クレジットカードの現金化では基本的にショッピング枠を利用して、新幹線の回数券といった換金性の高い物などを購入、その後で金券ショップなどの買取をしているサービスに売って現金を得るという方法がありますが、クレジットカードで現金化をする際にはどうしても「手数料」は発生するので、今回はこの手数料について考えて見ましょう。

クレジットカード使用した現金化「個人で行う」「業者に依頼」の手数料の違い

【クレジットカード現金化手数料】銀行の振込による料金は一切かからない?

クレジットカードを使用した時、利用者に手数料は発生しているのか?


クレジットカードと言えば持っている方も多いと思われますが、基本的な仕組みとしてはお店やネット通販などで物を購入する際に、現金で支払う代わりにクレジットカードで支払いができます。

そのため、急な出費や現金の支払いが面倒な時に便利な存在ではありますが、請求が翌月に一括でやってくる仕組みになっており、さらにお金を使った実感が無いために「ついつい使いすぎてしまったために、カード会社からの請求でとんでもない金額になっていた…」という経験がある方もいるでしょう。

とはいえ、クレジットカードの利用者は年会費さえ払っていれば、翌月に一括請求される金額に応じた手数料的なお金は上乗せされず、利用者としては余計なお金を払わなくても良いので気にする事はありません。
(ただし、分割払い、リボ払いなどの支払い方法は手数料が発生します)

一方でクレジットカードが使えるお店、いわゆる加盟店なども実は「加盟店手数料」として手数料をクレジットカード会社に払っているのはご存知でしたでしょうか?

クレジットカードで決済できるシステムを導入すればお店も「クレジットカード使えます!」という表示ができるので、お客さんも利便性が増すことから客足の増加などにも繋がります。

ただし、お店側が商品やサービスの代金に上乗せして加盟店手数料をお客さんに請求するのは、加盟店とカード会社との契約上で違反行為となるのはご存知でしたでしょうか?

もしもやむを得ず払ってしまった時などは、クレジットカード会社にすぐ連絡しなければなりませんが、もし海外でカードの支払いをする時は「手数料の上乗せを認める」という国もあるので事前に確認が必要です。

プライムウォレット現金化はコチラ

クレジットカードの現金化による「ショッピング枠」と「キャッシング枠」手数料に違いはあるのか

クレジットカードには「ショッピング枠」「キャッシング枠」という役割が異なる利用限度額が設定されており、枠内の利用金額ならばクレジットカードを好きなだけ使う事ができるのです。

ショッピング枠はクレジットカードを使ったお買い物などに利用される枠であり、キャッシング枠はお金を借りる時に使用される枠ですが、ほとんどの方にとってはショッピング枠を主に使っていることでしょう。

そして、クレジットカードの現金化ではこのショッピング枠を利用して、換金性の高い物をクレジットカードで購入して、買取サービスをしているところに売ってお金にするという方法があります。

また、最近ではインターネットの発達によって、クレジットカード現金化業者にもネットから申し込めるようにもなりました。

ただし、クレジットカード現金化はカード会社が認めていないので、もしも発覚したら罰金などは今のところありませんが、カードの利用停止と利用金額の一括請求がすぐに行われてしまいます。

さて、「クレジットカード現金化において手数料が発生しているのか?」についてですが、クレジットカードを使って現金化すればやはり何かと手数料は発生してしまいます。

その手数料がいつ発生するのかについては、クレジットカードの現金化する際に「個人」「業者に依頼する」場合で確認してみましょう。

クレジットカードの現金化を「個人で行う場合」と「業者に依頼する場合」で手数料がいつ発生するのか?

クレジットカードを使った現金化において、例として1万円分を現金化をするとしても100%の1万円を受け取れるとは限りません。

買取サービスやクレジットカード現金化業者も商売である以上、利用者には手数料を差し引いた金額を算出するため、利用者としては100%のお金を得ることは不可能です。

では、このクレジットカードを現金化する上で手数料が発生するタイミングは個人で現金化を行う場合と、クレジットカード現金化業者を利用する場合で以下のように異なります。

