クレジットカードのショッピング枠を利用して、換金性の物をカードで購入して売却、そして最近ではクレジットカード現金化業者を利用して現金化をする方もいますが、業者によっては悪質な業者もいるため、利用した後でトラブルに巻き込まれてしまっている方もいます。今回は国民生活センターの役割とクレジットカード現金化の関係についてご紹介していきます。

クレジットカード現金化でトラブル相談は国民生活センターや警察(警視庁)へ

現金化で騙された詐欺被害は国民生活センターや消費者庁に相談する

気になる項目をチェック

クレジットカード現金化では詐欺罪や詐欺被害があるのは本当か

クレジットカード現金化を利用すると詐欺被害に遭うのではないかと不安になる人もいるでしょう。

実はクレジットカード現金化サービスを利用して詐欺に遭ってしまっているケースは全くないわけではありません。

お金がなくて困っている人を狙って詐欺をしようとする悪意のある人は世界的に多いのは事実で、クレジットカード現金化も狙われてきました。

クレジットカードで決済をする代わりに現金を振り込むという契約のはずなのに、現金がいつになっても振り込まれないという詐欺は典型的なものです。

詐欺罪として訴えようとしても運営会社がそもそも存在しなかったというケースもあります。

そのため、詐欺行為の被害に遭わないようにするためにも、クレジットカード現金化サービスは厳選する必要があります。

詐欺の被害に遭わないためには利用者が多く、運営会社の存在もはっきりしているところを選ぶのが大切です。

過去に詐欺の報告がない業者だということも確認してから申し込むのが重要です。

【現金化犯罪】悪用?横領罪事件になる可能性はあるが破産にはならない

業者におけるトラブルにあったらどうすればいいか?

クレジットカードはネット通販でのお買い物や、加盟店で現金支払いの代わりに利用できる便利な存在ですが、使いすぎてしまうと月末の請求が大変になるので、管理にも気をつけなければなりません。

しかし、しっかりとカードの利用について管理ができるのであれば、あらゆる支払いにクレジットカードで対応可能であり、特に海外旅行などでも現金を持ち歩くよりかはカードで支払ったほうが安心なことも多いのです。

このクレジットカードには「ショッピング枠」というお買い物に使える利用限度額を示す枠がありますが、このショッピング枠で換金性の高い物を買って、買取サービスに売ってお金に換金する方法が昔からあります。

ただし、クレジットカードにはお金を借りる際に利用するキャッシング枠がありますので、現金化をすることはクレジットカード会社が認めていないので、発覚すれば利用停止や一括請求をされてしまいます。

そして最近ではクレジットカードを利用した現金化を行う業者も登場しており、利用した事が無かったとしてもサイトなどを見かけた方も多いのではないでしょうか?

業者の方式として「業者が指定した物をクレジットカードで利用者が購入して業者へ送るとお金が振り込まれる」「または業者と表向きはお買い物をしてキャッシュバックを受ける」の2通りがあります。

ところが、業者にも悪質な業者もいるため、利用した結果「本来の振り込み金額より低かった!」「変な電話やメールが届くようになった…」という被害を受けている方もいらっしゃいます。

今回はそんな業者スタッフに関するトラブルや被害を受けた際に「国民生活センター」の存在についてご紹介しましょう。

国民生活センターとは何か?どんなお仕事をしているのか?

国民生活センターは名前こそ聞いたことはあるかもしれませんが「どういうお仕事をしているのか?」といった中身などについてはあまり良く知らない方も多いのではないでしょうか?

