メーカー系はパーツ購入や整備などに強い

自動車メーカー系クレジットカードの特徴は、パーツ購入や整備で割引や大幅なポイントバックが受けられることです。

純正パーツやオプションの購入、整備で特典を得られるのは大きな魅力です。

正規の店舗で全ての手続きを済ませる人には非常にお得なカードと言えます。

ガソリン代や各種提携ショップでの特典を設けているカードも多く、自動車メーカーによって内容は様々です。

自分の乗っている車メーカーのカードを用意するのが一般的で、新車購入時に契約をする人も珍しくないのです。

【石油系カード】コスモ・出光でガソリン満タンドライブしよう!

自動車メーカー系カード利用の仕方でメリットが薄くなる可能性

自動車メーカー系カードで注意したいのは利用の仕方です。

車のパーツを購入するにしても、整備を依頼するにしても、ディーラー以外の場所では特典が得られないことがあるからです。

あくまで正規ディーラー経由で純正パーツを購入する、整備をすることが前提のため、カー用品店などで使ってもあまりメリットがないのです。

地域最安値で整備したい、自由にデコレーションしたいなど、正規ディーラー以外での出費が多い場合は注意が必要です。

純粋なポイント還元率では劣ることが多い

自動車メーカー系のクレジットカードは、純粋なポイント還元率では他社のカードに劣ることが多くなっています。

あくまで自社サービスへの優遇が強く、普段の買い物などではあまりお得を感じられないようになっているのです。

そのため、カード自体を使い分ける人が珍しくなく、ディーラーやガソリンスタンドのみで使うという人が珍しくないのです。

ガソリンスタンドでどのような特典がつくかも自動車メーカーによって違うので、しっかりチェックして利用するのが大切です。

【クレジットカード無職】仕事をしてない学生でも簡単にカード名義になれる

らくらくマネー現金化はコチラ

【石油系カード】コスモ・出光でガソリン満タンドライブしよう!

石油関連のクレジットカードでガソリン満タンでドライブしよう!

車やガソリンなどを販売する石油の会社が発行している石油系クレジットカードも種類が様々です。
給油する度に嬉しい特典を受けられる特徴があるのですが、どのような種類があるのでしょうか?

石油系のコスモカード

コスモカード

コスモカード株式会社が発行運営しているクレジットカードです。

年会費は永年無料になり、2年目以降からも無料なので入会しやすいカードになります。

また、ガソリンや軽油、灯油の燃料油も会員の価格になるので通常よりも安く購入する事ができるのです。

ポイントサービスも充実しているのでキャッシュバックやプレゼントとの交換も可能になります。

ショッピング枠は50万円までで、発行最短期間は1日です。

提携ブランドはVISA、マスターカード、JCBから選ぶ事が可能になります。

石油系の出光カード

出光カード

出光クレジット株式会社が発行運営しているクレジットカードです。

入会金も年会費もかからず、カード所持にかかる費用がない!という事で人気のあるカードになります。

出光SSで給油した際、ガソリンや軽油が1リットルにつき2円値引きされるという嬉しいサービスがある為、日常生活で車を多く使う人には向いているカードです。

提携ブランドはVISA、マスターカード、JCBから選ぶ事ができます。

【クレジットカード導入】育てる持ち歩かないで身に覚えのない請求とは

  • スペシャルクレジット
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • かんたんキャッシュ
    詳細はコチラ

【一体型カード】複数カード所有が不要だから1枚で便利でラクラク♪

一体型クレジットカードはクレジットカード機能以外に電子マネーなどの機能がついたカードを指します。

銀行系であればキャッシュカードとクレジットカードを兼ねたものがメジャーで、使い勝手の良さから人気になっています。

一体型のクレジットカード機能が複数あるから便利!

