株を売買するなら口座選びが重要!口座開設でたまるポイントを現金化することも可能!株売却や持株会など株主優待券を活用してお得な利用もできるタイミングもあるので、株の手数料などの計算方法で一度確認しておくのもいいかもしれませんね。

株をするなら口座選びが重要!現金化目的で考えるのも大切

株をするなら口座選びが重要!

株をするならニーサ口座選びなどが重要不可欠!株を売買するなら口座選びが重要になります。株の売買には手数料が発生するからです。

また、夜間でも株取引が可能なPTSに対応可能な証券口座も存在します。

口座開設でたまるポイントを現金化することも可能で、複数の口座を作った方が良い場合もあります。

株と一言で言っても、儲け方は人それぞれです。一つが短期売買で利益を得ることで、他にも配当収入や長期保有で価値が上がるのを待つ方法もあります。

それぞれに応じて適した証券会社が存在し、どのように運用するかも大切になってくるのです。

株取引の仕方や株主優待は人それぞれになる

株取引の仕方は人それぞれで、どのように利益を出したいかがかわります。株は売買で利益を出せるほか配当収入を得ることもできます。※人気の企業や好みの企業による株主優待券もお得です

ただし、配当を行っているのは一部企業であり、赤字企業の中には配当をする余裕がないケースもあります。

配当金を設定していない企業もあるため、保有によりどんなリターンがあるかはチェックしたいポイントです。

売買で利益をあげる場合も、短期取引を利用するのか長期保有をするかでも違いが出ます。

長期保有の場合は数年から数十年単位で待つことになるのが珍しくないのが特徴です。

短期の場合は活発に取引することになるため、手数料にも注意が必要です。

株主優待 | おすすめの優待情報 – みんなの株式 (みんかぶ)

スペシャルクレジット現金化はコチラ

証券会社によって株取引の費用はまちまち

証券会社によって株取引の費用はまちまちです。少額の取引であれば無料であるケースもあれば、大きな金額を動かす場合には割安になるケースもあります。

証券会社ごとに強みがあるため、自分の取引スタイルに合わせて利用するのが基本になるのです。

手数料以外にも、夜間取引ができるPTSが利用できる証券会社を利用する、IPOに強い証券会社を選ぶなど、選択肢はかなり多くなっています。

夜間取引やIPOは取引の幅を広げてくれるため、積極的に利益を出したい場合は検討してみるのも方法です。

【2021年度】人気のネット証券会社一覧はコチラ

野村證券SBI証券楽天証券大和証券
松井証券マネックス証券カブドットコム証券丸三証券
みずほ証券DMM.comライブスター証券SMBC日興証券

💴明日にはガッツリお金が振り込まれている現金化サイト→スピードペイ

IPOを狙うなら株取引の口座は多い方がいい

複数の証券会社口座取引でIPO狙いIPO狙いで複数の株取引口座を保有する人も珍しくなくなっています。IPOは新規上場公開を行う株で、値上がりしやすいことで知られています。

株式発行の数が少ないケースが多く、プレミアム価格がつきやすいからです。

必ず上がるわけではないものの、多くの銘柄が上場後に上昇しており、勝率の高い投資として知られています。

IPOは各証券会社に割り振りが行われ、希望者が申請を行った上で抽選になります。そのため証券会社の口座が多いほど申し込める数が増え、当選する確立も増えるのです。

普段利用していなくてもIPOの申し込みはできるため、とりあえず申し込んで様子を見て購入を決める方法もあるのです。

安心&安全のおすすめ現金化
アーク現金化はコチラ

低リスクで高いポイントサイト経由の現金化できる

証券会社の口座開設は、ポイントサイトでも人気のジャンルです。

低リスクで高いポイントをもらえるため、簡単に現金化ができるからです。※バイナリーオプションなどのFXは初めての人は絶対に手を出さないほうが無難です!

