近年は女性も外で仕事をするようになり、ネット上のオンラインショップを利用するネットショッピングが急増しています。最近では様々なサービスが提供されるようになり利便性が向上しています。オンライン決済サービスのPaidy(ペイディー)を利用すると、クレジットカードを使わなくても、後払いでネットショッピングができます。

Paidy(ペイディー)はカードが無くても後払いできるペーパーレスショッピング!

paidy(ペイディー)で後払い現金化

ペイディーとは

ペイディーは株式会社Paidyが運営しているオンライン決済サービスです。

一般的に、オンライン決済サービスではクレジットカードや個人情報を登録すると利用できるようになりますが、ペイディーはその必要がありません。

 

つまり、クレジットカードが不要になっており、登録はメールアドレスと電話番号だけという簡単なものになっています。

ペイディーは面倒な手間をかけずに利用できるのが大きな特徴であり、メリットにもなっています。

当然、クレジットカード情報を入力しないため、情報漏洩の危険性が全くありません。

ペイディーは以下の人に最適な決済ツールと言えます。

・クレジットカード情報の入力に対して抵抗感の強い人
・事故履歴のある人や学生など、クレジットカードを作れない人
・複雑なネット上の登録作業に不慣れな女性や高齢者

また、ペイディーの決済では以下のメリットを得られます。

・代金は翌月払い
・分割払い、口座振替が可能

一般的なコンビニ払いだと、請求書が来るたびにコンビニに行かなければなりませんが、全てが翌月払いのため、後でまとめて支払うことができます。

また、分割払いが可能になっており、3~36回に分けて支払うことができます。
従来のオンライン決済サービスにも後払い機能はありますが、一括払いでの支払いが一般的です。

ペイディーの登録方法

スマホアプリからのペイディーへの登録は以下の手順で行います(パソコンからの登録も可能)。

Paidy(ペイディー)はカードが無くても後払いできるペーパーレスショッピング!

①Paidyのアプリをインストールします
(iPhoneとAndroidともに対応)
App StoreまたはGoogle Playからダウンロードできます。

②アプリを立ち上げると、利用上の注意事項が出てくるので、目を通してから「確認しました」をタップします。

③メールアドレスと携帯電話番号を入力し、「ログイン手続きへ」をタップします。

④入力した電話番号に4桁の認証コードがSMS(ショートメッセージ)で送信されてきます。

⑤認証コードをアプリに入力すると登録手続きが完了です。

登録を申込むと審査が開始されますが、審査はほんの数秒という驚くほどの速さで終了します。

審査が終わるまでイライラして待つということがありません。

また、本人確認書類などの個人情報を提供するという煩わしさがありません。

ペイディーの支払方法

ショッピングにおける支払手続きは以下の手順で行います。

①決済画面でペイディーを選択し、携帯電話番号とメールアドレスを入力します。

②SMSで送られる4桁の認証コードを入力します。

③本人であることが認証されると支払い手続きが完了です。

各支払方法の内容は以下になっています。

1.分割払い
・ショッピング1回に付き、15,000円以上の代金が対象になります。
・支払回数は3?36回まで選択できます
・分割手数料がかかります
・審査に通ることが条件です

なお、分割払いは請求が確定された翌々月から開始されます。

2.コンビニ払い(10日まで)

コンビニ払いの場合はSMSに記載された請求金額以外に、支払手数料350円が発生します。

支払方法はコンビニに設置されている端末(Loppi、Famiポートなど)に支払番号を入力すると、端末からレシートが発券されます。
そのレシートと代金をレジに渡します。

3.銀行振込(10日まで)

銀行振込の場合は各銀行における振込手数料が発生します。

4.口座振替(12日引落とし)

・口座振替の場合は手数料がかかりません。
・口座振替の利用はアプリ内にある「MyPaidy」からの申請が必要です。
・口座振替を申請しない場合はコンビニ払いになります。