まず、国民生活センターは独立行政法人であり、国民の生活における消費者や暮らしの問題に取り組む機関となっているのですが、これだけではまだ「よくわからない」と思われるでしょう。

国民生活センターは全国の消費生活センターから消費者の相談などの情報を収集、それらを元に消費者が被害を受けることを未然に防止したり、被害が拡大するのを防止するなどの役割を担っております。

そのため、消費生活センターから寄せられた一般消費者からの相談の受付、危害情報の収集、市販商品のテストを行って、結果に基づいたメーカーへの改善指導など、消費者の生活を守るための機関なのです。

国民生活センターが扱う案件は非常に幅広く、例として「○○という商品で重大な事故」といった情報や、「××という業者による悪質な詐欺が…」といった消費者への最新情報をお届けしております。

よって、国民生活センターからの情報をチェックしていれば、もしかすると自分が持っている物で何らかの重大事故や欠陥があった、最新の詐欺被害に関する情報なども手に入れる事ができます。

国民生活センターにおけるクレジットカード現金化の情報

クレジットカード現金化に関して、国民生活センターにも全国の消費生活センターから寄せられた相談などの情報が集まっております。

例として悪徳な業者の情報なども記載されており、実際にどういう手口で被害を受けたか?といった例などが紹介されています。

国民生活センターの情報として以下のようなものがあります。

融資を受ける予定だったのにクレジットカード現金化を紹介された

国民生活センターでは悪徳金融業者などが「審査が通らなかったので」という理由で紹介してくるケースが紹介されています。

確かに最初から利用していなかったとしても、紹介されて利用してしまったケースなどもあります。

他にも、違う取引をしていたら支払いの際に業者から紹介されてしまったというケースも相談内容として寄せられております。

業者と契約をしたが振り込み金額などの話が違う

国民生活センターや消費者生活センターに寄せられる悪質な例として、一番多いのが振り込み金額が異なるといったものです。

具体的には10万円で98,000円のキャッシュバックと謳っていた業者を利用したら手数料などの理由をつけて、実際に振り込まれた金額が大きく下回ったというものです。

そのため「業者と契約を切りたい」という相談が寄せられており、国民生活センターでも契約内容が怪しいと思ったら契約はしないように呼びかけています。

利用する気が無いのに見知らぬ業者から電話があった

何らかの理由で業者に個人情報が渡っていたりすると、案内するような営業の電話がかかってくることがあります。

悪得業者によっては利用者の情報を闇に流してたりして利益を得ており、実際に現金化した人が後で不審なメールや電話に悩まされたという例もあります。

クレジットカード現金化で困ったことがあれば国民生活センターや消費者生活センターへ

トラブルが発生しても、警察や弁護士に相談しても時間や費用などがかかってしまいます。

そこで、もしもトラブルが起きたならば、国民生活センターか最寄の消費者生活センターに相談対応をしてもらいましょう。

国民生活センターや消費者生活センターは消費者に関することであればトラブル解決のために尽力してくれますので、非常に頼りになる存在ですができるだけお手を煩わせないようにしたいものです。

現金化の詐欺被害は国民生活センターに相談すると安心

クレジットカード現金化で詐欺に合ったら、どこに相談しますか?

警察、カード会社、弁護士。

実はこのどれもが不正解で、トラブルを相談するなら、国民生活センターが一番なんです。

国民生活センターならトラブルの相談だけじゃなく、悪質な業者の情報も提供してくれます。

ほとんどの業者が優良業者とは言え、業界の中には悪徳業者も紛れているのは事実。

そんな悪徳業者を利用してしまって、トラブルに巻き込まれてしまった人も多いんじゃないでしょうか。

現金化自体がグレーだから泣き寝入りするしかない、そう思ってる人も多いと思います。

果たして、トラブルに巻き込まれた時、どこなら相談できるのでしょうか?