口座を複数作るのであればポイント管弦サイトと経由がおすすめで、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。

稼いだお金をそのまま投資に回してしまうのも方法で、少額で買える株で株主優待券を活用したり、遊んでみる方法もあります。

価格は安くても配当金を設定している株も存在し、わずかならでも利益が得られる場合があるのです。

もちろん本格的に投資することも可能なため、資金を増やして選択肢も増やすのがおすすめです。

株によって現金化の方法・内容は異なる~理解することで未来が決まる~

現金化の方法・内容は各株で異なります。

似たような現金化の方法や内容であってもたった1つの行動やたった1つの思い込みによってあなたの未来が変わってしまうこともあります。

また、株についての知識が貧しいと現金化はデメリットしかないと言えます。

明るい未来のため、損をしないためにも各株の現金化について知ることが大切です。

あなたが損をしないため・暗い未来にならないために各株の情報を分かりやすく解説しています。

持ち株比率を知って賢く現金化

・持ち株比率を理解しよう
持ち株比率というのは会社の発行済み株式総数に対して株主が保有する株式の割合のことを言います。

この比率ではどの程度会社の経営に参加できるのかが明確になるため株主や会社経営者にとってかなり重要な割合です。

分かりやすく言うとすれば、原則として会社の株を1株もしくは1単元でも保有していれば議決権が1つ与えられます。

ですが株主総会招集請求権や株主総会招集権、株主提案権にはある一定以上の持ち株がなければ権限はないのです。

株主として自分が持っている株の比率を把握することで”あなたは今何ができるのか?”を明確にすることができます。

□持ち株比率が1株以上:株主権利は議事録閲覧権と株式代表訴訟
□持ち株比率1%以上:株主権利は株主総会における議案提出権
□持ち株比率3%以上:株主権利は主総会の招集と会社の帳簿等、経営資料の閲覧
□持ち株比率33.4%:株主権利は特別決議を単独阻止することが可能
□持ち株比率50.1%:株主権利は株主総会の普通決議ができ、役員報酬の変更や剰余金の配当などを単独で可決できる
□持ち株比率66.7%:株主権利は株主総会の特別決議ができ、取締役の解任や合併と解散、会社経営に関する重要なことを単独で可決できる
□持ち株比率100%:全て自分の意志で決定できる
上記のことから1人で会社経営をする方やしている方は中小企業のオーナーとしてこの持ち株比率を保有しておくべきです。

ちなみに持ち株比率は”持ち株比率=(保有株式数÷発行済み株式数)×100″で計算できます。

・持ち株の現金化方法は?

①証券会社の名ページにログイン
②”売り注文”や”現物売”というボタンをクリック
③現金化する株数や価格、売却日の設定
④”注文”というボタンをクリック
⑤証券口座に入金される

注文ボタンを押してから入金されるまでの期間は営業日の2~3日以内になります。

持株会でも現金化はできる

・そもそも持株会とは?

“持ち株会”というのは特殊な制度により株式を取得する組織のことで

【自社の株を従業員が取得できる従業員持株会】

【非上場会社の従業員が親会社などの上場会社の株式を取得できる拡大従業員持株会】

【会社の役員が当該会社の株式を取得できる役員持株会】

【会社の取引先が該当会社の株式を取得できる取引先持株会】

という4つの種類があります。

特殊な制度とはいえ、従業員持株会は民法に基づく組合で経営側の役員は加入することができないのが特徴とも言えます。

持株会の仕組みはすごくシンプルで、従業員の給与や賞与から一定の金額を天引きし、集めた資金で自社株を共同で購入します。

少額の資金で投資ができ、拠出額に応じて配当金が得られるので株の知識がない方でも安心して任せることができます。

・持株会で積み立てた株式はどうやって現金化するの?

①証券の口座開設・振替
②売却・出金

転勤等で住所が変わった場合は必ず変更の手続きをしてください。

ちなみに、従業員が持株会の株を現金化した場合その利益に対しての税金がかかるということを忘れないでください。

難しいと言われている非上場株式を自力で現金化

・非上場株式って何?
99%の日本企業の株主の多くが非上場株式です。

非上場株式の株主は実際には必ずしも経営に関与できるわけではなく、売却や換金もままならないというケースがほとんどです。

なぜなら譲渡制限株式なので株式を自由に譲渡することができないからです。

今、「どういうこと?」と思った方も多いはずです。

実は非上場株式を保有しているといっても社長や大株主の同族株主でない限り会社の経営に関与することもできなければすごく価値の高い株式だと言っても1円にもならないのです。