ペイディーを何回利用しても、全てのショッピング代金をまとめて翌月払いにできます。
なお、支払明細はMyPaidyで確認できます。

💴管理人がオススメする現金化サイト→ナンバーワンクレジット

ペイディーの提携ネットショップ利用で高額キャッシュバックを有効にする

ペイディーの利用できるネットショップには以下などがあります。

BUYMA、Live Shop!、SHOPLIST.com、SPACE SHOWER STORE、DEAN&DELUCA、PEACH JOHN、ラクマ、DMM.com、エアトリ、L’ANGELIQUE、WEGO ONLINE STOREなど60万店舗以上あります。

まず、欲しい洋服が無いから使い物にならない、ということはありません。

なお、現在の主な加盟ショップはアパレル系ですが、今後は他の業種のショップとの提携を拡大して行く予定になっています。

商品を購入するとすぐに商品が発送されるシステムになっており、不在時でも宅配ボックスでの受取りが可能です。

ちなみに、ペイディーはネットショップと提携して定期的なキャンペーンが開催されます。

参加条件は指定の日時までに商品を購入をするだけです。

高額なキャッシュバックが期待できるため、お気に入りのネットショップで確認することをオススメします。

ペイディー決済で使い過ぎずに楽々支払いを完了させよう!

ペイディーはクレジットカードが無くても利用でき、登録はメールアドレスと電話番号だけのため、誰でも簡単にできます。

代金の支払いは全てのショッピングをまとめて翌月にでき、高額になった場合は分割払いも可能です。

また、ペイディーの決済は認証コードを入力するだけのため、ストレスを感じることなくスムーズに完了します。

支払方法は口座振替や銀行振込、コンビニ一括払いの中から自由に選択できます。

得てして、オンライン決済ではクレジットカードを利用しないと、コンビニの都度払いしか選択できなかったり、指定の銀行に代金を振込んだりするなどの手間がかかりました。

ペイディーは口座振替が利用できるため、楽に支払いを済ますことができます。

利用したショッピング内容はMyPaidyで容易に確認できるため、定期的にチェックすることで使い過ぎを防止できます。

ペイディー現金化とは

ネット通販を利用する際に人気なのが、つけ払いアプリです。

商品を何度購入も、例えば翌月に一括で支払えるのが魅力。

この仕組みを利用すれば、月末の給料日まで待たなくても、先に買い物ができます。

それで、支払いは次の給料で済ませるわけです。

つけ払いアプリの中でも、特にペイディーは対応しているショッピングサイトが多く、人気は高め。

対応サイトが多い分、ペイディーなら高換金率なアイテムを探しやすいため、現金化に利用したい方も多くなっているのです。

ペイディーって?クレカ不要で簡単に現金化できる魅力をチェック

この方法で現金化する際には、クレジットカードのかわりにペイティーで決済するのが特徴です。

このため、クレジットカードがなかったり、使えなくなるのが心配な時にも現金化が可能。

ペイディーを利用する際には、基本的には電話番号とメールアドレスがあれば大丈夫。

登録サイトから電話番号とメルアド、そして氏名をインプットすれば、後は会員登録などは不要で使い始められます。

もちろん審査も不要で、特に手がかかるような準備がなく、その日のうちにでも現金化をスタートできる手軽さは大きなメリットでしょう。

なお、携帯ならアプリも利用可能です。

後はペイディーに対応したサイトを探せばいいのですが、Amazonなど大手が含まれていて、割と使い勝手は良好です。

また、このサービスは利用明細などを自宅に送付してこないので、現金化が家族にバレる可能性も低いでしょう。

ペイディーで現金化する流れをわかりやすく解説!基本はクレカと同じ

ペイディーを使った現金化の流れは、基本的にはクレジットカードを利用する場合と同じです。

商品を買って買取サービスなどに売り、現金を得ると言うのが基本の仕組み。

決済のためにカードを使うか、ペイディーを使うかが異なります。

