PR

買取型ファクタリングと保証型ファクタリングの違い、特徴、注意点は?

保証型ファクタリングとはどんなことを言うの?買取型とは違うもの?

ファクタリングには、買取型ファクタリングと保証型ファクタリングがあります。

買取型は資金調達の方法として利用され、保証型は売掛債権の未回収リスクを軽減できるサービスです。

利用者(利用会社)の目的に沿ったファクタリングを利用しないと、時間のムダになる場合も。

今回は、買取型、保証型の違い、それぞれのサービスが向いているケース、利用時の注意点をまとめました。

買取型ファクタリングと保証型ファクタリングの違い

買取型ファクタリングと保証型ファクタリングの違いを知る前に、まずはファクタリングの仕組みを把握する必要があります。

ファクタリングとは?

ファクタリングは、売掛債権を現金化する一つの資金調達手段です。

商品やサービスを提供した後、代金を後日請求する「売掛」の権利を、ファクタリング会社に売却することを意味します。

このプロセスにより、企業は売掛金の支払い期日を待たずに資金を手に入れることができます。

ファクタリング会社は売掛債権を買い取り、その代金から手数料を差し引いた金額を企業に支払います。

これにより、企業は資金繰りを改善し、より柔軟な運転資金の管理が可能となります。

ファクタリングの大きな利点の一つは、銀行融資や借入とは異なり、負債を増やさずに資金の調達が可能に。

これにより、企業の財務状況が悪化することなく、必要な資金を得ることが可能となります。

買取型ファクタリングについて

買取型ファクタリングは、企業または個人事業主が持つ売掛債権をファクタリング会社が買い取ることで、現金を調達できる金融サービスです。

ファクタリング会社によりサービスが異なりますが、即日の現金化も可能。

なお、買取型ファクタリングは「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。

「2社間ファクタリング」は、自社とファクタリング会社だけの取引。

「3社間ファクタリング」は、自社とファクタリング会社に加え、売掛先(取引先)を交えた取引になります。

保証型ファクタリングについて

保証ファクタリングは、売掛金の回収が不可能になるリスクに備えるための保証サービスです。

回収不可能になるケースは、売掛先の倒産や未払いなど。

利用者がファクタリング会社に保証料金を払い、売掛債権に”保険”を掛ける仕組みです。

万が一、売掛債権が回収できなかった場合は、ファクタリング会社から売掛金が全額支払われます。

ただ、予定通りに債権を回収できれば、保証料は戻ってきません。掛け捨てタイプの保険のようなサービスになります。

買取型ファクタリングが向いているケース

買取型ファクタリングが向いているケースは、次の3点です。

数日中に現金が必要

買取型ファクタリングは、売掛金を即座に現金化することができるサービスです。

資金繰りが厳しく、数日中に現金が必要な企業にとって非常に有効なオプションとなります。

利用者(企業)は売掛金の支払いを待つことなく、必要な資金を手に入れることが可能。

ファクタリング会社によっては、申込当日の現金化に対応している会社もあります。

保証人、担保不要で利用できる

買取型ファクタリングは、通常、保証人や担保を必要としません。

資金調達を迅速かつ簡単に行えるので、大きなメリットとなります。

企業はファクタリング会社と直接取引を行い、売掛金を現金化することで資金を調達します。

銀行融資のように厳格な審査や長い手続きを経ることなく、スムーズに資金を手に入れることが可能です。

個人事業主はもちろん、銀行融資の審査通過が難しい中小企業、スタートアップ企業にも利用されています。

業績不振、赤字経営でも利用可能

買取型ファクタリングは、業績不振、赤字経営でも利用可能です。

ファクタリングは、売掛金の信用力が審査の対象です。

このため、売掛先の信用度が高ければ、誰でも利用できます。

保証型ファクタリングが向いているケース

保証型ファクタリングが向いているケースは、次の2点です。

売掛先の業績が怪しい

保証型ファクタリングは、売掛先の信用リスクをファクタリング会社が負担するサービスです。

売掛先の業績が不安定であるか、信用情報が不十分である場合、企業は保証型ファクタリングを利用することで、売掛金の回収リスクを軽減することができます。

ファクタリング会社は売掛先が支払い不能になった場合でも、売掛金を保証し、企業に対して資金を提供します。

これにより、企業は売掛先の信用リスクを気にすることなく、安心してビジネスを展開することが可能となります。

特に、売掛先が経済的に不安定な地域や業界に属している場合、このサービスは非常に有効です。

新規取引のリスクヘッジ

新規のビジネスパートナーと取引を開始する際、その企業の信用状況や支払い能力を正確に把握することは難しいです。

保証型ファクタリングを利用することで、企業は新規取引における売掛金の回収リスクをヘッジすることができます。

