PR

キャリア決済におけるエラーの種類とは?エラーの原因で分類して解説!

キャリア決済におけるエラーの種類とは?エラーの原因で分類して解説!

クレジットカードを持っていなくてもネット上などでキャッシュレスの支払いが簡単にできるキャリア決済。

スマホさえ持っていれば利用が可能なので手間もかからず、便利に使用している人も多いのではないでしょうか?

しかしこの決済方法はいつどんな時でもスムーズにいくとは限らず、時に様々な原因によってエラーが発生してしまうことがあります。

ここではそうしたキャリア決済におけるエラーの原因について、いくつかに分類して解説していきます。

後払いサービス総合ランキングTOP3
  • 後払いサービス総合ランキングno.1
    バンクレジット 後払い
    新規90% リピーター87%(最低保証)
    最短10分
    7:00 ~ 22:00

    「借りる」を「換える」でお金を作る!

    詳細を見る
  • 後払いサービス総合ランキングno.2
    カイトリング後払い
    初回90% 2回目80%
    最短10分
    24時間 365日Web申込対応

    全時間帯の振込手数料は完全無料!

    詳細を見る
  • 後払いサービス総合ランキングno.3
    ペイチェン
    新規90% リピーター87%(最低保証)
    最短10分
    24時間 365日Web申込対応

    いつでも!だれでも!どこでも使える!

    詳細を見る

そもそもキャリア決済の仕組みって?そのシステムについて解説

キャリア決済とはスマホを利用してネット上でのショッピングやサービスの使用料を支払い、毎月の携帯料金の引き落としと共に合算して清算できるというもの。

こうした流れはキャリア決済を利用するほとんどの人が理解できていると思いますが、そのシステムの裏ではどういったやり取りが行われているのか、きちんと把握している人は意外と多くないのではないでしょうか。

キャリア決済はスマホユーザーと各携帯キャリア、そしてECサイトや会員制のサービスなど、料金を得て商品を提供する業者の3者によって成り立っています。

ユーザーが商品を購入した際、キャリアは事業者を代行してユーザーに対して請求を行い、そこで事業者から手数料を得るのがキャリア決済の大まかな流れです。

エラーの原因は、大きくわけて3つの分類をすることができる

このキャリア決済の仕組みを元とすると、エラーの原因は「スマホユーザー」「各携帯キャリア」、そして商品やサービスを提供する「事業者」の3者のうちどこに原因があるのかといった観点から3つに分類することができます。

つまり原因はユーザーにあるのか、キャリアか、事業者か..

多くの場合、エラーが出た際には画面にエラーコードが表示されるので、そのコードを調べることによって大体の原因を知ることができます。

その原因によって誰に対して、どのような対処をするべきかも変わってくるため、その原因の所在を追求するのは大切なことだと言えます。

それでは以下から、3者それぞれを原因とするエラーの詳細について見ていきましょう。

事業者側にエラーの原因がある場合にはヘルプを参照するか、問い合わせをする

事業者、つまり商品を販売するECサイトや配信サービスなどに原因がある場合は、その業者に問い合わせるか、ヘルプなどに記載されている対処法を試してみるのがもっとも効果的です。

ただし事業者側に「原因」があると言っても形は様々で、必ずしも事業者に「責任」があるわけではないことに注意が必要です。

システム上、そのサイト特有の現象だったとしても、ユーザー側のミスによりそれを誘発してしまったというケースもあるためです。

たとえば配信サービスなどを利用しているケースでは、キャリア決済にはスマホで会員登録をしておくことが必須という場合があります。

ですが配信サービスではパソコンでの登録も可能なため、スマホを登録していないとキャリア決済は使えないことがあります。

またサービス側のシステムメンテナンスなどの理由により、一時的にキャリア決済が使えないこともあります。

キャリア側にエラーの原因がある場合もヘルプを参照するか問い合わせをする

キャリア側に原因の所在があるケースは、多いものとしてはシステム上のエラーがあります。

たとえば「契約状態が確認できない!」といったエラーが出た場合、キャリア側のシステムに不具合があり、ユーザーの契約状態を参照ができなくなっている可能性があります。

また一時的なサーバーや通信の負荷によってキャリアの保有するデータベースにアクセスできないといったこともあり、その場合にはしばらく時間を置いてから再び試してみると決済できることがあります。

他にも利用したサービスや契約内容によってキャリア決済の対象となっていないこともあり、そうした場合も決済がエラーになることがあります。

まずはヘルプなどでエラーコードからメッセージを見つけ、それに従って対処してみましょう。

ユーザー側にエラーの原因がある場合は、利用履歴などの確認も

これにも様々なものがありますが、ポピュラーなものとしては利用限度額が超えているケースや、携帯の利用料金を滞納しているなどがあります。

こうした原因がエラーコードや問い合わせによって判明したら、滞納している場合にはすぐに支払うことで利用できるようになるかもしれません。

月々の利用限度額を超えてしまっている場合には、次の月まで待つ必要があるでしょう!

他にも規約違反によって利用が制限されているケースもあるので、その場合はサポートに問い合わせて確認をしてみましょう。

また携帯の乗り換え時期とキャリア決済の時期が重なってしまった時には、サービスの変更時期にズレがあり、一時的に決済を利用できないことがあります。

契約の変更や乗り換えをした場合にはキャリア決済を控えてみることも、エラーを避ける秘訣の一つと言えます。

キャリア決済のエラーは原因別に分類してみよう

キャリア決済のエラーが突然出てしまった時にはまず、原因がどこに依存しているかを突き止めることで解決の近道になることがあります。

キャリア決済のシステムにはスマホユーザー、各携帯キャリア、商品やサービスなどを提供している事業者の3者が存在しており、そのどれが関係しているかによって対処法も変わってきます。

キャリアや事業者に原因がある場合には、システム上の不具合や、契約の対象外、必要な事項の未登録などの可能性が考えられます。

ユーザーに原因がある場合には料金の未納や利用限度額、規約違反なども考えられ、それらを解消する必要があります。

他にも契約の変更やキャリアの乗り換えによって一時的にキャリア決済が機能しない場合もあるので、変更をした場合にはしばらくキャリア決済を利用しない判断も必要です。

キャリア決済におけるエラーの種類とは?エラーの原因で分類して解説!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

マネオのアバター マネオ サイト運営者

【マネフレ】でクレジットカード現金化の仕組みや実際にクレジットカード現金化業者を利用した体験談など初心者から上級者まで誰にでもわかりやすく書いています。

目次