耳慣れない人も多いであろう「フリクションレス」を定義するとともに、現金化の分野におけるフリクションレスの概念を解説しています。キャッシュレス決済が普及するように、現金化の分野ではどのようにフリクションレスが進んできたのか、また、今後どのようにさらに変化していくのかを考察してみました。これは、フリクションレスという観点から物事を考えるきっかけになるでしょう。

フリクションレスは釣り銭を受けとるなど小銭要らずな生活をなくしていく

フリクションレスは釣り銭を受けとるなど小銭要らずな生活をなくしていく

「フリクションレス」と聞いて、即座に意味を理解できる人はそう多くないでしょう。

フリクションレスを理解するには「フリクション」という言葉の意味を知る必要があります。

「フリクション」には手数料や支払いの際の手間によって本来得るべきである様々な機会損失が起こる、という意味があります。

またサービスの継続を遮断してしまう、という意味でもあります。

そしてフリクションの語尾に「レス」と付くことで、これらを無くしてストレスのない支払いをおこなうことです。

またそれによりスムーズにサービスを利用できるのです。

私たちにとって身近なフリクションレス

「フリクションレス」という言葉の意味はわかっても、いまひとつピンとこない人もいるでしょう。

しかしフリクションレスは私たちの身近にもあります。

そしてそれは、キャッシュレス決済です。

この数年でキャッシュレス決済は広く普及しました。

それまでは現金を銀行口座から引き出し、レジで現金をキャッシャーに渡し、釣り銭を受けとる…といった一連の作業が必要でした。

しかしクレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済によって、その手間や時間が短縮できるのです。

またキャッシュレス決済では、銀行から現金を引き出す手数料を支払うことなくサービスや商品を購入することができます。

キャッシュレス決済の普及によって、私たちの経済活動は格段にスピーディーに、便利になったことは間違いありません。

これまでフリクションレスという言葉を知らなかった人でも、知らず知らずのうちにフリクションレスを実践していたのです。

電子マネー現金化!買取のやり方など残高を換金してお金に換える方法 電子マネー現金化!買取のやり方など残高を換金してお金に換える方法

フリクションレスで現金化サービス利用が進んでいく

フリクションレスという概念はクレジットカード現金化の分野でも広がってきています。

例えばこれまでの現金化というと、クレジットカードで品物を購入するという作業や、それを買取ショップに持ち込むという行程が必要でした。

しかしクレジットカード現金化サイトが増加した今は、自分がいる場所や利用する時間を制限するものはありません。

どこにいても何時であっても、クレジットカードを現金化することが可能になったのです。

これによって場所や曜日、時間によって現金化サービスを遮断することなく、またスマホ1台という手軽さで、申込み手続きから入金確認までを完結させることができるようになりました。

私たちの時間は無限ではなく、時間を無駄遣いするということは高いコストがかかっているとも考えられます。

こういった意味で、現金化におけるフリクションレスが進むことで、私たちの生活はより豊かに、無駄なものを削ぎ落としたものへと変化していくのです。

クレジットカード現金化業者は大手の暗証番号が安全に需要が高まる クレジットカード現金化業者は暗証番号が安全な有名で優秀な店の可能性が高い

フリクションレスで健全な経済活動が活発化していくかも!?

フリクションレスのメリットは個人の利益にとどまりません。

フリクションレスな社会の推進や、フリクションレスな経済活動がおこなわれることによって、健全な経済活動が自然と増加して、結果として経済が活性化することが予測されるからです。

フリクションレスは消費者の経済活動を活発化させて機会損失を回避する一方で、サービス提供者や商品を販売する側にもメリットをもたらします。

例えば現金化におけるフリクションレスという観点では、利用者が時間を気にせずに現金化をすると同時に、現金化サイトの運営側にも事業の機会損失を回避するというメリットがあります。

また店舗をかまえて買取ショップなどを運営しようと思うと、家賃や人件費がかさみます。

これが換金率にも反映するため、高い換金率を維持するのが難しくなります。

しかし店舗をもたない現金化サイトの場合は、最低限の人件費でコストを抑えることができます。

だからこそ、現金化サイトの換金率を高く設定することができるのです。

こうして、現金化におけるフリクションレスによって現金化サイトの運営側だけではなく、利用者にとってのメリットに繋がっていくのでしょう。

安心&安全のおすすめ現金化
スペシャルクレジット現金化はコチラ

日本ではフリクションレスの分野はどうなっていくのか?

現代のデジタル化の変化には目まぐるしいものがあります。

それは現金化の分野でも同様で、一昔前であれば「クレジットカードは買い物の決済に利用するもの」としか認識されていませんでした。

しかしいつの間にか、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にすることが珍しくはなくなりました。

またECサイト等で商品を購入するのと同じ感覚で、クレジットカードを使って現金を手にすることができるようになりました。

現在のクレジットカード現金化では、このように現金化サイトからの申込みで、自分の望むタイミングで現金を調達できるようになりました。

しかし審査がなかったり、いくら手続きが簡単明快とはいっても、その手順を踏まずに現金化はできません。

そう考えると、現金化の分野でもまだまだフリクションレスが進む可能性はおおいにあります。

それがどのような変化となるのかは想像もつきませんが、現金決済しか選択肢がなかった時代から、キャッシュレス決済が決済方法の大部分を占めるようになった昨今では、どのような変化であっても柔軟に対応できるであろうことは想像に難くありません。

デジタルカードの特徴・メリット・デメリットを徹底解説!現金化する方法も紹介 デジタルカードの特徴・メリット・デメリットを徹底解説!現金化する方法も紹介

フリクションレスと現金化の関係性はいかに!

フリクションレスという概念が広まってきた昨今では、その変化の波が現金化の分野まで押し寄せてきています。

その最も大きな変化が、以前は必要だった「品物を購入する」「買取ショップに持ち込む」という行程が不要になった点でしょう。

今では「現金化サイトにアクセスする」「簡単な申込み手続きをおこなう」という2ステップで、簡単に時間をかけることなく現金化が可能になっています。

これがまさに現金化におけるフリクションレスだといえます。

現金化におけるフリクションレスの変化は、利用者にメリットがあるだけではなく、現金化サイトの運営側にも恩恵があります。

そうでなければ、これだけ多くの現金化サイトが次々に創業することの説明がつきません。

フリクションレスと聞いて真っ先に思い浮かぶのはキャッシュレス決済ですが、今後もフリクションレスは決済方法にとどまらず、現金化の分野でもこれまで以上に変化をもたらすことでしょう。

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • 現金化堂
    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ
    詳細はコチラ

以上、【フリクションレス】ストレスのない支払いからスムーズな会計が活発化する…でした。