💴専属アドバイザーが丁寧に対応するサイト→スピードペイ

警察は動かない可能性が高く相談には向かない

トラブルの相談で一番に思いつくのが警察じゃないでしょうか。

詐欺被害や金銭でのトラブル、警察は様々な事件に対応してくれる機関です。

しかし、現金化のトラブルは、警察に相談しても無意味になる可能性が高いんです。

なぜなら、現金化自体が違法行為ではないから。

ちゃんとした手順を踏んでいたら、それは契約として成立してしまうので、何かトラブルが起きても警察は手を出しにくいんですね。

勿論、商品が届かなかった、入金がされなかったなど、正規の方法を行ってなかった場合は、警察も詐欺行為として動いてくれる事もあります。

しかし、換金率が違った、手数料が高すぎるなどのトラブルだと、契約自体は成立してるとみなされて、警察は動いてくれない事も。

業者がした詐欺行為のちゃんとした証拠があるなら、もしかしたら警察は動いてくれるかもしれません。

しかし、ほとんどの場合は警察は動かないので、相談をするのはオススメしません。

カード会社に相談すると自分も危なくなるのでやめよう

カード会社に相談したら、こちらの事情を理解した返済方法を考えてくれるかも。

そう思う人もいるかもしれませんが、何かトラブルが起きてもカード会社に相談するのは絶対にやめましょう!

カード会社では、クレジットカード現金化自体を禁止しています。

それなのに、「クレジットカード現金化してトラブルに巻き込まれた」なんて相談されても「自業自得」と返されるだけ。

クレジットカード現金化をしたアナタと業者は、カード会社から見ればどちらも加害者ですよね。

だから、規約違反を理由に一括返済を求められ、会員資格を剥奪される可能性の方が高いです。

カード会社に相談すること自体がリスクが高すぎるので、絶対にやめましょう。

また、弁護士なら相談に乗ってくれます。8

ただ、確実に解決できるかは不透明で、しかも裁判費用等が掛かってしまうので、損をした金額以上にお金を使う可能性の方が高いです。

お金が掛かっただけで何も解決できなかった、となる可能性もあるのでオススメはしません。

国民生活センターなら現金化の相談にも乗ってくれる

警察もダメ、カード会社もダメ。

それでは、どこなら相談できるのかというと、それは国民生活センターです。

消費者庁の管轄である国民生活センターは、一言で言うと消費者の生活でのトラブルの悩みを聞いてくれる機関。

その「生活でのトラブル」には現金化も含まれるので、業者との間に起きたトラブルの相談にものってくれるんですね。

現金化のトラブルは相談しにくい、恥ずかしいという人もいますよね。

しかし、自分一人でその悩みを抱えていては、いつまでたってもトラブルは解決しないし、悪徳業者が得をするだけです。

国民生活センターなら消費者からの相談を真摯に聞いてくれて、それに対する調査をし、その解決方法を一緒に考えてくれます。

自分一人で悩みを抱え続けるより気持ちも楽になり、また解決方法が見つかるはずだから、何かの被害を受けたなら、まずは国民生活センターに相談しましょう。

無料で相談に乗ってくれますよ!

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

国民生活センターではクレジットカード現金化の情報も公開

クレジットカード現金化では、過去にどんなトラブルが起きたの?

現金化業者の詐欺の方法は?

悪徳業者を利用しない為に、利用者は色々な情報を知りたいですよね。

そんな情報を知りたい時も、国民生活センターは役立ちます。

国民生活センターではトラブルの相談以外に、情報提供も行ってくれています。

国民生活センターに寄せられた全国の相談・トラブルの内容を集めて、消費者が騙されないようにそれを提供しているんです。

その情報を知れば、悪徳業者の「今現在主流の詐欺行為」も知ることが出来るので、無用なトラブルを防ぐ手助けにもなります。

また、消費者庁が公開してる情報という事で、ネット上に転がる嘘の情報よりも全然信用できるのも良いですよね。

プライムウォレット現金化はコチラ

トラブルが起きた時は勿論、情報や過去に起きたトラブルが知りたい人は、気軽に国民生活センターに連絡してみましょう。

カード現金化でトラブルに巻き込まれた。

そんな時、相談に乗ってくれる機関が国民生活センターなんです。

消費者の味方である国民生活センターは、業者の詐欺行為に巻き込まれた被害者の味方。

現金化で悩みを抱えてしまった時は、まずは国民生活センターに相談してみましょう。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • 現金化堂
    詳細はコチラ
  • おひさまクレジット
    詳細はコチラ

急にお金が必要になった人はコチラ

現金化のグレーな犯罪被害で警察はケースバイケースで注意喚起をしている

現金化業者を利用してると、トラブルや被害にあう事もあります。

こんな時、普通なら警視庁に相談するのが正しいですが、グレーな金策だからと泣き寝入りする人も多いですよね。

実際に、相談しても警視庁は動いてくれないのか?

