クレジットカードのショッピング枠を利用して、換金性の高い新幹線の回数券などをカードで購入して買取サービスなどで売却、最近ではクレジットカード現金化業者を利用することで現金化をする方もいますが、クレジットカードの現金化をどうして利用するのか?という点であり、今回は実際に現金化を行った方の体験談から現金化した実態や背景をご紹介していきます。

クレジットカード現金化の実態から規約違反など深堀りした馬鹿な経験者ホンネや停止とは

クレジットカード現金化の実態で規約違反などカード利用停止は大丈夫?

クレジットカード現金化で現金を得る方法は昔から存在していた?

クレジットカードは現金による支払いをする必要が無いため、現金を持ち歩く必要性が無く、特にネット通販等では支払いに必須となる事がありますので、社会人となったらクレジットカードは持っておきたいアイテムの1つと言えるでしょう。

そして、このクレジットカードにはお買い物に使える限度額を意味する「ショッピング枠」があり、この枠を利用して換金性の高い品物などを購入、買取をしている業者などに売却する現金化を行っている方も存在しています。

また、クレジットカード現金化も登場しており、表向きはクレジットカードを使ったお買い物ですが、還元率に応じたキャッシュバックを受けて利用する、という業者による方法を利用した方もいらっしゃいます。

もちろんですが、どちらの方法もカードでお金にすることはクレジットカード会社が認めていないので、もしも現金化をしていたらカードが利用停止となり、現在の利用分の料金を一括で請求されてしまいます。

さて、この現金化は「いつ頃から行われていたか?」と聞かれれば定かではありませんが、少なくとも昔から行われていた方法であることは間違いありません。

まだインターネットがそこまで発達していなかった頃、クレジットカードを利用した現金化と言えば新幹線の回数券、商品券などをカードで購入、そして金券ショップへ持っていって換金すると言う方法が多かったです。

他にはクレジットカードを使って家電や貴金属を購入、それらを買取サービスなどの業者に売るという方法で現金を得ておりましたが、ネットがあまり発達していない頃はこのような方法でしかお金に換えることしかできませんでした。

なぜ現金化を行った・利用したのか?を体験談から考える

ここで実態において、実際にクレジットカードを使った現金化をしたことがある方の体験談などから、どういう事情や背景があったのかをご紹介していきます。

急な出費でお金が無かったので現金化を利用した

体験談で多いのがこの「急な出費」があったという事情から、現金を得るための方法として利用した方は多いです。

人生において急な出費となる出来事が発生すると手持ちの現金、または銀行から貯金を引き出すのが一般的ではあるものの、やはりお金が足りないこともありますのでそうなると金策を考えないといけません。

お金が無くて困っている時は「他人から借りる」のが一番思いつく金策であり、借りる先としては親族や知り合いから借りる場合が多いのですが、金銭のやり取りは親しい人同士でも何かとトラブルになりやすいので「人から借りるのは遠慮したい、利用したくはない」という方もいらっしゃるでしょう。

また、クレジットカードにはショッピング枠とは別に「キャッシング枠」というお金をATMなどから借りる時に利用できる枠はありますが、借金に対するイメージがあまり良くないからか利用するのが怖いという理由で使わない方もいらっしゃいます。

そこで、以前にやったことがあるのか、もしくはインターネットで業者を調べたのか、いずれかの理由で利用した方もいらっしゃいます。

さらにこの体験談の後日談として多いのが、その後も何度か行っているということであり、クレジットカードを利用した現金化は「何度も利用しやすい」という実態があることもわかります。

クレジットカードを利用した現金化を行った後カード会社に発覚した

クレジットカードを利用において、クレジットカード会社に発覚してしまったという体験談も見かけられます。

なぜクレジットカード会社に発覚したのか?という実態については、やはりクレジットカード会社からの電話でバレてしまった、または不正利用によって相談した際に発覚したというケースが多いです。

まず、クレジットカード会社としてもクレジットカードを使った現金化を認めておりませんが、だからと言って換金性の高い物を購入したら電話がかかってくるのか?と言えばそうとは限りません。

