クレジットカードを使った現金化では、クレジットカードのショッピング枠を利用して換金性の高い物を購入、買取サービスなどで売却して現金を得るという方法が多いですが、ここで気になるのがこの「クレジットカードの現金化をすれば儲かるのか?」という点です。

クレジットカード現金化は儲かる?業者スタッフ買取サービスの収入印紙や図書券利益など行く末について

現金化で儲かるってどういうことなの?

クレジットカードを使った現金化の仕組みから「現金化は儲かるか?」を判断する

クレジットカードと言えば、ネット通販、公共料金の支払い、カード払いに対応したお店でも使用できることから、幅広くあらゆる場面での支払いに利用する事が可能なので、社会人となったならば持っておきたい物の1つでもあります。

基本的にクレジットカードを使用すると現金での支払いをする必要がありませんが、後でカード会社に利用した分の金額が請求されてしまうので、使った分だけ支払いをしなくてはいけません。

そのため、クレジットカードは便利ですがお金を使っている感覚があまりありませんので、ついつい使いすぎて請求に驚いたという経験をした方も多いでしょう。

さて、このクレジットカードを利用して現金化をする方や業者もいますが「クレジットカードの現金化?」と仕組みわからない方もいると思います。

クレジットカードを使った現金化を簡単に説明すると、クレジットカードには「ショッピング枠」と呼ばれるカードを使ったお買い物の限度額となる枠があります。

よくある現金化の方法としてはこのショッピング枠で換金性の高い物を購入した後、対象の品を買い取ってくれる業者やサービスなどに売ってお金にするという仕組みです。

ただし、クレジットカードには「キャッシング枠」というお金を借りるための枠があるため、クレジットカードのショッピング枠で現金化をすることは全てのクレジットカード会社が認めておりません。

ここで気になるのがクレジットカードの現金化で利用者は儲かるのか?買取サービスや現金化業者は儲かるのか?について今回は紹介していきます。

クレジットカードの現金化で利用者は素直に喜べるのか

クレジットカードを使った現金化の仕組みから、まずはクレジットカードの現金化をする利用者が「儲かるのか?」について考えて見ましょう。

まず、例として「1万円ほど欲しい」という場合、クレジットカード現金化ではどうしても手数料や還元率といった点から100%の1万円を受け取ることは不可能です。

個人で行う場合であれば、新幹線の回数券といった金券ショップなどで買い取ってくれる商品がよく利用されておりますが、これらも買取する時の価格は100%ではありません。

さらに売る商品にもよりますが、どうしても手数料的なものが5%~10%以上は取られてしまいますので、金券ショップなどで事前の買取価格も調べなければならないでしょう。

また、クレジットカード現金化業者も還元率と呼ばれる設定をしておりますので、1万円分を利用しても7,000円であったり、8,000円ほどになってしまいます。

そのため、利用者が購入する時は100%の価格で購入しなければなりませんが、買取サービス側やクレジットカード現金化業者も商売である以上はいくらかの手数料を引いた金額を渡してくるのです。

以上からクレジットカードカード会社から請求される金額は購入時の100%価格のままですが、売却時は手数料などからいくらかの金額が差し引かれます。

よって、現金化を利用する者が「儲かる」ということはなく、手数料などを引かれた上で必要な金額になっているかを考えなければなりません。

クレジットカード現金化では「商品の買取業者」は儲かっているのか?

上記でも触れましたが、クレジットカードの現金化において利用者は手数料などを取られてしまいますので、基本的に現金化を利用して購入価格より高く売るような儲けを出すことはできません。

では、クレジットカード現金化業者や金券ショップなどは「儲かるのか?」と聞かれれば、上記でも触れましたが手数料や還元率がありますので、その差額による利益で儲けを出しております。

例えば、商品の買取業者として金券ショップであれば新幹線の回数券の他にもQUOカード、図書券、携帯プリペイドカード、収入印紙、百貨店商品券といった商品を買取っております。
(金券ショップによっては取り扱いを停止中の場合あり)

しかし、例外的な物を除けばそれぞれ買取価格(買取率)が設定されており、物によりますが90%以上の買取価格もあれば80%を下回る物もあります。

これらは金券ショップによって価格が異なりますので、事前に確認しておいてどれぐらいで買取されるかは金券ショップのホームページや電話相談をしておいて調べておきましょう。

クレジットカード現金化のスタッフたちはどうやって利益を上げているのか?

クレジットカード現金化業者には還元率があり、大抵の場合は利用金額に応じて変動するようになっています。

例として、ある業者なら1万円の利用をすると7,600円、10万円なら85,000円のキャッシュバックをしているなど、利用金額が多いほどより多くのキャッシュバックをしております。

しかし、クレジットカード現金化業者も増えておりますので、還元率が低いとやはり高い還元率のところへお客様が行ってしまいます。

中には低額でも高い還元率のクレジットカード現金化業者や、高額利用なら90%超えの業者もいるので、それぞれ差別化を図っている群雄割拠な状態でもあります。

このようにクレジットカード現金化業者によって還元率は異なりますので、口コミや体験談などを確認して調べていかなければなりません。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

クレジットカード現金化をしっかり見分けて賢く使う!わたしはマネフレで利用することを決めました!

明日生きる金がない人はコチラへ進む

通販サイトを利用すればオススメのサービスや商品で無理なく現金化できる!

