クレジットカード現金化業者は大手の方が安全な優良店の可能性が高い

安心安全な優良店の特徴にはどんなものがあるの?

年々、人気と需要が高まっているクレジットカード現金化ですが、悪徳業者が紛れてるのは事実ですよね。

そんな悪徳業者に引っかかってしまうと様々なトラブルに巻き込まれるとして、利用者は常に警戒しています。

しかし、現金化業者の数が増えすぎて、この業者は優良店なのか、見極められない人も多いのでは?

一般的には、大手=安全=優良店のイメージがありますよね。

安全な優良店を利用したい場合、大手を選んだ方が安心なのでしょうか。

気になる項目をチェック

クレジットカード現金化も大手なら優良店の可能性が高い

結論から言いますと、安全な優良店を選びたい場合、大手の現金化業者をオススメします。

クレジットカード現金化も大手なら優良店の可能性が高い

何故なら大手=サービスに満足してる人が多い、になるからです。

今はネット社会です。

少しでもサービスに不満があると、利用者はすぐにSNSや口コミサイトに書き込みますよね。

そして、そんな書き込みを見た人が「この業者は良くないんだ」と思ってしまって、利用者はどんどん減っていってしまいます。

つまり、サービスが悪かったり少しでもトラブルが起きる業者なら、利用者も増えないし、大手と呼ばれるほど事業が拡大できるわけないんですね。

逆に、実際に利用した人がサービスが良いと思い、ここは優良店だと感じる人が多いから、利用者が増え続けて大手と呼ばれるようになるんです。

特に大手の場合、口コミや感想の数も多くなりがちです。

沢山ある口コミや評価を見られ、それでも利用者に選ばれ続け、大手と言われる。

これは、大手=優良店の立派な証拠ですよね。

また、大手と呼ばれる業者は創業年数が長いのも特徴。

悪徳業者は、悪評が広まりきる前に数ヶ月単位ですぐに会社を潰す→新しい会社を作って騙すを繰り返します。

創業年数が長い=悪徳業者じゃないという証拠でもあるので、その点でも大手は安心感があるんですね。

大手じゃない業者は情報が少なくて悪徳業者を避けにくい


また、大手をオススメするもう一つの理由は、ネット上に情報が多いからです。

大手と呼ばれる業者は口コミや評価も多いし、特徴を紹介してるサイトも多いですよね。

それらは、この現金化業者はどんな業者なのか、安全なのかを見極める大事な材料になるわけです。

しかし、大手じゃない業者の場合、利用者も少ないのでネット上の情報も少なめですよね。

口コミや評価も少ないので、優良店を見極める材料が少なすぎるし、特徴もわからないので他の業者と比較する事もできません。

唯一、現金化業者のサイトからは情報を得る事ができますが、基本的に公式サイトは自社の利点しか強調せず、他社と比べて劣る点やデメリットは記載されていません。

良い面しか書かれてない公式サイトだけを見て、業者選びの材料にするのは危険ですよね。

このように、大手じゃない現金化業者はあまりにも情報が少なすぎるので、悪徳業者を避けにくいんです。

だから、少しでも安全にクレジットカード現金化をしたいなら、大手がオススメなんですね。

安心安全な優良店の特徴にはどんなものがあるの?

実は、優良店には特徴があるのはご存知ですか?

安心安全な優良店の特徴にはどんなものがあるの?

少しでも安心安全にクレジットカード現金化をする為に、大手業者だとしても、必ず下記の特徴に当てはまるかチェックしておきましょう。

換金率が相場通りの70~85%

クレジットカード現金化の換金率には相場があり、基本的に優良店はこの相場内の換金率に納まっています。

もし、換金率が相場以上なら、その業者は悪徳業者の可能性あり!です。

高換金率で釣り、高い手数料を取る詐欺行為を行っているので、注意してくださいね。

古物商許可番号が記載されてる

買取方式の場合、中古品を取り扱うので古物商許可が必須になります。

この古物商許可を取得してるなら、法律には違反してない業者と言えます。

会社の住所や代表者が記載されてる

公式サイトに会社の情報をしっかり載せるのは、ビジネスの常識。

それなのに、住所や代表者の名前すら記載しないような現金化業者は、悪徳業者の可能性が高いです。

会社の情報を隠すことなく載せている業者を信用しましょう。

上記の特徴全てに当てはまる業者なら、優良店の可能性が限りなく高くなります。

ぜひ、現金化業者選びの参考にしてみてくださいね。

現金化業者は大手の方が安全なのか、その答えは見つかりましたか?

