PR

古紙回収で雑誌や新聞紙・段ボールを買取処分して現金化するやり方は知りたい!

古紙回収で雑誌や新聞紙・段ボールを買取処分して現金化するやり方は知りたい!

ブランドものや電化製品など高く売れそうなもので何も売るものがない、クレジットカードのキャッシングもショッピング枠も満杯、借りる人も借りる場所もない場合、古紙を売ることで現金を手に入れられる場合があります。

リサイクルすることで必要な資源を使ってまた新しい商品作ったり、資源の無駄遣いもなくします。

ただし、買取してもらうためには条件が必要だったり、すべてものが必ず買取してもらえるわけではありません。

事前に内容を理解して準備したり、うまく買取業者を選ぶことで高く買ってもらうことができるようになります。

古紙回収で新聞や雑誌、段ボールの買取とは

要らなくなった新聞や雑誌、段ボールを買取してもらうことで、現金化することはできます。

ただし古紙の買取は重量で決められることが多く、ある程度の重さがないと買取してもらうことはできません。

重量が増えれば買取金額は増える仕組みとなります。

自宅で新聞や雑誌、段ボールなどがあることも多いですが、お金にするためにはまとまった量が必要です。

最悪無料での引き取りになることもありますが、今は処分するためにもお金が必要なこともあるため、買取業者に引き取りだけ頼んでもよいです。

少しでもお金が欲しいと考えているなら、古紙の買取は会社や病院など、自宅より使用料が多いと考えられるところがおすすめです。

会社なら毎日たくさんの書類がありますし、商品の在庫を抱えるようなところなら段ボールもたくさんあります。

大きな病院でしたら取り扱う雑誌の数も多く、月単位になるとまとまった量になります。

古紙回収の新聞、雑誌、段ボールの回収方法とは

古紙の回収方法は、業者が必要な場所まで引き取りに来るか、自分で業者まで持っていくかの2パターンです。

業者が引き取りに来る場合ですと、その業者が回収に来てくれるエリアかどうか確認する必要があります。

またあまりにも少量ですと引き取り不可になることもあるため、事前に重量や引き取りしてほしい量について、伝える必要もあります。

また、会社や病院など定期的に古紙が出ることがわかっている場合は、どういう頻度で引き取りを依頼したいか、重量も多く回収頻度も多いようなところは買取が価格が高くなったりする場合があります。

自分で買取業者に持ち込むこともできますが、自分で持ち運びをするデメリットもあります。

まとまった量になると重さも出てくるため、それを自分でする場合は手間になります。

ただし、自宅のものを整理する感覚でしたら、そのまま処分してもらうこともできたり、その場でトイレットペーパーをもらえたり、少量で現金でなくても物に変えてくれることがあります。

古紙回収で新聞や雑誌、段ボールを買い取ってもらうための準備

古紙を買取業者に引き取ってもらうための下準備として、同じものはまとめておくということがあります。

必要に応じてビニールテープでしばったり、業者側が管理しやすく見やすいようにしておくと、買取までの見積もりや処理がスムーズです。

ファイルに入っているものは外に出しておいたり、金属製のものを使ってまとめてあるようなものをはそのクリップなどを最初からはずしておいて、紙のみの状態にしておくことで、買取もしてもらいやすくなります。

シュレッダーの紙など通常なら引き取りが難しそうなものも、買取してくれる業者があったり、業者によって取り扱っている商品に微妙に違いがあるため、何を買取してもらうことができるかどうかはよく注意しておきたいところです。

自分で勝手に無理だと思い込み処理した後にわかると、もったいないです。

古紙回収で新聞、雑誌、段ボールなどを高く買ってもらうためには

古紙回収の買取価格は微妙に変動しています。

買取まで時間があるようなら、その高くなった時期を見払ってもよいです。

業者側に問い合わせることでもう少し具体的な買取価格がわかります。

業者側もまとまった量の古紙を定期的に回収すると、仕入れが安定しますので、そのような企業に優遇します。

ですから若干買取価格が高くなります。

もっと詳しい数値が知りたいのなら、見積もりをすることが確実です。

引き取りエリアなどの問題で業者を選ぶことができないこともありますが、複数あるのなら相見積もりをしてしっかり選ぶこともできます。

古紙回収で新聞や雑誌、段ボールを現金化できる

古紙回収で買取してもらうことで現金化することは可能です。

同じものまとめておくことや、できれば紙だけの状態にしておくことで、業者の見積もりや買取までの流れもスムーズになります。

シュレッダーで処理した紙も業者によっては買取可能です。

しかしながら、古紙の買取は重量で計算しているため、ある程度まとまった量がないと、自分が欲しい金額までは追いつきません。

まとまった量があり、定期的な引き取りがあるような会社は、業者に優遇され買取価格も上がります。

自宅で必要のないものを処分しに行くような感覚で、買取業者を使うのもおすすめです。

買取ができなくても無料で処分を受け付けてくれることもありますし、トイレットペーパーなどに交換してくれることがあります。

資源を無駄にしないためにも、売れるものを捨てないためにも、買取業者にまずは問い合わせしてみるのもよいです。

以上、【古紙回収 新聞 雑誌 段ボール現金化】どうしたらお金になるのか?…でした。

古紙回収で雑誌や新聞紙・段ボールを買取処分して現金化するやり方は知りたい!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

フレコのアバター フレコ アシスタント

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次