現金化はクレジットカードを利用した方法が有名ですが、その他にも様々な手段があります。

クレジットカードを持っていない人でも無理なく資金調達ができる方法としてオススメなのが通販サイトを利用した現金化です。

オススメのサービスや通販サイトを利用する際のメリットや独自の注意点、購入すべき商品などを詳しく解説していきます。

通販サイトを利用した現金化とは

一般的に現金化と言えばクレジットカードを利用して換金率の高い商品を購入し、購入した商品を業者に買い取ってもらう方法での資金調達を連想する人が多いと考えられます。

手元にお金がなくてもクレジットカードの後払い機能を利用して、お金を先取りで手に入れることができる仕組みとなっています。

通販サイトを利用すればオススメのサービスや商品で無理なく現金化できる!
通販サイトでは前払いが原則ですが、一部のサイトでは後払いでの決済が可能となっています。

通販サイトを利用した現金化とは、通販サイトの後払い決済を利用して先取りで換金率の高い商品を購入・売却し、現金を手に入れる方法のことを言います。

現金化にオススメの通販サイトは

後払い決済を利用して現金化をするのに向いている通販サイトですが、真っ先にZOZOTOWNが挙げられます。

ZOZOTOWNでは「ツケ払い」という独自の後払い決済が導入されていて、商品を購入してから最大で2ヶ月間支払いを待ってもらえます。

ブランド物のバッグや腕時計などは換金率も高いですし、商品購入から支払いまでの猶予期間も長いので、初めて通販サイトを利用して現金化をする人でもゆとりを持って手続きができます。

一方で換金率の高さを重視したい場合にはメルカリの利用がオススメです。

メルカリではブランド物やゲーム機など換金率の高い品物の購入ができますし、株主優待券などの商品券に近い商品も購入できます。
メルカリで購入した商品をメルカリで再度上手に転売することでスムーズな現金化はもちろん、利益を得ることも可能と考えられます。

また楽天市場では独自の後払い決済に加えてNP後払いなどの業者による後払い決済が利用できますし、Yahoo!ショッピングもNP後払いなどの決済が可能となっています。

通販で現金化をする際に購入すべき商品

通販サイトを利用して現金化行う場合、真っ先に購入すべき商品は、Amazonギフト券などの商品券です。

コードタイプのAmazonギフト券であればスピーディーな取引ができますし、換金率も高い上にWEBで簡単に売却の手続きができます。

WEB上にはAmazonギフト券の買取専門業者が幾つもあるので、事前に口コミ評判の良い業者をピックアップしておくことで最速での現金化が可能です。

Amazonギフト券以外にはJCBギフトカードやiTunesカード、有名な飲食店の株主優待券なども換金率が高くオススメです。

各種商品券以外の品物で言いますと、ゲーム機やブランド物のバッグや腕時計などもオススメです。

これらの品物は大きな値崩れがしにくく、安定した換金率での現金化が可能です。

特にゲーム機は買取相場が調べやすいのでフリマアプリや大手ゲーム買取専門店の買取表などを利用して事前に買取相場を調べておくと安心して取引ができます。

ブランドアイテムはゲーム機と比較すると相場が読みにくいですが、大手ブランドアイテム買取店の買取強化アイテムなどを事前にチェックしておくと、高額の買取が期待できます。

💴登録料タダ手数料無料の現金化サイト→スピードペイ

通販サイトで現金化をする際に気をつけるべき点

通販サイトの後払い決済を利用して現金化を行う上での注意点ですが、まず現金化までに時間がかかる点が挙げられます。

クレジットカードを利用した現金化の場合ほとんどの業者が最短即日での現金化に対応しているのに対し、通販サイトを利用する場合商品を購入してから自宅に届くまで数日間かかってしまうので、急いでお金が必要な場合にはやや不向きと考えられます。

またどの通販サイトも後払い決済を利用する場合には別途後払い決済手数料が必要となります。

後払い決済手数料はサイトごとに料金が異なりますが、概ね300円程度の手数料が必要となることを念頭に置いておきましょう。

加えて、ZOZOTOWNやメルカリの場合は比較的支払いまでの猶予期間が長いのですが、楽天市場の後払い決済サービスや楽天市場/Yahoo!ショッピングで利用できるNP後払いなどは支払いの猶予期間がわずが14日しかありません。

手数料や換金率を考慮すると猶予期間が14日というのは非常に短いですし、大きな損をしてしまうリスクもあります。

楽天市場やYahoo!ショッピングで現金化を行う場合にはコードタイプのAmazonギフト券やiTunesカードなどを購入し、できるだけスピーディーに現金化を行うことがポイントとなります。

急いで現金を手に入れたい場合、クレジットカードを利用した現金化などが有力な手段ですが、クレジットカードの現金化は当然ながらクレジットカードを持っていないとできません。

一方で通販サイトを利用した現金化の場合、クレジットカードを保有していなくても現金化ができますし、クレジットカードカード会社の規約などを気にする必要もないので精神的にも落ち着いて現金化ができます。

Amazonギフト券などの金券を購入すれば高い換金率での現金化が期待できますし、デジタルコードを購入・売却すれば自宅にいながらスピーディーに取引ができます。

突発的に現金が必要になったけれどカードローンやクレジットカードなどを持っていない場合などには通販サイトの後払い決済を利用して、安心・安全に現金化の手続きを行うことをオススメします。

各通販サイトごとに購入できる商品や、支払い猶予期間は異なるので、状況に応じて様々なサイトを使い分けてみて下さい。

2021年クレカ現金化人気業者3選