一体型クレジットカードは、クレジットカード以外の機能をまとめたカードのことです。

複数のカードをまとめることで普段持ち歩くカードを少なくできるのがメリットで、ETCや電子マネーなど、種類も豊富になっています。

一体型クレジットカードの特徴

一体型クレジットカードは身近なものになっている

一体型クレジットカードは、クレジットカード以外のカード機能をまとめたカードです。

キャッシュカードやETC、電子マネーなど一体化される機能は様々で、身近に触れる機会も増えています。

持ち歩くカードの枚数を少なくできるほか、ポイントがたまりやすくなるなど特典が多く、日常的に使っている人も多いのが特徴です。

自動で各種機能がついてくるクレジットカードも増えているため、非常に身近な存在となっています。

【クレジットカード作れない】なぜ作成できない?使用・収入の問題点

申し込み時に機能を選べるものも多い一体型のカード

一体型クレジットカードは、クレジットカード申し込み時に機能を選べるものが多いのが特徴です。

代表的なのが電子マネーとETCで、カード発行会社によって利用できる電子マネーもかわってきます。

中には電子マネーを別なポイントに交換できるサービスも存在するため、ポイントサイトなどを経由して上手にコントロールする人もいます。

複数機能をまとめて申し込むと特典がつくことも珍しくなく、ついで感覚で申し込む人もいるのが特徴です。

但し、年会費などの追加がないかもチェックする慎重さも必要です。

【電子マネー現金化】デジタル通貨や小銭・券売機キャッシュレス決済機能

一体型クレジットカードは無くした時が大変!!

一体型クレジットカードは便利な反面、なくした際の手続きが面倒になります。

クレジットカードの停止手続きだけでなく、他の機能の停止手続きやポイントのチェックが必要になることがあるからです。

再発行に必要な情報が多くなることもあるため、管理はしっかりと行う必要があります。

また、ETCカード一体型や、定期券などが一体化されている場合は持ち歩くのを忘れるとトラブルの原因となります。

電子マネー自体がリセットされる場合もあるため、無くさないように注意が必要です。

【低年会費ゴールドカード】ポイント審査基準が厳しいから自分目的に合わせる

低年会費ゴールドカードは比較的新しいジャンルになっています。本来ゴールドカードは年会費が高く、審査基準も厳しいものでした。

そのため、より身近なゴールドカードを作ろうと様々なカード会社が発行しているのが低年会費ゴールドカードなのです。

低年会費ゴールドカードでレジャーを思いっきり楽しみたい!

低年会費ゴールドカードは比較的新しいジャンルになっています。

これは従来のゴールドカードは非常に年会費が高く、年収数百万円、年齢も一定上など厳しい審査基準があったためです。

ステータス性の高いゴールドカードではなく、より身近に、ちょっとお得な感じがするカードを求める人に応えるもので、ブランドによって大きくイメージが異なるのです。

低年会費ゴールドの特徴

低年会費ゴールドカードは発行基準が緩め

低年会費ゴールドカードは従来型のゴールドカードより発行基準がゆるめになっています。

従来のゴールドカードはビジネスに成功した人だけが持てるようなステータス性の高いカードであり、一般の人が持てるようなものではなかったからです。

年会費が高くサービスも充実していますが、海外旅行の保険などの充実にまわされている分も多く、生かせない人にはほとんど生かせないのです。

低年会費ゴールドカードは審査基準を緩め、より日常に寄り添うようなカードが多くなっています。

海外に行くにしてもビジネスよりもたまに旅行に行く程度と言う人は低年会費ゴールドカードの方が向いています。

年会費が安くて使い勝手が良いのがポイント

低年会費ゴールドカードは年会費が数千円程度であることが多く、一般的なカードよりも少し贅沢な位置づけになります。

一般カードよりも特典が多くなり、場合によってはポイント還元率が高くなるケースもあります。

ポイント還元率が高ければ利用額が大きくなると会費以上のリターンが見込めます。

大げさでない程度に海外旅行の保険などがつくケースが珍しくなく、日常生活やレジャーを楽しむには十分なカードになっています。

低年会費ゴールドカードでも大きな差がある

注意したいのは同じ低年会費ゴールドカードでも発行するブランドによって内容が異なることです。

例えば、海外旅行の保険はほとんどのゴールドカードでつきますが、金額などにも差が出てきます。

サポートセンターへの繋がりやすさも重要になるため、チェックしたい項目です。

自分の目的に合わせて選ぶことが大切になるのです。

【クレジットカード保険】自動付帯保険は補償内容に大きな違いがある

【バックカード】フロントカードと共に消滅したという真相の意味とは

バックカードとはフロントカードとセットで使われていたクレジット用語です。

フロントカードとセットで使うことでポイントの二重取りが可能で、一部マイルを貯める人の間で定着しました。

しかし、フロントカード自体がなくなり死語となっています。

バックカードは消滅してしまった!