譲渡制限株式で何もできないのに攻撃されたり圧迫されたり、迫害されたり会社から追い出されたりとあまり良いことがないため非上場株式を保有している人は困っていることが多いです。

・非上場株式の現金化は難しい?
結論から言いますと、非上場株式は売却をする市場がないため現金化をするのは非常に難しいです。

ですが、「どうしても現金化したい」「どうしても手放したい」という場合は是非以下の3つの方法を参考にしてみてください。

①自分で見つける
買い手となる第三者を自分で見つける方法です。

ですがこの方法には注意が必要です。

希望する価格で買い取ってくれる方が見つかったとしてもあなたの会社が売却を認めてくれないこともあります。

また、同族会社などの創業者とその親族関係者で持ち株比率が50%を超えている場合株主としての第三者が入ってくることを嫌がるケースもあります。

こうしたことから非上場株式を買い取ってくれる第三者を見つけるのはとても困難です。

②会社に買い取ってもらう
弁護士などの専門家にサポートをしてもらいながら株式発行会社と任意交渉を行う方法です。

ですがこの方法にも注意が必要です。

会社には任意交渉に応じる義務がないため買い取りが会社にとってメリットに感じる点がなければ交渉に応じてもらえないこともあります。

③民事調停を使って売却
民事調停を利用して現金化する方法です。

ですがこの方法にも注意が必要になります。

非上場株式を売却するにあたり民事調停には裁判官が介入するのですが、売り手にとって有利な状況になるとは限りません。

また、民事調停というのは当事者同士の任意の合意が基本になるため一般的に売却価格は適正価格よりも低くなるケースが多いということを覚えておきましょう。

プライムウォレット現金化はコチラ

含み益の現金化は少し手間がかかるけれど簡単にできる

・含み益とは?
含み益とは、株式投資や投資信託で時価購入時よりも高い場合のその”差額”のことを言います。

ちなみに時価のことを評価額ということもあります。

例えば100円で購入した株の時価が120円になっていれば20円の含み益と言えば分かりやすいでしょうか。

このように購入した時よりも多くの差額ができたとはいえ、含み益というのはまだ利益が確定しているわけではないので時価が下がって購入時よりも安くなる”含み損”になるパターンもあるので気を付けてください。

・含み益を現金化するにはどうしたらいいの?
含み益になった状態で売却を決断し、約定できたら”利益確定””利益確定売り”をします。

利益を現金化する際は投資を頼んだ投資信託会社に解約手続きを依頼しなくてはなりません。

少し手間に感じてしまいますがこの手続きが完了した数日後に口座に振り込まれます。

もし海外に投資をした場合は、時差があることから国内の投資先よりも少し時間がかかってしまうのでご理解ください。

投資信託の利益確定を出すタイミングとしては”購入時より基準価格が上回っている時””資産のバランスを整える時””別の商品を購入する資金集めの時”に決断することをオススメします。

実現損益は税金対策をしながら現金化

・実現損益って何?現金化の方法は?
投資をしない方や投資歴の浅い方は初めて耳にしたコトバかと思います。

実現損益というのは保有する株式などを売却したり決済するなどによって確定する損益のことを言います。

確定するまでは”含み損益”と言い、現金化することでその損益を確定することになります。

現金化にする方法は含み益の時と同じで、投資を頼んだ投資信託会社に解約手続きを依頼します。

・税金対策ができるって本当?
仮想通貨の取引は雑所得に区分され、所得が増えれば増えるほど税率が高くなるという累進課税なので税金対策はしておきたいものです。

1年の内にやっておきたい税金対策は大きく分けて2種類あります。

1つ目は”含み損益の把握”です。

損益を圧縮して課税額を減らすことで数十万円~数百万円の税金対策に繋がります。

そのため利益の有無に関係なく実現損益を正確に把握することが重要です。

2つ目は”ふるさと納税”です。

ふるさと納税というのは任意の自治体に対して寄付をし、税金の控除を受けることができる制度になります。

この方法は支払うことになっていた税金の支払先が変わるだけで税額が抑えられるというわけではないですが、ほぼ同じ税額を支払って返礼品を受け取ることができるのでお得に納税することができます。