警視庁がクレジットカード現金化をどう思ってるかについてご紹介します。

年々利用者が増え続ける現金化ですが、それと比例するように悪徳業者も多く紛れ込むようになりました。

そんな悪徳業者を利用して、詐欺被害にあった人もいますよね。

しかし、グレーなサービスという事もあり、被害にあっても警視庁が動いてくれるかわからない、と人知れず悩む人も多いのでは?

果たして、被害にあった場合、警視庁に相談しても大丈夫なのでしょうか?

警視庁はクレジットカード現金化を違法とは見ていない

そもそも、警視庁は現金化自体をどのように見ているのか?

警視庁はクレジットカード現金化を違法とは見ていない

その答えは、法律違反とは見ていないです。

何故かというと、現金化自体は、ただの商品の売買に過ぎないから。

商品を購入した後、その商品を業者に転売する。

業者から商品を購入したら、そのキャッシュバックとしてお金を得る。

この二つが、基本的な方法です。

これ、やり方だけを見ると、ただの中古品の売買とキャッシュバックですよね。

中古販売店やフリマアプリで手持ちの商品を売ったら、犯罪になりますか?

スマホを契約したら特典としてキャッシュバックしてくれるサービスを行ってる、携帯ショップは摘発されてますか?

お金を得る事が目的と分かっているとはいえ、やってる事はただの商品の売買、もしくはキャッシュバックなので、警視庁も法律違反とは断言してないんです。

勿論、全面的に認めてるわけではないので「利用しないように」と注意喚起はしていますが、法律に照らし合わせたら、違法ではないんですね。

クレジットカード現金化の被害を警視庁に相談しても意味なし


それでは、実際に詐欺やトラブルの被害にあった時、警視庁に相談しても大丈夫なのか?

結論ですが、警視庁は動かない事が多いので無意味です。

その理由はわかりますよね、警視庁は現金化を違法とは見ていないからです。

例えば、現金化をする為に商品を購入したのに業者から入金されないというトラブル。

これは一見違法に見えますが、商品を購入して、その商品が利用者に発送された時点で商取引は成立しています。

その為、警視庁に相談しても「商取引は成立してるから」と言われ、泣き寝入りになる事が多いんですね。

他の被害でも同じ事。

業者が行ったことが余程悪質な詐欺行為じゃない限り「現金化は違法じゃない」「商取引成立」を理由に警視庁は動けないんです。

また、酷い警察官になると「詐欺被害に巻き込まれる可能性がある現金化をしたのは自分でしょ」と言われ、突き放される事も。

自分にも落ち度があるとはいえ、被害にあったのにそんな事を言われたら、とても傷ついてしまいますよね。

このように、基本的に警視庁は動いてくれないので、頼りにし過ぎてはいけないんです。

プライムウォレット現金化はコチラ

現金化業者を利用した時こんな犯罪による被害にあったら警察に相談!

ただし、被害に対して、警視庁も全く動いてくれないというわけじゃありません。

現金化業者を利用した時こんな被害にあったら警察に相談!

法律に接触する行為があったなら、相談したらすぐに動き出してはくれます。

例えば、利用額を10万円にしたのに、送られてきた商品は10万円の価値がない商品だったら。

これは詐欺行為になるので、警視庁に相談すれば動いてくれる可能性大です。

実際に、過去には購入額に合わないおもちゃの商品を売りつけたとして、貸金業法と出資法違反で逮捕された業者がいます。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

また、先ほど業者が入金してくれないトラブルは泣き寝入りになる事が多い、という話をしました。

これは商取引が成立してるからですが、逆に言えば商取引は成立してないのに入金もされない場合、警視庁に相談したら動いてくれる可能性があります。

つまり、クレジットカードで商品を購入したのに、その商品が発送もされずに入金もされない場合ですね。

これは詐欺行為になる可能性があるので、警視庁に相談しても無駄にはなりません。

基本的には動きが鈍い警視庁ですが、内容によっては動いてくれる事もあるので、被害にあったら試しに相談してみるのもいいかもしれませんね。

クレジットカード現金化は違法ではない!!!