バックカードはフロントカードとセットで使われていました。

バックカードで電子マネーを購入し、フロントカードで様々な支払いを行うことにより大量のポイントを手に入れることができたのです。

しかし、現在はフロントカード自体が存在しないため、バックカードという言葉も使われなくなっています。

バックカードの特徴

バックカードは電子マネーチャージ用のカード

バックカードはフロントカードと組み合わせて使います。まず、バックカードでフロントカードに電子マネーをチャージします。

この時点でバックカードに購入額に応じたポイントが貯まります。

次にフロントカードで電子マネーの決済を行うと、決済額に応じたポイントがもらえます。

これでもポイントの二重取りが可能ですが、金額はごく限られたものになります。

しかし、フロントカードはクレジットカードの請求料金がコンビニで支払える特殊なものであったため、コンビニで電子マネーで決済をすることで大量のポイントを手に入れることができたのです。

電子マネー購入とポイント支払いでポイントを増加

フロントカードは毎月の請求額が口座の引き落としではなく、払い込み用紙で届いていたのが特徴です。

払い込み用紙はコンビニ決済が可能で、コンビにでは電子マネーの利用が可能です。

そのため、ポイントを購入するためのバックカードと、電子マネーで支払うフロントカードを分けることで、クレジットカードの請求額分のポイントを2重取りできたのです。

ポイント効率の良さから一部のクレジットカード愛好家の中で広まり、ポイントを稼ぐ手法として利用されていました。

フロントカードの消滅と共にバックカードは死語となる

しかし、フロントカードはカード会社の決済システムの改修により消滅してしまいます。

クレジットカード利用額の清算は、コンビニ支払いではなく口座引き落としに限定されるようになったためです。

フロントカード自体が消滅したことでバックカードも消滅し、現在は死語となっています。

【クレジットカード在籍確認】2枚目持ちすぎから不良破損や故障まで

安心&安全のオススメ現金化
タイムリー現金化はコチラ

【写真付きカード】盗難被害・防犯に最適ネット決済セキュリティも万全!