配当金を現金化して受け取る方法は4つ

配当金を受け取る方法は実は4つもあります。

①郵便局または銀行で受け取る
配当金が決まると配当を受けるための”配当金領収書”が発行されて自宅へ送られてきます。

そこに記載されている必要事項に記入と捺印をし、それを持って郵便局または銀行に行くと現金化することができます。

②銘柄ごとに指定の金融機関に振り込んでもらう
銘柄ごとに配当金を受け取る口座を事前に指定しておくと、指定した金融機関に配当金が振り込まれます。

個別銘柄指定方式はその名の通り個別に管理して現金化したい方におすすめです。

③証券口座で受け取る
株比例定配分方式を利用して、それぞれの証券会社の株式保有残高に応じて配当金が振り込まれます。

登録している証券会社のどこか1社でこの利用方法を選ぶと、他の証券会社の口座に入っている銘柄も全てこれが適用されるので非常に便利です。

④銀行口座で受け取る
登録配当金受領口座方式を使用して、指定した1つの金融機関口座へ全ての株式の配当金が振り込まれるようにできます。

③の証券口座で受け取ると同様に、登録をしている1社でこの利用方法を選ぶと他の証券会社の口座に入っている全ての配当金も登録をしている銀行口座に振り込まれるようになります。

口座への振り込みは”配当課税”が差し引かれた金額になっているので、ご理解ください。

自社株の現金化は安易に決断してはならない

・自社株を売却(現金化)するメリットとデメリットはある?
そもそも自社株というのは企業が保有している株のことで、最終的には”消却”もしくは”処分”として処理されます。

消却というのは自社株を完全に消滅させることで、発行済み株式総数が下がるため1株あたりの価値が上場するのが特徴です。

処分というのは投資家や株主などに自社株を売却することで、自社株が再び市場に流通することで1株あたりの価値が下落するのが特徴です。

自社株を売却(現金化)するメリットについては4つです。

・発行済み株式総数に変えず資金を調達できる
・スムーズな企業再編を実現できる
・廃棄にかかるコストを削減できる
・後継者や従業員の精神的な負担を軽減できる
一方デメリットは5つです。

・株価の下落リスクがある
・新株発行と同様の手続きが必要
・売却益に対して税金が課せられる
・後継者が資金を用意しなければならない
・適した後継者が見つからないことがある

こうしたことから自社株を売却(現金化)するメリットとデメリットをちゃんと理解し、その後の影響まで考える必要があります。

・自社株を現金化すると多額の税金で負担がかかるって本当?
自社株を売却(現金化)することで”譲渡益”という利益が得られるのですが、得た利益によって税額が決まるのではなく、売却(現金化)した場所によって税額が異なります。

社外に自社株を売却(現金化)した場合、20%(15%の所得税・5%の住民税)の税金を納めなくてはなりません。

社外での売却(現金化)は譲渡所得として扱われるため20%の比率で計算され、売却額から20.315%の金額が現金化されると思ってください。

一方社内で自社株を売却(現金化)した場合は、総合課税方式形式が採用されるため売却益によって税額が決まります。

社内で売却して出た利益は配当所得として扱われ、売却額次第では多額の税金を負担しなければならないケースがほとんどです。

こうしたことから自社株を売却(現金化)する際は社外で取引を行った方が会社にとって負担を軽減することができます。

NISAなら好きな時に現金化

投資経験のない方や投資歴が浅い方でも簡単に投資信託を使って資産形成が行える”つみたてNISA”というものがあり、好きな時にいつでも現金化ができるという嬉しいサービスがあります。

ライフプランに大きな変化があった時や不測の事態が発生してしまった時など積み立てしている投資信託を解約して簡単に現金化することができます。

ですが、1度現金化したらその年分のNISAの非課税枠はなくなってしまうのでご注意ください。

つみたてNISAの非課税投資枠は年間40万円となっています。

「たった40万円?」と思うかもしれませんが、この枠を20年間フルに使用すると800万円ものお金を非課税で運用することができます。

“利益を得る”という考えではなく、”お金に長く働いてもらう”という考えを持つことで日々お金を増やすことができます。

好きな時に現金化できるからといって「価格が上がったから」という理由だけで引き出すのはよくありません。

せっかく非課税で積立投資ができているのにそれでは効果が薄れてしまいます。

好きな時に現金化できるのが特徴のNISAではありますが、どうしても現金が必要になる時まで引き出さないことをオススメします。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ

やばいくらいお金が必要になったらコチラ

FX口座開設で外貨資金や利益が増える?上手な資産運用や移動による資金化・資金移動業とは

FXなど口座開設でポイントを獲得できるにあたり資金や資産を増やしていきながら、上手に資金運用することで利益幅が広がる現金化する喜びが生まれる事でしょう!