安心&安全のおすすめ現金化
ラストチェンジ現金化はコチラ

個人単位でクレジットカードの現金化を行う場合

個人でクレジットカードの現金化を行う場合ですが、まず換金性の高い物を購入する際に郵送という手段を取ると、その郵送料が発生してしまいます。

次にクレジットカードで購入した物を買取サービスのお店などに持っていく場合、経費という形で交通費なども発生する方がいるかもしれません。

また、買取サービスでも買い取る対象の品によって手数料が異なりますが、実際に必要な手数料としては5~10%以上は取られてしまいます。

💴全てのカードが使える現金化サイト→かんたんキャッシュ

クレジットカード現金化業者を介して現金を得る場合

クレジットカード現金化業者を利用する場合、業者側にはいくらキャッシュバックされるか?を示した還元率があります。

ただし、還元率はクレジットカード現金化業者によって異なりますので、例として1万円の利用分であってもキャッシュバックが「7,000円」の業者もいれば「8,000円」の業者もいます。

この還元率についてはクレジットカード現金化業者を利用する前に業者のサイトで調べたり、口コミなどから「この利用金額でいくらキャッシュバックされた」という情報などを調べてから利用は検討しましょう。

以上から、クレジットカード現金化は個人で行っても、クレジットカード現金化業者を利用しても必ず手数料などは発生しますので、100%の還元を受けることは不可能です。

そのため、手数料や現金化の際に発生した出費が高いと手にするお金も少なくなってしまいますので、必要だった額に届かなかったと言うこともあります。

よって、クレジットカードの現金化では個人、業者を利用する場合でも、必ず手数料の存在を念頭においてから「どれぐらいのお金になるのか?」も検討しなければなりません。

【クレジットカード現金化業者を使わない】自分で行う個人の手法で試す

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • アーク
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

