クレジットカード現金化の逮捕例から通報された情報管理について

現金化の逮捕例から通報され捕まる犯罪履歴などの情報管理を徹底する

クレジットカード現金化業者が逮捕された前例があるという話しを聞くと、危ない話になるのではと疑ってしまう人がいるかもしれません。
クレジットカード現金化の逮捕例から通報された情報管理について

逮捕例から通報された情報管理とは

しかし、現金化を利用した利用者側に逮捕例がないのはポイントになってきます。

法律についての知識を理解しておくと不安は和らぐため、簡単にでも理解しておくとプラスになります。

インパクト現金化はコチラ

悪質なクレジットカード現金化業者に関しては捕まる可能性が存在する

クレジットカード現金化の業者の逮捕例で知っておきたいのは、通報などがあったかどうかです。

例えば、現金化の申し込みの金額よりも低い金額が口座に振り込まれたら、業者に問題があるのではと考える人も多いはずです。

まず、現金化に関わるものであり、業者自体が規約を守らなければ通報や逮捕のリスクが生じます。

優良な業者ほど、捕まるリスクや通報のリスクについて理解しています。

そのため、古物取引の免許を取得してギフト券の買取をスムーズにするなど工夫をしているのです。

また、反社会勢力などが利用した場合、本人確認などの管理体制がずさんであれば行政処分などを受ける可能性もあります。

【乱暴な暴力団】怖い?トラブル?適正な業者と危ない暴力団員の関係性

クレジットカード現金化利用者で逮捕例がないことがポイントに

悪質な業者や情報管理がずさんな悪徳業者は捕まる恐れも存在します。

しかし、クレジットカー現金化を利用する人は、それらの問題に積極的に関わるわけではないため、罪に問われないのがポイントになります。

そのため、現金化を利用する利用者側に逮捕例は存在しないのです。

ただし、クレジットカード現金化のシステムを利用し、取引を仲介しようとするなどお金儲けを考える場合は話が別です。

資金決済法など、様々な法律によって捕まった可能性が出てきます。

あくまで一般的な利用方法では逮捕の恐れがないというだけの話になるため、返済可能な範囲で計画的に利用するのが大切なのです。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • エージェント
    詳細はコチラ

