クレジット現金化を考えている方からすると、信用情報に傷が付くのではないかと心配されている方もいるでしょうし、以前金融会社からお金を借りて、その返済が遅延や滞納となり、結果、信用情報に傷が付き悩んでいる方もたくさんいるはずです。ここではクレジットカード現金化を利用するにあたり、果たして信用情報には傷がつかないのか?

信用情報へ傷をつけないためにクレジットカード現金化と上手く付き合うコツ

【クレジットカード現金化信用情報】遅延や滞納で自分の信用を失い傷つかない

最初に信用情報とは一体どんなものなのかを説明したいと思います。

信用情報とは、個人の過去におけるクレジット、ローンなどの申し込み内容や契約、そして支払い状況などが記録として残されている情報のことを言います。

つまりすべての情報が記録されている訳ですから、仮にあなたが、クレジットカードの支払い滞納や遅延などを起こすと、この信用情報に記録が残ってしまいます。

こういう状況が所謂、『信用情報に傷がつく』ということになり、今後、金融機関からのローンや借り入れをやりたくても、思い通りに事が進まないことが想定されます。

そしてこの信用情報を登録する機関は、以下3つの機関で登録されています。

JICC (株)日本信用情報機関
・CIC (株)シー・アイ・シー
・JBA 全国銀行個人信用情報センター

上記3つの機関を利用する会社は、カード会社、銀行、保険会社、消費者金融となり、いわゆる『金融機関』というところが、信用情報からその個人の信頼性を確認する訳です。

補足ですが、仮に信頼情報に傷が付いた場合どのくらいで信頼が回復するかと言うと、完済を終えてから5年以内です。

つまりその間は信用情報に登録されているとお考え下さい。

因みに信用情報とは自分で確認することもできますから、心配な方は一度情報開示の手続きをやってみても良いと思います。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ

クレジットカード現金化は信用情報に傷が付くのか

それではここでクレジットカード現金化を利用した場合、信用情報に傷が付くのかどうかについて説明します。

クレジットカードの現金化とは、カードのショッピング枠を利用して、商品を購入したあとに現金化させます。

まずここまででハッキリ言えることは、クレジットカード現金化の業者とは金融機関ではありませんし、信用情報を利用できる機関は金融機関のみとなります。

また、カードを利用した情報等も残ることもありませんので、物理的に信用情報へ記録されたり、傷が付くことなどは仕組み上絶対にあり得ません。

ただし間違えて欲しくないのが、カードで商品を購入する訳ですからその後カード会社への返金は起こります。

そこで仮に、支払いの遅延や滞納を起こしたとしましょう。

そうなるとカード会社から調査を受け、それが現金化目的のカード利用と発覚すると、カードの一発停止。

また一括返済等を受けてしまうことになります。

つまり最終的には信用情報に傷が付いてしまうこともあり得ます。

クレジットカード現金化を利用して信用情報へ傷をつけないために気を付けること

それではクレジットカード現金化を利用して、信用情報に傷をつけないために気を付けたいことを説明します。

支払いに遅延や滞納は絶対に起こさない

クレジットカード現金化を利用する人とは、お金が足りないから真に止むを得ずこの方法を利用する方。

或いは、金融機関でお金を借りるには時間も掛かるし、果たして審査を通過するのか判らないと言った理由からカード現金化を利用されている方がほとんどだと思います。

ここで折角カード現金化に成功したにせよ、その後のカード支払遅延や滞納などを起こしてしまうと、一発で信用情報に傷が付くことになってしまいますから気を付けてください。

カード会社に疑われないこと

カード会社に現金化目的のカード利用を疑われやすい人とは、カードの支払いの遅延や滞納が続いたり、過去に債務整理などした方なども疑われやすく、こんなタイプがいきなり高額な買い物などしている履歴が発覚するとカード会社に疑われます。

こういったケースが起こると、カード会社からいきなり電話が掛かり調査されてしまうことがあり得ます。

そこで、現金化目的でカードを利用したことを自白すると、カードの一発停止、また、現在の全額一括返済を求められてしまうでしょう。

皆さんは既にお判りかと思いますが、こういう事象が発覚すると、当然ここで信用情報に傷が付いてしまうという結果が生まれてきます。

なので、カード会社に問われても絶対に現金化目的で利用したとは言わない様に気を付けてください。

現金化で騙された詐欺被害は国民生活センターや消費者庁に相談する クレジットカード現金化でトラブル相談は国民生活センターや警察(警視庁)へ

クレジットカード現金化と上手く付き合うやり方

急遽お金が必要になるときは誰にでもあると思いますし、その際はクレジットカードの現金化とは最良の策であることは間違いありません。

ただしその付き合い方を間違えると信用情報に傷が付いてしまい、結果、本末転倒となるでしょう。

ここでは、今後クレジットカード現金化をやるにあたり上手く付き合うコツなどを説明したいと思います。

クレジットカード現金化利用後の返済も決して忘れずに!

業者を利用して現金化させるとき、金額が大きければ大きいほど換金率が高くなることもありついつい大きな買い物をしてしまいがちですが、その後カード会社への返済が新たに増えることも決して忘れないことです。

目の前の大金に目が眩み無計画にカード現金化を利用すると、必然的に負のサイクルに陥り、気が付くと支払滞納、遅延などが起こりだし信用情報へ傷が付くことになります。

ここで言いたいことは、カード現金化はできるだけ少額が望ましいし、必要以上の現金化を求めないことが長く付き合う上でも大事です。

不自然な購入履歴を作らない

あからさまに現金化目的と思われがちな高額な金券やブランド品などの定期的な大量購入などはおこなわないことです。

こういった状況が続きだすと、カード会社から疑いの目を持たれ始めます。

ここでカード現金化と上手く付き合うコツとすれば、定期的に、そして同一商品の現金化はおこなわいこと。

また、クレジットカードの限度枠一杯に利用することはおススメしないし、キャッシング枠は残しておいたいた方がベストです。

こういった利用を続けていればカード会社に怪しまれるリスクも無くなり、結果その後の返済も上手くいき、信用情報に傷が付くなどのリスクも低減します。

クレジットカード審査 通らない理由は信用情報開示請求で確認しよう クレジットカード審査に通らない理由は信用情報開示請求で確認しよう

2022年クレカ現金化人気業者3選

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

以上、【クレジットカード現金化信用情報】遅延や滞納で自分の信用を失い傷つかない…でした。