やばいくらいお金が必要になったらコチラ

クレジットカード現金化の振込手数料サービスは選択する業者で大きく変わってくる

クレジットカード現金化のお金は指定の銀行口座に振込まれるのが一般的になっています。

気になる手数料の負担は業者によって違いが存在し、チェックが漏れると不満の元になります。

公式サイトでチェックするほか、実際に問い合わせて確認した方が良いケースも存在するのです。

クレジットカード現金化はオンライン業者が主流になっています。 クレジットカード現金化の振込手数料は選択する業者で大きく変わってくる

お金は指定の金融機関に振込まれることが一般的になっていて、24時間対応が可能な口座を経由して土日祝日や夜間に受け取れることも増えています。

ただし、振込手数料が誰が負担するかは業者によって違いがあり、スタンダードが存在しないのがポイントです。

換金率が高い業者に頼んだと思っても、振込手数料がかかってしまうことで実質的な換金率が下がることがありえるからです。

振込手数料がどの程度かかるかは業者によってまちまちです。

ホームページに記載がなく、問い合わせや手続きをすることで初めてわかるケースもあります。

不安がある場合は事前に問い合わせた方法が良く、損した気持ちにならないポイントにもなってきます。

また、一度に換金する金額が少なければ少ないほど手数料の負担も大きくなる傾向があります。

何度も振込みを依頼すれば、それだけ振込料がかかってしまうからです。

換金率が口座に振込まれる金額を目安にしていると書いている業者も存在するため、複数の業者を比較してみるのもおすすめです。

業者ごとに換金率に違いがあるだけでなく、初回申込みで換金率が優遇されるなど様々なキャンペーンを展開している業者も存在するからです。

振込手数料がかかる業者も交渉で節約できるケースがある

クレジットカード現金化業者の振込手数料に関する考え方は業者によってかわります。

振込手数料込みで換金率を提示している業者も、別々に提示している業者も存在するからです。

ただし、例外も存在し、交渉によって手数料が節約できるケースも出てきます。

交渉で手数料が節約できるのは、他の業者との比較を行った場合や、まとまった金額での現金化を依頼した場合です。

クレジットカード現金化業者は業者間で競走が存在し、それぞれが顧客を掴むための工夫を凝らしています。

そのため、交渉をすることによって換金率が上がることや振込手数料が節約できるケースが存在するのです。

ただし、どこまで交渉の余地があるかは業者によって違います。

業者も利益を得なければ商売ができなくなります。

余りにも良い条件を引き出そうとすれば交渉が決裂する可能性が高まるのです。

担当する人間によって与えられた権限が異なることもあるため、誰と交渉するかも重要になります。

基本的な相場の知識や具体的な業者の名前が出なければ交渉がうまくいかないケースもあります。

調べる時間がもったいないと思う人もいるため、無理に交渉するなら多少の手数料も仕方ないと考える人がいるのもポイントです。

現金化の金額が大きい場合は、業者の事務的な負担なども減らしやすくなるため、他社と比較しなくても手数料などを優遇してくれるケースもあります。

安心&安全のおすすめ現金化
ラストチェンジ現金化はコチラ

口コミなどを確認して評判の良い業者を利用していくのも方法

振込手数料が気になる場合は、口コミなどを確認して評判の良い業者を選んでいくのも方法です。

評判の良い業者は手数料などのトラブルが少ないことが予測されるため、比較的安心して利用することができるからです。

口コミなどを確認して評判の良い業者を利用していくのも方法

運営歴が長ければ悪い評判も残りやすいのもポイントです。

利用する人の多さに対して悪い口コミが少なければ、それだけ換金率と実際に受け取る金額のズレが少ない傾向があるのです。

逆に評判が悪い業者は、避けた方が無難になります。

悪い評判の業者は短期間で廃業するケースも珍しくなく、クレジットカード現金化業者でも競争が起こっていることが良くわかります。

クレジットカード現金化は一般的に1万円からの利用が基本になり、優良な業者は90%程度の換金率がベースになってきます。

振込手数料を差し引くと80%後半台になる場合も多く、最初から手数料込みの換金率を提示している場合もあります。

余りにも高い換金率が提示されている場合は、手数料などの高さで補っているケースも増えるため注意が必要です。

プライムウォレット現金化はコチラ

金額ごとの換金率を提示し、金額が大きくなるほど換金率が高くなることを明示している業者も存在します。

ホームページ上で掲載されている情報を知っておくと、他の業者と交渉する場合にも有利になります。

口コミの良い業者ほどサービス品質が高くなりやすいのもポイントです。

賢い利用者であれば、ある程度融通を利かせてくれる業者の割合も増えるのです。

焦ると見落としや確認が漏れやすいので、時間の余裕も大切になってきます。

【口コミ評価現金化ランキング】評判の高い使いやすい便利なサービス

お金を作る最終手段はコチラ

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • アーク
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

友達や友人・知人を利用するクレジットカードの現金化のやり方や注意点

クレジットカードの現金化というと、専門の現金化業者に依頼してとか、商品券や電車の回数券を買って転売するというやり方が広く知られていますが、もっと簡単に、気軽にできる方法もあるのです。

それは友達を使った方法です。

今回は、友達を利用したクレジットカードの現金化の方法や注意点などについて詳しく説明したいと思います。

クレジットカードの現金化というと「面倒くさい」とか「なんかヤバそう」と思うかもしれませんが、そんな方にぜひおすすめの方法があります。

リスクも少なく手数料もかからない友達を使った現金化がオススメ

それは友達を使って現金化するというものです。

「えっ?それってどういうこと?」と興味を持たれた方に向けて、今回は友達を使ったクレジットカードの現金化をテーマに紹介したいと思います。

友達を利用したクレジットカードの現金化って?

友達を利用したクレジットカードの現金化というと、何かヤバイ雰囲気を感じてしまいますがそんなことはありません。

友達と開催した飲み会の会計役を買って出て、その代金を代表して自分のクレジットカードで支払う。

ただそれだけです。

支払った飲み代を割り勘して現金で回収すれば、自然とクレジットカードの現金化ができる、というカラクリです。

クレジットカード会社はカードの現金化について常に目を光らせていて、怪しい使い方を把握すれば必ず確認してきます。

さらにあまりに怪しい使い方が続くと、クレジットカードが利用できなくなってしまったり、最悪の場合退会処分になってしまうこともあるのです。

その点、この方法なら一切怪しまれることなく、確実にカードの現金化をすることができるのです。

カードの現金化業者の中には提出された個人情報を悪用するなど悪徳な業者もいますが、このやり方ならそんなリスクもありませんね。

また商品券の転売だと換金率は100%と言うわけにはいきませんが、このやり方なら自分の飲んだ分以外は100%現金で回収することができます。

💴土日祝日でも登録可能な現金化サイト→スピードペイ

友達を利用した現金化で注意しておきたいことは?

