PR

ソフトバンクまとめて支払いを安定した活用で急な出費に対応しよう!

ソフトバンクまとめて支払い
【公式URL】https://www.softbank.jp/mobile/service/payment/

ソフトバンクまとめて支払いの運営会社はソフトバンクです。

ソフトバンクは大手携帯電話会社の1つであり、携帯電話料金と合算して、対応しているサービスで購入した物の支払いも行えます。

ソフトバンクの本社の所在地は、東京都港区海岸一丁目にあります。

資本金は2043億900万円で、主な事業内容は移動通信サービスの提供やスマートフォンなどの端末の販売、固定通信サービス及びインターネット接続サービスの提供です。

携帯電話事業では、本体のソフトバンクだけでなく、サブブランドのY!mobileやLINEMOも展開しており、日本でも屈指の携帯電話利用者が多いキャリアとして知られています。

ソフトバンクまとめて支払い
ソフトバンクまとめて支払いの基本情報
業者名ソフトバンクまとめて支払い
公式URLhttps://www.softbank.jp/mobile/service/payment/
トータル評価 ソフトバンクまとめて支払い 星ソフトバンクまとめて支払いつ 高評価

ソフトバンクまとめて支払い 3つの特徴

  1. クレジットカードが無くても携帯電話料金とまとめて支払いができる
  2. ソフトバンクが提供しているから安定したサービス提供を受けられる
  3. クレジット番号などを入力せずに決済ができる
一緒にご覧ください
後払いサービス総合ランキングTOP3
  • 後払いサービス総合ランキングno.1
    バンクレジット 後払い
    新規90% リピーター87%(最低保証)
    最短10分
    7:00 ~ 22:00

    「借りる」を「換える」でお金を作る!

    詳細を見る
  • 後払いサービス総合ランキングno.2
    カイトリング後払い
    初回90% 2回目80%
    最短10分
    24時間 365日Web申込対応

    全時間帯の振込手数料は完全無料!

    詳細を見る
  • 後払いサービス総合ランキングno.3
    ペイチェン
    新規90% リピーター87%(最低保証)
    最短10分
    24時間 365日Web申込対応

    いつでも!だれでも!どこでも使える!

    詳細を見る

ソフトバンクまとめて支払いの後払い方法とは

ソフトバンクまとめて支払いは、対応しているサービスで買い物をした際に、その支払いをソフトバンクの携帯電話料金と合算して支払います。

この仕組みを利用して、現金化するサービスを提供する会社があります。

現金化サービスを提供している会社がソフトバンクまとめて支払いに対応していれば、残高を現金化する事が可能になります。

現金にできるのは、まとめて支払いの残高までです。

現金化を行うと、後日ソフトバンクから現金化を行う際に購入した物の請求が行われます。

普段通りに電話料金と合算して支払うだけで済みます。

現金化を提供している会社は複数存在しており、多くの会社が店舗型ではなく、オンラインでの手続きのみで申し込みを受け付けています。

その分、還元率が高くなっている所もあるので利用者にもメリットがあります。

現金にする際には、サービスがソフトバンクまとめて支払いに対応している必要があります。

クレカのみしか取り扱っていない所もあるので、店選びが大切になってきます。

ソフトバンクまとめて支払いを後払い現金化するメリットとは

ソフトバンクまとめて支払いを後払いで現金にする利点は、カードローンやキャッシングでお金を借りる必要がなく、クレカが無くても利用ができる事です。

融資を受けると金利が発生するので、返済時に利息分を上乗せして返済する必要があります。

しかし、現金化サービスの場合は利息が発生しないので安心して現金にする事が可能です。

クレカ現金化はクレジットカードを所有している事が前提になりますが、電話料金合算払い型の後払いであれば、携帯電話会社の契約者であれば使えるので安心して活用できます。

