現在、iTunesカード買取は大黒屋では実施されていません。チケット買取の最大手である大黒屋で何故iTunesカードの取り扱いがなくなってしまったのかについては複数の理由があります。大黒屋での店頭買取が不可となってしまった現在はiTunesカードの買取はネット上の専用ショップで行うのが主流となっています。

iTunesカード買取に大黒屋が換金しない!対応していない理由と解決策

iTunesカード買取に大黒屋が換金しない!対応していない理由と解決策

大黒屋は金券やブランド品などの買取及び販売を行う、大手買取チェーン店です。

駅前や商業施設など一定以上の賑わいを見せている地域には必ずと言っていいほど大黒屋の出店が見られるため、利用したことはなくても名前に覚えのある人も多いことでしょう。

そのためiTunesカード(Appleギフトカード)のようなギフト券の買取を大黒屋に頼みたいと考えるのは自然なことと言えます。

しかし残念ながら、大黒屋では現在iTunesカード買取は実施されていません!!

何故、金券買取ショップの最大手である大黒屋でiTunesカード買取が行われていないのでしょうか。

ここではその理由を説明しながら、iTunesカード買取をしてもらうなら大黒屋以外にどんなお店を利用すればいいのかについて解説していきます。

  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ
  • 買取戦隊高額レンジャー
    詳細はコチラ
  • 買取マンボウ
    詳細はコチラ
気になる記事

現在はiTunesカード買取には大黒屋は対応していない!

大黒屋は「チケット大黒屋」の正式名称からもわかる通り、様々なチケットの買取と販売によって成長してきた企業となっています。

現在では全国に支店を持ち、人々のお得な生活になくてはならない店となっています。

しかし最近はチケット以外の買取販売にも力を入れており、その過程で買取不可になってしまった金券類もいくつか存在します。

iTunesカードもその一つで、現在では大黒屋での買取は一切行われていません!

今の大黒屋で積極的に売買されているチケットは株主優待券や電車やバスの回数券となっています。

それ以外ではスポーツや演劇のチケットなども取り扱われていますが、iTunesカードやGooglePlayカードといった「デジタルギフトカード」と呼ばれるタイプのチケットは基本的に取り扱いを終了しています。

これはiTunesカードのようなデジタルギフトカードが店頭で買取するにはあまりにもリスクの高い商品になってしまったことが原因と言われています。

大黒屋でGooglePlayカードは買取できないNG不可の理由を別な方法でやるには! 大黒屋でGooglePlayカードは買取できないNG不可の理由を別な方法でやるには!

大黒屋で買取不可となったiTunesカードの特徴とは

大黒屋でiTunesカード買取が行われなくなった理由を知るには、まずiTunesカードについて詳しく知っておく必要があります。

iTunesカードは現在正式には「Appleギフトカード」に名称変更されていますが、昔も今もAppleの課金フォーマットであるiTunesで主に使われることからiTunesカードと言っても普通に通用します。

iTunesカードには5,000円や10,000円の額面ごとに販売されており、カードに記されれたデジタルコードをiTunesのアカウントにチャージすることで現金と同じようにiTunes上での課金が可能となります。

iTunesカードでチャージすることで音楽や映画といったコンテンツの購入、iPhoneやiPadで使うアプリへの課金が簡単に行えるようになります。

クレジットカードで都度課金をしてしまうとどうしても使い過ぎのリスクがありますが、iTunesカードを使ってあらかじめ規定の金額をチャージしておくことで使い過ぎを予防する効果も期待できるでしょう。

また他人にiTunesカードをプレゼントしたり、割引やポイント還元が発生するタイミングでiTunesカードをまとめ買いしておくといった活用法も存在します。

amazonギフト券のプレゼント贈り物は使い勝手がいいと評判で重宝されている amazonギフト券のプレゼント贈り物は使い勝手がいいと評判で重宝されている

iTunesカード買取から大黒屋が手を引いた最大の理由

iTunesカードはiTunes上で課金するコンテンツに対してであれば、ほぼ現金と同じように使うことができる点に特徴があります。

そのため一時期は現金の代わりにiTunesカードで取引することが当たり前に行われていました。

大黒屋でのiTunesカード買取もそうした現金代わりの取引に用いられることが多くあったため、犯罪に繋がる恐れから規制が徐々に強化されていったという経緯があります。

Apple側の締め付けもあって大黒屋はiTunesカードの買取から完全に撤退してしまいましたが、撤退に至った最大の理由としては「未使用のiTunesカードの見分けが難しい」という問題もありました。

iTunesカードのようなデジタルギフトカードはコードをアカウントに入力することで使用するわけですが、一旦コードを使用してしまうとカード自体は無価値になってしまいます。

しかし大黒屋の側からすると買取時にそのカードに記されたコードがチャージ済みなのかそうでないのかを見分けることは非常に困難です。

一時期は本人確認と一緒に購入証明のレシートを提出することで店頭買取を実施していたこともありましたが、それで完璧に未使用の確認が取れるわけではないため現在は買取そのものを停止する状態になっています。

iTunesカード買取を大黒屋以外で行う方法

iTunesカード買取を行う場合は大黒屋のような店舗型の金券ショップではなく、ネット上で運営されているデジタルギフトカード専用の買取ショップを使うようにしましょう。

ネット上のデジタルギフトカード買取ショップでは、コードを送信することによって買取査定から現金の口座振込までをネットだけで完結して行うことができます。

人件費などが削減されることから買取率も店舗より高くなる傾向にあるため、iTunesカード買取はネットで行うのが現在の主流と言えるでしょう。

ただしコンビニなどで売られているタイプのiTunesカードなど、ネット上での利用確認が難しいiTunesカードは店によっては買取できない場合もあるため注意が必要です。

またネット上のデジタルギフトカード買取業者の中には、きちんと古物販売の許可を取っていない怪しい業者も残念ながら混じっています。

そのためiTunesカード買取に際には、なるべく運営実績の長い信用できる買取ショップを探すことをおすすめします。

【古物商現金化】実際に古物商許可番号がないと古物営業法違反になる クレジットカード現金化は古物商許可がないと古物営業法違反になる事もある

iTunesカード買取と大黒屋についてのまとめ

チケット買取の大手、大黒屋では現在iTunesカードの買取は行われていません!

その理由としては、iTunesカードのようなデジタルギフトカードを巡る規制が厳しくなってしまったことが第一に挙げられます。

またデジタルギフトカードは店頭で未使用品と使用済み品の見分けがつかないといった買取におけるオペレーションの問題も無視できません。

大黒屋では株主優待券や観戦チケットのようなものは取り扱われていますが、iTunesカードのような現金と同じように扱うことのできるギフトカードを買取に出すのであればネットのデジタルギフトカード買取専門ショップを使うようにしましょう。

ネットのデジタルギフトカード買取ショップではコードを送信するだけで買取が完了するため、近くに買取の実店舗がない人であっても気軽に利用することが可能です。

ただしネットの買取ショップにも独自の買取ルールがあるため、自分の持っているiTunesカードが買取対応しているのかについては事前によく確認しておくようにしましょう。

以上、【iTunesカード買取大黒屋】売れない!現金化しない!NG理由とは…でした。