クレジットカードのショッピング枠を使用して換金性の高い物などを購入、その後売却して現金を得るのですが、そこで後払いや先払いなどのやり方を解説します。今回はこのクレジットカードの現金化を未成年が行うことはできるのか?について考察してみました。

銀行口座がある未成年によるクレジットカード現金化条件とは

銀行口座がある未成年による現金化条件

クレジットカードはとても便利なカードだが、未成年でも作る事はできるのか?


クレジットカードは後払いでお買物の支払いができるカードのことであり、インターネットの通販サイトを利用するだけでなく、クレジットカードが使用できるお店、さらに電気・ガスなどの公共料金の支払いなど、様々なことに利用できる便利なカードです。

通常、クレジットカードには「キャッシング枠」「ショッピング枠」と呼ばれる2つの枠があり、キャッシング枠はお金を消費者金融などから借りる際にどこまで借りる事ができるか?を示した限度額です。

一方でショッピング枠は、クレジットカードを使って支払いをするお買い物で利用可能な限度額のことを指し、ほとんどの方がお世話になっている枠です。

ただし、クレジットカードは基本的にその場で請求されるわけではなく、月末などにまとめて請求されるようになっておりますので、実際にクレジットカードをよく使った月の請求で大変な額になったことがある体験をした方もいるのではないでしょうか?

このように便利ではありますが、お金を使った実感があまり無いために使いすぎてしまう一面もあるクレジットカードですが、条件を満たしていれば未成年でも作ることは可能です。

とはいえ、未成年でもクレジットカードを作るには審査があり、さらに未成年である場合は成人と違った条件を含めて審査が行われます。

そして、クレジットカードを作ることができれば、未成年も現金化を行う事ができるのでしょうか?

未成年でクレジットカードを作るには様々な条件があるので難しいのか?

クレジットカードは便利な存在ではありますが、誰にでも無条件でクレジットカード会社が発行しているわけではありません。

クレジットカードを作成する場合、審査と呼ばれる「この人にクレジットカードを与えても大丈夫か?」という調査などをカード会社は必ず行うことになります。

審査では様々な点が見られますが、「そもそも収入がない」「過去にクレジットカード関連で返済が滞ったりした、遅れたりした」などの履歴などが引っかからない限り、審査をパスしてカードは作られるようになっております。

しかし、未成年がクレジットカードを作る場合、収入のある社会人とは条件が違うため、クレジットカード会社によりますが以下のような点を審査でチェックされます。

年齢が18歳以上でも在学中の高校生ではなく銀行口座がある未成年が条件となる

基本的に18歳未満であるか、もしくは18歳だがまだ高校に通っている学生さんはクレジットカードを作ることはできません。

理由として、クレジットカードにおいては「収入があるか?」が見られますが、18歳未満、しかも就学中である学生の身分ではお給料のような収入のある方はおりません。

そのため、クレジットカード会社も「学生じゃ支払いができないだろう」とみなしてしまうため、18歳未満、または18歳以上だが学生である内はクレジットカードを持つことは不可能です。

上記の18歳以上、かつ学生ではない場合でも、クレジットカードは口座からの引き落としとなります。

それにより、自分の口座を持っていることもクレジットカードを持つ上で必要となります。

未成年がクレジットカードを持つには親の同意が必須

クレジットカードを作る際に年齢が20歳以上であれば社会では成人ですので、親の同意は必要ありません。

しかし、未成年である以上はまだ親の監督下にありますので、未成年でもしもカードの支払いができなかった時に備えて、ほとんどのカード会社が親御さんの同意を必須をしているのです。

さらにクレジットカード会社から「お子さんがクレジットカードを作ろうとしているが間違いないか?」という確認の連絡が親御さんにも伝わりますので、内緒で作成するのはとても困難です。

よって、内緒で作成もできないので未成年の方はクレジットカードが必要な理由などをしっかり説明して、親御さんからも同意を得ておく必要があります。

未成年だとクレジットカードの選択肢があまり無い

収入のある成人であればクレジットカードの選択肢は豊富ですが、未成年だと年齢制限があるタイプのクレジットカードぐらいしか利用できません。

理由としてクレジットカード会社も「未成年だと支払いトラブルも起こしやすい」という可能性やリスクなどを考えておりますので、成人と同じような高い限度額のクレジットカードを持つことはできません。

よって、利用限度額がかなり抑えられている年齢制限付きクレジットカードでなければ、未成年でクレジットカードを持つことは難しいでしょう。

以上から、未成年でもクレジットカードを持つことは可能ですが、上記のような条件をクリアしなければなりません。

さて、苦労の末にクレジットカードを持つことができるようになりましたが、問題は未成年で現金化が行えるのか?という点です。

クレジットカードの現金化は未成年だとほぼ不可能!?理由は「未成年は換金できない」から?