基本的にクレジットカード会社が換金性の高い物を購入したりした際に電話などをしてくる理由は「いつもの利用に対して急に高額な利用が発生したため、不正利用されていないか?」という確認の連絡であり「クレジットカードで現金化しただろう!」といきなりお咎めの電話であることはまずありません。

そもそも利用履歴からクレジットカードの現金化をしているということまでは、クレジットカード会社もエスパーではありませんので、さすがに100%的確に察することはできません。

仮に新幹線の回数券や商品券を買ったとしても、本当に個人的な目的で利用するために買った可能性もありますので、換金性の高い物を買ったりした利用者に毎度毎度の確認の電話をする余裕はありません。

とはいえ、何度も換金性の高い物を購入したりするとカマかけの電話をしてきたという実態もあり、さらに確認の電話で口が滑ったのか話してしまって利用停止になった方はいらっしゃいますので、絶対に発覚しない保証はないと言えるでしょう。

クレジットカード現金化をした後の支払いで苦しい思いをした…

仕組みとしてはお買い物と同じく、ショッピング枠を利用して現金を得るため、後でクレジットカード会社からの利用した分の請求が行われます。

問題はこの「クレジットカード会社からの請求を支払い対応できるか?」という点であり、お給料などで支払うことができればいいのですが、利用金額が大きかったりすると支払いが困難になったりした方もいる実態があります。

現金化において、個人で行う場合、業者を利用する場合も実際に得られる現金は利用金額よりも低くなってしまいます。

買取サービスも商売である以上、買取率や還元率が100%では意味がありませんので、どうしても何%かの手数料を引くようになっております。

しかし、クレジットカード会社からの請求では利用金額がそのまま請求されるので、クレジットカードの現金化を利用した後のことも考えていなかったということで、後の支払いが厳しかったという実態もあるのです。

クレジットカード現金化は業者を使う方が利用停止のリスクもなくなる

規約違反になる現金化は、カードの利用停止のリスクが常にあります。

しかし、利用停止になりやすいのは、換金率の高い商品を転売する自分でやる方法の場合。

業者を利用すればキャッシュバック方式が選べて、利用停止のリスクを大幅に減らせて安心なんです。

スマホとクレジットカードさえあれば、誰でも利用できるのが魅力の現金化。

しかし、何も考えずに利用をしていると、危険なのはご存知ですか?

なぜ、危険なのか?

それは、カードの利用停止のリスクと隣り合わせの方法だからなんです。

現金化はカード会社の規約違反になる

なぜ、カードの利用停止のリスクがあるのか?

理由は簡単で、カード会社の利用規約に違反してるからです。

クレジットカードを作る際、必ずカード会社の利用規約を見て、そしてそれに合意しなくちゃカードは作れませんよね。

その利用規約には「ショッピング以外にクレジットカードを使うのは禁止」と書かれているんです。

つまり、最初から換金目的で商品を購入する現金化は、カード会社の規約違反になるんですね。

全てのカード会社が利用規約に禁止の文言を載せているので「自分のブランドは安全」なんて事はありません。

そして、カード会社にバレたら、どうなるのか?

カード会社は規約違反として、カードの利用停止の処置を行うんです。

それだけじゃなく、悪質だと一括返済を求められ、最悪の場合は会員資格の剥奪になる事も。

このように、カード会社の規約違反になるから、利用停止のリスクと隣り合わせなんですね。

💴専属アドバイザーが丁寧に対応するサイト→スピードペイ

カード会社は現金化をしてないか監視している

カード会社にバレなければ、大丈夫なんじゃ?