ファクタリング会社は売掛金の回収リスクを評価し、適切な保証を提供します。

これにより、企業は新規のビジネスチャンスを積極的に追求することができ、同時に財務リスクを管理することが可能です。

保証型ファクタリングを利用することで、新規取引におけるリスクを抑えることができます。

買取型ファクタリングの注意点、デメリット

買取型ファクタリング利用時の注意点もまとめました。

手数料が発生する

買取型ファクタリングを利用する際には、ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

特に2社間ファクタリングの場合、手数料が高くなる傾向があるため、資金調達の効率を考慮する必要があります。

手数料はファクタリング会社によって異なるため、複数の会社を比較し、最も条件の良い会社を選ぶことが重要です。

また、手数料の他にも債権譲渡登記による別途費用が発生する可能性があるため、全てのコストを考慮して利用するかどうかを判断する必要があります。

取引先に知られる可能性がある

買取型ファクタリングを利用する際、特に3社間ファクタリングの場合、売掛先にファクタリングの利用を知らせる必要があります。

これにより、取引先から資金繰りに問題があると判断され、将来の取引に影響を与える可能性があります。

2社間ファクタリングの場合は取引先に知られることはありませんが、ファクタリング会社が取引先に直接連絡を取ることがあるため、完全に隠し通せるわけではありません。

利用する際は、取引関係に与える影響を十分に考慮する必要があります。

審査を通過しないと利用できない

買取型ファクタリングを利用するためには、ファクタリング会社の審査を通過する必要があります。

審査の際には、売掛先の信用力が主に評価されますが、利用者の信用状況も一定程度影響を与える可能性があります。

審査に通過できない場合、ファクタリングを利用することはできません。

そのため、事前に自社及び売掛先の信用状況を確認し、審査に備える必要があります。

保証型ファクタリングの注意点、デメリット

保証型ファクタリングのデメリットは、次の2点です。

保証料金は戻ってこない

保証型ファクタリングを利用する際には、ファクタリング会社に保証料を支払う必要があります。

この保証料は、売掛金の貸し倒れリスクをカバーするためのものであり、一度支払った保証料は戻ってきません。

そのため、利用する際には、保証料のコストと売掛金の貸し倒れリスクを慎重に比較検討し、コストパフォーマンスが良いかどうかを判断する必要があります。

また、保証料の額はファクタリング会社や契約内容によって異なるため、複数の会社を比較して最適な条件を選ぶことが重要です。

手続きの手間、書類の準備

保証型ファクタリングを利用する際には、売掛先の信用調査や契約書の作成など、さまざまな手続きが必要となります。

これには時間と手間がかかるため、急ぎで資金を調達したい場合には不向きかもしれません。

また、必要な書類を準備する際には、正確かつ迅速に行う必要があります。

不備があると手続きが遅れる原因となりますので、注意が必要です。

事前に必要な書類や手続きについてファクタリング会社に確認し、スムーズに進めることが大切です。

買取ファクタリング、保障ファクタリングのよくある質問Q&A

買取、保障ファクタリングに関するよくある質問をまとめました。

保証ファクタリングとは何ですか?
ファクタリング会社に売掛金を保証してもらうことで、回収できなかった場合、代わりに支払ってもらえます。
買取型との違いは何ですか?
保証型は、回収できない時に売掛金を代わりに支払ってもらえるサービスになります。これが違いといえるでしょう。
保険のようなものと考えて問題ありませんか?
そう考えてもらっても差し支えありません。ただし、保険料の代わりとして手数料を回収できてもできなくともファクタリング会社に支払う必要があります。
支払企業の倒産や経営破綻が起こったら支払いを受けられますか?
ファクタリング会社が支払企業で売掛金の回収ができないと判断した段階で支払いを受けられます。
連鎖倒産を回避する手段でも利用できますか?
完全な手法ではありませんが利用できます。対象となった売掛金のみの保障になりますが、それで連鎖倒産を防げる可能性はあります。

買取型ファクタリングと保証型ファクタリングの情報まとめ

買取型ファクタリングは資金調達、保証型ファクタリングは売掛債権の未回収リスクを抑えるサービスでした。

ファクタリング会社も買取型、保証型しか対応していないので、それぞれ利用したいサービスを行っている会社選びを行う必要があります。

自社(個人)の目的を明確にし、ファクタリング会社を選びましょう。

保証型ファクタリングとはどんなことを言うの?買取型とは違うもの?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

マネフレサイトオープンから支える現金化アドバイザー
金融関係などのマネーサービスを解りやすくアドバイスするビッグママ的な先生

目次