極端な話ですが、クレジットカードさえ持っていれば現金化は誰でも可能であるという事になります。

しかし、未成年であったとしてもクレジットカードの現金化をすると、クレジットカード会社も現金化を認めていないので、未成年であっても現金化が発覚すればカードの利用停止処分となります。

さて、未成年が現金化ができるかどうか?についてですが、結論から言えば「換金性の高い物を購入できるが、売る事が難しいので現金化は不可能に近い」のです。

まず、買取サービスなどをしている金券ショップなどは「未成年からの買取」を規約上しておりませんので、売りたい場合は保護者の同伴を求められてしまいます。
(同じような理由で質屋なども未成年は原則利用できません)

さらにクレジットカードを現金化する現金化業者も「未成年の方は利用できません」と案内がありますので、業者を利用したクレジットカードの現金化も不可能です。

以上から、クレジットカードの現金化を未成年が行うにも肝心の換金部分で利用できない事が多く、未成年という立場上はクレジットカードで現金化するのはとても難しいでしょう。

もちろんですが、親御さんのカードを勝手に使って現金化をしようとしても、請求が親御さんに届く以上は現金化の事実を隠せないので、家族同士でも勝手にクレジットカードを使ってはいけません。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

明日生きる金がない人はコチラへ進む

クレジットカード現金化の優良バンクを見分ける4つのポイント

クレジットカード現金化業者は年々増えてきていますが全部の業者が優良かと言われたらそうではなく残念ながら悪徳業者も潜んでいます。

しかし優良バンクもちゃんと存在はしているので現金化行為は危ないと言う訳ではなく業者さえしっかり選んでいれば安全にクレジットカード現金化を行う事ができます。

クレジットカード現金化で優良バンクを見つける方法を紹介していきましょう。

クレジットカード現金化業者を優良か悪徳かを見分ける上ではこれから紹介する4つの事に注目して下さい。

面倒かもしれませんが後々トラブルに巻き込まれるよりは事前に覚えておけばトラブル回避に役立てられます。

ホームページの作りが簡素過ぎず説明不足になっていないかを確認する

優良か否かを見分ける方法として、自社のホームページの作りが簡素すぎていないかをチェックしておきましょう。

チェックした方がいい理由として純粋に説明不足で利用しづらいのもありますが、仮にも商売している以上はサービスの決め手になるホームページの作りが、簡素だと悪徳で無かったとしても手抜き感が溢れている以上は優良とは言えません。

特に…

・各金額での還元率の表記が簡素
・振込や商品発送等の手数料に関する有無
・会社概要が無い
・電話でのお問い合わせ先の有無

実際に現金化をする際に重要になってくる部分に関する説明が無かったり、簡素すぎるとまず利用するのは控えた方が良いでしょう。

その分還元率とかのサービスは良いからと言っても、ホームページが簡素すぎては説得力に欠けます。

記載されている電話番号で優良か悪徳かも見分けられるのでチェックする

優良か否かを見分ける方法の1つに、会社概要で記載されている電話番号をチェックする事です。

しっかりと運営している業者であれば、フリーダイヤルの固定電話を用意し会社概要やHP上で記載しています。

そちらの業者なら問題はありませんが、反対に電話番号が携帯電話の番号で始まる物(090、080、070)やそもそも電話番号を記載していない現金化業者は優良とは言えません。

固定電話自体は月数百円から契約できる物もあり、気軽にやるには難しい物ではありません。

商売を始めるなら必要な物ですがそれを用意しないと言う事は、その費用すら出すのが惜しいと考えている悪徳業者の可能性も高いので要注意が必要です。

一方で業者の中にはIP電話(050から始まる番号でインターネット回線を使っての通話するサービス)を取り入れている所もあり、近年ではIP電話を会社の連絡先として使っている業者も増えてきています。

しかしそれでもまだ少ないほうですので、残念ながら信憑性は携帯電話や無記入の業者に比べるとマシな方と思った方が良いでしょう。

電話対応でしっかりと受け答えができているかも優良か悪徳かの判断材料になる

クレジットカード現金化で商売を始めているならスタッフ教育にも力を入れてるのが普通です。

少なくとも..

・サービスを理解していてこちらの質問にも答えてくれる
・ハキハキと喋っていて受け答えができる
・業者名をちゃんと名乗っている

最低でもこれができていれば悪徳では無いと言えます。
しかし業者の中にはこれとは正反対に..

・相場や手数料等を聞いても実際に(現金化を)やるまで分からないの一点張り
・電話対応スタッフにやる気を感じられない、面倒臭そうな雰囲気を出してハキハキとしていない
・スタッフの話し方に人を小馬鹿にした様な雰囲気が出ている

電話対応教育を疎かにしていたり、そもそも最初からする気がないと感じられる物もあります。

電話対応に違和感を感じたなら、悪徳業者の可能性が高いのでその場でキャンセルして違う現金化業者を探しましょう。

💴誰にもバレずにお金を作る現金化サイト→かんたんキャッシュ

見るのは自社のホームページだけではなく利用者の口コミや評価も調べてみる

幾らホームページを作り込んだり説明もちゃんと用意し、電話対応できる様にしていても必ず優良とは限らず、サービス面では最悪なケースもあります。

なので口コミや評価も同時に調べておき、その上で優良か否かをチェックしておく必要があります。

例えば..

・還元率は90%以上で高還元率!→口コミを見ると手数料を理由に差し引かれるので実際は70%程
・最短3分で入金!→実際は入金までに1~2時間程掛かる
・電話対応でクレジットカード現金化に関する相談も可能!→営業時間外では対応しないしそもそも言葉使いが悪い
・電話からの申込みも可能!→実際はwebからしか対応していないもしくは電話で申し込み自体はできるが現金化に関する作業(個人情報の入力や商品購入等)は結局webからやらないといけない

口コミだとHPと書かれている事とは全く違っていてボロが出てくる業者もいるのでどの業者を使うにしても必ずチェックしておきましょう。

クレジットカード現金化業者は数が多いとどれが優良でどれが悪徳かの見分けが難しくなると不安になると思いますが見分けるポイントさえ覚えれば優良バンクを見つけて安全に現金化を行う事ができます。

現金化をこれから始めるなら今回紹介したポイントを参考にしてみて下さい。

2021年クレカ現金化人気業者3選

緊急でお金が必要になったらコチラ