写真付きクレジットカードは、カード裏面の署名欄付近に顔写真をつけたものです。

本人かどうかがわかりやすいため、不正利用を防ぐのに効果を発揮します。

ただし、ネットショッピングは番号のみで取引が成立するケースが多く注意も必要です。

写真付きクレジットカードはネット決済など身分証明にかなり役立つ

写真付きクレジットカードはクレジットカードに契約者の顔写真を入れたものです。

本人以外の悪用を防ぐことが可能で、防犯上のメリットが大きいのが特徴です。

ただし、サービスを提供しているカード会社自体が少ないことと、ネットショッピングでは不正を防げないことがある点に注意が必要です。

写真付きクレジットカードの特徴

写真を入れることでセキュリティを高められるカード

写真付きクレジットカードは写真を入れることでセキュリティを高められるのが特徴です。

一般的にカードの利用時は裏面の署名を確認する必要があるため、署名欄の近くに張られた写真も見ることになります。

例えクレジットカードを誰かに拾われても、悪用を疑われる状況では使いにくくなるのです。

防犯効果が高いことから人気になっていて、海外旅行でも比較的安心して持ち歩けるのが魅力になっています。

また、家族カードに対応しているケースもあるため、家族の顔写真を入れてセキュリティを高めることも可能です。

写真付きクレジットカードのサービス自体が少ない

写真付きクレジットカードで注意したいのは、写真付きのサービスを提供している企業が少ない点です。

日本では主に三井住友カードとダイナースクラブカードがサービスを提供しています。その他の企業では申し込み方法自体がないのです。

申し込む際もどのように写真をつけるかで手続き方法が変わるケースがあるため、事前の確認は必須になっています。

写真付きクレジットカードでもネット決済は防げない

写真付きクレジットカードでも、顔の確認が不要なネット決済などは可能になっています。

商品券などに換えられてしまうと誰が使ったかもわからなくなってしまいます。

セキュリティが完璧なわけではないのです。

クレジットカードのセキュリティコードは重要な番号

カードによっては決済時に二重の認証が必要なケースがあり、悪用を防げる場合もあります。

但し、全てのカードとサイトが対応しているわけではないため、なくさないのが基本になります。

また、なくしたと思った場合は早めにサポート窓口に電話を行い、利用を停止する必要があります。

【クレジットカード二回払い】二回払い二重請求や下4桁・福利厚生は通りやすい

【親カード】理解すれば使い道が広がる?メリットとデメリット

親カードは家族カードやETCカードを作った際の元になるカードです。

付属するカードの決済は親カードの所持者に請求される形になります。支払いを一本化したい場合などに便利で、理解すればカードの整理にも使いやすくなります。

親カードの使い勝手の良さが家計を助ける

親カードは家族カードやETCカードを作る際の大本の契約に当たるカードです。

後から付属するカードを増やすことが可能で、増やしたカードが子カードに当たります。

請求は全て親カードの持ち主に行くようになっているため、支払い能力がない人のカードを作れるようになっているのが特徴です。

親カードの特徴

親カードは契約の基本になるカード

親カードはクレジットカード契約の基本になるカードです。

付属するカードを作る場合は親カードと紐付けされ、請求先なども統一されます。

付属するカードの権利は親に付属するものを借りている形になり、親子の形になぞらえて親カードと子カードと分けるようになったのです。

便宜上の呼び名で、一枚しかカードをもっていない場合は全く関係がないことになります。

支払い能力があれば子カードを増やせるのがポイント

親カードの特徴は、支払い能力があれば子カードを増やせることにあります。

親カードの持ち主が支払い能力を担保するため、収入がない子供や親などのカードを作ることが可能なのです。

支払いは親カードの持ち主が受け持つため、支払いを統一したい場合や、家系の支出を見直したい場合に重宝します。

但し、親カードの支払い能力によって上限額が決まるため、共働きで収入が分散されている場合は使い勝手が悪くなる場合もあります。

クレジットカード現金化をするのに「家族カード」ならどうなのか?

