最近話題になっているリースバックについて詳しく解説しています。リースバックにはどんなメリットがあるのか、どんなデメリットがあるのかと言う事について詳しく解説しているので、リースバックに興味がある人はぜひチェックしてください。の基本的な情報も解説しているので、知っていれば人生の選択肢が増えることでしょう。

リースバックを利用して住み続けながら自宅売却でゆとりのある生活を過ごす

リースバックとは、自宅不動産を売却してまとまった資金を得た上で家賃を支払いながら自宅に住み続けられるサービスです。

その仕組みについてさらに詳しく解説すると、あなたの住んでいた不動産を買い取った業者は貸主になり、あなたが借主となります。
両者が賃貸借契約を結ぶことで、売却した後でもこれまで住み慣れた自宅でゆっくりと生活することができます。

リースバックで売却した資金で住宅ローンを完済できれば、住宅ローンから解放されます。

収入がなくなると住宅ローンは大きなストレスになる場合がありますが、そのストレスから解放されるのは大きな魅力です。

もし住宅ローンが残ってしまった場合でも、返済額より家賃を低くできる場合もありますから、しっかりと負担軽減することができるでしょう。

もしリースバックを利用して所有者があなたではなくなってしまっても他の人から見ても何も変わりません。

つまり自宅を売却したことをご近所さんに知られる心配もありません。

リースバックはどうして人気になったの?

リースバックの利用者が増加している背景にはどんなものがあるのでしょうか?

まず考えられることが、住宅ローン利用者の平均年齢の上昇です。

自宅を購入するタイミングが遅くなってしまったり、月々の返済を少額に抑えようと思うと、定年した後も住宅ローンを支払い続けなければいけない状態になります。

働いているときには「定年後にローンが残っていても大丈夫」と思うのですが、実際に定年してからローンが残っていると心細くなり心配な気持ちになる人が多いのも事実です。

退職後の住宅ローンの返済が金銭的、そして心理的な負担となり、リースバックを選ぶ人が増えているのです。

安心&安全のオススメ現金化
タイムリー現金化はコチラ

リースバックがオススメできる人はどんな人?

◆老後の資金が不安になっている人

働いていて収入があればローンの支払いはあまり気にならないのですが、退職時期が迫るにつれ、老後の生活費に不安を抱く方はたくさんいます。

今は60歳を過ぎてもそのまま雇用を継続して働いたり、第二の仕事を探す人も増えてきました。

とはいえ、給与は現役時代より引き下げられ、ローンが負担に感じてくるのです。

どんどん減っていく預金残高をみると「ローンを返済している場合ではない」と心細くなるのです。

そんな方にオススメなのがリースバックです。

この方法を利用すれば住宅ローンの返済から解放されながらも自宅に住み続けることができます。

◆相続対策

自宅を持っていればいずれは相続する必要がありますが、このときにトラブルになるシチュエーションは非常に多いのです。

あなたが持っている住宅のせいで子供同士の仲が悪くなってしまっては意味がありません。

リースバックを利用すれば自宅を売却することになるため、遺産を兄弟で平等に分割することもできます。

住宅を均等に分けることはできませんが、これなら仲良く資産を分割できるというわけです。

このように相続対策として自宅を整理しておきたいと考えているなら、リースバックがオススメです。

◆ローンの返済が滞ってしまった人

年金生活が始まると、住宅ローンはネックになります。

住宅ローンを返済するために生活費が圧迫されてしまい、貴重な貯金を切り崩さなければならないケースもあります。

こんなときにリースバックを利用すれば、売却して得られた資金によりまとまったお金を手に入れることができ、残っている住宅ローンを全て返すことができます。

身軽になった老後生活は楽なものです。

どんなときもクレジット現金化はコチラ

リースバックのメリットは?

さて、リースバックの魅力については理解してもらえたと思いますが、更なる魅力について解説しましょう。

◆現金化が早いので資金調達がすぐできる

リースバックを利用すればすぐにまとまった資金が手に入ります。

資金調達といえばローンが思い浮かびますが、審査などを受ける必要があるので手元にお金が振り込まれるまで時間がかかります。

一方、リースバックであれば話がまとまれば、ローンの審査をクリアするよりも圧倒的に早く資金を調達することができるでしょう。
◆資金に余裕があれば買い戻せることもある

自宅を売却する時は躊躇があるものです。

「あとから後悔しないだろうか」と不安になるので、一歩が踏み出せない場合もあるでしょう。

しかしリースバックであれば将来、買い戻すことができる可能性があります。

将来的に資金が貯まったら住み慣れた家に戻ることができるかもしれないという安心感があれば、思い切って売却することもできるでしょう。

◆引っ越ししなくていい

リーズバックならそのまま住み慣れた家に居続けることができます。

引っ越しをしなくていいので経済的な負担がかからないのです。

荷物を整理したりという手間もないので、気軽に次の一歩を踏み出すことができることでしょう。

このようにリースバックにはメリットがたくさんあります。

リースバックのデメリットは?

◆売却金額が相場以下になることもある

リースバックではそのまま自宅に住める、という通常の不動産売却とは異なる条件があります。

そのため普通に自宅を売却する場合と比較して売却金額が低くなる傾向があります。

一般的には市場価格の70%程度になることが多く、住み続けるという選択肢がないなら普通に売却した方がいいかもしれません。

◆ずっと住み続けられる保証はない

リーズバックの魅力は、売却した後でも住み続けることができることですが、必ずしもその保証があるわけではありません。

つまりお互いの合意があれば再契約を結ぶことはできますが、基本的に契約期間が終了すれば退居を求められる可能性もあるのです。

リースバック 現金化

自宅を利用して現金化をしたいときにはリーズバックがオススメです。

銀行でローンを借りるよりもスピーディーに、そして住み慣れた自宅に住み続けながらお金を借りることができるのです。

生活自体は利用する後と前ではほとんど変わることがないので、心理的な負担もなく利用することができるでしょう。

現金化を考えている人にとってリースバックというのは魅力的な選択肢の1つです。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ

以上、リースバックで自宅の不動産売却で得た資金で住宅ローンから解放される…でした。