クレジットカード現金化で業者を利用する場合、悪徳業者に騙されるリスクを完全になくすことはできません。

しかし、大手なら悪徳業者が紛れ込む事はほぼないし、優良店の特徴に当てはまる業者を利用すれば、悪徳業者のリスクは最小限に減らす事ができるんです。

業者選びで悩んだ時は、とりあえず大手を選んでおけば安心ですよ。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

>>信頼できる優良店舗の現金化を見てみよう!

クレジットカード現金化の特徴を知り違法な不正利用を働く可能性大な業者は避ける

クレジットカード現金化に紛れている悪徳業者。

この悪徳業者には、特徴があるのはご存知ですか?

手数料が曖昧、カードの情報を知りたがる、古物商許可を取得していない、会社の概要が適当。

これらの特徴を持つ業者は間違いなく悪徳業者なので、安心安全の優良業者を利用するために避けましょう。

キャッシングやカードローンに比べ、手軽に利用できるのが魅力のクレジットカード現金化。

しかし、近年はあまりに需要があり過ぎて、詐欺行為を働く悪徳業者が紛れてしまい、利用者がトラブルに巻き込まれてしまうケースも。

クレジットカード現金化で損をしない為に、違法な悪徳業者は避けたいですよね。

今回はクレジットカード現金化の悪徳業者の特徴を紹介します。

現金化業者を選ぶ時の参考にしてみてくださいね!

手数料の記載がない現金化業者は悪徳業者の可能性あり!

現金化業者を利用する時、様々なものの提出を求められますよね。

身分証明書、利用者本人の顔が写った写メ。

この時、クレジットカードの両面の写メを送らせようとする現金化業者もいます。

しかし、そんな業者は間違いなく悪徳業者なので気を付けましょう。

手数料の記載がない現金化業者は悪徳業者の可能性あり!

クレジットカード現金化業者を利用する時、必要なのは身分証明書と顔の写った写メのみ。

上記2つはカードの不正利用がない事を証明するために必須ですが、クレジットカードの情報は必要ないんです。

それなのに、クレジットカードの写メを送らせたり、カード情報を聞き出そうとする現金化業者は100%悪徳業者です。

クレジットカードの情報を利用してカードの不正利用を働く可能性大なので、絶対に利用してはいけません。

もし、現金化業者にカードの情報を聞かれても、絶対に話すのはやめて、すぐにその現金化業者の利用をやめましょう。

身分証明書と顔が写った写メ以外の提出を求める現金化業者は、要注意ですよ。

クレジットカードの情報を知りたがる現金化業者は危険!


クレジットカード現金化は、業者が指定した商品を購入して、その商品を現金化業者に転売する事でお金を得る方法ですよね。

つまり、実質的に中古品の売買をしてるサービスという事です。

実は中古品を取り扱うには、古物商許可が必須だと古物営業法で決められているのはご存知でしょうか?

