クレジットカードのショッピング枠を使って換金性の高い物をクレジットカードで購入、そして自分で使うわけではなく、買取サービスなどで売却して現金を得るという方法は、昔から行われていたクレジットカード現金化ですが、昔からクレジットカード現金化で購入する事が多かった換金性の高い品として、高級時計、貴金属、ブランド品などを売るという方法、これは今でも通用するのでしょうか?

高級時計やブランド品や宝石貴金属類をクレジットカードで買う現金化とは

【クレジットカード現金化時計】ブランド品や貴金属を売るは通用するか?

クレジットカード現金化における換金性の高い物とは何があるか?

社会人になったら一枚は持っておきたいクレジットカードですが、現金による支払いを無くせるので海外旅行や高価な物を購入する際に、多額の現金を持ち歩くリスクを減らすことができます。

さらにネット通販でも支払いがクレジットカードでなければできないこともあり、海外の品物を購入する際もクレジットカード1つで簡単にできますが、お金を使っている実感が薄いために使いすぎてしまうと、後の請求が大変なので管理が重要です。

このクレジットカードを用いた現金化というのは、クレジットカードにある「ショッピング枠」というお買い物をする際に利用できる限度額を示す枠を使って、換金性の高い物を購入して売る、という方法となっております。

ただし、クレジットカードの現金化はクレジットカード会社が認めておりませんので、もしも現金化が発覚すれば利用停止と利用料金の一括請求は免れません。

さて、このクレジットカード現金化で現金にするために必要なのが換金性の高い物ですが「どういったものがあるのか?」については、以下のような物がよく利用されています。

商品券、新幹線の回数券といった金券

「金券」というのは簡単に言えばお金と同じような価値がある券のことであり、新幹線の回数券、商品券、旅行券といった、利用したい物に対して現金の代わりに使用できるチケットです。

そして、これらの金券を買い取るサービスとして「金券ショップ」が駅などにあることから、現金化における時間や出費を抑えられるなど、クレジットカード現金化においては昔も今も使われております。

ただし、金券ショップも在庫次第では買取拒否や安く買いたたかれてしまうこともあり、さらに個人で何度もクレジットカードで換金性の高い金券を買っていると、クレジットカード会社から不正利用と現金化の可能性を踏まえて電話がかかってくることもあります。

貴金属や宝石

貴金属や宝石といった類の物も現金にすることが可能ではあり、ものによっては百万円以上の現金を手にすることができますので、現金化では多額のお金をゲットできるかもしれません。

しかし、一方で貴金属や宝石の購入や売却はいくつかのハードルがあり、まず一般向けのクレジットカードでは何百万~十万円とする貴金属や宝石を購入するとなると、クレジットカード次第では購入がまず無理なこともあります。

さらに金券のように元の値段が決まっているのであればともかく、貴金属と宝石などは価値がわかりにくい面もあり、査定などもしなければ「いくらで売れるか?」といった目安も無いなど、現金化の手段としては購入も売却も大変でしょう。

高級時計、ブランド物

高級時計やブランド物も買取可能な換金性の高い品物であり、貴金属や宝石と比べれば入手する難易度もそれほど高くありませんので、一般的なクレジットカードでも十分購入が可能な範囲と言えるでしょう。

今回はこの高級時計やブランド物がクレジットカードの現金化で利用できるのかどうかについてご紹介していきます。

プライムウォレット現金化はコチラ

高級時計、ブランド物はクレジットカード現金化で有効なのか?

高級時計やブランド物のバッグといった品々もクレジットカードで購入する事が可能ですが、いずれも高級な物ばかりなので数万円以上、物によっては百万円相当になるものもあります。

クレジットカードによっては利用限度額を相当圧迫したり、ショッピング枠を大幅に上回っているので購入できないことも考えられるでしょう。

そして、これら高級時計やブランド物も質屋や買取サービスに持っていけば相当の金額にはなりますので、理論上では現金化で多額の現金を得ることはできるかもしれません。

また、クレジットカード会社も高級時計、ブランド物の買い物をしただけなら、現金化しているとは決め付けがたいという点もあります。
(ただし、クレジットカード会社によっては不正利用の確認をすることもある)

とはいえ、高級時計やブランド物を買い取りサービスに持っていく(郵送で対応可能な場合もあり)と、必ず査定が行われますので最初から「○万円です‼」という決まった金額で買い取ってくれるわけではありません。

