PR

BankPay(バンクペイ)複数の口座を使い分けられるチャージ不要で支払いが可能

BankPay(バンクペイ)
【公式URL】https://jeppo.jp/bankpay/

バンクペイ(Bank Pay)とは、スマホ決済サービスの1つで全国の金融機関が加盟している日本電子決済推進機構が運営しています。

スマホアプリで簡単に決済できる、支払い口座が複数登録できる、口座から直接支払えるなどの特徴があげられます。

自分に合った形で利用可能なので、まずはバンクペイの特徴や使い方を押さえましょう。

利用の流れなどを1つずつ確認しながら、バンクペイのより良い使い方を目指すことが大切です。

BankPay(バンクペイ)
BankPay(バンクペイ)の基本情報
業者名BankPay(バンクペイ)
公式URLhttps://jeppo.jp/bankpay/
営業時間24時間365日 18:00~9:00(時間外窓口)
トータル評価 BankPay(バンクペイ) 星BankPay(バンクペイ)つ 高評価
詳細バンクペイは全国の金融機関が登録可能なスマホ決済サービスで、1つの口座だけではなく複数の口座を登録して使い分けることも可能です。さらに1度支払情報を登録してしまえば、お店での決済時はスマホ1つあれば手続きが完了します。登録口座から直接支払われる仕組みになっているので、支払い前にチャージする手間もかかりません。

BankPay(バンクペイ) 3つの特徴

  1. 金融機関が提供するサービスだから安心して利用できる
  2. 最大8口座まで登録できるので支払い目的に合わせた使い分けが可能
  3. 利用可能なお店が多く家族や友達へ送金も可能
今だから読んでほしい
後払いサービス総合ランキングTOP3
  • 後払いサービス総合ランキングno.1
    バンクレジット 後払い
    新規90% リピーター87%(最低保証)
    最短10分
    7:00 ~ 22:00

    「借りる」を「換える」でお金を作る!

    詳細を見る
  • 後払いサービス総合ランキングno.2
    カイトリング後払い
    初回90% 2回目80%
    最短10分
    24時間 365日Web申込対応

    全時間帯の振込手数料は完全無料!

    詳細を見る
  • 後払いサービス総合ランキングno.3
    ペイチェン
    新規90% リピーター87%(最低保証)
    最短10分
    24時間 365日Web申込対応

    いつでも!だれでも!どこでも使える!