クレジットカードを現金化するための他の方法と比べてリスクが非常に少なくメリットの多いこの方法ですが、それでも気をつけなければいけないこともあります。

例えば、利用するお店がクレジットカードを使えるお店かどうか確認しておくことです。

大手のチェーン店などではクレジットカードが使えないことはまずありませんが、個人経営のお店ならまだまだクレジットカードが使えないお店があります。

特にお洒落なお店ともなると「お支払いは現金のみ」と言うお店は少なくありません。

お会計をしようと思ったらカードが使えず、結局現金で支払うことになっては本末転倒です。

またクレジットカードが使えるお店だったとしても、自分の持っているカードのブランドが使用できるかどうか注意が必要です。

大抵のお店はほとんどのクレジットカードが使えますが、持っているブランドがちょっとマニアックなブランドだと対応していないこともあるでしょう。

自分が幹事になるのであればお店を予約するタイミングで、そうでなければ入店した時やトイレに行った時など、レジの近くにクレジットカードのマークがあるかどうか、自分の利用しているブランドが使えるかどうかさりげなく確認しておきましょう。

友達を利用した現金化で注意しておきたいことは?

この方法を実践するときには、クレジットカードのショッピング枠における限度額を超えないように注意しましょう。

友達を利用したクレジットカードの現金化なら、飲み会での支払いをたくさんすればするほど現金化ができます。

「せっかくならたくさんのお金を現金化しよう!」と思って友達をいっぱい集めてしまうかもしれません。

クレジットカードには限度額がありますから、一定の額以上利用するとカードでの支払いができなくなってしまいます。

今月はカードを全然使ってない、と思っても、未支払いの残高が残っていると、思った以上に限度額が迫っていることもあります。

そうならないためにも、事前に自分のカードのショッピング枠の限度と残りの利用可能残高額をちゃんと調べておきましょう。

友達を利用した現金化で注意しておきたいことは?

現金化したいがために飲み会を主催する、なんてことを繰り返して友達をなくさないように注意しましょう。

まさかこんなことでカードの現金化をしているなんて気がつく人はまず少ないと思いますが、クレジットカードを利用して決済するとポイントが貯まることは周知の事実です。

会計の時の振る舞いが不自然だと「ポイント目当てで飲み会を開催している」なんて思われてしまうリスクがあります。

すると仲間内で「あいつは飲み会でポイントを集めるケチなやつ」なんて評判になってしまうこともあるかもしれません。

そんなつもりは毛頭ないのに、そんな評価されると寂しいですよね。

代表して会計をする時は堂々と、かつ自然に振る舞うように心がけましょう。

安心&安全のおすすめ現金化
ラストチェンジ現金化はコチラ

友達を利用した現金化で注意しておきたいことは?

クレジットカードを現金化するとその時はお金が増えたような気分になって、ちょっと得した気分になります。

でもそれは未来の自分が支払うことになるわけであり、錬金術ではありません。

あくまでも借金なのです。

ですから、調子に乗ってやりすぎないように注意しましょう。

また飲み会を開催するということは、当然、自分の飲み代の支払いは自分もちです。

たくさん現金化したいからと言って何度も飲み会を開催すると単純に交際費で生活が苦しくなってしまいますから、程々にしておきましょう。

【お酒現金化】最新?飲み会コンパ合コンなど幹事なら脅威の換金率も上昇

プライムウォレット現金化はコチラ

友達を使った現金化はリスクも少なくとても効率的な手法

今回は友達を使ったカードの現金化について紹介してきました。

そのやり方はとても簡単で…
参加した飲み会のお会計を自分のクレジットカードで支払い、現金で回収すると言うものです。

このやり方ならカード現金化業者を介する必要がないので、騙されたり個人情報を悪用されるリスクも一切なく、換金率も自分の飲食代を除いて考えれば100%と高効率です。

またカードの現金化で一般的な手法である商品券やギフト券を転売する方法は、やりすぎるとカード会社に目をつけられる可能性がありますが、このやり方は正当な支払い方法なので、怪しまれることも探られることも絶対にありません。

まさにこのやり方は理想のカード現金化手段と言っても過言ではないでしょう。

ただし注意すべきポイントも幾つかありますから、その点に留意して行うようにしてください。

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • アーク
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

緊急でお金が必要になったらコチラ

以上、【手数料】個人で行う現金化は銀行振込による料金は一切かからない?…でした。