そう、思いますよね。

しかし、カード会社もバカじゃないので、クレジットカードの現金化をしてないかちゃんと会員を監視しています。

勿論、何千何万もいる会員全員を常に監視するのはさすがに厳しいので、カード会社は特定の条件に合致した人のみを監視しているんです。

その条件は、以下です。

・ショッピング枠の消費が激しい人

・換金性の高い商品を頻繁に購入する人

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用しています。

当然、このショッピング枠の消費が激しい人は、現金化をしてるんじゃないかと疑いますよね。

そして、商品を換金するのが目的ですから、換金率の高い商品を頻繁に購入していたら、転売してるんじゃないかと思われるのも当然。

このように、カード会社は現金化をする人の特徴をよく理解して、少しでも怪しい行動をしている会員がいたら、すぐに監視対象にしてきます。

バレないから大丈夫、なんて楽観視してはいけないんですね。

プライムウォレット現金化はコチラ

自分でやるクレジットカード現金化はカード会社にバレる

現金化をする時、自分でやる人もいます。

しかし、自分でやるのは、ほぼ確実にバレるので危険です。

自分でする時、少しでも多くお金を得たいからと、換金率の高い商品を選びがちですよね。

例えば、新幹線の回数券やAmazonギフト券など。

しかし、カード会社は換金性の高い商品を購入する人を監視してるので、これらの商品で現金化した場合、まず間違いなくバレてしまうんです。

つまり、換金率の高い商品でクレジットカード現金化する=カードの利用停止になりやすいという事ですね。

それなら、換金率の低い商品でやればバレないんじゃ?と思うかもしれません。

確かに、換金率の低い商品なら、カード会社にバレにくいです。

しかし、その分、自分の利益も減ってしまうので、する意味がほとんどないですよね。

換金率が高い商品を購入すればカード会社にバレるし、換金率が低い商品を選んだら利益が減って損をする。

だから、自分で現金化を利用するのはオススメしません。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

現金化業者を利用すればカード会社にバレにくくオススメ!

自分でやるとバレやすいし、利用停止のリスクもある。

どうすれば安全にできるのか、気になりますよね。

オススメしたいのが、現金化業者の利用。

業者なら、カード会社バレのリスクを大幅に減らすことができるんです。

業者では、キャッシュバック方式もできます。

このキャッシュバック方式は商品を購入した後、キャッシュバックとしてお金を得られる方法。

換金目的じゃないので、この時に購入するものは高換金率の商品じゃなく、カード会社が監視対象にしていない普通の商品です。

つまり、高換金率の商品を購入しなくてもできるので、カード会社にバレにくいんですね。

トラブルが心配で業者を使えない、そんな人もいるかもしれません。

しかし、優良業者を利用すればトラブルや詐欺の心配もなく、安全にできるので安心してください。

カード会社にバレずにしたいなら、優良の業者をオススメします。

現金化では、カードの利用停止のリスクは避ける事はできません。

しかし、業者を利用すれば、そのリスクを大幅に減らすことは可能なんです。

安全にする為に、カードの利用停止になって自分が損をしないように。

自分でやるんじゃなく、業者を利用しましょう。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • エージェント
    詳細はコチラ
  • アイラス
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

やばいくらいお金が必要になったらコチラ

クレジットカード現金化が大丈夫な理由は違法でもないし安全だから気にしません!

クレジットカード現金化はグレーで危険そうだから怖い。

こんな印象を持つ人が多いですが、実は利用者も安全だし、大丈夫だと言えるサービスなんです。

なぜ、大丈夫と言えるのか?それは過去に利用者が逮捕された事もなく、法律違反でもないサービスだからです。

即日入金も可能だし、在籍確認・審査なしで利用できるサービス。

便利で利用者も増え続けていますが、グレーな金策として不安視されてるのも事実ですよね。

カードによる現金化は大丈夫なの?安全なの?と、疑問に思ってる人も多いです。

果たして、安全で大丈夫な金策方法なんでしょうか?