クレカ現金化を利用できない場合には検討してみるのも良いサービスと言えます。

多数の運営会社が存在しており、それぞれの会社の方針で還元率に違いがあります。

また、初回利用と2回目以降の利用では還元率が異なっている所が多いです。

現金化をする際には、この還元率の違いを理解して還元率の高い会社のサービスを利用すると、ユーザーが望む金額に近いお金を手に入れる事ができます。

ソフトバンクまとめて支払いの利用手順や取引の流れと手続きに必要となる書類について

ソフトバンクまとめて支払いを利用した現金化を行うには、まず、ソフトバンクの携帯電話の回線契約をします。

回線契約が済めば、電話料金合算払いができるようになります。

次にソフトバンクカードのバーチャルカードを発行し、まとめて支払いと連携します。

残高チャージは「まとめて支払い」の方で行えます。

その後、ポストペイ方式のサービスを現金化してくれる会社で現金化をする手続きを行います。

現金化業者のほとんどがオンラインや電話での申込みに対応しています。

ソフトバンクまとめて支払いを現金化用のポストペイに使いたい場合は、対応している現金化業者を利用します。

初回利用時には、申し込んだのが本人であるのかどうかを確認する事があるので、本人確認書類を用意しておきます。

本人確認書類が必要であるのは、この初回利用の本人確認の時のみである為、2回目以降に現金化を行う時には必要ありません。

現金化業者の公式サイトには、申込みフォームが用意されています。

業者によってはLINEからの申込みができるようになっているケースもあります。

現金化したいポストペイを選択し、現金にしたい金額を入力します。

最短で10分ぐらいで対応してくれる業者もあります。

ソフトバンクまとめて支払いの後払い現金化を使う際の注意点

現金化を行う際に気をつけるべき事は、還元率がどれぐらいであるのかを事前に確認しておく事です。

還元率が低ければ、それだけ実際に欲しい金額から乖離してしまいます。

還元率が高いと利用者が望む金額に近いお金を手に入れられます。

後払いでの現金化では、上限が決められているという事はありませんが、ポストペイの残高までしか現金化する事ができません。

残高があればあるほど、多額のお金にする事ができるので、できるだけ残高がある方が、このサービスの利点を活かせます。

ポストペイ方式の電子マネーは、基本的にそのままで支払いをする事が想定されて作られており、残高を現金にする事はできません。

しかし、現金化業者を活用する事でポストペイ単体ではできなかった現金化を実現する事が可能になります。

ソフトバンクまとめて支払いを使った現金化でよくある質問

本人確認書類はどのような時に必要ですか?
初回利用時に本人が申し込んでいるのかどうかを確認します。2回目以降利用時には必要ありません。
ソフトバンクまとめて支払いはどのように申し込めば良いですか?
電話料金合算払いができるポストペイ方式の決済である為、ソフトバンクとの携帯電話回線の契約を行う必要があります。
クレジットカードは必要ありませんか?
後払い現金化には、クレカと使う場合とポストペイ方式のキャリア決済を使う場合とがあります。ポストペイ方式のキャリア決済を行うのであれば、クレジットカードは必要ありません。
還元率は初回利用と2回目利用では違いがありますか?
多くの現金化業者では、初回利用と2回目利用の還元率に差があります。初回利用の方が還元率が高めに設定されている事が多いです。
金利は発生しますか?
後払い現金化は、あくまでポストペイ方式の決済手段の残高を現金化するだけである為、金利は発生しません。

ソフトバンクまとめて支払いを使った現金化の口コミ

・ソフトバンクの回線を利用しているので、普段通りの電話料金との合算払いで済むので手軽で良かったです。

・還元率の高い業者を選べば、比較的現金化したい金額のお金が入ったのは助かりました・最初は抵抗がありましたが、慣れれば、融資サービスを使うよりも使い易いかもしれません。

・後払いで良いので余裕を持って支払いができました。クレカを持っていなかったので、必要に応じてキャリア決済で現金化ができるのは便利に感じました。

・ローンのように金利を気にして返済に追われなくて済むので、気持ち的に余裕ができたのは良かったと思います。

ソフトバンクまとめて支払いを使った現金化の評判に関するまとめ

ソフトバンクまとめて支払いは、キャリア決済としてポピュラーなサービスです。

これを利用して現金化を行ってくれる業者のサービスと組み合わせる事で現金化を果たせます。

ポストペイ方式の決済だけでは現金にする事ができないので、現金化サービスはポストペイ方式の決済をより便利に使えるようにするのに役立ちます。

口コミなどでは、カードローンやキャッシングに比べて返済の事を気にしなくて済むので、安心して使える点が評価されています。

クレカを持っていなくても使えるところも、利用者から評価されているポイントとなっています。

以上、【ソフトバンクまとめて支払い】安定した活用で急な出費に対応しよう!…でした。

ソフトバンクまとめて支払い

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

フレコのアバター フレコ アシスタント

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次