現金化業者の場合も中古品を売買してるので、営業するにはこの古物商許可が必要になるんです。

つまり、古物商許可を取得してる業者は優良業者、逆に取得してない業者は悪徳業者と判別することができるわけですね。

悪徳業者の場合、わざわざ古物商許可を取得したりはしません。

何かあったらすぐに会社を畳んで逃げるだけなので、わざわざ手間と時間をかけて古物商許可を取るのは無駄になるからです。

だから、古物商許可を取得してる業者は、長く営業を続けるつもりがあるので信用しても大丈夫です。

また、この古物商許可ですが、必要なのは買取方式の業者のみで、中古品の売買がないキャッシュバック方式は必要ありません。

その為、キャッシュバック方式の業者で古物商許可番号がなくても=悪徳業者ではないので安心してくださいね。

買取方式の業者は古物商許可の番号が公式サイトに載っているか


会社の公式サイトには、その会社の住所や代表者の名前が載っているのが普通ですよね。

しかし、現金化業者ではこれらの会社の概要が全く載っていない業者もいます。

買取方式の業者は古物商許可の番号が公式サイトに載っているか

当然ですが、その業者は悪徳業者です。

利用者に信頼される為にも、社会の常識としても、最低限会社の住所や代表者の名前を載せるのは当然。

それなのに、それらの情報を一切載せない、もしくは実在しない住所、存在しない代表者を載せていたら間違いなく悪徳業者なので注意しましょう。

この他に、公式サイトには必ずある連絡先の電話番号。

この電話番号が携帯番号の場合、悪徳業者の可能性あり!

長く運営を続けていきたい業者なら、必ずフリーダイヤルを取得します。

携帯番号の場合は長く続ける気はない、いつでも逃げれる体制をとってる業者なので、利用するのは危険です。

また、会社の運営実績を見るのも大事。

運営期間が長い業者ほどトラブルを起こしてない業者なので、しっかりとチェックするようにしましょう。

会社の住所・代表者がしっかりと記載、連絡先が携帯番号じゃない、運営実績が長い。

これらに当てはまる業者なら、悪徳業者の可能性は低くなります。

残念ながら、クレジットカード現金化の業者には悪徳業者が紛れてるのは事実。

しかし、少数しかいない悪徳業者を怖がって、便利なクレジットカード現金化の利用を躊躇するのは勿体ないですよね。

今回紹介した悪徳業者の特徴を参考にすれば、安心安全に現金化業者を利用する事も可能です。

優良業者を上手に見抜いて、お得なクレジットカード現金化をしてみましょう。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

本気でお金がほしい人はコチラ

クレジットカード現金化にも悪徳業者はいる怪しい悪用ポイントを見抜く検証とは

クレジットカードを用いた現金化は、クレジットカードのショッピング枠と呼ばれる枠を利用して現金を得る方法であり、今ではクレジットカード現金化業者も登場するようになりました。

しかし、インターネット上にあるクレジットカード現金化業者の中にも悪徳業者がいますので、今回は悪徳業者によくある傾向や手口について紹介していきます。

クレジットカード現金化業者はどういう事をしているスタッフたちなのか?

クレジットカードは様々なサービスや支払いに利用する事ができますので、とても便利ではありますが支払いがデビットカードのように銀行口座から即座に引き落としとはなりませんので、大抵は翌月にまとめて支払いとなってしまいます。

そのため、使いすぎには注意しなければクレジットカード会社からの請求で大変なことになってしまいますので、クレジットカードを利用したら「何にいくら使ったか?」を自分なりに把握しておきましょう。

そしてクレジットカードを用いた現金化と言えば「キャッシング?」と思うかもしれませんが、クレジットカードの現金化はキャッシングではなく「換金性の高い物を購入して売ってお金にする」という方法です。

ただし、この方法はクレジットカード会社が認めておりませんので、現金化がもしも発覚したらカードの利用停止や利用料金の一括請求など厳しいペナルティが発生してしまいます。

このクレジットカードを使った現金化では、クレジットカード現金化業者という現金化サービスを提供している業者も登場しています。

しかし、中には「高還元率!」「身分証明証不要!」といったアピールで利用者を集めて、個人情報やクレジットカードの情報を奪おうとする悪徳業者も存在しており、実際に被害なども出ていることから完全に信頼するのは難しい部分もあります。

悪徳なクレジットカード現金化業者による被害の実態と利用者の立場

クレジットカード現金化業者の中には利用者のクレジットカード情報や個人情報を取得して、それらを悪用して儲ける悪徳業者もいます。

通常、お客様から預かったクレジットカードや個人情報は厳重な管理をしなければなりませんが、悪質なクレジットカード現金化業者であればそんな事は知ったことではありませんので、逆にお金のために闇に流したりするのです。

結果としてクレジットカードが悪用されてしまって大損害となったり、変な電話や迷惑メールが届くようになったりするなど、悪徳業者を利用した後で様々な損失を受けている方がいるのです。

しかも上記で触れたとおり、クレジットカード現金化はカード会社が認めておりませんので、被害にあった事を相談したりするとカードを利用停止にされてしまうため、実態としては泣き寝入りになっている状態です。

他にも振り込まれるお金が振り込まれていない、難癖を付けられて本来振り込まれる金額から大幅に減ってしまったお金しか振り込まれなかったということも、悪質な業者を利用したことで起きているトラブルです。

このような悪徳業者を見抜く方法は無いのでしょうか?