親カードが利用停止になれば子カードも使えなくなる

親カードは契約の大本のカードになるため、親カードの利用が停止されれば自動的に子カードも使えなくなります。

支払いなどが遅れてカードが停止された場合だけでなく、カードを解約した場合も利用ができなくなるのです。

カードの名義が違っていても契約上親と子カードに別れている場合もあるため、解約には注意が必要です。

また、紛失などの届出をする際も、だれの名義で申し込んだカードかを明確にする必要があり、場合によっては本人確認を求められる場合もあります。

誕生日や住所などの情報はしっかり共有しておく必要があります。

【クレジットカード使い分け】使い方・使えない場合の対処法を学ぼう

【子カード】大切に使うことで家計の管理やポイント効率を良くする

子カードは親カードの契約とセットになることが前提です。

親カードの契約に付属する形で発行されるため、親カードがなければ権利も発生しないからです。

別名義でカードを作った方が良いケースもあるため、比較が大切になります。

子カードを大切に使うことで親カードも活かせることができる

子カードは親カードを作った際に付属するカードのことです。

ETCカードや家族カードを指すことが一般的で、契約の基本は親カードに結びついています。

収入がない人でも親カード経由で申し込みをすれば家族カードとして利用可能で、子供や主婦(主夫)なども使いやすいのが特徴です。

子カードの特徴

子カードは親カードに付属するカード

子カードは親カードに付属するカードで、様々なカードが存在します。

ETCやクレジットカードの家族カードが一般的で、支払いの請求は全て親カードの持ち主に一本化されます。

親カードが使えなくなれば子カードも使えなくなりますが、収入がない人の名義でも子カードなら作れるのが魅力です。

家計の管理やポイント効率を良くするために契約を切り替える人もいるのです。

親カードの支払い能力がなければ発行ができない

子カードは親カードの支払い能力を担保に申し込むもので、親カードの債務状態によって発行できるかが変わります。

ETCカードは問題なく発行できても、クレジットカードの家族カードは作れない場合があるのです。

借入額が大きい場合や支払いに滞りが生じている場合、短期間に複数枚のカードを作った場合は注意が必要です。

収入がある家族が別名義で作った方が良いケースもあるのです。

別名義で作った方が限度額は大きく設定できる

子カードは親カードの契約者の支払い能力で限度額が変わります。

夫婦共働きの場合などは別々にカードを作った方が上限額は大きくなるのです。

財布自体が別の場合は別々のカードの方が良く、必ずしも家族カードの方が得とは限らないのです。

利用額が大きくなると会員ランクが上がるなど、カードによってはまとめた方が得なケースもあります。

メリットとデメリットを比較した方がお得に使えるのです。

また、家族カードの発行や、各種紹介キャンペーンで特典をもらえるクレジットカードも存在します。

それぞれどのルートで申し込むかでポイントバック率などが異なるため、しっかりチェックするのがおすすめです。

【クレジットカード病院】家計管理に役立つ保有率や認証コード10枚まで

【ノーマルタイプカード】普段から気軽に楽に使いやすいカード

ノーマルタイプのクレジットカード(楽天・三井住友VISA・セゾンインターナショナル)です

ノーマルカードで日頃から使いやすいのを選んでいく

クレジットカードには様々なランクがついているのですが、ノーマルタイプのものもたくさん種類はあります。

その中でも使いやすい種類を紹介していきたいと思います。

ノーマルカードの楽天カード

楽天カード

顧客満足度ナンバーワンとも言われているカードです。

それは、楽天市場だけではなくそれ以外でもお得なサービスが受けられるという事で人気が上昇しています。

入会して利用しただけで5000円分の楽天ポイントがもらえるというキャンペーン期間もあるのでチェックしておきましょう。

年会費が無料で、スピード発行という点でも利用者が多いようです。

ノーマルカードの三井住友VISAカード

CMでもおなじみですが、確かに世界的にみてもVISAカードを持っていると何かと便利です。

途上国はもちろんの事、発展途上国の国内線の航空券を買う際でもネットからでしたらVISAで購入が可能なので、便利です。

海外へ多く出向く人には向いているカードになります。

また海外旅行保険も付いているという事でも何かあった時の為には病院などでも有利に活用出来ます。

ノーマルカードのセゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

即日発効が可能という点で注目を集めているセゾンカードですが、年会費も無料という魅力があります。

西友系のスーパーでは特定日には5%割引というサービスも嬉しいですね。

主婦の人たちに人気があるカードです。

【クレジットカード不正利用】なりすまし悪意がある活用を絶対に許さない!

