PR

前払いできるくん給料日まで待つ必要無し!給料が早く欲しい時こその出番!

前払いできるくん
【公式URL】https://pay-tech.co.jp/lite/

前払いは基本的に申請した後に立て替えで入金、後日立て替えてくれた会社に支払いが一般的です。

この点は前払いできるくんでも同様ですが、全く同じと言う訳ではありません。

先ずは企業側の方で前払いできるくんと契約を結んでおく必要があります。

契約を結んでいれば前払いできるくんの利用はできるようになるので、これに関しては企業側に任せるしかありません。

契約完了後はその企業では前払いできるくんの前払いが使えるようになります。

次に前払いできるくんに給料前払いの申請を行います。

申請情報に問題が無ければ、申請時に入力した口座へ現金(=申請時点での給料)を前払いできるくんが立て替える形で入金してくれます。

最後に企業側が前払いできるくんへクレジットカードを使ってお支払いとなります。

基本的には所属している企業側に殆どやってもらう事になるので、前払いを希望する方は申請と受け取り程度で済みます。

利用回数も制限は無いので、必要になったと感じれば何度でも利用可能です。

前払いできるくん
前払いできるくんの基本情報
業者名前払いできるくん
公式URLhttps://pay-tech.co.jp/lite/
運営会社名株式会社Payment Technology
所在地東京都文京区本郷3-35-2 ラ・ヴェリエール3階
トータル評価 前払いできるくん 星前払いできるくんつ 高評価

前払いできるくん 3つの特徴

  1. 無審査で導入できるので開業したてでも安心
  2. 顧問弁護士も在籍で安全性も確保されている
  3. 上司の許可は不要なので何時でも申請可能


[osusume-atobaraitate]

前払いできるくんの導入するメリットとは?採用した事で得られる物とは?

こちらは主に企業側向けになりますが、開業や独立を考えている人にも言える事なので解説していきましょう。

前払いサービスは前払いできるくん以外にも存在していますが、導入する事で得られるメリットは存在しています。

求人応募率や福利厚生の充実を簡単に改善可能

前払いできるくんを導入していれば正社員の方でも前払いOKと、会社の求人応募率を上げる事ができます。

同時に急にお金が必要な時でも前払いで対応可能と福利厚生面でも強くアピールできる為、会社の印象を良くする事もできます。

カードを持っていれば無審査で導入可能

他社の前払いサービスだと導入には審査が別にあり、設立年数や会社規模を理由に断れる事もあります。

しかし、前払いできるくんではクレジットカードを持っていれば利用可能です。

導入も早ければ即日で完了し、カード決済した際にはカード会社からのポイントも通常通り付与されます。

手続きも簡単

前払い用の給料も前払いできるくん側で立て替えてくれるので、準備の手間が少ないです。

従業員の要望にも答えつつ、企業的にも前払いの手間が減らせるのでスムーズにやり取りができます。

前払いできるくんを利用するまでの流れは?手続きでは何を用意すれば良い?

1 契約

前払いできるくんを利用する為には先ずは企業の方で導入の申し込みを行う必要があります。

申し込みはHP内から行う事になりますので、自分の会社情報を入力して前払いできるくんと契約を結んでいきます。

2 初期設定

契約完了後は初期設定を行います。

初期設定と言っても、基本的にはクレジットカード・顔写真付き身分証明書・カード写真及び代表者名の顔写真を用意して設定していくだけなので簡単です。

3 案内とID通知

設定完了後は専用のIDが用意されます。

これを使ってログインすれば、前払いできるくんの利用が可能になります。

4 前払いの申請

企業側で導入手続きが完了すれば、後は企業の従業員からの前払い申請が入り次第対応してくれます。

振込に関しては利用している給与受取口座に基づいて反映されるので、反映の時間には差が生じます。

5 精算

前払いの立て替えが完了後は企業宛てに請求も届きます。

支払い方法はカード決済で行う事になるので、クレジットカードを準備するだけでOKです。

前払いできるくんの注意点は?これに気をつけないと却って損する!?

前払いできるくんを利用する際の注意点はあります。

利用したければ前払いできるくんが企業の方で契約されている事は当然ですが、利用した際には「システム手数料」「振込手数料」を頂く事になります。

システム手数料の金額は申請額の6%ですが、振込手数料は一律210円が発生します。

これら2つが合わさって請求されるので、実際に貰える現金は申請額と比較してやや少ないです。

また、前払いにも限度額が設けられています。

限度額は毎月の給与締日の翌日の午前0時にリセットされます。

前払い限度額はお勤めの企業によって決められているので、限度額が想定よりも少ない場合や0円になっている場合もあります。

企業担当者へお問い合わせにも対応していますが、基本的には雇用先での状況次第になります。

前払いできるくんの質問と回答もチェック、こういう状況はどうしたら良い?

電話からの前払い申請は可能ですか?
残念ながら対応していませんので、PCやスマホから申請をお願いします。
請求書の確認はできますか?
給与締日後から2~3営業日以内を目処にメールと郵送で送られます。
賃金形態の変更(時給から月給等)は可能ですか?
一度も利用されていない従業員に限り可能ですが、既に利用済みの場合は従業員アカウント再登録じゃないと変更できません。
金額が少ないと従業員から言われました
勤務実績を元にしているので、ご期待に添えない可能性もあります。
前払いの予約は可能ですか?
平日午前10時45分の時点で限度額が予約額を上回っていた場合に限り、自動振込で可能です。

前払いできるくんの口コミはある?実際に利用してみての感想は如何に?

「自社でやっていましたが、導入した方がお得と判断して導入しました。費用も無料で手続きも簡単と早く導入すれば良かったです。」

「導入コストも安かった事から導入を決めました。結果としては求人応募率も上がって福利厚生面でも評判が良くなり、求めていたサービスと一致しました。」

「給与前払いを利用しやすくなったのは嬉しいです。上司に申請しなくても使えるのは大きなメリットと感じました。」

「手数料は痛いですが、先払いできるのであれば不問とします。お金が無い時には重宝しそうです。」

「働いた分だけですが、給料を前払いは嬉しいサービスです。利用したのが周りにバレないのも有り難いですね。」

企業的にも従業員的にも使うメリットが沢山ある、それが前払いできるくん

企業的にも導入費用も無料、無審査で利用できて精算もカード払いでOK!

従業員的にも申請だけで良いので、上司の許可も必要無しで利用可能。

双方から見ても前払いできるくんを使った方がお得と言えるサービスは数多くあります。

手数料が間に入るので貰える現金は少し少なかったり、限度額もあるので希望金額に届かない可能性もあると惜しい点も少なからずありますが、それでも早く給料を得られるメリットの方が大きいです。

前払いができるのは会社のセールスポイントとしても使えるので、事業をしている人からしても導入するメリットはあるのでおすすめと言えるでしょう。

前払いできるくん

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次