プロの目利きによる査定が行われることによって売りたいと思っている高級時計、ブランド物の査定金額が出るので、この査定金額に同意できるならば売却完了、という流れになる事が多いです。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

実は難しい?高級時計、ブランド物の売却の注意点など

一見すると高価だが売却すれば多額の現金を得られそうな高級時計とブランド物ですが、実はこれらを売却する時も注意すべき点がいくつかあります。

まず、高級時計やブランド物が抱える特有の問題点として「偽物がある」というリスクがあり、当然ですが偽物だった場合は価値はゼロに等しく、購入した金額分の損害しか残りません。

そのため、正規ではない入手ルートで購入したり、オークションなどで出品されていたりした物であれば、偽物である可能性があるのでこれらの方法から手に入れたりするのはリスクが高いといえるでしょう。

また、高級時計とブランド物にも人気や流行がありますので、あまり人気が今無い物だったりすると購入時は高額であっても、売ってみると人気が無いという理由で低い査定金額になってしまうこともあります。

そして買取サービスにも得手・不得手があり、高級時計の査定は得意だがブランド物は苦手、といったこともあり、売ろうとしている品に対して強い買取サービスを探す必要もあります。

さらに忘れてはいけないのがクレジットカード会社からの請求であり、高額な買い物をする以上は返済の事もしっかりと考えなければなりません。

もちろんですが、何度も高級な時計やブランド品を買ったりするとさすがにクレジットカード会社も怪しむ可能性が高まるのにも注意しなければならないでしょう。

ブラックでも即日融資を可能にする現金化

オークションで売るのはどうか?

ネットオークションでも高級時計やブランド物が出品されていることがあり、この方法で売れれば査定もなくお金が手に入るかもしれません。

ですが、オークションの知識も必要である事、さらに手にとって確かめられないので入札者も「本物かな?」と怪しんだりしますので、入札が奮わない可能性も出てきます。

また、上記でも触れましたが高級時計、ブランド物にも流行や人気があるので、高額だからといって人気が無ければやはり入札具合も渋くなる可能性はあります。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • プライムウォレット
    詳細はコチラ

マネフレの現金化を活用してみよう!マネフレの現金化を有効活用してみよう!

宝石指輪やダイヤモンドの適正買取価格は鑑定士の不足でばらつきやすい!

宝石やダイヤモンドは価格が高く、売ったときにも高く買われるのではと思う人もいます。しかし、実際には購入時よりも大幅に安くなってしまうケースも珍しくなく、どこに買取を依頼するかで価格が大きく変わるのです。

宝石やダイヤモンドは価格が高く、売ったときにも高く買われるのではと思う人もいます。しかし、実際には購入時よりも大幅に安くなってしまうケースも珍しくなく、どこに買取を依頼するかで価格が大きく変わるのです。

理由の一つが、専門的な鑑定士の不足です。

鑑定が難しい宝石は珍しくなく、適正価格をつけられない企業が多くなってしまうのです。

買取った宝石を売る方法がなく、安値で同業者に売らなければならないケースもあります。宝石類を現金化したい場合はある程度腰をすえて複数の業者で比較し、査定額の高い業者に売ったほうが良いのです。

高価な宝石やダイヤモンドでも価格がつくとは限らない


宝石やダイヤモンドに憧れる人は多く、何らかの宝石がついたアクセサリーを持つ女性は珍しくなくなっています。

フォーマルな場の身だしなみの一つとしてアクセサリーを盛っているケースも多いのです。注意したいのは、お金に困って現金化する場合です。

買った金額の半額以下になることが珍しくないどころか、ほとんど値がつかないケースもあるからです。

指輪であれば、プラチナや金など、地金の部分の鑑定は簡単にだせます。グラム数から価値を算出することも簡単で、指輪の査定を依頼するとほぼ指輪の地金の買取価格が提示されることもあるのです。

宝石の鑑定は難しく、値段をつけるのはさらに難しくなります。鑑定書があればおおよその価格を判断できますが、どの程度で買取って売れるかはお店の売却ルートによって異なります。

中には赤字になることを防ぐために宝石の値段をほとんどつけず、バイヤーに転売するケースもあるのです。

大手の古物買取グループでも適正な価格が出るとは限らないのがポイントです。宝石の鑑定に詳しい人材がいる業者などを探し、比較しながら売り先を考えたほうが良いのです。

宝石やダイヤモンドの鑑定に時間がかからない業者は注意

宝石やダイヤモンドの査定を依頼する場合は、鑑定にかかった時間をチェックするのも一つの方法です。

短時間の鑑定で済む場合は、買取価格に含まれる宝石の金額の割合は減る傾向にあります。宝石の価値を知る業者の場合はじっくり時間をかける傾向があり、1時間以上鑑定に時間がかかる場合もあります。