要チェック!悪徳なクレジットカード現金化業者の特徴

悪徳業者を見抜くのは難しく、向こうも巧妙なやり方でこちらに悪質であることを気付かれないように工夫しているため、ネットの情報だけ完全に看破する事は難しいです。

ですが、以下のような点等がもしも引っかかる、気になったのであれば、悪質な業者である可能性があるので注意してみましょう。

古物商認可を得ていることを強くアピールしている

古物商の許可というのは「古物営業法」と呼ばれる古物(中古品)を買取、売却する際に必要となる古物商許可が必須となります。

クレジットカード現金化業者もこの古物商許可を取得していなければ営業できないので、もしもサイトにどこにも古物商許可の表示が無いなら要注意です。

しかし、古物商の許可をとっていることを強調して安心感を誘うようなアピールにも要注意です。

そもそも古物商許可は個人でも取得可能であり、管轄の公安委員会へ申請書類と申請料金を持っていけば取得不可能な条件に引っかからない限り、少し手間はかかりますが即日で誰でも取れる簡単な資格です。

このような簡単に取得できる古物商認可を強くアピールするというのは、逆に言えばそれぐらいしかサイトを訪れた人を安心させられる材料が無いので、悪徳とまではまだ判断できませんが少し首をかしげる程度に不審に思っても良いでしょう。

ポータルサイトや掲示板などの口コミや体験談・評価が悪かった

クレジットカード現金化業者全般において共通していることですが、業者について調べるのであればやはり利用者の口コミや体験談も参考にしたいところです。

口コミなどはクレジットカード現金化業者の比較サイトがまとめている場合が多いのですが、できれば1つのサイトよりも複数のサイトで調べたほうが良いでしょう。

調べていく時はしっかりと口コミに目を通して「良かった」だけの抽象的な内容より、「こういう対応だった」「利用金額に対して○○円だった」のような具体的な内容を参考にしていきましょう。

また、「電話対応が雑だった」「即日振込みだったのに翌日だった!」という評価があれば要注意ですが、逆に全員が褒め称えているなら「安心?」と思うかもしれませんが、まだ大丈夫だと判断するのは早いです。

できれば比較サイトなども覗いてみることで、もしかすると評価が真逆の内容となっていることもあるため、1つの評価を鵜呑みに信じるよりも沢山の口コミや体験談を調べましょう。

以上から、少しでも「怪しいな」「矛盾しているんじゃないか?」と思える点があったりした時は、悪徳業者の可能性も考慮して後の被害を防ぎましょう。

💴土日祝日でも登録可能な現金化サイト→かんたんキャッシュ

クレジットカード現金化を悪用して出資法違反で摘発された業者がいた!

現金化業者が初めて捕まったのは2011年、貸金業法と出資法違反での逮捕なのは知っていますか?

出資法とクレジットカード現金化は関係ないはず、なのになぜその現金化業者は逮捕されてしまったのか?

その理由は、クレジットカード現金化を悪用した現金化業者の悪質なやり方にありました。

クレジットカード現金化といえば、グレーなサービスとして有名ですよね。

しかし、審査なく手軽に誰でも利用できるからと、グレーながらも有効な金策としてお金が必要な人に人気です。

そんなクレジットカード現金化の業者が、過去に出資法違反で逮捕された事があるのをご存知ですか?