これは利用者にとっては魅力的なポイントになりますが、被害にあったら警視庁が動きにくいというデメリットもあります。

利用する時は上記の事を頭に入れて、警視庁にお世話にならないように、安心安全な優良業者を選びたいものですね。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • 現金化堂
    詳細はコチラ
  • おひさまクレジット
    詳細はコチラ

急ぎでお金が振り込まれる最適な手段

クレジットカード現金化業者に騙された!チェックすべき項目を徹底解明!

クレジットカードにはお買い物に使うショッピング枠があり、この枠を使って換金性の高い商品券や家電など、買取サービスで買い取ってもらえる品を現金にする方法をクレジットカードの現金化と言いますが、一方で「騙された!」という被害を受けた方もいます。

今回はその業者に騙されたという話から悪徳業者の手口について考えてみましょう。

クレジットカード現金化業者の登場とシステムから現金化の仕組みを解明

クレジットカードはあらゆる支払いに対応した便利なカードではありますが、持つためにはクレジットカード会社の審査を通る必要があり、便利だからといって全ての人が持つことができるというわけでもありません。

現金での支払いが不要になる便利なクレジットカードですが、クレジットカードには「ショッピング枠」「キャッシング枠」と呼ばれる2つの枠があるのはご存知でしょうか?

ショッピング枠はクレジットカードを使ったお買い物をする時に「どれぐらいまで利用できるか?」を示す利用限度額であり、キャッシング枠はお金を借りる時に「どれぐらいまで借りられるか?」の利用限度額と、それぞれ役割が異なります。

基本的にはお金に困ったわけでもない限りはキャッシング枠を利用することは無く、普段の生活やネット通販などでの支払いで使う事があるのはショッピング枠だけとなります。

しかし、このショッピング枠を利用して現金を得る方法がクレジットカードの現金化であり、方法としてよくあるのが換金性の高い物を購入して、それらを買取している業者やサービスを利用して品物を売却した際に現金を得ると言う方法が昔から行われてきました。

もちろんですが、キャッシング枠が本来あるのに、ショッピング枠を利用するクレジットカード会社はこのようなクレジットカードを利用した現金化を認めておりませんので、発覚すれば利用停止や利用料金の一括請求が行われてしまいます。

そして、最近ではカード現金化業者も登場しており、利用すると表向きはクレジットカードでお買い物をしているのですが、後からキャッシュバックで還元率に応じた現金が振り込まれるようになっています。

このようにクレジットカードを利用した現金化は様々な方法が登場しておりますが、一方で業者を巡ってはトラブルとなっていることもあり「騙された!」という利用者の怒りと後悔のコメントを見かける事もあります。

今回は業者の中でも悪徳な業者が良く使う手口や騙された!という体験談から、騙される前に確認すべき点についてご紹介します。

悪徳なクレジットカード現金化業者はどれぐらい存在しているのか?

最近ではインターネットの発達によって業者にそのまま現金化を依頼できるフォームもあり、ネットから申し込んで1時間以内に現金が振り込まれたという例まであります。

そのため、業者を介して利用する方は多く、しかも一度利用して安心できたのか、または便利だと感じたのか、以前利用したことがある業者をまた利用することもあります。

ところが全ての業者がしっかりとしているわけではなく、中にはやはり詐欺などを前提にした悪徳な業者もいますので、運悪く利用してしまうと騙されてしまったということも想定できます。

そもそもどれぐらいの業者が「悪質なのか?」については数などの実態がわかっておらず、悪質かどうか判別するためには利用する側が見極めなければいけない状態となっています。

実際に悪徳な業者が逮捕されたりもしていますが、やはり被害を防ぐには自己防衛が必要となっていますので、騙されてしまう前にいくつか確認すべき点もあります。

騙されないために確認すべき現金化業者のポイントとは?