安心&安全のおすすめ現金化
スペシャルクレジット現金化はコチラ

【ICチップ付きカード】磁気ストライプ方式サイン要らずで処理能力が早い

ICチップ付きクレジットカードは、ICチップに情報を登録することによりサインレスで支払いができるクレジットカードです。

4桁の暗証番号を入力するだけで良いものの、ICカードを読み取る機器がなければサインが必要になるのが難点です。

ICチップ付きカードは処理能力が優れている

ICチップ付きクレジットカードはクレジットカードにICチップが埋め込まれているのが特徴です。

ICチップを読み取ることでサインなしでも決済が可能になり、暗証番号の入力だけで支払いができます。

従来型の磁気ストライプカードにかわるものとして普及が進んでいるのです。

ICチップ付きクレジットカードの特徴

ICチップ付きクレジットカードならサインが不要に

ICチップ付きクレジットカードは、ICチップを埋め込むことで決済手続きを簡略化できるようになっています。

署名ではなく暗証番号の入力だけで支払いができるため、サインが不要になるのです。

これはICチップの情報を読み取って、処理できるシステムができあがっているからです。

サービスを利用する側も、処理する側も手間が省けるため、普及が進んでいるのが特徴です。

セキュリティ面でも優れているのが特徴のICチップ付きカード

ICチップ付きクレジットカードはセキュリティ面でも優れています。

従来の磁気ストライプ式のカードの場合は、専用の装置でカードを読み取ることでカード情報が盗まれる恐れがありました。

磁気情報としてカードに記録がある場合は、それを読み込むことで悪用が可能なためです。

しかし、ICチップ付きクレジットカードの場合は記録できる情報量が多く、従来の方式ではカード情報を読み取ることができなくなっています。

ICチップ付きカードが普及する国ではクレジットカードの不正利用が減ったなどのデータも存在し、防犯にも役立つのが特徴です。

クレジットカードのセキュリティコードは重要な番号

ICチップ付きクレジットカードも万能ではない

ICチップ付きクレジットカードはセキュリティ面で優れていますが、専用の読み取り機械が必要になります。

カードが普及していても読み取り機械がなければ決済ができないのです。

そのため、ICチップ付きクレジットカードに従来型の磁気ストライプがついているケースも多く、防犯性を弱めている場合があります。

防犯性をとるか利便性をとるかでカード会社の対応もかわってくるため、自分の目的に合わせたカードを選ばなければならないこともあるのです。

【クレジットカード限度額】キャッシング・ショッピングの信頼枠と限度枠の違い

【ハウスカード】特定企業やチェーン店で活用できる愛着あるカード

ハウスカードとは特定のグループや量販店でしか使えないクレジットカードのことです。

使い道が限られるため悪用され辛いのが特徴で、管理がしやすいのが魅力です。

しかし、使える場所が少ないことから徐々に意味合いが違うカードにかわりつつあります。

ハウスカードは特定企業やチェーン店しか使えない

ハウスカードは特定の企業やグループなどでしか使えないクレジットカードです。

利用が限られる一方で、悪用され辛い、ステータス性が高いなど、特殊性の強さが魅力になっています。

但し、利用場所が限られる分採算が取れないケースも多く、徐々に姿を消しているのです。

ハウスカードの特徴

特定の店だけで使えるのがハウスカード

ハウスカードは特定企業やチェーン店、グループなどで利用できるクレジットカードです。

中にはステータス性が高いものやポイント還元率が高いなど、非常にお得なカードも含まれています。

一方で、普段使いには向いていないのが特徴で、別のクレジットカードを別途用意しないと不便になってしまうことがあります。

公共料金などの支払いにカードを使う人も増えているため、機能性の弱さがネックになるケースがあるのです。

ハウスカードは徐々に消えつつある

クレジットカードを発行する企業は増えていて、便利なことが当たり前になっています。

使い道が限られるハウスカードは減少傾向にあり、新規の受付自体が停止されていることも増えています。

利用目的と金額が限られるため、カードシステムの維持だけで赤字になってしまう場合もあります。

そのため、少しでも他社に対抗できるように国際ブランドと提携するカードも増えていて、一般的なカードとして使用できるケースが多くなっているのです。

純粋なハウスカードは消えつつあるのがポイントです。

名前だけが残っているハウスカードも多い

ハウスカードは国際ブランドと提携するケースが増えていて、カード名自体が変わるケースが相次いでいます。

一方で、カードの名前を変えない企業も存在します。それは純粋なハウスカードではなく、名前としてハウスカードという名称が残る場合です。

ハウスカードと名前がついていても、提携している企業の決済システムが使えるのがポイントになります。

提携ブランドをチェックすれば、純粋なハウスカード、名前が残っているだけか見分けることができます。

【クレジットカード使い分け】使い方・使えない場合の対処法を学ぼう

【マエストロカード】MASTERが提供する節約上手なデビットカード!

Maestro(マエストロ)はマスターカードが提供するオンラインデビットカードです。

クレジットカード感覚で使え、支払いは指定の銀行口座から引き落とされるのが特徴です。

使いすぎの心配がないものの、日本では入手困難なカードになっています。

マエストロカードは希少性が高く海外で人気!