クレジットカード現金化と出資法、一見関わりがない法律なのに、なぜ、その現金化業者は警察に摘発されてしまったのでしょうか。

出資法違反で初めて現金化業者が逮捕されたのは2011年

2011年、クレジットカード現金化業者である「キャッシュバックス」が逮捕されました。

その現金化業者が逮捕された罪状は、貸金業法および出資法違反です。

キャッシュバックスが行っていた現金化の方法は、とても簡単。

利用者に購入する商品を紹介し、その商品を利用者はクレジットカードで購入する。

そして、キャッシュバックスが購入を確認したら、キャッシュバックとしていくらかの金額が振り込まれる。

つまり、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化と同じという事ですね。

それでも、警察は貸金業法と出資法違反として、キャッシュバックスの逮捕に踏み切りました。

これはクレジットカード現金化業界の初の逮捕者だったので、現金化業界にも激震が起きました。

この逮捕により、クレジットカード現金化でも警察に摘発される事はある、と広く知れ渡る事に。

実際に、これ以降は現金化業者が逮捕されたケースも増えてきて、2011年はクレジットカード現金化業界の変革の年になったのは間違いありません。

なぜキャッシュバックスは出資法違反で逮捕されたのか?

普通にクレジットカード現金化でキャッシュバックをしていただけのキャッシュバックス。

なぜ、それでも逮捕されたのか気になりますよね?

キャッシュバックスはクレジットカード現金化をしたからじゃなく、悪質な行為を行ったから出資法違反になったんです。

キャッシュバックスでは実際には価値がないおもちゃの指輪等を10万円以上で購入させて、手数料を引いた額をキャッシュバックしていました。

つまり、価値がない商品を高値で販売=実質金融取引してるのと同じ事、と警察は見たんですね。

だから、高金利を理由で出資法違反、貸金業の資格がないから貸金業法違反として、逮捕されたんです。

クレジットカード現金化を悪用したから、キャッシュバックスは警察に摘発されたという事ですね。

ちなみに、キャッシュバックスが不当な金利で得た額は約23億になるという事で、これは悪質といわれても仕方ないですよね。

この事により、価値がない商品を高値で売りつけるのは違法だと、クレジットカード現金化業界への警鐘にもなりました。

2013年にも出資法違反で逮捕された現金化業者がいる

また、出資法違反で逮捕されたのは、キャッシュバックスだけじゃありません。

2013年にもアダルトサイト運営者が、出資法違反で逮捕されています。

このアダルトサイトは、利用者に対して多額の利用料金を請求していました。

当然、これは不当請求に当たるのですが、利用者の中には「支払わなければ!」と悩んだ人も多く。

そんな人に対して、このアダルトサイトは「クレジットカード現金化でお金を作ればいいんじゃない?」と勧めたんですね。

つまり、アダルトサイトの不当請求+クレジットカード現金化、この二つを組み合わせた詐欺という事です。

このアダルトサイトに勧められたクレジットカード現金化は手数料も高く、換金したお金はすぐにアダルトサイトが持っていってしまいます。

実質全額をアダルトサイトに渡していた、という事ですね。

これが出資法違反に当たるとして、このアダルトサイト運営者は逮捕されたんです。

この件で、クレジットカード現金化を悪用する他業種もいる事が判明しました。

クレジットカード現金化は優良業者を利用すれば安心で安全

ここまで見て、クレジットカード現金化自体が危険?違法なんじゃ?と思う人もいるかもしれません。

しかし、よく見てください。

キャッシュバックスにしても、アダルトサイトにしても、どちらもクレジットカード現金化を悪用したから逮捕されただけ。

逆に言うと、クレジットカード現金化を悪用してない優良業者なら、違法でも何でもないんです。

実際に初めて現金化業者が摘発されたキャッシュバックス以降、逮捕された現金化業者はわずか数件。

ほとんどの現金化業者は何事もなく運営を続けているのが、クレジットカード現金化が違法じゃない証です。

つまり、優良業者を利用すれば、クレジットカード現金化は安心安全なんです。

出資法違反にもならない優良業者の特徴は..

・価値がない商品を売りつけてこない

・換金率が相場以下じゃない

・買取方式の場合は古物商許可の番号を載せている

これらに注意すれば、法律違反じゃない優良業者を見つけられるはずです。

ぜひ、現金化業者を選ぶ参考にしてみてくださいね。

クレジットカード現金化をしても、利用した側が逮捕される事はありません。

しかし、現金化業者の中には、クレジットカード現金化を悪用して詐欺を行う業者もいます。

安全にクレジットカード現金化をする為にも、そんな悪徳業者は利用しないようにしたいですね。

2021年クレカ現金化人気業者3選

お金がないやばい人はコチラへ進む