クレジットカードを用いた現金化が世の中に浸透しつつある中でカード会社ではこれまで人の手によって現金化の疑いがある人に対して審査を進めていました。近年では人工知能(AI)を利用した新たな手法による審査方法が導入されています。ここでは人工知能(AI)における審査のメリットやリスクなどを含めてご紹介します。

最新のAI(人工知能)を利用した現金化における審査方法の導入とは?

最新のAI(人工知能)を利用した現金化における審査方法の導入とは?

人工知能とはソフトウェアを用いて人間と同等またはそれ以上のふるまいを人工的に再現するものになります。

例えば、人間はこれまでの経験や学びを通じて、様々な課題のクリアに取り組んできました。

しかしながらコンピューター産業の発展によりこれまで人間がこなしてきたタスクにおいて膨大な情報を備えたソフトウェアを通じて情報を処理していくことができるようになりました。

人工知能の誕生によりいつでも、どこでも、時間や場所を問わずAIによる高速データ処理により打ち出された応えは信ぴょう性が高い点が特徴となります。

また人間と違ってソフトウェアが働くことになるので人間では作業を通じて疲労感を感じたり、労働の対価である人件費が発生するところ、AIを導入する事で人件費を必要とせずテクノロジーを導入することができるようになります。

AI(人工知能)①AIによる審査と人による審査の違いとは?

現金化についてAI審査と従来の人による審査との違いはズバリ「公正性」になります。

人による審査では、目の前の情報のみを信用してまずは審査を進めていきます。

疑わしい方には、直接連絡をして話し合いを進める中で総合的に検討し結論に導いていきます。

この話し合いの過程ではどうしても人対人でのやりとりになるので話し方、伝え方などが人によって感じ方が異なるため審査においては意図せぬ感情も含めたものとなってしまい公正さが欠けてしまう場合があります。

一方でAI審査では感情はなく、目の前の情報と対象者のこれまでの購入パターンや潜在的な能力までをも検討し審査を進めていきます。

このため、人が審査する点とAI審査による視点は異なっており公正さの点ではAI審査の方が優れていると言われています。

スピードワン現金化はコチラ

AI(人工知能)②AIによる審査のメリットとは?

AI審査を導入する際におけるメリットとして挙げられものは「人件費の削減」になります。

1つの与信審査に携わる人数、時間に対して人件費が発生しますがAI審査であればソフトウェアを作動し自動的に審査結果導きだされるため人件費が一切かからない点が特徴となります。

また審査落ちとなった場合、どの要素が原因だったのかを目に見える形で証明するデータを閲覧できる点でも利用者だけでなく審査する側としても納得する材料を用意することができる点は大きなメリットといえます。

また人工知能を活用することでカスタマーサービスをオートマチック化することができます。

チャット形式で利用者から質問を受取り、瞬時に膨大な情報データから導き出された回答を提供するサービスは電話オペレーターが不在の時間帯には代理としても大きな役割をになっています。

自動音声入力などもAIによるサービスの一部であり既に身近なところでAI技術が社会に浸透し始めており世の中をより便利で過ごしやすい社会の創造にも寄与し始めていることがうかがえます。

意外と知ら知らずの内にAIを利用しているかもしれません。

ニュース速報 現金化の最速で最新情報は素早いスピードお知らせが肝心 クレジットカード現金化速報に関する最新情報を瞬時に絶対見逃すな!

AI(人工知能)③既にAIを利用した審査を実施しているところはあるの?

では実際にAI審査を既に導入している国についてはアメリカが挙げられます。

ソフトウェアの先進国であるアメリカでは既に人工知能を用いた審査を導入しており作業の効率化だけでなく人件費の削減など大きな実績を上げています。

審査の公正さが高まることで審査方法にブレがなく正確かつ信頼した信用情報を元に勧められています。

実際には、キャッシング、住宅ローン、事業融資などの貸付を希望する利用者にはAI審査を導入して潜在的な要素に加え、返済能力のある人間性や性格を有する人物であるかも重視しながら審査を進めている点では、既に人による審査よりも高精度と言っても良いレベルにあるでしょう。

安心&安全のオススメ現金化
タイムリー現金化はコチラ

AI(人工知能)④日本におけるAI審査の普及状況

日本におけるAI審査の普及状況ではまだまだ未導入の企業がほとんどという状況です。

理由はやはり従来の人の手を通じた審査方法からの転換に対する判断が重たいことです。

また、ソフトウェアを新たに導入する費用がかさむため、導入に億劫になっている点も否めません。

その他、AI(人工知能)についての知識が乏しく単に情報そのものを把握していない経営者や普及状況が伸びてから導入を検討する企業も少なくありません。

新しいことに手を伸ばすことのメリットよりもリスク回避を最優先にしている企業姿勢が多いことがアメリカと日本における普及状況の差を生み出しているといっても過言でません。

AI(人工知能)現金化

クレジットカードを用いた現金化ではAIによる審査が普及することで時間的メリットである24時間いつでも審査を実施可能という状況を生み出すことができるようになります。

簡単な話ではスマートフォンさえあれば、場所や時間を問わずにスピーディーに申し込み手続きを済ませ最短数分で振込まで完結させることも実現ができます。

土日祝日が定休日という金融機関などでは本審査は翌営業日となる場合がほとんどであり、急を要する現金化の場合にはただただ営業日になるまで待つしかない状況でした。

しかしながら、AI審査が進むことでスピード審査や契約締結までのスピードが劇的に改善され、クレジットカードの現金化がより普及することも考えられることでしょう。

スピード振込・入金のクレジットカード現金化ランキング 【スピード重視】急ぎで現金振込・入金してほしいクレジットカード現金化ランキング
  • マイクレジット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • スピードワン
    詳細はコチラ

以上、【AI(人工知能)】AI審査を用いた現金化のジャッジするサービスの導入が進む現状…でした。