アクワイアラは、加盟店とクレジットカードの間で立て替え払いを実際に行う加盟店契約会社です。VISAやMasterCardの両方を取り扱うアクワイアラが多いことから、加盟店開拓競争によりクレジットカード決済手数料を引き下げる競争環境が生まれます。

アクワイアラが果たす役割は大きく加盟店と国際決済ブランドの橋渡し役である

アクワイアラが果たす役割は大きく加盟店と国際決済ブランドの橋渡し役である

アクワイアラという言葉を聞いたことがある人は、クレジットカード決済システムを導入する店舗側の立場に立ったことがあるはずです。

アクワイアラは、クレジットカード業界において加盟店契約会社を意味します。

国際決済ブランドとして知られるVisaやMasterCard等からライセンス取得した上で、クレジットカード加盟店の新規開拓・加盟店審査・管理業務を行う立場です。

クレジットカード加盟店が直接各クレジットカード会社と契約するわけではなく、アクワイアラを通して加盟店契約を結びます。

アクワイアラは売上金を立て替えて入金する役割

利用者が加盟店にてクレジットカード決済を行うと、加盟店は商品を利用者へ先に渡してクレジットカード会社から後日立て替え払い金を受け取ると考えがちです。

しかし、実際にはクレジットカード会社が加盟店と直接現金のやり取りを行う例はJCBなどイシュアとアクワイアラを兼ね備えている場合に限ります。

VISAやMasterCardのように国際決済ブランドが直接クレジットカードを発行していない場合には、売上金を加盟店へ入金する役割はアクワイアラが行うわけです。

クレジットカード会社と加盟店の間に入り、売上金の立て替えと精算を順次行う役割を持っています。

アクワイアラが加盟店を新規開拓して増やしている

アクワイアラが加盟店を新規開拓して増やしている

日本国内でのクレジットカードが世界標準とは異なる仕組みで展開している理由は、アクワイアラが加盟店を新規開拓しているからです。

国際決済ブランドやクレジットカードを発行しているイシュアがアクワイアラを兼ねている例もありますが、日本国内で広く使われているクレジットカードの大半はイシュアとアクワイアラが別のタイプとなります。

1つのアクワイアラでVISAとMasterCard両方を取り扱っている例は珍しくありませんが、JCBブランドは別のアクワイアラが担当するために国際決済ブランドごとにクレジットカード決済手数料に違いが出るわけです。

実際にJCBブランドのみ国際決済ブランドでありながらイシュアとアクワイアラを兼任していて、他のアクワイアラは取り扱いが無いからこそ加盟店はVISAとMasterCardの取り扱いがあってもJCBだけは取り扱わない加盟店が生まれます。

安心&安全のおすすめ現金化
ラストチェンジ現金化はコチラ

アクワイアラが加盟店の審査と管理を行う

アクワイアラが果たす役割の中でも重要なこととして、加盟店の審査だけでなくクレジットカード決済が正しく行われているのか管理もアクワイアラが担当しています。

加盟店が取り扱う商品がクレジットカード決済に適しているものか判断して管理する役割をアクワイアラは持っているわけです。

そして、換金目的でのクレジットカード利用やクレジットカード決済に適さない商品の購入に使われている場合には、アクワイアラが加盟店に対してペナルティを与えることすらあります。

クレジットカード会社そのものがクレジットカード決済手数料を決めるわけではなく、どのアクワイアラを使っているのかにより同じ国際決済ブランドを使えるようにするアクワイアラ同士であっても手数料に違いがあるわけです。

アクワイアラ同士で競争環境にある事業者が多いVISAやMasterCard取り扱いアクワイアラは、加盟店獲得競争によりクレジットカード決済手数料が高止まりしないことにつながっています。

プライムウォレット現金化はコチラ

支払いを取り次ぐ役割をアクワイアラが持つ

クレジットカード決済においてアクワイアラが果たす役割は、支払いそのものをクレジットカード会社と加盟店の間に入り取り次ぐ役割を持ちます。

クレジットカード会社は利用者から料金を回収すれば良いですが、加盟店はクレジットカード会社から直接立て替え払いを受け取るわけではありません。

なぜなら、各クレジットカード会社との個別契約が必要になると、クレジットカード会社の数だけ加盟店契約が必要になってしまう事態に陥るからです。

そこで、アクワイアラが立て替え払い金を一時的に負担することにより、加盟店とアクワイアラでの送金手続きとアクワイアラとイシュアとなるクレジットカードの間でも送金が行われます。

また、アクワイアラごとに締日と入金日に違いが出やすいので、小規模店舗ほどクレジットカード決済から売上金の入金までの期間をなるべく短縮したいと誰もが考えるはずです。

アクワイアラが設定するクレジットカード決済手数料は、大規模店舗ほど低く小規模店舗ほど高くなっています。

💴金欠を乗り越える際に役立つ優良現金化サイト→かんたんキャッシュ

アクワイアラに関するまとめ

クレジットカード加盟店にとって決済システムを導入する際に欠かせないアクワイアラは、加盟店契約を結ぶことで取り扱い可能な国際決済ブランドを使った決済が可能です。

VISAとMasterCardブランドを取り扱うアクワイアラは、日本国内に数多く存在しているので加盟店契約の乗り換えを行うことでクレジットカード決済手数料が抑えられます。

JCBブランドのように国際決済ブランドとイシュアだけでなくアクワイアラまでJCBが一社で行っていると、アクワイアラがJCBのみという現状ではクレジットカード決済手数料がアクワイアラ乗り換えに晒されないため高止まりしやすいです。

アクワイアラにより加盟店への入金速度や振込手数料に違いが出るので、クレジットカード決済手数料が高く加盟店の経営を圧迫するようならば、思い切ってアクワイアラの乗り換えを検討してみると良いでしょう。

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • アーク
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

以上、【アクワイアラ加盟店】クレジットカード会社決済で切れない関係の現金化…でした。