悪徳な業者を利用してしまうと、お金が振り込まれなかったり、難癖を付けられて振り込まれるお金が減ったり、さらに渡したクレジットカード情報や個人情報まで闇に流される恐れがあります。

では、業者のどういった点を確認して、被害を防いだり、騙されたりする事が無い様にしなければならないのでしょうか?

まず、基本的な事ですが業者のサイトを確認することであり、「どれも同じだろう」と面倒に思ってあまり確認しないのは危険です。

やはり業者によってどんな方式の振込みなのか?システムなのか?は異なっておりますので、これらを確認せずに騙された!と思っている利用者も多いです。

特にサイトを見ていると、悪質な業者はやたらと「還元率が高い!」「即日振り込み!」「○○公認!」といったありがちなフレーズを強調していることがあります。

次に、利用を考えている口コミなどを、そのサイトではなく他の外部サイトなどで調べてみましょう。

ただし、特定の情報がタイミングよくあるかはわかりませんが、なるべく複数の外部サイトを回って確認していきましょう。

さらに外部サイトはなるべく多く確認したほうが参考になる情報も多くなるので、こちらも面倒に思わずしっかりとチェックしていきましょう。

また、業者と電話でのやり取りもあるので、その際に思うところがあれば利用を検討しなおしたほうが良いかもしれません。

よって、騙されたりしないようにするには、上記のようなポイントを利用する側がしっかりとチェックしていかなければならないので、面倒でも情報収集から始めて行く事が重要です。

💴金融に強いベテランスタッフが対応する現金化サイト→かんたんキャッシュ

クレジットカード現金化で騙されないためには何が必要ですか?

クレジットカード現金化で騙されないためには、基礎的な知識が必要になります。
クレジットカード現金化で騙されないためには何が必要ですか?

騙されないためにする事

知識がないと相手がうそを言ってもわからないことがあるだけでなく、悪質な業者か優良な業者かわからなくなってしまうこともあります。

お金に困ってしまうと判断を焦りがちなため、まずはしっかりと確認する癖もつける必要があるのです。

プライムウォレット現金化はコチラ

焦ってしまうとどうしても基礎的な知識を無視してしまいがち

現金化はお金に困ったときの強い味方です。

ただし、お金が必要になると少しでも早くと考えてしまいがちで、それにつけ込む悪質な人間を引き寄せやすくなります。

お金に困っているからこそ、しっかりと確認してお金を用意するという考え方が重要になるのです。

騙されないためにはいくつか考えなければならないことがあります。

現金化はネット経由でギフト券等を購入し、業者に買取を依頼することが一般的です。

クレジットカード情報を渡す必要はなく、サービスを利用したお金は金融機関の口座に振り込んでもらう必要があります。

一部店舗型の業者を除き口座の情報は必須になるため、あとに手渡しを約束するなど、一般的な手順を外れる業者や人間は疑った方が良いのです。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

個人との取引をしないことも騙されないコツになってくる

現金化をする場合は個人との取引をしないことも騙されないポイントになってきます。

個人取引を目指す人もいますが、お金が振り込まれないというケースは珍しくないからです。

警察に被害を届けようとしても相手が特定できずに泣き寝入りになるケースもあります。

業者が利用されることが多いのは、業者の特定が容易であることです。

もちろんしっかりとしたホームページや問い合わせ先があることが前提で、個人の携帯電話などが連絡先になっている場合はトラブルの元になります。

継続的に営業することで利益を出すしっかりとした会社であれば法律上のリスクを避けるのが一般的です。

騙されないためには実績があり、しっかりと経営されている業者を利用した方が良いのです。

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • 現金化堂
    詳細はコチラ
  • おひさまクレジット
    詳細はコチラ

給料日前にお金が必要になったらコチラ