通常、便利なキャリア決済を利用できるのは大手キャリアが提供している携帯電話のみとなっていますが、ドコモの格安スマホであるahamoではキャリア決済を利用することができるのでしょうか。また利用できる場合には、どこまで利用することができるのか。他に注意点はあるのかなど、ahamoのキャリア決済について解説します。

ahamoでキャリア決済はできるの?ドコモの格安スマホで現金化の行く末

ahamoでキャリア決済はできるの?ドコモの格安スマホで現金化の行く末

NTTドコモが2021年から携帯電話の格安プランとして提供をはじめたahamo。

大手キャリアが提供する格安スマホということで価格面と信頼性の両面から注目されるサービスですが、ドコモでの契約と比べてどういった点に違いがあるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

特に大手キャリアの代表的な便利機能であるキャリア決済が使えるかどうかは知っておきたいところですよね。

そうしたahamoでキャリア決済を使えるのかどうかといったことや、その際の注意点について紹介します。

ahamoについておさらいNTTドコモが提供する格安スマホ

まずはahamoがどういったサービスなのかということについておさらいしておきましょう。

ahamoとは、大手携帯会社であるNTTドコモがメインプランとは別に2021年から提供をはじめた廉価版料金プランで、いわゆる格安スマホと呼ばれるカテゴリーのサービスです。

月3,000円弱で20GBまで利用できるという格安のプランを基本として、そこに様々なオプションをトッピングしていける料金体系となっています。

基本的に申し込みは実店舗では行われず専用のアプリを介したネット上での契約のみ受け付けており、ドコモ携帯で提供されている様々なサービスを一部利用することができる点も特徴です。

ドコモという大手キャリアのメリットを生かしつつ、低料金という点が魅力となっています。

ドコモケータイの光回線・セット割やかけ放題オプションなどメリットや特徴を解析 ドコモケータイの光回線・セット割やかけ放題オプションなどメリットや特徴を解析

大手キャリアによるメリットの多い決済手段とは

キャリア決済とは、au・ドコモ・ソフトバンクなどのいわゆる大手キャリアが提供している、携帯電話を利用した決済手段です。

主にネット上での買い物や料金の支払いにおいて使われており、毎月の通信代などを含めた携帯電話利用料の支払いと一括して清算できる点を特徴としています。

手続きが簡単な点や、清算を後回しにできる点、クレジットカードなどを持っていなくてもキャッシュレス決済ができる点などが魅力で、多くの人に利用されています。

ただし難点として、これらの大手キャリアではない、いわゆる格安スマホでは扱っていないサービスであり、そのために格安スマホへの乗り換えを躊躇している人もいます。

ではNTTドコモのプランであるahamoでも同様に利用できないものなのでしょうか。
以下から見ていきましょう。

ahamoでもキャリア決済は利用できる!※但し一部は使用不可

ahamoでもドコモが提供するキャリア決済を利用することが可能です。
ただしその全てではなく、範囲は一部に限られています。

具体的には「GooglePlay・iTunes・AppleMusicなどで提供されているコンテンツの支払い」「d払い」「ドコモ払い」にahamoのキャリア決済が対応しています。

「GooglePlay・iTunes・AppleMusic」はそれぞれGoogleやAppleが提供しているネットコンテンツで、そこでのサービスやアプリ・音楽・映画などのコンテンツの支払いがahamoで可能です。

また「d払い」「ドコモ払い」はドコモのキャリア決済と共通するもので、Amazonやhulu、Spotifyなどの決済をすることができます。

d払いのdポイント貯蓄でキャッシュレス決済がどんどん便利でお得なお買い物に変身する d払いのdポイント貯蓄でキャッシュレス決済がどんどん便利でお得なお買い物に変身する

ahamoでは利用することのできない決済サービスは?

一方、ドコモのキャリア決済では使うことができてahamoには対応していないものとしてはspモードのコンテンツ決済サービス」「メロディコール音源の使用料」などを挙げることができます。

spモードとはドコモのインターネットサービスプロバイダのことで、その中にある「dメニュー」「GooglePlay・iTunes」のコンテンツにはahamoのキャリア決済が使えません。

ただし「GooglePlay・iTunes」の支払いに関しては先にも説明したように、「dメニュー」を介さないahamoの決済ならば支払いができます。

またドコモユーザーでdメニューからマイメニューに登録していたサービスやメロディコールに関してはahamoでは利用ができず、移行する場合でも自動的に解約されるため、キャリア決済という面ではそれほど不便は感じられないかもしれません。

突然キャリア決済ができなくなった時にはどうすればいい?原因と対処法を探る 突然キャリア決済ができなくなった時にはどうすればいい?原因と対処法を探る

ahamoでキャリア決済を利用する上での注意すべき点を紹介

最後に、ahamoのキャリア決済を利用していく上で注意する点にも触れておきましょう。

まずは前述したように、ドコモからahamoに移行する際には、dモードを介してキャリア決済していたコンテンツに関しては自動的に解約となるので、使い続けたい場合には別の決済方法を再設定する必要があります。

また、各コンテンツ・サービスにはアダルト商品など年齢制限が設けられているものもあり、ahamoに登録した年齢がその基準を満たしていない場合にはキャリア決済を利用できない場合があります。

そしてd払いについては利用限度額が定められており、年齢と契約期間の長さによって変わります。

最大が20歳以上、ahamoの利用期間が12ヵ月以上の場合の10万円で、以下、年齢と契約期間によって限度額が下げられていくので注意しましょう。

ahamoでキャリア決済は可能だが、一部には注意も必要

主にネット上での決済に利用でき、手続きも簡単なキャリア決済は毎月の携帯料金の支払いと合算して清算することのできる便利なサービスです。

一般的に大手キャリアのみで利用することのできるキャリア決済ですが、ドコモの廉価版料金プランであるahamoでも利用が可能です。

ただしドコモの提供するspモードなど一部サービスでは使うことができず、ドコモからahamoへ移行するユーザーは自動的に解約されるサービスもあるので注意が必要です。

またコンテンツによっては年齢制限があるなど、条件を満たしていない場合にはキャリア決済を使うことはできません。

他にもd払いに関しては年齢や契約期間によって利用限度額が変わるので、自分が毎月いくらまで使うことができるのか気をつけながら利用するようにしましょう。

以上、【ahamo キャリア決済】ドコモの格安スマホで現金化の行く末とは…でした。