鑑定書を持ち込むかどうかも重要な要素になります。鑑定書がついていれば、最低限の価格相場を把握することができます。

バイヤーに鑑定書の情報を伝え、価格のチェックをすることもできるようになります。ただし、バイヤーによって買取能力が異なるため、満足いかない結果に終わることもあります。

高額な買取をする業者の場合は、バイヤーの販売ルートが広いことが多くなります。国際市場のどこにどんな宝石を持ち込むと高くなるかがわかっているため、買取価格も強気になることが多いのです。

地域によって人気の宝石は変わるだけでなく、トレンドで売れやすいものなども存在するからです。

高い査定額を提示する業者がいた場合は、その業者に買取を依頼するだけでなく、同業者に交渉を持ち込んでより高い買取額が出ないか交渉する方法もあります。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

宝石やダイヤモンドが購入時の数十分の一の価格になることも


業者によって宝石やダイヤモンドの買取価格は変わり、現金化のスピードも異なります。

注意したい宝石やダイヤモンドを売る場合は、価格が数十分の一程度になることも珍しくないことです。

数十万円の指輪が1万円以下の買取額になるようなケースもあります。

買取ショップによって金額が上がる可能性もありますが、高くても10分の1程度になることが多いのもポイントです。

販売時は管理費やデザイン費など様々な費用が上乗せされているため、どうしても高くなってしまうのです。

また、中古市場に出回った宝石は、そのまま売るのではなく、パーツ別に分けて別々のアクセサリーに加工することも視野に入ります。

デザインではなく、純粋に宝石の価値や地金の価値だけで買取をしなければならないケースがあるのです。

中古の宝石というイメージが嫌という人も存在します。この場合は様々な業者が宝石を仕入れて新たにデザインを考え、リメイクして売り出すこともあります。

リメイクかどうかはほとんどの人がわからないケースが多く、さらに価値が上乗せされるケースもあるのです。

プライムウォレット現金化はコチラ

鑑定書がなくても価値がかわらないケースもありえる

宝石やダイヤの鑑定書があっても査定額が変化しないケースもあります。実は宝石の鑑定を独自規格で行い団体も存在するため、団体の基準によって品質が大きくかわるケースがあるのです。

鑑定書の内容をあてにせず、より厳密な基準で鑑定する鑑定士も存在します。

鑑定基準の違いから、有料鑑定で鑑定書を作った費用が無駄になってしまうケースもあります。大手買取店の場合は、鑑定書がある場合は念のために確認するという場合がある程度です。

むしろ専門的な知識なスタッフがいるかどうかを中心に買取ショップを厳選し、買取大手を外したほうが労力が少なく済む可能性もあります。

専門店に買取を依頼するのではなく、フリマアプリなどで直接売買したほうが現金化しやすいケースもあります。

実際に似たブランドの商品がどの程度で売られているか確認した上で、売却先の候補にしてしまうのも方法です。

現金化までの時間はかかるものの、時間をかけて調整をしたほうが宝石やダイヤモンドが高く売れる可能性は高まるのです。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • プライムウォレット
    詳細はコチラ

