PR

アップサイクルとはリサイクルとどのような違いがあって良いことなのか?

アップサイクルとはリサイクルとどのような違いがあって良いことなのか?

アップサイクルというのは物の再利用という意味ではリサイクルと同じですがリサイクルとは全然違います。

リサイクルというのは不要になった物を原料に戻してそれを新たに再利用して新しい製品を作ることを意味しますが、アップサイクルの場合はリサイクルとは違って再利用はしますが、リサイクルのように原料に戻すということはしないです。

ではアップサイクルはどのようにするかというと今ある物を別の物にするという方法で本来なら捨てていたはずの物に付加価値を与えて再利用するということを意味します。

アップサイクルの良さはどこか?

アップサイクルの良いところはなんといってもリサイクルよりも使うエネルギーが少ないところにあります。

リサイクルの場合は不要になった物を原料にまで戻すことになるのでその分エネルギーが必要になりますが、アップサイクルの場合は今ある物に手を加えてさらに価値ある物にしていくというものなのです。

またリサイクルとは違って原料に戻すということがないので、使われるエネルギーが少ない割には価値ある物に変化させてさらに価値がある物に変化させることができるという点でリサイクルよりも良いというのがあります。

エネルギーをできるだけ使わないでさらに価値がある物を作ることができるという点で、アップサイクルはメリットがあります。

アップサイクルにはデメリットはないのか?

アップサイクルというのがリサイクルとは違って捨てられるはずだったものに手を加えてそれに価値を持たせるという点で、リサイクルよりも使うエネルギーを少なくできるという良さがあります。

その反面リサイクルよりも、アップサイクルの場合は不用品の粗材の回収をするのが難しいというのがあります。

リサイクルの場合はある程度不用品の回収をする方法が構築されているのですが、アップサイクルの場合はそれがまだ上手くできていないというのがあります。

なので、リサイクルのように大量に不用品を集めてそれを原料にするという風にできないので、まとまった量のアップサイクルがなかなかできないというのがあります。

アップサイクルの場合はこれを廃棄する予定だった物に手を加えて価値を与えるという物なので、物によってできる物が違うのでその不用品を集めるというシステムの構築が難しいというのがあります。

そのようなデメリットがあるのがアップサイクルになります。

アップサイクルなら新しいビジネスになる

アップサイクルが最近になって注目されている理由がここにビジネスチャンスがあるからです。

世界でもアップサイクルをやって本来ならただ捨てられるだけだった物に手を加えて全く新しい物を作り出すことで、新しい価値を持たせることが注目されるようになっていて、今はまだそれほでもないですが今後さらにアップサイクルに注目されるようになることが予想されます。

それは世界だけでなく日本でもさらに注目されるようになっていくと思われます。

なので、今後新しいビジネスを展開していきたいと思うならアップサイクルを新しいビジネスとしてやっていくのが良いというのがあります。

日本でも昔から物を大事にする文化がありますので、本来捨てるはずだった物に手を加えてただの廃材から価値ある物にするというビジネスは受け入れられやすいです。

また世界的に環境問題が問題となっている今の時代だからこそアップサイクルが新しいビジネスとして成功しやすいと言えます。

アップサイクルが成功しやすい理由

アップサイクルというビジネスが成功しやすいのはどうしてかというと、アップサイクルという考えに企業だけでなく消費者もかなり熱い視線を向けているというのがあるからです。

いくら、企業だけがこれをやってビジネスを成功させたいと思っても消費者がそれに賛同しなければビジネスは成功しないです!

ですが、今の時代は世界的に色んな災害が起きるようになったことで環境問題に対して真剣に考えるようになった消費者が増えたことで商品の購買行動にも変化が出てきました。

そうなると、アップサイクルという本来なら捨てられるはずだった物に手を加えて新しい価値を加えてそれを商品とすることに消費者もかなり肯定的に考えるようになってきたこともあって、今後さらにアップサイクルというビジネスは広がっていくと思います。

アップサイクルを糧に自然に優しい生活をしたい

アップサイクルというのが多くの人に受け入れられるようになってきたとはいっても、リサイクルのようにしっかり廃材を集めるシステムを構築できていないという問題があります。

ですが、今後リサイクルのようにアップサイクルも世間で認知されるようになっていけば、アップサイクルで使う廃材もリサイクルと同じように廃材を集めるシステムの構築もいずれは可能になるはずです。

それぐらい今アップサイクルという考えが世界的に広がってきていて廃材を原料に戻すリサイクルだけでなく、廃材に手を加えて捨てるはずだった物に価値を与えるようにすることで、新しい形で環境保護に貢献できるようになります。

今はまだそこまでアップサイクルという考えが浸透はしてないですが、いずれリサイクルと同じくらい多くの人に認識されるようになってアップサイクルをすることが当たり前の社会になっていくはずです。

なので、これからビジネスを始める人はアップサイクルに参入するのもありです。

アップサイクルとはリサイクルとどのような違いがあって良いことなのか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

マネフレサイトオープンから支える現金化アドバイザー
金融関係などのマネーサービスを解りやすくアドバイスするビッグママ的な先生

目次