明日生きる金がない人はコチラへ進む

クレジットカードの現金化摘発で貸金業法と出資法違反にあたる内訳とは

クレジットカードの現金化に関しては、時に業者の摘発という話も聞きます。

実際この現金化、ちょっとしたグレーゾーンで行われているので、業者がちょっと油断したり利便性を高めようとしたりすると、摘発ということにもなるのです。

利用者は今のところそういった話はありませんが、それでもカード会社の規約違反になることもあります。

時々ニュースなどで、クレジットカードの現金化業者が摘発、などというものを見ますね。

実際クレジットカードの現金化は便利なものですが、こういったニュースを見ると止めておいたほうが良いのかな、とも思ってしまいます。

クレジットカードの現金化摘発で貸金業法と出資法違反にあたる内訳とは

業者だけでなく、利用者までもし逮捕とかされたら、これは怖いですよね。
利用しようと思った出鼻をくじかれてしまいます。

一体何で摘発、などということになるのでしょうか。
何か法律に触れるようなことがあるのでしょうか。

クレジットカードの現金化業者が摘発されるわけ

逮捕摘発されるからには、何かの法的な理由があるということです。

最初に業者が摘発された時に警視庁が発表した理由は、貸金業法と出資法違反にあたるというものでした。

カードのショッピング枠を換金するために使わせる、とみなしたわけです。
つまり、買い物を装った貸金、お金の貸付と判断されたのですね。

貸金となると、金融業です。
つまり貸金業としての届け出が必要だということです。
これもなしに無許可で営業していたということで、摘発されてしまったのですね。

これ以降も、時々クレジットカード現金化業者摘発、と言うニュースが流れますから、やはり利用するにはちょっと怖いなと言う気持ちにもなるのも仕方ありません。

実際このクレジットカードの現金化というものは、グレーゾーンで行われているようなものです。
表立ってしまった場合、摘発ということもないとは言えません。

また実際に、闇金がこの手のスタイルを使って営業していることもあります。
それが理由での摘発ももちろんあります。

利用者は賢く、業者を選ぶ必要があるということです。

【クレジットカード現金化貸金業】接触しないのは合法性で適法である

クレジットカードの現金化の業者のシステムによって摘発された

この摘発された業者の現金化方法を見ていくと、多くが買取システムで現金化を行っている業者だということがわかります。

買取システムの場合、業者の希望する品物を利用者が購入して、それを買い取ってもらうことで現金化をするわけです。

こうしたシステムを使っている業者の現金化の場合購入した品を中古として買い取ってもらいので問題はないように思えますし、また業者も古物商の認可は取得しています。

それでも出資法違反という理由で逮捕ということにもなるのです。
時には闇金としての摘発もあります。

ではキャッシュバック方式の業者なら、問題はないのでしょうか。
こちらは実際に品物が送られてきた場合なら、まず問題はありません。

しかし業者によっては品物を送らずに現金化するところもあります。

手早く現金化を行うという、時短を謳っている業者の場合品物無しでネット上だけで現金化をするところもあります。

確かにこういったシステムだと早いです。

しかし、架空の商品のキャッシュバックは貸付と同じことになってしまいます。

この場合も、金融業としての許可を得ていないということで、摘発理由になってしまうのです。

💴誰にもバレずにお金を作る現金化サイト→かんたんキャッシュ

クレジットカードの現金化で利用者も摘発されるのか

さて気になるのが、業者だけでなく利用者も摘発の危険があるのか、ということですね。

実際のところ、現在利用者が摘発されたという事例はありません。
そういった意味では安心して利用することができます。

ただ業者によって、本当に違法な悪質な現金化を行っているところもありますので、それには注意を払ってください。

逮捕までは行かなくても、そうした業者を利用している場合、業者摘発後に聞き取りなどの問題が起きる事もあります。

秘密で利用しようと思っていた人の場合、これでは周囲にバレてしまいますね。

加えて、では利用者には違法性が完全にないのかと言われた場合、実はいくつかあるのです。

まず換金目的でのカードの使用は、カード会社の規約違反になります。
規約には、カードを換金目的で使用することはできないと明記されています。

次に買取方式の場合、すでにカード会社への支払いが終わっている品なら問題はありません。
しかし支払い前の品も場合、所有権はカード会社にあります。

つまり、横領になってしまうのですね。

そして最後に、現金化のために品物を購入するという行為自体です。
これはお金の搾取ということで、詐欺罪に相当します。

こうして細かく見た場合、実は利用者にも摘発理由がいくつもあるのです。
その点も把握しておきたいものですね

【現金化相談】騙された?詐欺被害は国民生活センターや消費者庁に連絡

クレジットカードの現金化の摘発ということのまとめ

完全に摘発の恐れなく現金化ができるのか、と言った場合、完全にとは言い切れないのは残念なところです。

ただ、それほど頻繁にではなく、また大手の実績のある信用性の高い業者を利用した場合、業者にしても利用者にしてもまず摘発と言った危険性は少ないのです。

あまりに頻繁に利用している場合、利用者はカード会社の方から目をつけられることがありますので、摘発までは行かなくても利用停止等ということもあります。

信用性の低い業者の場合、いくら換金率が高くても利用しないに越したことはありません。
こうした会社の場合、常に摘発の危険性があると言って過言ではないのです。

クレジットカードの現金化は、本当に急な現金の必要性があって信用度の高い業者を利用するなら、まず問題なく行なえます。

利用者は、カードの現金化を習慣にしないということと、怪しい業者は利用しない、この2点を心得るようにしましょう。

そうすれば、摘発などという恐ろしいことも起こらずに済むのです。

【借金返済】危険?現金化の罠は借金地獄と疑うことで幸せになる可能性

お金が2度と借りられない人に朗報!

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • エージェント
    詳細はコチラ