とにかくお金がほしいならコチラ

ブランド品の買取ルートは多彩に!より高く売るためのコツとは

ブランド品が欲しいと思う人は常に絶えず、中古品の需要も常にある状態です。ブランド品は高く売れるケースが多く、使った以上の満足度が戻ってくる場合があるのです。

お金にかえることが難しくなく、現金化しやすいアイテムの一つになっています。

注意したいのは、どんなブランド品から買い取り相場が大きく変わるということです。

どこに売るかも重要で、手近なリサイクルショップなどでは安く買い叩かれてしまう場合もあります。

現金化のスピードを重視するかどうかもチェックしつつ慎重に比較するのがおすすめです。

ブランド品の買取相場はお店のジャンルで異なる


ブランド品は高値買取が基本になりますが、高値の基準はお店によって異なります。

これはブランド品を購入しても販売するルートがなければ、専門店に売りなおしたほうが高くなる場合があるためです。

大手リサイクルショップであれば買取の水準などが決められており、場合によっては想定以上の高額がつくこともあります。

ただし、水準にバラツキが出やすいことと、品物を見る人間の見る場所によって価格が大きくかわることがあるのがポイントになります。

個人経営のリサイクルショップの場合、話はさらに複雑になります。

ブランド品を買い取ってもお客が少なければ売れ残る可能性が高まるからです。

そのため安定した価格がつきにくく、相場よりも安値になりがちなのです。

基本的にブランド物は、ブランド物専門の買取ショップに持ち込んだほうが高額になり、価格も安定しやすくなります。

また宅配買取の専門店なども増えていて、自宅にいながらブランド品買取を依頼できるようになっているのもポイントになります。

フリマアプリを使ってブランド品を売る人が多くなっている

中古ショップで販売するよりも身近になりつつあるのが、フリマアプリやオークションを通じた売却です。

お店に売る場合はお店の販売分や人件費の関係でどうしても価格が安くなってしまう可能性があります。

しかしフリマアプリやオークションの場合、手数料を除いた売却価格がそのまま手元に入ってくるのです。

フリマアプリを利用する場合の注意点は、手数料と送料の負担です。

フリマアプリを利用した場合は販売額から手数料を差し引いた金額が入金されるケースが多く、手数料が高い場所で売ればそれだけ目減りしやすくなる原因になります。

また、出金のタイミングもアプリによって異なり、時間がかかってしまうものもあります。

自分で値段をつけなければならないため、欲を出しすぎると売れるのに時間がかかるケースもあります。

見栄えよく撮ることも重要で、出品画像の出来栄えで価格が高くても売れるようになるケースもあります。

早く売るために安くするのか、多少粘っても高めで売るかを意識し、バランスをとる必要があるのです。

フリマアプリの場合は値引き交渉をしてくる人もいるため、手に取りやすい価格にするか、交渉前提で高めに設定するかという駆け引きも存在します。

送料の負担をどちらにするかも考えておきたいポイントです。

【クレジットカード現金化時計】ブランド品や貴金属を売るは通用するか?

💴登録料タダ手数料無料の現金化サイト→スピードペイ

オークションはリスクも大きいことに注意が必要


オークションを利用してブランド品を売ることも可能で、場合によっては非常に高い価格で取引が成立する可能性があります。

フリマアプリと同じく商品の見た目や撮り方が重要になるだけでなく、入札する人が欲しいと思える情報をうまく織り込むことが大切になります。

プラスの情報だけでなくマイナスの情報をある程度入れてしまう方法もあります。

未使用の美品であれば最高ですが、1回でも使ったことがあれば価値はそれだけ下がります。

使用感がある場合は難点がある部分を正直に買いたほうがよく、クレームを避けるポイントにもなっています。

オークションで注意したいのは成立後のトラブルです。オークションのシステムによっては入金がされないなど、成立後のトラブルに発展することがあるからです。

フリマアプリでも同様ですが、事前にクレームが入らないようにある程度注意書きを充実させるなど自衛の意識も大切になります。

また、想定よりも価格が安くなってしまう可能性があるのもオークションの弱点です。

常に高く売れるとは限らないためギャンブル性があることに注意が必要です。

ブランド品の買取はリスクが高いほど高額になりやすい

ブランド品の買取価格は、取引時のリスクに大きく影響されます。ブランド買取ショップに依頼した場合は価格が安くなる可能性がありますが、取引時のトラブルに合う可能性がなくなります。

買取が成立した時点で現金化できるため、スピーディーなのも魅力です。

一方でフリマアプリは売買契約が成立した後にキャンセルの申し入れがあったり、返品やクレームの請求があるなど取引時のトラブルに繋がるケースがあります。

トラブルを防ぐだけでなく、実際にトラブルにあってしまった場合はどうするかを考える必要があるのです。

ネットオークションも同様で、価格が低くなるリスクや落札後のトラブルに発展するケースもあります。

高く売れる可能性があるものの、ストレス元になる可能性もあるため、できるだけ避けるという人もいます。

ブランド品は人気がある分、少しでも安く買取りたいという人も出てきます。

買取価格だけでなく労力の割に合うのか、リスクや交通費、送料の負担などの割に合うか考え、バランスで選んだほうが良いのです。

https://www.youtube.com/watch?v=GUFqpnAsrTk

以上、【高級時計ブランド品】現金化で宝石や貴金属を売る高く売る売却のコツ…でした。