Maestro(マエストロ)はマスターカードが発行しているデビットカードのことです。

デビットカードはクレジットカードのように利用が可能で、支払い分は指定銀行口座から引き落とされる形式になっています。

銀行の残高以上の決済ができないため、使いすぎを防げるのが人気のポイントになっています。

Maestro(マエストロ)の特徴

Maestroはデビットカードの一種

Maestroはデビットカードの一種で、VISAデビットカードのライバルにあたります。

クレジットカードと違い銀行の残高から支払いが行われるため、使いすぎの心配がなく、利息が発生する恐れもないのが魅力です。

主に海外で普及していて、日本への旅行者が使っているケースが多いのも特徴になっています。

ショッピング以外にも提携ATMでキャッシングを利用できるのも魅力で、現地の通貨が不足したときも手軽にお金を引き出すことが可能です。

Maestroを使ったお金の引き出しはお得

Maestroの魅力は海外で気軽にお金を引き出せることです。

ATMで現地の通貨が引き出せれば、銀行や空港などで両替してもらうよりも手数料が割安になります。

現金やクレジットカードの持ち歩きが不安な人でも使いやすく、特に複数の国をまたいで旅行をする際に便利です。

【Cirrus】のシールが張ってあるATMで利用が可能で、海外のセブン銀行などでもキャッシングに利用できます。

日本では発行が終了したマエストロカード

Maestroは使い勝手の良さなどが人気ですが、日本ではあまり流行せず新規の受付が停止されています。

そのため過去にカードを作った人しか持つことができず、新規で発行するには海外で手続きをする必要があります。

日本国内ではVISAブランドのデビットカードが浸透しているため無理に発行する必要自体がなく、希少性が高いカードになっています。

VISAブランドのカードも海外でキャッシングができるため、優位性もあまりない状態です。

【クレジットカード何枚持ち?】家賃支払い・住所名義変更や伝票手書き

https://www.youtube.com/watch?v=fq8pdWnfZLc

らくらくマネー現金化はコチラ

【リボ払い専用カード】最低返済額の調整確認と長期支払いに注意する

リボ払い専用クレジットカードは、自動的に支払いがリボ払いになるクレジットカードです。

リボ払いは残額に応じて一定額の支払いになるのが一般的で、一括の支払いにならないのが特徴です。

その分利息も膨らみやすくなるのです。

リボ払い専用クレジットカードは賢く運用できる

リボ払い専用クレジットカードは支払いが全てリボ払いになるのが特徴です。

一括払いではなく残額に応じて一定額を返済する方式が主流で、毎月の出費を調整しやすくなっています。

その分支払いが長引くケースが多いのがデメリットで、使いすぎに注意が必要です。

リボ払い専用クレジットカードの特徴

出費の調整をしやすいリボ払い専用クレジットカード

リボ払い専用クレジットカードは、支払いがリボ払いのみになっています。

キャッシング機能がついているものは一括での返済を選べないケースや、選んでもリボ払いになってしまうのが特徴です。

一括の返済ではないため大きな買い物をしても翌月返済に慌てずに済むのが魅力になっています。

出費の調整が行いやすいことから人気ですが、返済期間が長引き、利息が増えるケースがあることに注意が必要です。

リボ払いの金額を調整できないものもある

リボ払いと一言で言っても、返済額と返済方法には幅があります。

一般的なのが残高スライドバック方式です。

残高に応じて月の返済額が自動で調整される方法で、借入額が大きいほど月の返済額も大きくなります。

自分で返済額を追加するなど柔軟な返済ができるカードも存在します。

しかし、中には調整そのものができず、月の返済額が数千円のカードもあります。

この場合は返済期間が長引いて利息が増える可能性があるため注意が必要です。

返済額の最低額はチェックした方が良いリボ払いカード

金利の低いリボ払い専用カードの中には、最低返済額を小さくし、返済期間を長引かせることで元を取っているカードもあります。

リボ払い専用カードを契約する時は、最低返済額をチェックするのがおすすめです。

1万円程度であれば返済も比較的短く済みますが、2,000円など低額の場合は金利も含めて1万円の返済に半年程度かかるケースもあるからです。

返済額を調整できるかどうかも含めてチェックすることが重要で、賢く利用するポイントにもなっています。

特にキャッシングは利息が高い傾向があり、支払いが長引くことが多いのです。

【クレジットカード情報漏洩】保証人など意外と知らない最低限の基礎知識

【ドル決済専用カード】両替不要で手数料も少額で済む為替変動に注意!

ドル決済専用クレジットカードはドル建ての預金口座を持っている人が利用できるカードです。

ドルの支払いを円の口座で決済した場合は数%の事務手数料がかかる場合があります。

海外旅行時の手数料節減に貢献してくれるクレジットカードなのです。

ドル決済専用クレジットカードは為替変動に注意しよう!

ドル決済専用クレジットカードはその名のとおり決済をドルで行うクレジットカードです。

ドル建ての口座があることが前提で、日本で発行できるカードの種類は少なくなっています。

手数料の節約ができるのが特徴で、海外旅行で役立つカードの一つになっています。

ドル決済専用クレジットカードの特徴

支払い手数料は全てドルで行うドル決済専用クレジットカード

ドル決済専用クレジットカードはドル建ての口座を支払い口座に設定し、審査を受けることで発行できます。

支払いは全てドルで行うのが特徴です。

ポイントになるのが手数料です。通常はドルの支払いを円のクレジットカードで決済すると、1.6%から3%程度の事務手数料がかかります。

金額が大きくなれば無視できない数字です。

しかし、ドル決済専用クレジットカードを使う場合は最初からドルで支払うため事務手数料を節約することができます。

為替調整の手数料は若干取られますが微々たる金額のため、ドル決済時の節約に利用できるのです。

海外に頻繁に行く人や通販を行う人に人気のドル決済カード

ドル決済専用クレジットカードは、海外に頻繁に行く人や通販を利用する人に人気です。

個人事業や各種取引をする場合はドル決済の方が便利なケースが珍しくなく、振込みもドルにしておいた方が楽な場合もあるからです。

国際取引を頻繁に行う事業主や通販業者であれば費用の節約にもなります。

ドル建てで預金を行い、頻繁に海外旅行に行く人も便利に利用できます。

活用方法次第で出費を抑えることができるのです。

【現金化海外】安全?移住や旅行中でお金がない時でも利用できるの?

ドル決済をしないのであればあまり意味がない

注意したいのは、ドル決済をしなければ持つ意味がないと言うことです。

ドルの積み立て方によってはかえって手数料がかかってしまう場合もあります。

為替手形の手数料を比較してどちらがお得かは計算するのが必須で、無理に作らなくても国際ブランドのクレジットカードで決済した方がお得なケースもあるのです。

ドルの預金は為替による価値の変動があることも踏まえて、上手に活用することが大切になります。

【クレジットカード選び方】初めて持ちたい人の選別ポイントなど注意点

プライムウォレット現金化はコチラ

【ローンカード】提携ATMからお金を借りる金利や利息を調べておく

ローンカードはクレジットカードとは違い、一部の例外を除いてショッピングに使えないのが特徴です。

少額でも作りやすいのが特徴で、クレジットカードより金利が低いものが多いことも魅力になっています。

ローンカードは金利や利息がどれくらいかを調べておく

ローンカードはクレジットカード会社や銀行が発行しているローン専用のカードです。

提携ATMから簡単にお金を借りられるのが特徴で、一部の例外を除いてショッピングには使えないようになっています。

クレジットカードのキャッシングよりも金利が低いケースが多く、節約のために借り換えをする人もいるほどです。

ローンカードの特徴

ローンカードはお金を借りるためのカード

ローンカードはカードローンと呼ばれることもあります。消費者金融や銀行などが発行していて、金利や特徴もそれぞれ異なります。
共通しているのがお金を借りる専用のカードになっていることです。