    詳細を見る

バンクペイはQRコードを見せるだけで支払いできる

バンクペイは事前にBank Payアプリをダウンロードして口座登録まで終わらせておけば、スムーズに支払いに利用できます。

実際に使用する場合は、最初に店舗で設置されているQRコードをスマートフォンで読み取ります。

次に会計金額を入力したら、店舗スタッフに決済完了画面を確認してもらいます。

その後決済を洗濯すれば、無事に支払いが完了するという流れです。

またQRコードを読み取るのではなく、バンクペイはQRコードを見せるという形でも支払いに利用できます。

この場合はQRコードを店員に見せたら、店員側がQRコードを読み取るので、その後決済完了画面を確認したら支払い完了という流れです。

ちなみに送金でバンクペイを使いたい場合、送金画面から送金方法を選んだあと、送金先や送金したい金額を入力します。

最後に内容が間違っていないか確認して、送金するだけなので面倒な手続きもなくスムーズに支払いや送金などで使えるのがバンクペイにおける特徴です。

バンクペイ 後払いメリット

バンクペイを利用するメリットの1つが、最初に利用設定まで終わらせておけば、スマホアプリだけで簡単に決済できるという点です。

支払いの際に財布を持っていなくても、バンクペイのアプリをダウンロードしたスマホさえあれば簡単に買い物ができます。

一般的な決済アプリの場合、支払先に登録できる銀行口座は1つのみです。

ですがバンクペイの場合、支払い口座を最大8口座まで登録が可能です。

そのため食料品の買い物で使う口座と趣味の支払いに使う口座を分けるなど、目的に合った使い分けができるというメリットもあげられます。

銀行口座から即時引き落としとなるので、チャージの手間もかかりません。

また利用できる店舗が多いのもバンクペイの特徴の1つです。

スーパーやコンビニ、ドラックストアなど加盟店の数や種類も豊富なので、普段の買い物中でもバンクペイが利用できるかもしれません。

加盟店の種類は増えることもあるため、今利用できない店舗でもバンクペイが使えるようになる可能性があります。

バンクペイ 利用手順や取引の流れ・必要書類など

バンクペイはダウンロードしたらすぐに使えるわけではなく、最初に初期登録が必要となります。

ダウンロードしたアプリを起動したら、利用規約に同意して利用者情報や電話番号を入力して認証コードの登録を行いましょう。

ここまでで初期登録のステップは完了です。

初期登録が完了したら、次は本人確認のステップとなります。

このとき運転免許証などの本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類は、最初に真上から撮影し、次に斜めから厚みを撮影、最後に裏面を撮影確認という流れで行われます。

そして顔写真の撮影と確認、まばたきチェックというステップがあるため、顔写真の撮影などができる場所で登録の手続きを行うことが大切です。

そして実際にバンクペイを利用するためには、支払い口座の登録が必要です。

実際に口座情報を入力する時には、口座番号などの間違いがないように入力しましょう。

このとき認証コードの入力や決済用のパスワードの入力を行いますが、パスワードは決済時などに利用するので忘れないように管理する必要があります。

バンクペイ 後払い注意点など

バンクペイの利用時に注意が必要なポイントの1つが、決済後はすぐに指定した銀行口座からお金が引き落とされるという点です。

そのため支払いに使いたくても、口座に残高がないと利用できません!

決済する前に、残高があるか確認を忘れないようにしましょう。

また利用にあたって、安全面が気になるという方もいるかもしれません。

バンクペイは全国の金融機関が加盟している日本電子決済推進機構が提供するサービスです。

金融機関が提供するサービスのため、安心して利用できます。

ただし全ての金融機関に対応しているわけではないので、事前に利用可能金融機関の確認も必要です。

また支払い可能な加盟店の種類も事前に確認しておくと、店舗に行ってから支払いに利用できないと気づいて焦るリスクを減らせます。

バンクペイ よくある質問

バンクペイは誰でも登録が可能ですか?
対応している金融機関に口座を所有している方であれば、誰でも登録してバンクペイの利用が可能です。
クレジットカードからチャージして利用できますか?
バンクペイは金融機関口座を利用したサービスなので、クレジットカードからのチャージには対応していません。
インターネットショッピングでも利用は可能でしょうか?
バンクペイは現在のところインターネットショッピングには対応していません。
スマホの機種変更に対応していますか?
機種変更時には旧端末側で機種変更コードの取得が必要です。機種変更コードを新端末で入力することで、アプリ内のデータが引き継げます。
本人確認書類に使える書類は何ですか?
運転免許証のほか、マイナンバーカードや運転経歴証明書でも本人確認が可能です。

バンクペイ 口コミ

・この手のサービスだと支払い口座は1つしか登録できないから、アプリの使い分けが必要です。ですがバンクペイは複数の口座が登録できるので目的に合わせた口座の使い分けができるので、アプリをいくつも使う必要がないので助かっています。

・全国の金融機関に登録しているため、使用頻度が多い地方銀行でも使えるので助かっています。ただよく使うお店が加盟店になっていないので、今後の加盟店の拡大に期待したいサービスです。

・銀行口座から直接支払えるのは便利だけれど、クレジットカードのようにポイントサービスがついたらもっといいサービスになると思います。

バンクペイ 評判 まとめ

銀行口座を持っている方なら誰でも利用できるサービスということで、バンクペイは人気を集めています。

1つの口座だけではなく、複数の口座を登録して利用できるスマホ決済サービスなので、目的に合わせた使い分けもできる仕組みとなっています。

さらに全国の金融機関が加盟する日本電子決済推進機構が提供しているアプリだから安心、登録できる金融口座の種類や量可能な加盟店の種類が豊富などのポイントもバンクペイが高い評価を受けている理由の1つです。

現在は実店舗のみの利用となっているものの、今後は登録可能な金融機関の数や利用可能な加盟店が増えてさらに使いやすくなる可能性もあります。

以上、【BankPay】日本電子決済推進機構が運営するスマホ決済サービス…でした。

BankPay(バンクペイ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次