PR

ファクタリングと取引信用保険は結局どっちがいいのか?違いを把握して判断しよう

ファクタリングと取引信用保険は結局どっちがいいのか?違いを把握して判断しよう

ファクタリングは認知度もアップして利用するケースも増えています。

でも利用する前に疑問は解決しておきたいですよね。

よく比較される取引信用保険との違いもしっかりと把握しておくと安心です。

似ているようで違うことが多いですから、それぞれの特徴を踏まえてファクタリングを利用しましょう。

違いをいくつかあげてじっくりと解説していきます。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

取引信用保険はどんなシーンで使うの?

まずは取引信用保険がどんな内容なのかを、今一度復習しましょう。

保険とあることからもわかる通り、先に掛け金を支払って置き、万が一の時に保険が適応されて保証がされるのが取引信用保険です。

取引先が倒産などで支払いができない状態になったときに、取引信用保険をかけていれば補填がされます。

そのため、取引先の不安要素をカバーできるので、安心してやり取りができるのがメリットです。

要は取引先からの資金回収のリスクを自分で回避する対策と言えます。

取引信用保険のポイント

 

・保険料は自分で払う
・万が一の取引代金回収不可になっても保険で支払われる
・保険加入時に自分たちだけではなく取引先も審査される

自分たちが債券貸し倒れになることもなくなりますが、審査はされます。

同時に取引先も審査されますので、取引先の質を見極めるいチャンスにもなります。

これもプラスアルファのメリットと言えます。

保険料は取引金額の数パーセントと低いのですが、貸し倒れがなくてもまずは自分たちで負担しなくてはなりません。

ファクタリングは事業資金による現金調達法

一方でファクタリングはどのような仕組みなのでしょうか?

債権があれば利用できることがほとんどです。

その債権をファクタリング業者が買取します。

そして現金で買取金額を支払ってくれます。

ですから、債権が即現金に早変わりするので、資金調達法として利用できます。

その後に債券者から入金があれば、それをファクタリング業者に返金していくスタイルです。

手数料がかかるので債券満額とはなりませんが、いますぐ現金が必要と言うシーンでは、手間も面倒もないスピーディーな資金調達として活用できます。

ファクタリングのポイント

 

・現金調達方法である
・債権をファクタリング業者が買い取り
・必要なときにすぐに現金を用意できる

審査はありますが、金融機関のようなたくさんの書類を用意して、何日もかかるようなことはありません。

比較的短時間で独自の審査なので、決算内容が今期はよくないとか、規模が小さい企業や個人事業主でも利用できることが多いです。

つまり柔軟な姿勢で対応してくれるので、資金のピンチには大いに役立ちます!

ここが違う!ファクタリングと取引信用保険の取引先の指定

対象の取引先の指定

ファクタリングの場合は、どの債権を買い取ってもらうかは自分で申請できます。

例えば希望する現金の額をカバーできる債権だけをファクタリング業者に買取依頼できます。

さらにファクタリングに理解のある取引先の債権だけにするなども可能です。

ですから、債券すべてを買取ってもらわなくてもいいですし、逆に一部を指定して買い取ってもらうこともできます。

もちろん全部を依頼することも可能です。

しかし取引信用保険の場合は、特定の取引先を指定ができません!

例えばA社がなんとなく不安だと感じても、A社だけに保険を適応することは受け付けていません。

取引先の中でここだけといった指定ができないので、結果的に全部をカバーするので費用が掛かってしまう事は否めません。

保険料は自己負担ですから無駄を削りたいとしても、それができないことが取引信用保険では多いのがデメリットでしょう。

ファクタリングと取引信用保険では利用後の流れが違う

ファクタリングと取引信用保険では、資金の流れを安定化させることは共通です。

ただし、ファクタリングは自己資金を調達するのが目的、取引信用保険は貸し倒れ防止と目的が違います。

そのため、契約後の処理も変わってきます。

ファクタリングはすぐに現金が用意できますが、買い取った分はファクタリング業者に返済しなくてはなりません。

その元手は債券相手です。

もし債券相手が返済をしてくれない状況になっても、その保証はありません。

ただし保証型のファクタリングなら、そのカバーもあるのでファクタリングの場合は状況や相手によって選択肢が広がるのが強みでもあります。

取引信用保険の場合は、万が一の時の保険で保険料は前払いです!

万が一があれば保障してくれるので安心ですが、万が一がなければ保険料は払うのみで戻ってくるわけではありません。

ですから、自己負担をできれば不安材料軽減のためには心強いですが、資金を調達するという意味では逆に負担が多くなります。

このようにファクタリングと取引信用保険では利用する目的が異なりますし、どこに負担がでてくるのかも違います。

ファクタリングと取引信用保険を利用するときにチェックしたいポイント

ファクタリングは自社の資金を調達するのが一番の目的です。

現金をスピーディーに、申込から振込までも手間がかからないのが魅力です。

しかし返済が発生しますので、取引相手からの回収があれば、返済する必要があります。

現金が調達できたで終わりませんので注意が必要です。

ただ、債権は自分で選べますから無駄がないのも魅力です。

取引信用保険はその名の通り保険の1つです。

保険料を払って、万が一の時に備えます。

万が一の時と取引相手が支払いができない状態になった時なので、回収できないといった不安材料を払しょくできるので計画的に経営ができます。

ただし保険料は万が一がなくても必要で自己負担ですし、取引相手を指定することはできないことが多いです。

目的も違いますし、資金が自分の元に入るタイミングも異なります。

どちらが適しているのかは、自社の状況によって変わってきますので、まずは状況判断が必要でしょう。

どちらも経営には心強いですが、さらに的確に利用することで安心が高まります。

ファクタリングと取引信用保険は結局どっちがいいのか?違いを把握して判断しよう

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次