ショッピング機能がついたものはほとんどなく、限度額が高額になると審査が厳しくなります。

限度額が最少額であれば審査も最低限で済むため、簡単な手続きで発行が可能な場合もあります。

利用する際は提携のATMからお金を引き出すか、ネット上から申し込んで指定口座に振込みを依頼する形になります。

基本的にそれ以外の用途には使えないようになっているのです。

ローンカードは金利が低めに設定されていることが多い

ローンカードの特徴は金利が低めに設定されていることです。

クレジットカードのキャッシングは年利18%程度のものが多く、借入額が多ければ金利も下がります。

しかし、カードローンの場合は15%程度の水準のものや、もっと金利が低いものも存在します。
条件によっては一桁%になるケースがあるほどです。

金利を比較してローンカードの方がキャッシングよりも安ければ、借り替えてしまうのも方法です。条件を見直すきっかけになる場合も多いのです。

ローンカードの返済方法には注意

ローンカードは金利が低いものが多くなっていますが、返済方法は必ずチェックする必要があります。

これは金利が低い分長期の返済が前提になっているケースがあるからです。

例えば月の最低返済額が数千円の場合、10万円単位でお金を借りると返済に数年かかってしまうケースもあるのです。

金利だけでなくどのように返済し、利息がどの程度になるか確認することも重要になっているのです。

【クレジットカード特典】キャンペーンを最大限活用!お得な使い方を探る

【休眠カード】無駄な出費が増えて年会費の払い過ぎになるため早急に解約

休眠カードとは1年以上使われていないカードをさすクレジット用語です。

注意したいのは有料カードが休眠カードとなっている場合です。

休眠カードであっても年会費の支払いは必要になるため、忘れたまま支払いが続けられているケースがあるのです。

休眠カードのように使っていないカードは常に確認しておく

休眠カードは1年以上使われていないカードのことで、主にクレジット業界で使われています。

クレジットカード会社はカードを利用しないと儲けが出ないことが多く、休眠カードを作らないように様々なキャンペーンを行っています。

上手く利用すればお得になる一方で、利用の仕方を間違えると損をする駆け引きの部分があるのです。

休眠カードの特徴

休眠カードはカード会社に嫌われる

休眠カードは1年以上使われていないカードのことです。

ポイントや優待目当てでカードを作って忘れてしまう人も珍しくなく、家に使っていないカードが眠っているケースもあります。

休眠カードになってしまうとカード会社は儲けを出せなくなります。

これは支払いの手数料でカード会社が運営されているためで、利用されないカードは一銭の得にもならないからです。

特に特典だけ受け取られてしまうとカード会社も赤字になるため、様々なキャンペーンを用意して利用を促す場合が多くなっています。

独自ポイントも1年が時効になることが多い

休眠カードをなくすための手法の一つが、独自ポイントです。

ポイントには時効が存在し、1年で消滅するものが多くなっています。

永久不滅ポイントをうたうカードもありますが、その分ポイントバック率は低めになっています。

年一回でも利用すれば優待を受けられるなど、特典を設けているケースもあります。

特典は消費者の利用を促すためでもあり、カード会社と利用者の駆け引きのような面でもあります。

有料会員カードは休眠カード化しないように注意

注意したいのは年会費が有料のカードです。

年会費が有料のカードの場合は休眠カードになっていても毎年年会費が支払われます。存在を忘れ、放置しているだけでお金がかかっていることは珍しくないのです。

また、年一度でも使えば年会費がかからないようにするなど、工夫しているカードもあります。

無理に持ち続けるよりも解約した方がお得なケースもあるため、使っていないカードがあるならどんなカードなのか確認することも大切です。

【クレジットカード年会費】無料にして無駄を省いて現金化に活かそう!

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • スペシャルクレジット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • バンクレジット
    詳細はコチラ

以上、【クレジットカードライフスタイル】あなたの生活に適したカードを選ぶ!…でした。