それでは具体的な流れですが、まずは、ペイディーを利用できるようにしておきます。

公式サイトにて短時間で登録ができるので、前もって済ませておきましょう。

次に、できるだけ高額買取されやすいアイテムを吟味していきます。

現金化サービスと違い、自力でやる時は高換金率のアイテムを見つけることが成功の秘訣。

ブランド品や人気ゲーム機などが良く利用されるので、確認してみましょう。

買った商品が届き次第、ネットフリマや買取サービスで売ってしまいます。

それで得られた現金は、もちろん自由に使って大丈夫。

ただし、ペイディーは後払いアプリなので、基本的に翌月10日に請求が来るのは覚えておきましょう。

ペイディーで現金化するときに見ておきたい成功の秘訣

まずは換金率の高いアイテムを探しだすことが、成功の大前提です。

問題は特に換金率が良いギフトカードなどは、利用に制限がある点。

これはクレカを使った場合も同じなのですが、購入できない種類や高額の金券はだめなど、制限がつく場合があります。

よって金券は少額なら可能性もありますが、まとまった額ですと基本的には向きません。

逆に、まとまった額で現金化しやすいのが、ゲーム機とブランド品、そして家電です。

ゲーム機はペイディーが利用できるものと、そうでないものがあるので気を付けてください。

ブランド品や高級家電は人気アイテムか否かで、買取率が異なります。

これはタイミングによって変動する部分ですから、現金化の前にチェックしておくのがおすすめです。

後は買取率の高いサービスで売ることが重要。

ネットフリマを使う場合は、相場を確認しやすいのでチェックしてみると良いでしょう。

買取サービスは比較サイトなどで、高額査定が得意な店舗を選んでいきます。

なお、近年の買取サービスは無料査定を用意しているケースが多いので、幾つか試して、最高査定額のサービスを探すのも悪くありません。

ペイディーで現金化する時の注意点を網羅!リスクに対処するために

気軽に使えてクレジットカード事故のリスクもないのですが、注意点が幾つかあります。

前もって知っておくと失敗する可能性が減らせるので、見ておきましょう。

まず、ペイディーで買い物しすぎた場合、支払いが大変になるのは気を付けたいポイントです。

翌月10日にまとまった請求がくるので、何度も現金化していると後が大変。

もしも返済できなかった場合には、ブラックリストに載ってしまうリスクもあるため、利用は計画的に行いましょう。

後は、手数料の問題です。

支払方法によっては手数料や、口座への振込手数料がかかってくるので要注意。

特に分割回数を多くした場合には、手数料が割とかかります。

対策としては一括払いで、口座振替を選んだりすると手数料がかかりません。

また、買取サービスによっては、思ったほど査定が付かないケースがあります。

これを防ぐには、具体的なアイテムの買取事例を紹介しているサービスを確認しておきましょう。

どんなアイテムをいくらで買い取ったか紹介してるサービスなら、高換金率が期待できるアイテムを探しやすいのです。

ペイディー現金化まとめ

ペイディーを利用しての現金化の方法を紹介してきました。

手軽にスタート出来て、割と高換金率で現金化できます。

ネット上で体験談を探してみても、90%程度での換金に成功している事例も見当たりました。

クレジットカードの現金化業者を使っても、90%を実現できるケースは多くはありません。

このため、自分で手間をかけてでも、高換金率を目指したい時には、ペイディーは要チェックの方法でしょう。

大手のショッピングサービスに対応があるため、信頼性が感じられるのもメリットです。

急ぎで現金が欲しい時などでは、即日振込を期待するのは無理ですが、じっくりと商品や買取サービスをリサーチできる場合には適性がある方法と言えます。

手軽・高換金率・信頼度高めで家族バレがしにくいとメリットが揃っているので、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融でお金を借りられない人でも大丈夫コチラ