これまでに知らなかった外貨による資金移動などを理解することで更なる資産運用に対する税金の見方・やり方などが活かされるかと思います。

資産運用を考える場合は、取引をする銀行口座や証券会社の口座開設が不可欠です。

大規模な取引や頻繁な売買を行う場合は手数料の違いも大きくなるからです。

口座開設でもらえるポイントを現金化も可能で、資金を増やしながら資産を運用することもできます。

資産運用というとお金持ちがするイメージを持つ人もいますが、実際は低額から始める人も増えています。

銀行金利が低くなり、ただ貯金しておくだけでは老後に差し支える可能性が高くなっているからです。

年1%の金利でも、長い年月運用すれば大きな違いになります。

少額でもコツコツ積み立てることが資産運用をする上で大切になっているのです。

少額からできる資産運用や資金移動業も増えている

資産運用は少額からできる
資産運用は少額からできるものも増えていて、ハードル自体は大きく下がっています。

一口1万円といったわかりやすい投資も増えていて、リスクに見合うリターンをもらえるケースが増えています。

注意したいのは金融商品が増えすぎて、自分に適したものを見つけるのが大変になっていることです。

ポイントになるのが投資額と利回りです。

投資は低リスクでリターンが少ないもの、高リスクでリターンが大きいものに分類されます。

自分のマネースケールに合わせてどれくらいの利息がつくとうれしいかを考えながら選ぶとわかりやすくなるのです。

リスクが高いほど損が生じやすいことも含め、バランスをとることも大切になります。

資産運用をするなら口座は種類があった方が良い

資産運用を考えるなら、口座は複数あった方が便利になります。

証券会社や銀行によって扱う金融商品がかわるだけでなく、申告で一定額まで非課税にできるなど工夫の余地が大きいからです。

非課税にできる口座の数は限られるため、申し込むタイミングが重要になる場合もあります。

取引の手数料も重要なポイントです。

資産の買い入れや解約など、お金の出しいればあれば手数料が発生するからです。

取引回数や金額に応じて金額が変更されることも多くなっています。

特に株やFXなど投資信託の手数料は違いが出やすいため、どこに口座を作るかが大切なのです。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

資産運用の金額で金利がかわることもある

少額でも資産運用をすれば儲けが出ることがありますが、大口で資産運用をすることでさらに儲けが出やすくなることがあります。

わかりやすいのが金利の大きさです。

投資用の口座に一定額以上を振り込むと金利の優遇がつくなど、様々な特典がつくことがあるのです。

預金や定期の積み立てによる利回りが増えるなど、金融機関によって差があります。

注意したいのは、金融機関が宣伝していても、自分が調べなければわからないことがあることです。

ネット上で情報がまとめてあっても、最新の金利に対応していないこともあります。

調べる場合は更新日時をチェックし、古い情報ははじくなど工夫していく必要があるのです。

プライムウォレット現金化はコチラ

ポイントサイト経由で契約すれば現金化も可能に

口座の開設などでポイントをためて現金化
資産運用をする際に活用したいのがポイント還元サイトです。

ポイント還元サイトで稼いだポイントは現金化が可能で、証券会社口座の開設は非常に高いポイントバックに期待できるのです。

定期預金などの優遇キャンペーンと合わせたタイアップも多く、情報収集にも役立ってくれます。

FX口座の開設など、資産運用の方法も幅広いのが特徴です。中には口座開設と規定の運用で1万円を超えるポイントがもらえる場合があります。

ポイントを現金化すれば運用する資産や資金を増やすことも可能なため、積極的に利用するのがおすすめです。

※参考サイト ⇒ 一般社団法人日本資金決済業協会

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ

至急お金が必要になったらコチラ

以上、【株の現金化】FX口座開設選びや売却時の資産運用による手数料は?…でした。