クレジットカード現金化は違法ではないから大丈夫

まず、一番気になるのが…違法じゃないか?という心配ですよね。

結論から言いますと、クレジットカードの現金化は違法ではないから大丈夫です。

関わりがあると言われてるのが、貸金業法や出資法ですよね。

違法金利で出資法違反になるんじゃないと、よく言われています。

しかし、この二つとも、実は関わりがない法律なんです。

貸金業法、出資法共に貸金業者が対象になる法律。

しかし、現金化は商品を購入して転売するか、キャッシュバックとしてお金を渡してるだけ。

業者と利用者との間で行われているのは、あくまでも商品の売買であって、金銭の貸し借りではないですよね。

つまり、業者は貸金業者ではなく、また直接金銭のやり取りもしてないので、貸金業法も出資法も適用されないんです。

違法金利だとか、そんな批判は該当しないんですね。

逮捕された現金化業者は実質貸金業者だったから摘発された

過去に逮捕された業者がいる、それは違法だったからじゃないの?

そう、疑問に思いますよね。

しかし、過去に逮捕された業者には、ちゃんとした理由があるんです。

利用者に価値がない商品を買わせ、高額なキャッシュバックをしたり。

登録したのに、商品は送らなかったり。

逮捕された現金化業者は実質貸金業者だったから摘発された

逮捕された業者は、これらの行為を行っていました。

現金化は、購入した商品をちゃんと送り、その商品の価値に合ったお金を渡すことで成立してるサービスです。

それなのに、商品を送らない、価値のないものを売る、こんなやり方をしていると、現金化だとはみなされません。

逮捕された業者もそうで、実質お金を融資した事と同じと見られ、貸金業法や出資法で逮捕されたんです。

つまり、ちゃんと正規のやり方を行っている普通の業者は、違法行為には当たらないんですね。

むしろ、現金化の逮捕数は数件しかなく、安全性が高いサービスとも言えるんです。

クレジットカード現金化を利用した側は逮捕されないので安心


現金化を利用した側には罪はないのか、大丈夫なのか気になる人も多いのでは?

安心してください、利用者側が罪に問われる事はありません。

現金化をした場合、利用者が問われる罪と言われているのは横領罪と詐欺罪です。

確かに、支払いを完了してない商品を売ったら横領罪に、カード会社を騙して利用したら詐欺罪になります。

しかし、被害者であるカード会社は、利用者を訴える事はしません。

裁判になったら費用が掛かるし、ちゃんと返済を続けているなら、カード会社は大事にはしません。

実際に、過去に業者を利用した側が逮捕された事はないので、その点は大丈夫です。

ただし、カードの利用停止の処置を行う事はあるので、カード会社にバレないよう配慮が必要になります。

自分で現金にしたり、悪徳業者を利用するとカード会社にバレやすいので、利用する時はリスクを減らす為に優良業者を利用するのがオススメです。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

違法ではないだけで合法だとも認められてないので注意しよう

ただし、注意して欲しいのはクレジットカード現金化は合法でもない事。

先ほど紹介したように、換金するサービス自体は法律違反ではありません。

しかし、カードの規約違反になるなど、合法だと胸を張って言えるサービスではないのも事実なんです。

違法ではないだけで合法だとも認められてないので注意しよう

サイトで「古物商許可を得ている」「景品表示法には接触してない」と、まるで合法かのように書いているところもあります。

しかし、これらは「中古品を取り扱うのに必須の古物商許可を取得した」「クレジットカード現金化自体が景品表示法には触れていない」という意味。

現金化システム自体が、公安委員会や消費者庁に認められているわけではないんですね。

プライムウォレット現金化はコチラ

そもそも、中古品の売買をする買取方式の業者が古物商許可を取得するのは当たり前の事だし、キャッシュバック方式が景品表示法に触れないのは少し調べればわかる事。

それなのに、それらを信じてクレジットカード現金化は完全合法だと信じてはダメです。

あくまでも、違法ではないサービス、と思っておきましょう。

現金化は、違法性があるサービスではありません。

過去に利用者が逮捕された事はないので、安心して利用する事ができます。

急にお金が必要になった、キャッシングの審査が通らない。

そんな人は、ぜひ気軽に利用してみてくださいね!

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • エージェント
    詳細はコチラ
  • アイラス
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

ブラックでも即日融資を可能にする現金化